晴れる日ばかりじゃあない

色々ありながら何とか40代にたどり着いた男、妻1子供1のブログです。思い込み、知ったかぶりが散見するでしょうがそこは小心者の独り言として受け流してください。

2009年11月

ヤグラ

 先日の公津の杜のイルミネーション写真アップしました。とにかく早くしたかったので、ブログのアップはしませんでした。のでSo-netのサイトでどうぞ。ネットカフェの料金も馬鹿になりません。
 今日は休みだったのですが、明日のオケの練習に何としても間に合いたいので明日する仕事を前倒し。今まで飾り付けのヤグラ作りは他の人がやっていて今回初めて一人で作成。スムーズに朝の時間で終わりました。私の実家は幼い時にオモチャに混じって金槌やドライバーが転がっていました。おかげで怪我も痛い思いも沢山した代わりに工具に慣れ親しんでいました。こんなときあの頃の家庭に感謝します

坂の上の雲

仕事は普通に過ぎましたが、上司が転勤となりました。せっかく慣れてきたのに
 帰宅して家事を済ませテレビをつけると、NHKが散々宣伝していた「坂の上の雲」をやっていました。これははまりました。読んで見たくなりました。全く知識はなかったのですが英語の先生がいきなり高橋是清。この秋山という人物は次の回で軍人を目指すようですが、これって日露戦争で活躍する軍人さんかなあ。とりあえず原作を買おうかなあ

公津の杜イルミネーション(写真は後で)

有難い事に今日は遅番でしたから午前中は楽譜読みに使えました。音名を歌ったり、和音や調性を考えたりと譜読み中はブツブツと怪しい人間さが増します。
 午後から出勤。連休開けでバックルームが満載なのを見ると…凹む。
 仕事の後で京成線の公津の杜駅前のイルミネーションを撮影に。今日が点灯式ということで色々な行事をやっていました。そんな中で地元高校の吹奏楽部が演奏をしていました。私が高校時代から20年近く過ぎましたが、本当にレベルが上がってますね。私が現役時代もコンクールの中国大会や全国大会の演奏は高いレベルでした。が、そんなコンクール常連校でもちょっとした演奏の機会では余りにもレベルの低い演奏をしていました。あの頃はコンクールの場に向けたトレーニングに専念という感じだったのですが、今は音楽を行う事にだいぶ専念してきているようです。コウシタ場でも聴く事が出来て楽しめました。トロンボーンのソロは中々度胸がありました

頭痛のち紅葉

連休2日目は頭痛から始まってしまいました。プールがしばらく改装になることもあってこのところ運動を走ることに戻しているのですが、今朝もひとっ走りしてまた眠ってしまいました。その後10時過ぎに起きたら、頭痛の序章が。私の頭痛は血管膨張による神経の圧迫のタイプだと自己判断しているのですが、それでも毎回少しづつパターンが違うのでここに記録を。今日は10時から始まって13時にかけて徐々にひどくなりピークは2時間ぐらい。嘔吐が2回。痛いところは後頭部の脊椎との接点周辺。拍動はなし。眼は奥は痛まずに目頭に痛み。っと書いてみると少しづつパターンが違いますね。データが蓄積すると何かわかるかな。珍しく三叉のあたりは余り痛くないなあと思ってピークが過ぎてみるとやっぱり痛い。結局どこが一番痛いかという事のようですね

ねえ〜〜

嵐が去ってから、頼まれていた買い物に子供と出かけました。ついでに近所の神社へ紅葉の撮影に。

カエデは地面に落ちると

余り実りのないような連休に感じていましたが、それでもこうやって子供をおんぶして散歩して行く秋を満喫できました。さわやかな空気を胸一杯すいこんで明日からの仕事の活力に!!

帰宅してからしばらくは楽譜の下読み。ブラームスのハイドン変奏曲は第5変奏曲がいかにもブラームス。もしかして、こんな風におもてだかうらだかわからなくして、演奏家がどぎまぎするのを楽しんでいるのでしょうか。でも、勿論当時は録音なんてない時代。ほとんどの演奏家が自分が演奏した経験がなければ、音楽のアプローチを記憶ではなく楽譜からするはずです。ベートーヴェンにしてもブラームスにしても楽譜から入ってその難関を通過できればそれほど苦はなく演奏できる(かな?)それでも多くの曲は難曲に違いないのですが、ブラームスを必要以上に難曲にしているのは現代病かもしれません。

