晴れる日ばかりじゃあない

色々ありながら何とか40代にたどり着いた男、妻1子供1のブログです。思い込み、知ったかぶりが散見するでしょうがそこは小心者の独り言として受け流してください。

2010年03月

もう4月

 なんだか毎年のように「もう4月!!」って書いているような気がします。あっと言う間に春本番ですね。今日は夜の作業のため昼からの出勤。その前に近くの公園によって桜の様子を見てきました。ここ成田ではぼちぼちですね。今日の暖かさでだいぶ開花が進んだと思います。

ウサビッチ

 少しだけ遅番の火曜日が定着気味でちょっと不安です。せめて火曜日だけは、という火曜日が会社からすればよりによって火曜日。20代の頃は3つの吹奏楽団、1つのオケと1つのアンサンブルに顔を出していたのに今では一つのオケにいくのがやっと。何とか確保し続けたいですが、これも今より遠い店に転勤したらだめでしょうね・・・。ともかく今日は降り番の曲なので無理にいかずに仕事に専念・・・だーー品切れ多すぎ!!。他人の発注とはいえ夕方は私一人です。なんだかお客様に謝り続けた夕方でした。
 仕事帰りに立ち寄った今時のソフト屋さん。そこで流していたDVDにしばらくはまってしまいました。「ウサビッチ」私が見たのはその3作目だそうですが、ともかくかなりのツボにはまる作品でした。どう言えばいいのか・・・その・・・ウサギの不機嫌な顔が・・・いや、あのカエルが・・・ファスナーが・・・とにかくたまりません。ああ、あんだけ強ければ楽しいだろうなあ、ってなんやそれ。今はお財布の漱石さん達が寂しがっているので人数を減らさないでおきましょうね

月曜日の雨に

 昨日のブログを入力の後本当に眠ってしまいました。ただあちこちつけっぱなしです。例によって目が覚める度にトイレいきがてら消して回りました。そして起きたら7時。いやー休日を満喫できる。と思ったのですが本日は月曜日。行きつけのプールも図書館も休み。せっかくガソリン代を節約しているのにつくばまで泳ぎにいくのは本末転倒。で、写真でも撮りにいくかなあと思って窓を開けるとやっぱりシャツの上に降り注ぐのは雨でした。今日は仕方ないやと思いながらラジオを聴いているとちょっと興味のある内容が。登場していたのは捕鯨関係の外交の専門家で、それにも関わらず話題の最初はクロマグロ。とても意外なことをいろいろ語っていました。まず「マグロはワシントン条約で規制するべきですよ」と。そして「今の日本人はマグロを食べ過ぎ」。これは私もそう感じていたのです。私は中学教師が父の5人家族でした。よく言う中流家族でしょう。食生活がそれほどかけ離れているとは思いませんが、言われたように食卓にそれほど頻繁にマグロが上ることはありませんでした。下関と言うこともあり海産物はとても種類豊富にあったということもあるでしょうが、何かあったとにの祝いの食材としてはふぐが多かったですし、ごちそうと言えば(男兄弟でしたので)焼き肉といった感じでした。友達のところを見ても同じような感じ。知り合いに寿司屋がいた関係もありわりかしカウンターの寿司屋につれていってもらう機会にも恵まれたのですが、「トロ」が今ほど大きなウェイトをしめてなかったと思います。(そのせいでしょうか、私は回るすしにいってもあんまりトロを食べません)。その方が言われた数字でも平成になってからのマグロの消費量は爆発的に延びているそうです。そして鯨は種類によって増えはじめているのに、マグロは極端に個体数を減らしている。ニュースのコメンテーターが誰一人いってなかったことでちょっと驚きでした。今や鯨はあんまりお金にならないですが、マグロは莫大な富につながるということなんでしょうか。10年か20年かして後悔することにならなければいいのですが。ただ、体積に対して表面積の少ない鯨に必要な餌と、体積に対して(鯨よりは)表面積の大きいマグロが(しかも常に泳ぎまくっている赤身の)必要とする餌の量とかも考えなければいけないのでしょうね。像とネズミはネズミの方が体重に対して遙かに多い餌を食べているということと同じですね。

