晴れる日ばかりじゃあない

色々ありながら何とか40代にたどり着いた男、妻1子供1のブログです。思い込み、知ったかぶりが散見するでしょうがそこは小心者の独り言として受け流してください。

2008年09月

久しぶりのオケ

 相変わらずバナナが少なくて「大変申し訳ございません〜〜」を何度繰り返したことか。その人のせいじゃないのに担当のバイヤーさんは坊主頭になったとか。大変です。一番辛いのは普段からまめにバナナを買っていただいている常連のお客様に商品が行き渡らないことですね。ちょっと古いのですが手元の食品成分表(2001年度版)でバナナを見てみました。あまり思いこみで言わない方がいいですね。多いと思っていた水溶性の食物繊維は普通で柑橘類にはとてもかないません。栄養価で目立つのはカリウムとマグネシウム、それにビタミンB6。バナナの存在価値はやっぱりあの形状でしょう。あれほど剥きやすく食べやすくて美味しい果物は他にないように思います。
 子供の病室に行っておむつ変えたり、薬やったり、ミルクあげたり、歌ったり、あやしたりしてました。その後はオケの練習に顔を出しました。かなり久々の合奏。いいなあ、やっぱり。来週は合奏に加われると思うと、久々で緊張もしますがやっぱり嬉しい。涙が出そうになります

月末・・・

 ちょっと商品を削りすぎました。他のお店や市場まで商品を借りに行くことに。その途中で麻生総理の所信表明演説。ま、そんな感じかなあと思いながら聴いていました。ただ、野党の反応にはがっかり。単に喧嘩を売られたことにしか反応していない。結局民主党の最大の目的は政権奪取だけなんでしょうね。悔しかったらみんなが納得する案を出してほしい

バナナ

 私の職場に限らずですが、バナナがありません。足りません。もともとバナナがとっても売れるお店だけに痛いです。原因はあれです「バナナダイエット」。テレビで2度放映されるともう全国的にバナナが品薄で全然確保できないそうです。
 それにしても、本当に簡単に皆さん飛びつきます。私はその番組を見たわけでは無いのですが、だいたい予測が付きます。バナナにはこんないい成分があって(多分水溶性の食物繊維とカリウムでしょう)食べてみたらこれだけやせました。多分ちょっとぽっちゃり系の女性タレントか有名人が試してみたんでしょうね。いかにも検証したように。でも、冷静に見て全然検証番組になってないんですが。まず大前提として、体重が減ったことは信じましょう。(ただし、この事柄を確信する材料は我々には全くないのですが。過去にこの時点から嘘だったことが何度あったことか)しかし、体重が増減したことが直接バナナを食べ続けたことと結びつくにはあまりにも材料が少なすぎます。普段から歩き回る仕事をして、運動もする私でも数キロの体重の変化はあります。もともと過剰な体重のある方の体重変化を一つの食材のためであるとするには、いろいろと検証しなければいけない事がありませんか。まず、番組でバナナ以外の食事の内容をちゃんと紹介したのでしょうか。その量・質が実験をする前と全く変わらないようにしなければ意味がありません。また、日々の基礎代謝の計測や、運動量、そして平均の心拍数なんかも採っておかないと、ほかの要因で体の代謝が急に上がっただけと考えることもできます。そして、その人が女性ならば生理や妊娠にかかっていないかも。もちろん睡眠時間や仕事量も一定にしておかないと。その条件でバナナを全く食べない時と食べた時をある程度長い期間やり、それもできればそのパターンで2回は繰り返してほしいです。ここまでやって、バナナの成分が体重の減少に効果があるという説の参考にはなると思います。「バナナを食べればやせられる」という限定的な言い方は何か引っかかるのです。
 もちろんバナナが健康的な食材であろう事は否定しません。食物繊維やカリウム、ビタミン類の効用は長い間続けられてきた臨床実験ですでに昔から言われてきたことでしょうから。ただ、マスコミがぱーっと飛びついて、今まで長いこと研究してきた成果のうわべだけを取り上げる姿に反発してしまいます。それに、自然食品は探せば何らかの効用があるものでしょうが、やっぱりそればかりを摂りすぎるのは良くないはずです。

