運送業の労務管理について語る女性社労士ブログ

トラック運送業の労務管理について熱く語ります。 労働時間(改善基準)、健康管理から、メンタルヘルス、従業員教育まで何でも「トラック運転手」に関することをUPしていきます。

カテゴリ: ブログ

5月のおふぃま新聞は以下の内容でお送りします。

1.「通勤手当の非課税限度額引上げ」で必要となる手続き

平成28年度の税制改正で通勤手当の非課税限度額の上限額が「10万円」から「15万円」に引き上げられ、4月から施行されました。年末調整での非課税規定は「平成28年1月1日以後に支払われるべき通勤手当」について適用されることとなったため、改正前の規定を適用して源泉徴収(所得税および復興特別所得税)を行っていたために結果的に過納となってしまった税額を年末調整の際に精算する必要が出てきます。

2.「中高年齢者の転職・再就職調査」にみる転職者の意識

45〜74 歳の中高年齢者を対象とした転職・再就職に関する実態、意識などについての調査(中高年齢者の転職・再就職調査)が行われました。転職に際して利用した機関・サービスについての回答(複数回答)では、「縁故」約4割、「求人情報誌等」3割強、「ハローワーク」3割弱などとなっています。転職の満足度の要因としては、60歳未満では「賃金の低下」が主要因ですが、60歳以上では賃金の低下による影響は見られず、「自分の興味、能力、個性、資格等に合った仕事を選ぶ」ことが満足度を高める要因となっています。

3.4月から「雇用・労働」「社会保険」はこう変わる!

雇用保険料率(失業等給付)は、労働者負担・事業主負担とも1/1000ずつ引き下げられました。また、雇用保険二事業の保険料率も0.5/1000引き下げられました。これにより、一般の事業の雇用保険料率は11/1000(労働者負担4/1000+事業主負担7/1000)となります。
すべての事業主を対象に、募集・採用、賃金の決定、教育訓練の実施、福利厚生施設の利用その他の待遇について、障害者に対する差別が禁止されました。
健康保険の標準報酬月額の上限が、47等級(121万円)から50等級(標準報酬月額139万円。報酬月額1,355,000円以上)に引き上げられました。

4.「配偶者手当」はもう古い? 見直しを促す報告書まとまる

企業が支給するいわゆる「配偶者手当」(家族手当、扶養手当等名称は様々)も、税制、社会保障制度とともに女性パートタイマー等の就労を抑制しているとの指摘があり、2015年11月26日に決定された「一億総活躍社会の実現に向けて緊急に実施すべき対策」で制度の在り方を検討することが明記されたことを受け、厚生労働省に女性の活躍促進に向けた配偶者手当のあり方に関する検討会が設置されました。
若手や女性に活躍してほしいという企業では、そうした層にとって自社の賃金制度が魅力的な制度と言えるかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

5.「若手・中堅向け再雇用制度」の導入を検討してみませんか?

人材不足問題の解決策として、一度退職した社員を『出戻り』で再雇用する、「若手・中堅向け再雇用制度」(ジョブ・リターン制度)を導入する企業が増えています。
ひとくちに「再雇用制度」と言っても、対象社員(勤務年数や経験業務、退職後の年数に条件を付けるなど)、制度を利用できる退職理由(出産・育児・介護や配偶者の転勤などやむを得ないものに限るなど)等、その内容は企業によって様々です。
メリットも多い再雇用制度ですが、再雇用した社員と退職せずに働き続けている社員との処遇に注意する必要があります。
どのようなポジションで迎えるのか、給与の設定をどうするのか、また将来的には、昇進昇格時に他社で働いていた期間をどのように評価するのかといった点の検討が欠かせません。

6.残業80時間で立入り調査へ! 政府の長時間労働抑制対策

政府は、労働基準監督官による立入り調査について、1カ月の残業時間の基準の引下げ(100時間→80時間)を検討していることを明らかにし、新聞でも大きく報じられました。なお、法改正による規制強化などは見送る方向のようです。
近年、職場では過労死防止や女性の活躍推進に向けた長時間労働の是正、そして柔軟な働き方が求められていますが、小売業など人手不足から長時間労働が常態化している業種は深刻な悩みとなっています。
また、上記のように1カ月の残業時間の基準の引下げが行われることによって、より一層注意して労働時間を適正に管理していかなければならなくなります。
企業にとっては今後も引き続き、長時間労働を減らすための体制作りや規定の見直しが必須と言えるでしょう。