なんとか間に合った

 シフトを組むとどうしてもこんな日ができてしまうのは仕方ないことです。人の極端に少ない日。そうはいっても売場ができていないことへいいわけはできませんので本日は朝5時ちょっと前にお店に侵入。厳密に言うとこれもルール違反なのですが、どこかで目をつぶってもらわないと。ただ、思った以上にスムーズにいったことと冬に逆戻りの寒さでお客様は少なく最後は1時間早く終わることになりました。早く寝よ・・・

失敗したパート2

 手元のスケジュールを確認して出勤。したらチーフが不思議な顔をしていました。そうです、先週休日を潰した代わりに今日が休日だったのです。数年ぶりに休みを間違えてしまいました。明日も超早番なのですぐに店を出て自分の時間にしました。まずは楽器の練習。周りを田んぼに囲まれた公園を見つけておいたのでそこで練習。二時間ほど練習して水泳。帰宅して洗濯掃除弁当をするともう寝る時間。テレビでテーブルマウンテンとエンジェルフォールの特集を見ながら横に。あのメジャーな滝が最近まで下から登るルートがなかったとか。確かに以前みたテレビもヘリか何かでたどり着いたけど滝の頂上の映像はなかったように記憶しています。へーを連発しちゃいました

虫歯治療

 寒い一日でしたが雨は上がり、それなりの来客でした。ただこの時期のイチゴの特売はやっぱり危なくて、悪天候のために多きものが入荷せず。長なすが予想以上に売れましたが、もっと予想以上だったのはこの寒さでもキュウリがよく動いたこと。
 それにしても昼間が眠いです。思考に行動が最適化していない、つまりぼけーっとしています。いつものことで慣れっこなんですが、裏モードもそろそろ峠のようで一番睡眠がぼろぼろな状態です。朝4時に起きることになっているのに、2時くらいに起きてなぜ今起きているか解らないままぼーっとしている。ここまで睡眠が細切れ状態になったら後は開放に向かう・・・はず。いままでちょっとパターンが違ったこともありましたが、だいたいこのパターンです。指もまともな状態は中指だけでしょうか。小さい傷があったり爪が割れていたり。足にも打ち身が2カ所。つまりはあちこちにぶつけまくって走り回り、あちこちに手を引っかけて仕事をしているんですね。これもいつものこと。ただ裏モードの時の落ち込みがだんだんひどくなるような気がします。持ちこたえろ〜〜自分。
 夜は歯医者へ。銀歯を入れてもらったのですが、なんだか痛いです。今回の虫歯はそれだけ深かったということなのでしょうか。あとは・・・親知らずを抜く決心をするだけですね。

逆てるてる坊主

 今日も一日寒い雨の続く一日でした。結婚してからは久しくしていなかったのですが、単身赴任になって久しぶりにやってしまいました。逆照る照る坊主。どういうことかというと、数日前ちょっと晴れた日に洗濯をしました。その日いつもは風呂場の浴室乾燥機に放り込む洗濯物を、その日に限って外に干したのです。そして仕事が遅くなり、しかも洗濯物のことなぞ忘れて外で所用をすませて帰る頃にはすっかり雨。こうなると、めんどくさがり屋の私は「そのうち晴れる日があるだろうから・・・」とつるしっぱなしにしてしまうのです。この根性をお空の神様がカチンとくるのか、洗濯物をつるしておくとたいてい雨がながーく続いてしますのです。今回も効果覿面。もう3日間も外で濡れっぱなしです。
 所属のオケの演奏会が近づき、受付係り関係でメールが飛び交っています。こちらにいる身で、実質動けないことが心苦しいですね。せめて返信を・・・。
 ラジオでニーチェの解説書がとても売れているとのことを取り上げていました。すごいですね、そんな本に手を出そうとは。自分の愚かさを隠そうとする為の武器にならないかと学生時代に哲学書に手を出そうとして、これこそ効果覿面に眠りの世界へ。ツァラ・・を音楽で聴くときに読んでみようとして最初の数ページでギブアップ。指を本に入れて開いたところを数カ所拾い読みしてサヨナラ〜〜〜。ハイデッカーとヴィトゲンシュタインは完全に本棚の飾り。唯一半分ぐらいまでたどり着いたのは、哲学書と言うよりは小説に近いサルトルの「嘔吐」。でも全く頭に残っていませんね。やっぱり世の中の人は私よりもう少し頭がいいらしいです。そういえば「ソフィーの世界」とか「プーさんの哲学」といった哲学解説書がはやったことがありましたね。