 私にとって間違いの無いことは一つ。「バナナは美味しい。」

政治

 小泉元首相が引退するそうですね。またこれで一人時代を象徴する人が去っていきます。とは言っても政治活動は続けるそうですが。
 私は自分の置かれている境遇をあまり政治のせいでとは考えません。たかだかスーパーの店員の立場では当たり前かもしれません。もちろん、日本人として日本に暮らしているわけですから、政治で動かされるシステムに乗っかって暮らしてはいます。でも、良くても悪くても、個人レベルの幸せは自己責任だと思っています。だから、政治家に望むことは一つ。「弱いに人間につけ込まれるような政治をするな」。毅然と政治を高い視点で行ってほしいのです。どうしても人間弱ってくると、何か人のせいにしようとします。そんなとき「ほら政治がこんなに悪いから」とつっこまれない政治をしてほしいのです。善し悪しはともかく、小泉さんは毅然としていたなあ。考えがまとまっていて。野党の政治家がとても小さく見えたし、「政治に完璧な答えが無い」ということをよくわかっている人にも見えました。それは個性なのかもしれませんが、少なくともその前後の首相にそれだけの個性を持ち合わせた人はいなかった。残念ながら、弱いに人間につけ込まれてばかりの政治で、途中でサヨナラ。さて今度の麻生さんはどうでしょう。少なくとも小沢さんが舵取りをするよりは期待はしています。
 行政・立法の方々はそうして毅然としっかりと行動してほしいのですが、もう一つ気にかかること。そうした政治の動きを我々はマスコミを通して知ります。そのマスコミ、最近あまりにも流されすぎませんか。普段は当たり障りの無いことを書いて、流れが批判する方向になると突然批判を繰り返す。ひどい見方をすると「弱みに一番つけ込んでいるのはマスコミかなあ」とまで思ってしまいます。ただし、そんなマスコミの動きを更に野党までが時に後追いしている事があると、情けないなあと感じます。

蒸し暑い朝

水滴
 今日の予報は午前中のうちに雨。朝、むわーっとした空気に起こされました。さて、子供の洗濯物もたまってますし、楽器も吹きたかったのでさっさと選択をしてコインランドリーへ。乾かしている時間を利用して近くにある、秘密の練習場所へ。ちょうど屋根のあるいい場所があるのです。ちょっと吹いて帰ろうと思っていたのですが吹き始めるとすぐに夢中になってしまい、あっという間に2時間です。あわてて帰って、妻を乗せて病院へ。4日ほど会わなかった妻には子供の顔がずいぶんと変化したように見えたそうです。そうかもしれないなあ。体重もすでに3100gを超えて、どんどん成長していますから。ちょっとウンコが苦手な以外は落ち着いています。その後は買い物につきあって帰宅。今日もいろいろあったなあ〜〜〜

スーパーマリオ

YouTubeでTubaからいろいろ見ていたら、スーパーマリオの曲をいろんな形でアレンジして演奏しているファイルを多数見つけました。超絶的なTubaソロやトロンボーン4重奏、サキソフォン4重奏、クラリネット四重奏。テナーチューバの2重奏という珍しい物や、お国柄イギリスのバーミンガムでユーフォニアム3重奏というものもありました。それもほとんどが海外の映像で、このゲームの浸透ぶりと、曲のすばらしさが世界に通じているんだなあと感心しました。そんな中でもアレンジの良さと、演奏レベルの高さで際だっていたのは

http://jp.youtube.com/watch?v=2gXh83hNnWw

のファゴット4重奏。と中から3重奏になって後の一人が・・・。ともかく世の中広いですね。
マリオを作曲したのは 近藤 浩治という方で、「ゼルダ」のシリーズもこの方。なんと任天堂の社員なんですね。

カルウォヴィッチ

 世の中作曲で生計を立ててきたいわゆる”作曲家”はけっこういて、まめに聴いているつもりでも知らなくてすばらしい作曲家にであうことがまだまだあります。もちろん、私が聴いてきた数は本格的なクラシック愛好家の足下にも及びませんが・・・。
 さて今回お初に聴いたのはカルウォヴィッチというポーランドの作曲家。19世紀末から20世紀初頭に活躍したそうです。R.シュトラウスの影響ばきばきのいい曲を書いているんです。20世紀初頭の不安な雰囲気がいい感じです(なんだそりゃー)。惜しいことに33歳で亡くなっています。