連休

連休でいい天気でしたがすることなし。家でぼーーーっと過ごしてしましました。・・・

バラバラな考察

仕事で。自分がもっと大人にならなければ、と思いつつ相手の言い様が余りにも幼い。かなりムカ…でも揉めると店長に迷惑をかけて仕舞うのでガマン。

白鳳強い。土俵際が貴乃花の最盛期みたいだ。相手を決して放り投げない

JALの再生に国が援助することは仕方ないでしょうが、それも事業仕分けにかけたのでしょうか。無駄はないでしょうか。相手の国にも大抵存在する航空会社なのに、替わりの利かない存在でしょうか。ここも一種の天下り先ではありませんか、民主党さん

大変だ、レオノーレかなりの難曲。古典だと少し安心してスコアを開いてびっくり。ベートーベン恐るべし。あの時代の最先端だったんですね

走った。成田市の緑道は結構複雑でした。迷った。腹ペコでおまけに財布は車の中。こんな街の中で缶ジュース一本飲めない。しかもジョギングスタイルでかなりの薄着。ここで動けなくなったら…死ぬ、なんて大袈裟に考えてたら道の判る場所に出ました。よかった。でもジョギングスタイルは財布も携帯も持ってないので危険ですね。今度は小銭くらい持って行きましょう



本番

いよいよ本番。っていい経験だったんですが曲のヘビーさに加えて慣れない受け付けの仕事で消耗しました。成田に帰るときはガムを噛みまくりながら睡魔と格闘。帰宅した時には顎がガクガクしてました

ゲネプロ

今日も仕事日なので、仕事午に部屋に寄らずに大急ぎで会場へ。残念ながらヒンデミットの「画家マチス」の練習には間に合わなかったのですが、代理のブルックナーには参加出来ました。これで通し練習を二回やったので、結構満足しました。やってみて未完に終わったこの9番が一番筋が通っているように感じたのは私だけでしょうか。他の曲は完成してから色々手を入れていますが、未完の九番はこの版だけ。

ボジョレー

毎年このころになると、飲みもしないワインを皮切りに付き合いで購入するものが立て続けです。この後食べきれないのにケーキ3つ。まったく正月らしいことなんてしないのにおせちと続きます。おまけにこの出費、妻は認めてくれないのでお小遣いから・・・。去年のボジョレーは料理酒としてシンクの下で開栓された状態で1年以上転がっていて最後はおりと酸味がものすごくて料理酒にすら使えない状態でした。

スター・ウォーズのキャラクター??

 なんで今スターウォーズがトピックスに上がったのか良くわからないのですが、SWはすべて映画館で見ている私としては一言書きたいです。といってもエピソード4はさすがに記憶がなくて「連れて行った」という父の証言だけですが。マニアではないのでメジャーなキャラクターしか言えません。お断りしておきます。まずはこの作品通していつも一度は壊されるC3−POですか。実は一番キャラクターが決まっているように思えます。パターンにはめた演出が楽しく、その事がわかってくると次は何時どんな風に壊されるんだろうと思ったりします。(エピソード1では顔が作りかけ)。エピソード4のオビワン・ケノービのお茶目なキャラクターも好きでした。エピソード1〜3の若き頃のオビワンのキャラクターは実はこちらをスタートに作り上げたのではないかと思ってしまいました。お茶目といえばエピソード5のヨーダもお茶目でした。逆立ち中のルークの足の上にちょこんと座っているのがかわいかった。あのたき火で食べていたものはいったい何?。エピソード6の(もちろん我々世代は「ジェダイの復讐」)イウォーク族が好きでした。エンドシーンも音楽と相まって好きなシーンでしたが(ちゃんとダースベイダーも死んだときの姿で立っている)デジタルリマスター編では音楽が妙に軽い音楽になり、シーンも余り整合性のないシーンと差し替えられ、ベーダーだけが何故か若返ってアナキン・スカイウォーカーとして立っているなど変な変更が沢山。だから私としては「エピソード6ジェダイの帰還」なんかでなく「ジェダイの復讐」なのです。サントラも昔のポリドール盤の方がよかった・・・
 本日は寒い一日。おまけに途中から雨でした