寒すぎる春の一日

 どうも年齢を一つ一つ積み重ねていくに従って、相手に対するネガティブな思いこみがひどくなっているようです。「私はこう思われているんじゃないだろうか」がいつの間にか相手が「こう思っている」に変化していってにっちもさっちもいかない。こんな気持ちに息詰まったときは、嫌な気持ちを押し殺して相手にあうのが一番ですね。夫婦だと嫌でも顔を合わせるのですが、これが単身赴任中だと危険です。今日本当に筑波に帰ってきてよかったです。子供にも遊んでもらったし。こうやって別のトラブルも何とか解決しないと、問題が多くなる可能性大です。だいたい昔から精神的に問題が蓄積したときの私の反応はよくわかっています。まずは睡眠がとても短く細切れになること、眠くて仕方ないのに物音一つで起きます。指先の怪我が増える。頭痛の感覚が短くなる。年が明けてからまたこの諸症状がでてきていますので、裏状態になってきているようです。ま、いつもなら2・3ヶ月我慢すれば気候も変わるしけろっと表に変わるはずです。でも、チーフが替わったばかりの頃にならなくてもなあ。
 昨日の帰りはプールが休みだったので、代わりに朝一で洞峰公園のプールへ。荒治療ですが頭の中が真っ白になるほど泳ぐのも私の自己治癒方法の一つです。今日は2.5キロ・・・明日一人でフルなのにちょっと無茶しすぎたかなあ・・・。午後から、ぶつぶつ文句を言う妻を押して3人で買い物に。久しぶりにつくばのデパートへ。デパート不況がニュースでしょっちゅう言われますが、雨の平日にも関わらずそれなりの来客でした。デパート不況が頻繁に報道され、イオン型のショッピングモールが一人勝ち状態なのですがやっぱりデパートはいいですね。小売業をする人間としては勉強になることも多いし、一消費者としては夢を見られる場所ですね。買い物はできないまでも、生活の希望があそこにはあります。頑張れデパート。成田にはここまでのデパートは無いぞっと

失敗した〜〜

 写真の販売で失敗したーと言う事が。完全に私のミスで、急いで販売作品を見直して危なそうなものを削除しました。甘く考えすぎでした。
 健康診断や歯医者の予約が重なって、2週間以上もつくばに帰っていません。そんな中で喧嘩してしまったので、非常に精神的にストレスに。こりゃいかん、っと何とか今日は帰りました。とにかく妻の言い分を聞いてこちらは謝って・・・。大抵のことは私が間違えているのです。これは家庭でも、仕事でも最近になって残念ながら悟りつつあることです。本当になんで私はいつも間違えているんでしょうね。
 メールもたっぷりたまっていて、ほとんどが必要のない迷惑メールの中にちらほらある必要なメールを探すのが大変。それが終わって、Naxosの新譜を一通りチェック。金管アンサンブル編成のプロコフィエフの「ピーターと狼」は聴いていてほっと出来るいい演奏といいアレンジでした。しかしこれを演奏するとなるとちょっと大変。ボザの「チューバ」コンチェルティーノ」を素晴らしい演奏で聴けました。

はー

 なんだか肌寒い一日でした。はー、何のために働いてるんだか・・・。子供に会いたい・・・

風がぴゅーぴゅー

 天気は良かったのですが風が強い一日でした。売り上げの上がらない一日でしたが、朝の人手不足で出勤。6連勤の折り返しです。実は数日前に妻の大切な物をなくしてしまい、仕事中もそのことが頭を離れません。鍵の在処もそうなんですが、怒り心頭の妻をどーーやってなだめるか・・・難問です。会社が求めてくる人時売上高達成なんかよりもはるかに難問です。おっと仕事に集中しなければ。
 帰宅すると注文していたドヴォルジャークのスラブ舞曲のスコアが届いていました。聴いたこと無い出版社でしたが結構大きくてきれいな印刷で価格ともに満足です。