 今日の子供はとても元気でした

眠い・・・

 何でこんなに眠いのか。うむむむ

 子供の元気さは留まること知らず、今日もミルクをあっぱれな飲みっぷり。体重3080gを超えています。私の歌のレパートリーもどんどん増えていきます。ただし歌詞を覚えていないのが多いので鼻歌ばかりですが。クラシックからアニソン、演歌何でもござれ。早く退院しないかなあ。そうしたら、楽器を吹いて聴かせるのだ

エコロジー

 今CMでレジバッグを断ると62gの二酸化炭素の排出を抑えることができますと言っています。レジの袋を使わないことはいいことだと思うし私もエコバッグを使っています。ただ、ちょっと引っかかるのはその考え方。ここでも何度も言っているので、またかと思われそうなのですが、徹底するならば最初に「このエコバッグを制作するにはーーgの二酸化炭素が排出されますが」とつけてほしいのです。それが排出される二酸化炭素の総量を考える上で重要だと思うのです。今至るところでエコバッグが配られていて結構しっかりした作りの物や防水加工またデザインがとてもこっている物などいろいろです。そして、各家庭にエコバッグが結構あるのではないでしょうか。さて、それらのエコバッグが作られるときに出る二酸化炭素「何回レジ袋を断ったら、0ポイントに立てるか」と考えたことがありますか。CMでエコバッグをアピールするなら、その考え方を徹底するべきで、「2つめは断るようにしましょう」と添えるべきです。また、それに付加価値が多く付くというのも、経済的余裕=二酸化炭素排出、と考えて流通できる最低限度の値段にするべきです。某デパートで見かけた3000円のエコバッグはエコでも何でもない。
 以前ハイブリッドカーの事を書きました。ハイブリッドカーを選ばれた方、とてもすばらしい選択ですし、金額的に割高な車両を環境のために購入するのですから賞賛されるべき事です。ただ、購入=二酸化炭素削減と考えるのではなくて、人よりも0ポイントに早く行けると考えて、大切にながーく乗るべきです。ハイブリッドカー一台新たに作成するために大量の二酸化炭素を排出しているのですから。

 仕事の後今日も病院へ。どうでもいいことなんですが、駐車場のおれたバーが戻っていました。あのバー30000円もするそうです。バーに値段が貼ってありました。子供は相変わらず元気いっぱい。今日体重が3000gを超えました。この調子でいくと本来の出産予定日には何グラムになっているんだか。でも元気そうでも投薬は続いているのが辛いなあ

あちょー

 何とか今は生き抜くしかありません。どんなにだめでも、少なくとも生きることで何かがあるはず。

 昨日会社で子供の名前が入った保険証をいただきました。子供の初の身分証明書。なんだか不思議な感じです。年齢の記載はなく、加入日だけですので大人の保険証と全く見分けが付きません。早速市役所へ行って丸フクの受給者証をいただいてきました。これから父親になる方、子供の扶養手続きはすぐにした方がいいですよ。子供の入院費用は、間違えて実費で払ってしまうとまるふくのための返金ができないそうです。

 お昼ぐらいに子供の病室へ。今日も元気いっぱい。今の病室は小児科で、深刻な病状の方も多く大変そうです。同じ病院なのに、2階のNICUと3階の産科とまるで雰囲気が違ってここはいつも緊張感が走っています。そんな中で沐浴。全く一人で沐浴させたのは初めてでした。腰がいたい〜〜〜。

食品の安全

 仕事が仕事だけに、今回のような事件が発生すると少なからず影響を受けます。今日はなんだか休憩室に大量のおはぎが。1コ10円で従業員販売。何でお彼岸直前の日曜日におはぎがこんなに残っているんだろうと思いながら、昼ご飯の時にいただきました。その答えは、ずばりあんこが中国製だから。うーむ。
 今回の日本の米と中国のミルクの問題は、かなり悪質に感じます。これで、国内自給率を上げる議論になればいいなあと思うのですが、皆さんはエンゲル係数が跳ね上がる覚悟はありますか?。しかし、自炊を心がけると少なくとも今よりは食卓での国内産物の割合を増やせるはず。私の職場を見ても、果物も6割以上は国内品ですし、野菜は9割以上が国産です。外食や加工食品で国産品に傾倒するとどうしても割高になってしまいますから、海外品に頼るか品質をかなり落とした物を使わざるを得ないでしょう。外食に使う費用をそのまま材料費に充てれば、十分に国内産の食材で食事ができるはずです。(調味料は仕方がありませんが)
 そういえば、かなり以前にかいた良く行く牛丼やさん。ほかの店にも行ってみましたが、やっぱり味が落ちています。やっぱり原材料費の高騰の影響があるんでしょうか

