創作古民家 [ 向井工務店 ]

工事の完成写真と内容を寄り道しながら綴って行きます

奈良県 御所市の豪商旧家




_DSC9588

柿の博物館の帰り道に旧家 発見
親切なボランテアさんの説明を受けましたが
殆ど忘れました写真のみで更新です

_DSC3966

_DSC3963

_DSC3932

_DSC3939

_DSC3941



_DSC3949



_DSC3946



_DSC3948


_DSC3957



早生 刀根柿と 幻の新種・早秋[そうしゅう]

_DSC2371



_DSC3902

奈良県 西吉野 柿の生産で日本一として全国に知れ渡っている
博物館に行って来ました 下のドームが 柿博物館です

_DSC3898

_DSC3904

柿の品種は 全部で200種類を超えると言われています
クリックして頂くと柿の種類の呼び方が解ります
_DSC3907

その中でも 新種この4種類が
近い将来 店先にお目見えするといわれ
1 早秋 2 新秋 3 太秋 4 甘秋
この4点の新種がもう少しで デビューします
今回縁あって その中の 早秋 が下の写真 4この柿です
これ等の柿は未だ試験の段階ですから 全てハウス栽培

_DSC3909


 この柿が 新種 早秋です 
 運よくこの 4コ だけ手に入りました
 硬さは しっかりした身ですが 包丁で皮を剥くと 中身は外の皮の色より 
 赤みが濃く 水分も多く 甘さは ハンパではありません
 皮剥く手先の指は 糖分で ネバ ネバ です
 糖度を聴かれますと 20 度超えていると思いますが
 この柿を食したことが 優越感満杯てな感じ
 そのうち店先に 西吉野 早秋 と出たら 速 買い求めてください
 間違いありません 保障致します    

_DSC3910
 
次にお勧めは
この下の柿はもちろんハウス物ですが 早生 刀根柿 と言います
種なし渋柿ですから 脱渋されてお店に並ぶことになります
お味は と聞かれたら・・・・・・今まで食べた事の無い品の良い甘さで
私達は満足しました 今の時期これ程 熟れた柿はよその御店で
見た事ありません 

_DSC3905


ひまわりと少女とラフ

明日香の棚田
稲も青々と育っています
                  クリックしてご覧ください
_DSC3705

_DSC3700

明日香 稲渕の棚田の一角にひまわり畑があり
今が丁度見頃の時期の様です
全部の花は元気よく東の方角に向いています 
真正面から 右向け 右 と号令を出したくなりますが
恥ずかしいから 止めにしました

_DSC3701

棚田から吉野経由で 大宇陀まで足を伸ばすと
ここは大宇陀 道の駅・・・・・・足湯があります
そこにひまわりの様な 可愛い御嬢さんとの出会です
育ちの良さが 顔に出ている明るいい子でした
ラフは意気投合したのか しばしの間 御嬢さんに抱かれ御満悦
お年はと聞くと 小学2年生 ・・・・・それじゃ 8才と言う事ですね
ラフも 8才ですから 人間でしたら 同級生
でも犬歳では 50才前後の オオドシマです
そこに行くと この御嬢さんは 将来は期待されて明るい未来が待っています

_DSC3708

何故かご両人 右に傾いています
これも流行の写真 ポーズでしょうか 犬が抜けたら きっと ピースですよ

我が家の前で 2度開花した 桔梗の花です
_DSC3728
  
少し硬いので もう一枚が上の写真です             
_DSC3706おわり







ギャラリー
  • 奈良県 御所市の豪商旧家
  • 奈良県 御所市の豪商旧家
  • 奈良県 御所市の豪商旧家
  • 奈良県 御所市の豪商旧家
  • 奈良県 御所市の豪商旧家
  • 奈良県 御所市の豪商旧家
  • 奈良県 御所市の豪商旧家
  • 奈良県 御所市の豪商旧家
  • 奈良県 御所市の豪商旧家