マグロ

 ずいぶんと寒くなってしまった一日でした。ニュースのトップはクロマグロの禁止案の否決でした。貧乏が染み着いていると、自分で買うときもその日に食べなければいけない食材は避けるし、お刺身はどんな種類でも一回の食費をオーバーしてしまいます。今回の話題が出始めて「さて自分はどれくらいマグロを食べているんだろう」って考えてみました。たぶん最後に食べたのは上司の送別会があった先月末。ただあの中にクロマグロがあったかどうかを知るほどは食べつけていないので不明。その前は・・・・たぶん昨年でしょうね。私ような少数派はさておき、多くの日本人はマグロを多く食べますから今回の会議が大いに注目を集めるのは無理もないでしょう。それにしても、事前予測とずいぶんと違った結果になりましたね。中国のフカヒレ様々なのでしょうか。リビアの代表がぽーんと日本代表の背中をたたくちょっとした友情的なシーンも、EU諸国から見れば胡散臭く見られたかもしれませんね。ともかくよかったよかった。
 仕事が終わって帰宅すると、蜘蛛が二匹ぶら下がってました。なんてアパートだい。だからなんだというわけではありませんが、石田衣良さん女性と間違えててごめんなさい。ついでに暴露してしまうとラジオで最初に聴いたとき「石平」さんっていう苗字かと思っていました。

石田衣良・・・?

 昨日ぶらぶらと歩いているときに書店で石田衣良の短編集「sex」を見つけて購入してみました。これだけ名前を良く聞く作家ですが読むのは初めてです。確か石田衣良って女性(そこから知らないのです)ですよね。なぜか、女性作家が性を主題に書くとムキになって書いているような感じがするのですが、今回もそんな感じでした。女性だからHなことは書けないだろう、って思われたくない!って感じがひしひしと。って実は男でしたと言われると困ってしまうのですが、この作品はずばりそんな感想をもった作品集でした。それにしても架空の世界を紡ぐのが作家のはずなのですが、どうしても性に関しては個人の嗜好が現れるような気がして仕方ありません。それはこの作家に限らず芥川賞作家から実力派のエロ小説作家まで「そりゃあんたの好みだろう」っていう同じような描写が繰り返しでてきます。ここまで書くと「あなたはそんなに読んでるの?」って言われそうです。はい、実はそんなに読んでいます。私の母は性的なことにかなりの嫌悪感を示す人で、家の中でそういったものがあると家の雰囲気が突然ぎすぎすする。だから思春期の私が堂々と手に取っていたのは父の書架の文学全集でした。きっかけは三島由紀夫の「金閣寺」でそれから吉行淳之介、谷崎潤一郎、川端康成、安部公房etc・・・・。でも考えてみたら超読書家だった母からすれば内容はばればれだったでしょうね。しばらくは読んでいなかったのですが、実生活でもう数年も性的な交渉がなくなって逆に読むようになったのは我ながら変なの、と思います。たとえれば全く食欲が無いほど満腹状態で美食の文章を読んでいるようなものです。自分とは縁のなくなった、しかし人間にとって余りにもリアルな行動をどんな風に文にしているかがとても楽しいのです。すっかりエロおやじになってしまいました

健康診断

 なんだか最近受けたばっかりな気がするのですが、深夜に労働をした社員はそのことでもう一度健康診断をする仕組みになっているそうです。あれ?以前にも深夜に仕事したことがあったような気がしますが・・・。ともかく少し簡略化した健康診断でした。体重は1キロ減あとは特に変化なし。終わって余りにも中途半端なじかんなのでそのまま成田にいました。そろそろ計数管理の勉強しないと

遅番

 夕べの雨は朝にはあがっていました。今日は遅番なのでゆっくり洗濯をして、食事をとって出勤。の前に車のオイル交換。実は先月末にやる予定だったのですが、先に兵糧が切れて泣く泣くそちらへ生活費を回す羽目に。いつものことながらきつきつで渡されているので、余裕もなくもちろん言い出せずに、今月の生活費を待っていたということです。それにしてもオイルとエレメントの交換とちょっと給油で8000円超えてしまい今月もきついなあ。つくづくあのハンバーグが悔やまれます。