応援

 かなりブログをさぼっていました。というか、家に帰っていませんでした。子供が退院して実家へ妻共々ご厄介に。結局、調子が悪く子供はまた入院することになってしまいました。妻の調子も悪くなる一方で、今がんばれるのは私だけです。子供の夜泣きもなくなると本当に寂しいです。
 今日は新店の開店へ応援に駆けつけていました。だから夜は遅くなって、子供の病室に行けませんでしたが明日からは何があっても行くのです。

退院一日前

 3日前からアンプラグド状態になっていた我らがheroは明日退院することになりました。いや〜長かった。主治医のお話だと「心臓も体重も食欲も全く問題はないんだけど甲状腺ホルモンの値が少し高い状態ですので、外来で様子を見ましょうか」。その後、まだ足りない物がいっぱいあるから大忙し。幸いにして大型の物(チャイルドシート等)は用意していましたが、ミルク関係やおむつ、入浴関連など結構買いました。これからお産する方。やっぱり早めに用意しておいた方がいいですね。それから首が据わるまではベビーカーもハーネスも使えないので、移動はバスケットになります。一つ勉強になりました。

余波

 昨日の衝撃は大きくて、今日の仕事中にも少なからず考えてしまいました。ひたすら反省。そして、妻のことをありがたいと思った一日です

人生最大の

 反省をした日。何があったかは書けませんが、とりあえずこの日を見ることですぐに思い出せます。新たなる出発点

今日は会えなかった

 夜のバイトなしで遅番。粛々と仕事をこなして、今日は子供に会えませんでした。今月遅番ばっかり。子供に会えない日が多そうです

ばたばたばた

俺様がいちば〜ん
 夕べ妻が突然の実家からの帰宅。いろいろと不安定な様子です。朝一番で両親にお詫びの電話でスタート。この時期は大変ですね、男でできることは少ないから気を使って行かないと。その後子供のところへ。今日は私が沐浴をする事になっていましたから、かなり楽しみにしていきました。子供の肌は本当に繊細ですべすべで、それからすると私の指は紙ヤスリ?慎重に慎重に・・・「パパあんまりのんびりやってるとのぼせますよ」って看護師さんのご指摘をいただきました。その後ミルクをやったのですが今日はあまり飲んでくれませんでした。うむむむ。各種書類の用意や義母と一緒に子供の買い物をしていたりしてすっかり日は暮れていくのでした。
 今日の一曲。アシュケナージ編曲の「展覧会の絵」。あまりにもメジャーな曲ですが一応説明を。ロシアの作曲家ムソルグスキーの同名のピアノ曲を様々な人が編曲しています。ダントツに有名で存在感のあるのはラヴェルが編曲した物。私がほかに聴いたことがあるのは、ストコフスキーとリムスキー=コルサコフのオケ編曲。平石なんとかさん(金管アンサンブル?)と高橋徹の吹奏楽盤。あとは手塚治虫のアニメを見ているから多分聴いているであろう富田勲盤(記憶にない)。一言ですませるならば「ラヴェルはすごい」というところでしょうか

眠すぎる・・・

唇
 今日仕事が終わってすぐに病院へ。昨日あえなかったので、どうしても会いたかったのです。でもミルクをたっぷり飲んだ後で、口をぽかんと開けて眠っていました。だっこしてもひたすら眠っています。生後9日でも夢を見ているのでしょうか、なんだかいろいろ動いていたなあ。むにゅむにゅしていたし。
 妻の実家へ立ち寄ってから帰宅。何となくネットで高校の吹奏楽の恩師を調べてみました。いやー、相変わらず大活躍ですね。そしていろいろなことの常に中心にいる人です。私の父と同い年で、お子さんも私と同じ年(というか同じ学校でした)。なんでこんなにいつまでも若いんだろうと、数年前お会いしたときに見た階段を駆け上がる姿を思い出しながら。