もしもピアノが弾けたなら

 さあて冬本番が近づいてきて今朝は結構寒かったです。寒いときに布団を重ねて暖かくして眠っているのが大好きです。その布団から起きるのが大嫌いです。そんな朝の一こまが冬の風物詩。いつもはそれほどでもない水曜日なんですが今日は昨日が一日雨だったためかお客様は結構きていただけました。
 帰宅して久しぶりにドビュッシーの「前奏曲」を聞きました。学生時代ドビュッシーにはまって聞きまくっていたのに最近余り聴いてなく久々の前奏曲でした。演奏はジャン・エフラム・バウゼという方で演奏自体も初めて聞きました。ドビュッシーは淡々と弾く方が多く、表現をアゴーギグに頼る方が多いのですがこの人はニュアンスや響きの工夫などで聞かせてくれました。最初に聞き込んだのがジャック・ルヴィエの演奏でしたからそれが基準になってしまうところがあるのですが、今回はそれを忘れて楽しめました。今回は手の届くところに楽譜があったので楽譜を見ながら。ピアノが弾けない人間が楽譜を開いて聴くとなかな楽しいのです。何故って演奏する上での苦しみからいっさい解き放たれているからです。音色はピアノの音からどんどん離れていろいろな世界へ。「楽譜にかじりつく」といことを中高の吹奏楽の顧問は戒める人が多いのですが、私は音楽を演奏したり聴いたりするときに楽譜を追っているときの方が逆に心を自由にすることが出来ます。多分音楽的な位置を楽譜が示してくれることで、より純粋に音楽を楽しめるのかもしれません。能力のある人が瞬時に聞き取る音程や関係は私には楽譜の力を借りるしかないので。勿論、本当の意味での「暗譜」をすることが一番の心の解放であることはわかりますが、それはとっても大変な事。記憶で楽譜が書けるほど暗譜をしたことは、まだ一度しか経験がありませんが、もう2度と出来ないだろう努力が必要でした。暗譜=楽譜なしで演奏出来る、ではありません。ただ欠点が一つ。楽譜という言葉でない記号の世界にずっと浸っていると眠くなるのが早いのです。ぐーーーーー

本番前

 近所の競合店がおやすみのため、そちらのお客さんを当て込んでの売り込み。売り場はともかくバックルームが凄いです。一日かなりいい運動をして、終わったらアパートには寄らずに直でつくばへ。本日はオケの本番前の最後の練習でした。何とか間に合い、実は初の通しでした。ヒンデミットは正直いろいろありましたが、それでもどうにもならないかもと思っていた場所が少し改善されていたりして、何より止まらずにしっかりと行き着いたことで安心しました。ブルックナーは代演でこちらも通し。9番は正直8番よりもヘビーに感じますね。ただ、こうやって練習を乗り越えてくると1時間の曲が不思議と長く感じられない。ともあれ、今日は不安をだいぶ解消してくれた合奏でした。不満は解消されませんでしたが。
 ヒンデミットの「画家マチス」は私が買った3枚目のCDだったと思います。1枚目はレスピーギのローマ3部作で2枚目がストラビンスキーの「ペトルーシュカ」とバルトークの「役人」のカップリング、といきなり近代曲ばかりできていました。その頃はCDを買うのにもかなりいろいろ悩んで絞り込んで買っていました。その材料は大抵FM放送で、その頃せっせとラジカセで録音していました。「画家マチス」はそんな中でかなり心を捕まれた曲でした。何に一番印象を受けたかと言えば3楽章のフルートの一つの音のロングトーンのソロ。トゥッティでオケが一発ならしてフルートが伸ばしの音で残る。こんな曲があるんだと思ったのです。勿論ヒンデミットなんて名前を知るはずもなく、何となく博多弁のような響きが面白くて名前を覚えました。さあ皆さんも尻上がりのイントネーションでヒンデミットと言ってみましょう。それから20年以上たってまさかこの曲を演奏できるなんて。本番はいろいろな感慨にふけりそうです・・・・

何となく過ごす

本日は成田で休み。朝は素直に起きて食事や洗濯をして、その後近所の印旛沼に写真を撮りに。静寂が穏やかな湖面に染み込んでいきそうな場所でした。鏡面のような水面に水鳥のシルエット。
 最初は海へ行こうと考えていたんですが、昼から強烈な眠気に襲われ這うようにして帰宅。6時まで一気に眠ってしまいました。起きたのは何か大声で叫んでいる自分に気が付いたため。なんの夢を見ていたかちっとも覚えていないのですが、何か良くない余韻ばかりが残りました。

年末進行

そろそろ、というかもうすっかり年末進行です。気が付くと大河ドラマが次回最終回。しめ飾りの発注の最終確認が来てました。これから息つく間もなくなります。オケの本番と次回の練習は貴重な時間ですね。もう実は下読みしてたりして。

事業仕分け

もうタイトルを忘れてしまいました。アメリカ映画で植物人間になってしまった大統領の変わりにそっくりさんが務める話がありました。その中である福祉予算を通す為に偽大統領が無駄な予算をバッサバッサ切り捨てるシーンがあります。今回の事業仕分けはあれほど単純には進みません。