記憶のデフレ

 また最近ストレスの消化ができてないですね。とにかく、相手が考えていることを想像するのはやめましょう。疑心暗鬼がひどくなる。とにかく眠りましょう。結局一番の敵が自分であることを思い知らされるのです。
 これといって変化のない一日でした。職場に成田の市民オケの招待券が休憩室においてありました。関係者がいる話は聞かないし、純粋に宣伝活動なんでしょうね。太っ腹ですね。曲は未完成と運命という昔のレコードの裏表みたいなプログラム。実はとってもオケが美しく響くプログラムですよね。指揮者は大阪市音楽団とかを指揮している方ですね。
 仕事後帰宅すると玄関に郵便物が落ちていました。エアーパッキン付きの封筒だしさらにプラスチックケースに入っているからいいのですが、一応精密機器なんですが・・・。ちょっと写真がまとめて売れたので、その売り上げでメモリーカードを購入しました。ついに16ギガ。そして今までいつも1万円の予算をたてて購入していたメモリーカードなんですがついにそれを切ってしまいました。容量はどんどん増えていくのに、値段は下がる一方。最初のデジカメにあわせて買ったのは256メガでしたからおよそ64倍です。買い足す度に1万円は越えていたのに、そこまで値下がりしていたとは。この上は32ギガですが、速度やメーカーを考えなければ4000円台もあります。いったいどうなっているんでしょうね

歯医者とハンバーガーと

 いい天気。でも今日のレタスはBAD。しかたありませんね。何ともMADな仕事ぶりですがNO Problemで。あ、なんやそりゃ。
 妙なアメリカンフィーリングは仕事の後、歯医者の時間前に食べたハンバーガーのせいかもしれません。成田にきた頃にすぐに見つけたハードロックカフェというチェーン店(らしいのですがはじめてみました)のハンバーガー屋さん。ベーシックらしいハンバーガーで1300円ちょっと。かなり高いです。ハンバーガーに1000円以上出すことにはちょっとした賭でした。店内はなるほどギターやロックシンガーに関するディスプレーが沢山。実は自分から聴こうとはしないのですが、偶然であうロックは結構好きなのです。その理由は、音楽の構成がとても予定調和の範囲内であること。聴いていて楽なのです。シャウトして激しい〜〜〜ヘビメタだろうがパンクだろうが、いや逆にそういった表面上の激しさを求めた音楽はとても単純なコード進行であることが多いです。余りにもつまらない邦楽なんかは同じことの繰り返しが多すぎて逆に「ミニマリズムか?」と思ったり。予定調和からの意外なはずし方をそれこそモーツアルトいやバッハの時代からやっていたクラシックからすればとっても単純で聴きやすい音楽です。話がそれすぎました。まず最初に出てきたコーヒーがいかにもベンダーの中でくすぶっていたようなコーヒー。で、今回頼んだ1800円オーバーのハンバーガーがきました。感想・・・油すげー。上級ハンバーガーの条件であるバンズが焼いてはありましたが、それはもう揚げてあるに近い状態。中の肉も油まみれなのに、さらに上には揚げ物が。本当に油味のバーガーという感じでした。モスやロッテリアがいかに上品な食べ物かということを感じてしまいました。ただ店の雰囲気はアメリカン。何しろ私は四方を英語母国語の集団に囲まれていたのです。水は出ません。たぶんドリンクを頼めということでしょう。頼んだら「はい、ただいま」とにこやかに答えて会計まで出ませんでした。注文を取った後のバイトが店の片隅でくっちゃべっていることろまでハリウッド映画のようでした。その後歯を磨いて歯医者へ。

散歩

 午前中のうちに泳いでしまおうと起きたらすぐにプールへ。今日もとっても混雑していました。水泳が終わってから家に戻り今度は子供と妻とで隣町の下妻の河川敷の公園へ。天気も良かったためか、このふつうの自然公園がかなり混雑していたのです。ま、なにも無いことが映画になるくらいの町ですから・・・

とにかく眠りたい

 ひたすらイチゴがなくて謝り続けた一日でした。西日本の雪→西日本の市場に大量に引っ張られる→さらに東日本でも収穫量減という図式でほとんど集まらなかったというバイヤーさんからのメールが届いていました。