私はたまに泣くことがあります。さすがに子供の頃ほどではありませんが、20代の時よりはちょっと多くなったかな。いろいろと辛い事が重なり、その他諸々のタイミングでなおかつ一人になれるとき。数ヶ月に1度くらいそんなことがあります。何となく涙の効用がわかってきたようなんです。泣くと心が低いテンションで落ち着いているのです。「泣きたい気分」に留まるというか「心が濡れる」というか。時には心にも水分が必要なんだと思います。泣いている間にどこか冷静に自分の事を見ている自分の存在を感じられるのです。辛いのは涙も声も出さずに「心」だけで泣いているとき。このときは心が上に上がったり沈んだり、落ち着きありません。だだし、いつもいつも泣いていると心も「ふやけて」しまいます。ほどほどにして乾かさないと・・・

出生届

あらまあ
 今日は先に退院した妻と久々の外出。まず子供のところに行って沐浴とおしめ替え。二人とも初心者マークがくっついております。でもこれは私が専任でやりたいなあ。
 妻は今かなり精神的に不安定で、ちょっと大変でしたが少し我慢してもらって市役所に行き出生届を提出。あははは牛久市・茨城県・日本国、どうだ市民・県民・国民が一人増えたぞーー。
 そして、アパートへ。どきどきしながら入ってもらったんですが、まあ思ったよりは片付いているとの事でした。ほーーーー。
手
 さて、痛くて仕方なかった魚の目です。アパートから別行動ということで久しぶりに自分の車に乗りました。ほぼ1ヶ月ぶりのマニュアル。もちろん免許を取って以来ずーっとマニュアルですから運転には問題はありません。むしろ無段階変速よりもしっくりくるぐらいです。と強がってはみたものの、今まで使っていなかった左足がとんでもなく痛い。ちょうどクラッチペダルに当たる部分に魚の目が。おまけに私の車のクラッチは結構堅く調整してあります。うめき声を上げなら何とか病院へ。そして治療。押さえただけでもとても痛い患部に局所麻酔をぶつり!!。うぎゃーーー。いたいいたい。という叫びを押し殺した鼻息をはき出しました。マジで。その後はま痛くはなかったのですが、自分の足がはさみのような物で切られていくのは直視できませんでした。

魚の目

コミュニケーション
 ずいぶん長いこと引きずっている魚の目があんよの裏に。スピル膏を貼っていつものように採ろうとしたのですが、今回はあまりにも大きいためか深いためかなんだか中途半端に芯が残り今度はそれが黒くなって堅くなってとれません。ちょうど足の力のかかるところでまともには歩けません。今日一日足を引きづってある羽目に。義理の母に見せたら「すぐに採ってもらえるから」と明日病院に行くことになりました。

母くる

 一日通していい天気なのは久しぶりです。夏休みの最後の2日間に勝負をかけていた私。そんな感慨にふけるわけもなく、目の前にどーんと宿題が。いよいよ妻の退院が決まり、いくら本拠地をしばらく実家にするとはいえたまに帰宅する状況となります。よくまあ、家事をほったらかした物だと自分にあきれかえります。今日は台所。何とか人に見せてもいい状態にするまでにあせびっしょりかいちゃいました。
 孫の顔を見に母がやってきました。どーだかわいいだろー

選曲会議

 今日は少しだけ遅番。いろいろあった日ですが、良くも悪くも社員になったことを実感する一日でした。夜はオケの選曲会議で久しぶりにメンバーと再会しました。割とスムーズに決定して、今回はオールロシアプログラム。ただこのオケはロシア物を結構演奏していて、「イーゴリー公」序曲だけが初挑戦かな。とりあえずやりがいのあるプログラムになりました。
 もちろん子供には会いに行きました。名前も決定しよかった良かったと

辞令交付

おいしい
 今日付で正社員ということになり、本社で辞令の交付式がありました。言ってみてちょっと驚いたのが試験を受けた人数よりもかなり少ないこと。「ほとんど受かるよ」な〜んて真に受けて全く準備をしなかったら・・・。ただし、朝は普通に出勤して一段落するまで働いているので、ほとんど普通の日と代わりありません。もちろん終わったら急いで戻って、再開です。
 仕事が終わってすぐに子供のところへ。
食ったら寝る

Recent Comments
livedoor 天気
Profile

tanukawa2006

山口県の下関市から茨城にやってきてもう茨城の方が長くなってしまった30代男妻一人子一人です。下手の横付きでいろいろ手を出していました。今の主な趣味は写真と楽器。生き甲斐は子供。
下記もよろしくお願いします
<アルバム>
http://pics.livedoor.com/u/tanukawa2006/

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor-pic
zorgフォト
  • ライブドアブログ