寒い一日

本日はつくばでの休日でした。午前中は車のナンバーをとりに知り合いの車屋さんと一緒に陸運局へ。初めて行ったのですが、さすが車社会。もの凄い混雑ぶりでした。そっかこうやって毎日流れ作業で車検を通さないと間に合わないんだなあ。いい経験になりました。このあたりに妙に車やさんが多いのも納得。
 午後は前回吹奏楽団のお手伝い中にソールが砕け散ってしまった(にせ)革靴の換えを買いに。私は靴や服を買うのに時間をかけたくない方なので今回も予算にあう物をさっさと見つけて履いてみてすぐ購入。これだから靴はいつも失敗するのです。ま今回は一応本物の革のようですから(あんまりpopにリアル革とか書かないで欲しいなあ)足に合わせて少しは伸びるでしょう。どうせ演奏会の時しかはかないんだし。その後は付近の公園でイチョウの写真を撮ってこれから成田です

なんで?

 昨日のごーごーざーざー降った雨はとりあえず上がり、寒い曇り空。夕べの頭痛上がりで私はなかなかに気持ちのいい一日でした。大根は売り場の先頭にどっかんと鎮座していました。
 仕事が終わり自宅に戻ってテレビをつけると先生の理科離れの話をしていました。電球2個と電池2個を使って一番明るくなる組み合わせはとい問題に教員志望の学生さんがほとんど答えられないという内容でした。昔よく電球を使った工作をしていたのでこうした問題はすぐにわかったのですが、多分子供は答えが出ただけでは納得しないでしょうね。まだ言葉をしゃべらない子供ですが、あと数年もすれば「なんで?なんで?」が始まるのだと思うのです。未来の我が息子を予測してみると「なんで電池は直列だと強いの?なんで電球は並列だと明るいの?」と聞いてきそうです。その前に「何で電気は流れるの?」いやもっと根本的に「電気ってなに?」と未来の息子が聞いてきました。普段ここで書く前によくwikiペディアとかで下調べをして知ったかぶりをひけらかすのがいつもの事なのですが、ここではその方法に頼らずに今私が答えられる「電気」とは?を書いてみます。さあ、理系の知識のある方大笑いして読んでみてください。私は冷や汗をかきながら、未来の子供に答えるためのシュミレーションです。確か金属の原子は他の原子と自由に電子をやりとりしている(?)。それで、端っこの原子が外からの電子を受け取ると自分の電子を放出して、その玉突き状態が電気が流れている状態(もう顔から火が出そう)。その電子の流れが電流でそれを押す(??怪しい)力が電圧で、流れる途中で流れが窮屈になるところが抵抗、そこになると熱が出たり光が出たりする。ふー。あれそう言えば電気を作る方法って2つ教わったような気がします。一つは夏休みの実験で作った果物による電池。2種類の金属を果物に刺すと電気が流れるという奴。果物は酸性液の変わりなんでしょう。金属を酸性液につけると化学反応が起こって・・・えっと、電離・・・つまりイオン状態の物質から電子をもらい・・・つまりは金属片には電子が多くなるわけで、そこから流れ出る電子がある?・・・。金属が2種類だったのは・・・・電子を放出して化学反応する金属と、取り込んで化学反応する金属の2種類を使うから・・・か?。もう一つの電気の起こし方はぐるぐるに巻いたコイル線の中を永久磁石を通すという方法。右手がどうたらこうたらという法則が出てくるのはここだったような(フレミングかな)。モータを手で回すと電気が起こるのもこの原理。磁石といえば磁力。金属がひき寄せられるのはやっぱり電子のやりとりがあるからで・・・だから磁石を近づけると・・・電子の流れが起こる・・・。
 と、まあ本当にこの辺の知識のある方には笑える内容だったと思います。私的には見事に学校でならった事が身についてない物だとがっかりでした。すぐ「私は文系だから」という言い訳が口から出てきてしまいますが、未来の息子に「ぶんけいってなあに?」と新たな質問をされそうです。こんど答え合わせをしておきましょう。次は「お月様はなんで形が変わるの?」という質問に備えておきますか。

また頭痛

なかなかズルズルと風邪が治りません。今日昼から徐々に頭痛が。退社する前にトイレに行って鏡を見ると真っ青。あーあ、いつものもどすタイプの頭痛だなあと、暗い気持に。帰ってしばらくはのたくって、今復活です

健康診断

今日は朝から健康診断でした。体重はこの一ヶ月75kで変わらず。あとは結果待ちです。早く終わったので自宅に戻ったあと、付近を参考。成田は結構起伏があって散歩が楽しく気が付くと四時間も歩き回っていました