できちゃったものは仕方ない

 昨日とは打って変わってかなり暖かい一日でした。そんな中でけっこうしつこくニュースで取り上げられていたのは、茨城空港の海港のニュースでした。その理由は空港としての重要性ではなくて、これほど前途多難であることがはっきりしている案件も珍しいからではないでしょうか。定期航路は現在まで1本。しかも韓国へ。数ヶ月前まで売店すら決まっていなかったのです。たぶん多くの茨城県民の心情はこんな無茶な計画が、するーーっと実現してしまったことに恥ずかしさを覚えるところではないでしょうか。一度でもあの場所に行ったことのある人は、間違いなく羽田か成田を選びます。しかしできてしまったものは仕方ありません。せめて赤字が膨らまないことを願います。ただ、周辺住民からは嫌われ者施設の代表である空港が先にできたのです。うまく開発していくと、もしかしたら大化けする可能性もある・・・かなあ?。それには、ある人には殺してやりたいほど憎まれる事を全くいとわない我が道を行く天才の存在と、それを許す実力者達が必要でしょうね。いるかなあ・・・・。ニュースで見ていると今日の最初の便が着陸するときにかなり派手にバウンドしていました。あ〜あホント前途多難ですね

プツン

 朝からイライラする一日。こんな時に理不尽な物言いにかなり血がのぼったあと、別なパートの人に白眼が赤いと言われました。鏡を見ると充血ではなく出血でした。痛みはないので問題ないのですが、怒るのはやっぱり良くないですね。まだ赤いですよ

残念

 いつもの火曜特売で午前中の出だしは良かったのですが、昼ぐらいからの冷たい雨で一気に客足が遠のきました。今日は比較的早めの上がりで、そのままつくばへ。本日はオーケストラの選曲会議で、私が入団した頃からずーっと出しているウォルトンの「ヨハネスブルグ祝祭序曲」がなんと2次選曲まで残っているのです。最初の頃は「そんな曲知らない」どころか「ウォルトンなんて知らない」て人も。オケは古典にあまりにも偉大な曲が大量に存在するために吹奏楽団に比べるとどうしても保守的になるのは致し方ありません。確かに、他を圧倒する名曲の存在がありますから。しかし、ずーっと出し続けていると有り難い事に技術委員会では「とりあえず聴いてみよう」という事で聴いてくれたようです。編成もちゃんと出ていました。そして・・・なんと!!・・・僅差で前プロ、「はげ山」に負けてしまいました。でも、ここまできたのは本当に嬉しいです。間違いなく次も出すと思います。何しろこのオケでは「画家マチス」もラフマニノフの「交響的舞曲」も何度か落ちて最終的に取り上げられていますので。しかし、ウォルトンに詳しい人もいて「なんでこの曲なの?」とずばりをついてくる人も。それは・・・・チューバが活躍するから。本当は交響曲2番もいいと思うのですがかなり難曲っぽい。映画音楽は「スピット・ファイヤー」や「ハムレット」「ヘンリー5世」等素晴らしい曲が沢山ありますが、楽譜の問題がありそう。「王冠」は立場がちょっと中途半端。私にとってはやっぱり「ヨハネスブルグ祝祭序曲」なのです。

写真どうしよう・・・

_DSC5679(クミスクチン)
_DSC5577(はじめまして)

 写真は今日の活動とはほぼ関係ありません。ずーっと使っていた写真共有サイトのso−netが写真のサービスを5月までにしてしまったので、移転先をまだ悩んでいるのです。最初zorgというおしゃれなサイトを考えていたのですが、見た目の綺麗さとは裏腹にちょっと機能面が・・・。でももう1年分の有料会員料金も払ってしまってるし。で、一番最初使っていたライブドアを使ってみるとこれが思った以上に改善されていて使いやすい。何よりこのブログとの相性は当然のことながら一番いい。どうしようかなあ
 午前中は確定申告へ。昨年産休で収入の減った妻は今年で終わってしまう配偶者特別減税に該当するよ、と親切な会社の人事が教えてくれたので行く事にしたのです。午前中に行って午後2時半頃の相談になるほどの混雑ぶり。皆生活に真剣です。日本の経済的な思想はまだ捨てたものではないなあと思える盛況ぶりでした。頭を使っていかに正当な税金額へ近づけるかという事をこれだけ皆さんが考えているという事です。で・・・結論から言うと・・・本当にぎりぎりの額だったんですね。3000円の還付でした。ただこの額の年収はすべてを自分が払った上に扶養にも入れずにしっかりと税金を取られる収入という事で、「会社に掛け合った方が」と心配されました。昨年いっぱいで退職した事を伝えると納得してらっしゃいました。しかし、実際この年収域で生活している人も結構いる事はニュースなのでよく聞く事です。やっぱり専門家の目から見ても一番「損をしている」階層である事が良くわかりました。