コラム

(事務所員・T 記)

5月ですね。
オフィス松本は社労士事務所で、社労士業務に関連した年間スケジュールというのもあるのですが、それとは別に「受験スケジュール」というのもあります。
なんせ(所長ふくめた)所員全員が、資格種類は違えど【受験生】。
4月から受験の願書配布が始まり、2次・3次まで進めれば冬の手前まで受験漬け…という、予備校のような事務所なのです。

事務所に参考書や予備校の教材が届くが、積んで帰る人。
模試をかたくなに受けない人。
模試の文章問題で感情移入して涙腺が緩む人。

先日は、昼ご飯を食べながら「マークシート式」の解答方法について議論になりました。
1問ずつ、解いたら塗る所員。数問ずつ解いたら塗る所員。全問解いてから塗る所長。
それぞれ流儀には理由があるわけですが、成人が日替わり定食を食べながら真面目に主張するネタではないな…と、ふと思いました。

このゴールデンウィークも、家でゆっくり勉強できるから嬉しい人、祝日は家族サービスが大変だから連休は要らない人に二分しています。
多様性を認めてこその、働きやすい職場ですね(無理やり社労士事務所っぽくまとめてみました)。
働く方も、休める方も、どうぞよいゴールデンウィークをお過ごしください。

2014年5月のおふぃま新聞は以下の内容でお送りします。

1.改正安衛法案に盛り込まれている「ストレスチェック」を実施した場合の、企業への影響
今国会で成立する見込みの「改正労働安全衛生法案」ですが、「受動喫煙防止対策の推進」などと並んで「ストレスチェック制度の創設」も掲げられています。
これは、医師・保健師等によるストレスチェック(希望者のみ)の実施、希望者には医師による面接指導、必要な場合には医師の意見をきいたうえで作業の転換・労働時間の短縮などの措置を事業者に義務づけるものです。
改正法案が成立した場合、企業には健康診断の項目が増えることでの費用増加、ストレスチェックの実施により従業員の精神疾患が判明し、これらの従業員への対応(労働時間の短縮、担当業務の見直し、休職制度の適用、労災申請への対応等)が必要になる可能性があります。

2.「コンプライアンス違反」で倒産する企業の特徴
粉飾決算や脱税、偽装などのコンプライアンス違反は、今や企業の存続すら危うくしてしまう可能性のある重大事項となっています。先日、発表された帝国データバンクの調査によると、2013年度におけるコンプライアンス違反が原因で倒産した企業(負債1億円以上の法的整理のみ)は、過去最多の209件でした。
コンプライアンス違反の類型には「粉飾」「業法違反」「資金使途不明」「不正受給」「雇用」があり、「雇用」には主に労働基準法違反が含まれています。
コンプライアンス違反は、多額の金銭的影響(課徴金の納付、第三者委員会の調査費用等)がある他、消費者や取引先へ与える影響も多大です。財務基盤が弱い企業、顧客離れが大量発生した企業については、これらの影響により簡単に倒産することがあり得る時代なのだと言えます。

3.4月以降の労働・社会保険事務で留意すべき改正点
4月は年金・企業年金、医療保険、介護保険、労働保険関係で保険料率や年金額などさまざまな改正があります。たとえば労働保険ですと、育児休業給付の支給率が67%に引上げ、教育訓練給付金が拡充、条件次第ですが就業促進定着手当(上限あり)の支給などがあります。

4.今年度の「是正指導・勧告」のポイントは?
平成25年における東京労働局管内の労働基準監督署に対する申告(違反事実の通告)事案の概要によると、賃金不払と解雇が全体の多くを占め、依然として労働基準法に定める最低労働基準の確保に問題が多く認められます。
このような状況を受け、東京労働局の平成26年度行政運営方針では、賃金不払や解雇等の申告事案について、優先的に監督指導等を実施するとしています。有期契約労働については労働契約締結時の「期間の定めのある労働契約を更新する場合の基準に関する事項」の明示、雇止めの予告等について厳しくチェックを行うようです。
また、派遣元・派遣先・職業紹介事業者等に対し、「日雇派遣の原則禁止」や「マージン率等の情報提供の義務化」、「関係派遣先への派遣割合制限」等、厳正な指導監督を実施するとしています。