スタートレック

 いつもの事ながらやっかいな風邪をひきます。熱はなく逆に体温低め。扁桃腺の腫れから首筋の痛み、鼻水と来て咳と倦怠感。部屋で寝てました。
 成田にもどりスタートレックを借りて見る事に。日本もアメリカも今三十代から四十代の人が子供時代に見た作品のリメイクが盛んですね。やはり子供心に少なからず物足りなさを感じていたんでしょうね。最初のクルーがみな出てきて楽しかったです。またタイムスリップかと思ったら、しっかりセリフで「過去の貴方に教えられた」と。それにしても監督を勤めた事があるくらいで役者としては旧スポック役のレナード・ニモイの方が大物なんですね。今回もちゃっかり出ています。ところで今回のタイムパラドックスは前回よりも酷い事になってませんか…
ここまできたら、アナキン・スカイウォーカの子役が成長するのを待ってスターウォーズエピソード4-6をリメイクして欲しいです。

先日の写真と

高波
横目
ちょっと前の事ですが、九十九里をドライブしたときの写真をアップしました。

朝からのどの痛い一日。またいつもの風邪だとは思います。熱もないし。ただ新型インフルエンザもの凄いですね。警戒しないと・・・

試験

本日は社内資格の試験の為に会社の学校へ。筆記はともかく実技は忘れてしまう事があって、ソレが緊張するとなおさらです。ともかく午前中になんとか終わって午後は本拠地でしか出来ないことをまとめて。メールもすごいし、整理する写真はすぐ千枚を越えてしまう。思い切ってjpegにして良かったです。これでRAW14bit画像のままだったら時間が掛かりすぎて嫌になっていたでしょう。
 パソコンとキッチンを行ったり来たりしながら子供をあやしていると、本当に妻は凄いと思います。疲れたー

帰宅

明日の試験の為に帰らければいけないのですが、ひどい頭痛でフラフラ。コンビニで休み休みなんとか帰りました

文化祭

今朝は寒かったです。このアパートは寒さに弱いかもしれません。高々この気温でここまで寒い思いをしたのは初めてです。南向きですがうらは林だからでしょうか。
文化祭というテーマですが高校の文化祭は確か6月頃やっていたと思います。吹奏楽部はミニコンサートをやり、そこで三年生は指揮を一曲づつ振ります。思いおこすとソレが人前で振る初めての指揮だったかもしれません。他にバザーやお化け屋敷もやりました。大学のいわゆる学園祭はお世辞にもにぎやかとは言えませんでした。国立の最少規模の大学の上に半分くらいの学生さんはあまり参加せずでした。それでも実行委員会が無理してJ-Walkを呼んだのですが…。スカスかの講堂での寂しいコンサートになってしまったとか。はい私もサークルの出し物に忙しくて聴きにいかなかったのです。夜はOBがやっているバーでグダグダになるまで呑んで終わるのが四年間の思い出です。小さいながらも色々な思い出がありました

ボケっとすごす

成田で休日でしたが、体力と知立と金力に欠けて家でぼーっとしてました。安住洋子「しずり雪」この人の時代劇はかなり私のツボにはまりますね。もしドラマになるとしても間違えも柴田恭平にだけはやってほしくない。あとはゲームしたり少し試験勉強したり。でも気が付くと「野菜で満足おかず」を読んでる時間が一番長かった

久しぶりに見た番組

月始めの恒例のセール。やれやれと腰が言う。肩が溜め息をつく。鍛えないといけないなあ。ぬたっとした生暖かい1日の終わりに雨が降り始めました。 帰宅してテレビをつけると住宅リフォームをするあの番組やってました。リフォーム前の二つの家をくっつけて段差だらけの家。私家に訳の分からない空間があることに憧れるので、古いままで良いじゃんと思ってしまいました。でも実際に生活すると足の小指ぶつけまくるんだろうなあ。いま単身赴任で暮らしているウィークリーマンションも不思議な空間。妙に収納あるし、遊んでいる空間あるし。そこではたと気がついた事。会社の寮として借りる時に、一人一部屋当てるほど全ての会社が潤っているわけではないでしょう。クローゼットが二つに別れている事からも二人は余裕。ベッド下の収納が広く引戸で分離出来るので寝泊まりだけなら四人は可能ですね。

Recent Comments
livedoor 天気
Profile

tanukawa2006

山口県の下関市から茨城にやってきてもう茨城の方が長くなってしまった30代男妻一人子一人です。下手の横付きでいろいろ手を出していました。今の主な趣味は写真と楽器。生き甲斐は子供。
下記もよろしくお願いします
<アルバム>
http://pics.livedoor.com/u/tanukawa2006/

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor-pic
zorgフォト
  • ライブドアブログ