歯医者と吹奏楽とプールに写真

 朝起きてとりあえず一番に向かったのが洞峰公園のプールでした。4ヶ月にわたる改修工事後のリニューアルオープン。ロッカールームが大変綺麗になっていました。プールサイドには竜ヶ崎にもあったジャグジーが二つも。しかしそんなジャグジーはいっぱいになるほど今日は混んでいました。水泳を専門にやる人の割合が多くて人を押しのけるように泳いでいく人が多いのがこのプールの特徴なのですが、それにしても今日は特別多かったです。あれーっと思いながら出てきて掲示板を見ると北京5輪の時のリレーの選手の一人がやってきて講習会と模範水泳をするとか。丁度後1時間後という事になっていたのですが、今日は午後の予定も入っていたので泣く泣く帰りました。その後予定の時間まで少し空いたので実験植物園でリピーターズパスの更新を。今日は雨にもかかわらず結構車が止まっていました。急ぎ足で場内を見て回りましたが、まだセツブンソウには早くおまけに場内改修工事をやっていました。で、夜には予約していた歯医者に。歯石をごりごりと取られたあと結局親知らずは抜きましょうという話になり、横向きに生えている親知らずのために口腔外科のある大きな病院へ紹介状を書いてもらいました。歯医者の後長時間運転したくなかったので今日は家族で成田まできてつくばまでの道のりを妻の運転で。その車中でニュースをやっていないかなあとラジオを回していて聞こえてきたのが吹奏楽。FM放送で吹奏楽を聴くのはかなり久しぶりでした。日本でも有数の職場の吹奏楽団の演奏会の模様でした。この吹奏楽団に限らないのですが、何故か日本のトップレベルのアマチュア吹奏楽団は指揮者にプレーヤーや作・編曲家を置くところが多くこの吹奏楽団もやはりそう。別にそれが悪いとは思わないのですが、指揮の研鑽を積んでいる指揮者が数多くいて、アマチュアのオーケストラでは普通に職業指揮者にお願いしているところが多いのに何故なんでしょう。どうしたってこのレベルまで高められた団体の演奏には指揮者の技量がかなり演奏のできを左右するでしょうに・・・。カーラジオで聴いた限りで言うのは良くない事とは思いながらも、この演奏も全体としての音楽の見通しが余り良くない演奏という感想を持ちました。聞こえてくるのは団としての上手さだけ。同時に昔とっても好きだった作曲家の新作がほとんどときめかない作品だった事も、また有名ミュージカルの新しいアレンジをこり回して不思議なアレンジにしてしまった事もどうも好きになれませんでした。巨人が飛び出してじゃじゃじゃーん・・・。

一応三連休ですが・・・

 朝から雨でしかもどんどん気温が下がっていくという、外出にこれほど向いていない日もありません。そんな日から3連休のスタートでした。といっても休みを予定しいていたのはこの日だけで後は新任チーフの都合等で休みが寄せ集まっただけの連休で、明日も歯医者とか夜に予約してしまいました。つまりは月末に休みが少ない・・・。天候といえば明日は現在休団中の吹奏楽団の演奏会があります。いつも臨時駐車場が必要なほど盛況な演奏会ですので大丈夫でしょうが、天候がちょっと気になります。
 今日予定していた事と言えばオーケストラの合宿。かなり久しぶりで合宿です。私は練習のみでの参加で石岡のグリーンパレスへ。この付近は結構古い街並みがあり、練習時間の合間に撮影に行ってみたのですが、雨が強くなって断念。とりあえず出番までひたすら個人練習をしていました。