コラム
短時間睡眠(パワーナップ)は、時間当たりの睡眠の効用を最大限に引き出す方法と言われています。
最も効果的なのは昼休みに昼食をとり、コーヒーを飲んでから20分昼寝をすることです。
椅子にもたれるか机に突っ伏すのがいいそうで、横になると深い睡眠にはいり20分で起きることが難しくなります。
コーヒーは目が覚めるころにカフェイン効果が効いてくるようにです。

昼食後から3時までに20分の仮眠をとることで8時間寝たのと同じ疲労回復効果があり、作業効率も上がるそうです。
睡眠不足を感じる方は、是非試してくださいね。

2014年4月のおふぃま新聞は以下の内容でお送りします。

1.要チェック! 平成26年度の厚生労働省方針
厚生労働省の来年度方針が続々と明らかになっています。
高齢者の雇用については65歳までの雇用義務化等を背景に、基礎年金の保険料納付期間を延長する考えを示しています。
行政指導については、労働基準監督官の増員が計画されており、また、従来通り、サービス残業是正を始めとする割増賃金の適正な支払いや違法な時間外労働の是正等を実施していくとしています。
自社の労務管理の方向性を見直すうえで参考にしてみはいかがでしょうか。

2.「育たない若手」問題をどのように解決するか?
団塊の世代の大量離職等により、「若手社員の早期育成」を課題に掲げる企業が多くありますが、思うように育たずに悩んでいる企業も多くあります。
新入社員については、まず、社会人としての基礎を固めることが必要とされます。入社2〜3年の社員では、経験の場を与えさらなる成長を促す機会を設けること、入社4年以降の社員については仕事をある程度任せながら活躍の場を徐々に広げていくことが必要となります。
いずれの段階においても、経験から得た知識を生かしてステップアップしていく流れは変わりませんので、その都度経験を振り返ることが重要となります。

3.派遣社員の「正社員雇用」打診経験は約2割
一般社団法人日本人材派遣協会のアンケートから、現在派遣で働いている人でも、約20%は「正社員雇用」の打診の経験があったことがわかりました。正社員として直接雇用に応じるための条件については、「賃金など労働条件が良くなれば応じる」(59.2%)、「賃金など労働条件が悪くならなければ応じる」(46.6%)などの待遇面を挙げる回答が多くなっています。

4.「多店舗チェーン」で働く店長やスタッフの実態は?
多店舗展開企業で働く人事責任者、店長、店舗スタッフを対象に行った調査では、多くの企業で、店長や店舗スタッフの「スキルレベルやそのばらつき」が課題として挙げられました。人事責任者の約6割が、スキルレベルの低下やばらつきが広がっている要因として「社会人としての基礎力が低いスタッフが多く入社するようになった」と回答しました。
対策として、人事責任者の約6割が「現場でのOJT」や「研修等教育機会の拡充」でスキルレベルの向上をはかっています。一方、「採用の基準を上げた」人事担当者は3年間で減少し続け、今回の調査では0%でした。人事担当者は、時給を上げたり採用基準を緩めたりして、採用数の確保に必死のようです。

コラム
最近、韓流ドラマに、はまっています(2回目のマイブーム!)。
ドラマのセリフがとてもいいのです。

たとえば、韓国の時代劇(?)でのセリフ「善人の無関心が、国を悪くする」。
何とストレートな言い方でしょう!
そのまま文字に書いてしまうと「クサイ」セリフがドラマの中では、ばっちり決まります。
それは、歌舞伎の見栄をみるような爽快さです。

もうひとつの魅力はシンプルなストーリー。
良い人と悪い人が分かれていて、役者を見れば、オチもわかってしまうというシンプルさ。
安心して観ていられます。時計を見ながら、そろそろ(決め台詞の時間)と待つ時間も楽しいものです。
ストレス解消に韓流ドラマが、お勧めです。

2013年7月のおふぃま新聞は以下の内容でお送りします。

1.今年度の「地方労働行政運営方針」の内容は?
厚生労働省から、5月中旬に「平成25年度地方労働行政運営方針」(以下、「運営方針」)が発表されました。
(1)労働条件の確保・改善対策(2)最低賃金制度の適切な運営(3)適正な労働条件の整備(4)労働者の安全と健康確保対策の推進(5)労災補償対策の推進を重視した内容となっております。