季節の変わり目には

 とっても暖かい一日でしたが、風邪です。いつも季節の変わり目にはのどから風邪をひいてしまいます。発注が少し弱くて夕方には品切れが・・・。いけてない一日でした

誰しも初心者から・・・

 本日は新しい試みとして毎週木曜日10%割引の日でした。こうした企画はたぶん後々から浸透していくものでしょうから、本日はほとんど影響はなく一日が過ぎました。帰ってテレビをつけると鬱病をテーマにしたコミック原作のドラマをやっていました。ちくちくと心に刺さる内容でした。思い当たる節が全くないかというとそんなことはなく、心の健康にはやっぱり不安がつきまといます。そしてその後のニュース。子供が・・・5歳の子供が6.2キロ。うちの息子昨日の診察で測った体重は8キロちょっと。人間は何者にもなりうる能力と引き替えにほかの動物が最初から持っている様々なソフトが無い状態で生まれてくる。人に対する愛情さえも後から育まれるものなのかもしれませんね。ずーーんとおなかのあたりにくるニュースでした。中年男が人から見られたら笑われそうなのですが、最近こんなニュースを聴く度にちょい泣きをしています。
 誰しも子育ては初心者からスタートです。誰しもわからないことに不安を覚えながら、元は赤の他人の二人の大人がケンかも交えながら一つの方向を向いていくのです。いろんな事で逆に親も育てられるのです。解らないことをオープンにしましょう。悲鳴をあげましょう。できない、わからないって声に出しましょう。それで子供の命が一つ助かるのならなんの遠慮が必要でしょうか

散歩

 ずずずずっと何ともかわいらしい鼾を子供がしているのです。鼻風邪を引いたらしく、立派な?鼻水を元気良く垂らしている我が子、そのためかかわいらしいいびきをたてているのです。それにしても子供の寝顔はどうしてあんなに安心させられるんでしょうね。最近つくばの家で泊まるときは子供と妻が寝ている部屋で寝ることにしています。部屋中怪獣が散らかしまくったおもちゃや絵本の残骸があるのを片づけて子供と妻の足下に眠ります。決して快適な場所でないはずなんですが、寝息を聴いていると不思議とよく眠れます。成田のアパートの方がよっぽど睡眠が不安定なような・・・。
 朝からNAXOSのサイトで新譜のチェック。このところアメリカ陸海空軍のバンドの録音が毎日のようにアップされていて、親しみやすい曲から、超ハイレベルの曲までかなりの充実ぶりです。吹奏楽団の選曲会議とかで使えますね。でもこの日はとりあえず準・メルクル指揮のドビュッシー作品集。大好きな「レントより遅く」を快演してくれました。続いてブーレーズ指揮のシカゴシンフォニーによるストラヴィンスキーの新古典作品集。もうどう聴いたって上品なバロックにしか聞こえない「プルチネッラ」がとても良かったです。シカゴってこんな音でしたっけ?って演奏。
 午後からは散歩もかねて、子供の診察に筑波大へ歩いて行きました。途中のペデストリアンデッキの陸橋、坂道を上れるかなあと心配したんですが、元気な顔して頂上まで。ところが下る段階になってくるっと後ろを向いて元きた道を・・・。下りはまだ怖かったみたいですね。成長曲線の下ぎりぎりを心配しての診察だったのですが、とりあえず問題はないようです。ゆっくり、子供の後からしっかりとついていきます

うわーーー

 多分今の店にきてから一番大量の荷物が届いた日だと思います。他の部門の人や店長から「荷物入りきるか?」と心配されるぐらい多い荷物。それがあり得ない事に夕方には品切れする特売品が現れ始めました。チーフにはとりあえず事務作業に慣れてもらうために、事務所にいてもらってひたすら体を動かして終了は8時間近。朝の5時から久しぶりに12時間オーバーが二日続いてしまいました。おまけに昼ご飯は夕方の5時半。
 仕事が終わって洗濯と食事と洗い物をすませてへろへろでつくばへ。もうひたすら眠いので途中でチョコや甘いお菓子を買って食べながらの運転です。帰ると鼻水がぺろんと出た子供が出迎えてくれました

YAYOIスタート

 月が変わり今日は棚卸しのカウントです。そして新しいチーフとの初日。さすがにいつも通りでは間に合わないので5時に店に入って先にはじめてました。会社的には社長が交代。社長は会長へ、副社長が社長へとまことに順当な人事。ついでに今度の社長を連れてきたのは今度の会長だそうですので、本当に波風の立たない会社ですね。
 
Recent Comments
livedoor 天気
Profile

tanukawa2006

山口県の下関市から茨城にやってきてもう茨城の方が長くなってしまった30代男妻一人子一人です。下手の横付きでいろいろ手を出していました。今の主な趣味は写真と楽器。生き甲斐は子供。
下記もよろしくお願いします
<アルバム>
http://pics.livedoor.com/u/tanukawa2006/

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor-pic
zorgフォト
  • ライブドアブログ