2.「高年齢者の雇用確保」の課題
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社が行った調査によると、90%以上の会社が高年齢者雇用確保措置として「再雇用」を選択しており、「勤務延長」「定年延長」「定年廃止」を選択する会社は少数でした。
東京都が行った調査によると、「高齢者の雇用確保が若年者の雇用に悪影響を及ぼす」と回答した割合は、60代で25.1%に対し、20代では42.1%と、世代間でギャップを生じました。また、「若年者の採用を抑制せざるを得ない」と回答した企業の割合が、従業員数1,000人以上では25.6%に対し、従業員数100〜299人では40.2%と、規模の小さい会社ほど若年者の採用への影響が大きいことがわかりました。

3.「報われている感」が、若手・中堅社員のメンタルヘルス不全を予防する
株式会社富士ゼロックス総合教育研究所の「人材開発白書」によれば、若手・中堅社員は「業務支援」「内省支援」「精神的支援」の3つの“かかわり”を得ているときに成長感やモチベーションを抱くそうです。
業務に必要な知識やスキルを与えてもらったり、仕事の手助けをしてくれる等が「業務支援」、自分自身を振り返る機会を与えてくれたり、自己を変容するきっかけを与えてくれる等が「内省支援」で、精神的な安らぎを与えてくれる等が「精神的支援」です。
特に、高い成長を実感している若手・中堅社員は「内省支援」を多く得ているそうです。

4.職場での「熱中症予防対策」はお済みですか?
厚生労働省がまとめた昨年(平成24年)の「職場での熱中症による死亡災害の発生状況」によると、職場での熱中症による死亡者は21人で、うち18人については、WBGT値(暑さ指数)の測定を行っていなかったことが明らかとなったそうです。
熱中症の危険性がわかる簡易な熱中症計、内部の温度が上がりにくいヘルメット、冷却材を入れられるベストなど、熱中症対策グッズもいろいろと出そろってきたようです。
今年の夏は、平年より気温が高くなることが見込まれています。こうした対策グッズの活用と併せて、作業環境の見直し、従業員の健康管理の指導、管理監督者による巡視の強化などの労務管理を徹底し、この夏を乗り切りましょう。

2013年6月のおふぃま新聞は以下の内容でお送りします。

1.今年度限定!「若者チャレンジ奨励金」
厚生労働省は、今年度から、若年者・非正規雇用労働者の雇用支援策として「若者チャレンジ奨励金」をスタートさせました。この奨励金は「平成25年度末(平成26年3月末)」までの時限措置となっています。また、政府の予算の範囲内で支給されるものですので、予算額に達した場合には申請の受付が終了してしまいます。
申請を検討されている場合は、早めに手続きを行うことが重要です。

2.「解雇の金銭解決制度」とは?
最近、「解雇の金銭解決制度」(従業員が解雇されたときに企業が和解金を支払って解決する仕組み)が大きな話題となっています。この制度の実現には、労働組合や中小企業経営者との調整が焦点となると言われています。どのような制度が企業側・労働者側の双方にとってよいものなのか、ある程度の合意が見られなければ制度の導入は難しいと言えるでしょう。

3.今年の「年度更新」「算定・月変」の実務上留意すべきこと
◆大臣が定める現物給与の価額の一部改正
従来、支店等に勤務する被保険者の現物給付について、本社所在地の価額が適用されていましたが、2013年2月に厚生労働省告示が発出され、4月1日以降、実際の勤務地の都道府県価額が適用されています。この改正による現物給与額の変更は、固定的賃金の変更があったものとみなされますので、「月額変更届」の提出が必要となる場合があり、自社の算定・月変の手続きを行うにあたり注意を要します。

◆年度更新に係る改正点(その1)一般拠出金への充当手続の簡素化
昨年度までは、一般拠出金に充当する場合には、別途還付請求書を管轄の労働局・労基署へ提出しなければなりませんでした。この点につき、改正により、「労働保険概算・増加概算・確定保険料石綿健康被害救済法一般拠出金申告書」に充当意思欄が設けられ、当該欄に番号を記載することで還付が受けられるようになり、実務が簡素化されています。

◆年度更新に係る改正点(その2)還付請求書様式のOCR化
労働保険料の還付請求書の様式がOCR化され、従来の様式は使うことができなくなりました。還付請求を行う際は注意が必要です。

4.進まない「がん経験者の就労支援」今後求められる取組みは?
1月の内閣府「がん対策に関する世論調査」で、「がんの治療と仕事の両立は難しい」(がんの治療や検査のため2週間に1回程度通院する必要があるとした場合に、働き続けられる環境にない)と感じる人が約7割いるという調査結果が出ました。
治療と仕事を両立するためには、職場の理解と協力が不可欠です。しかし、必ずしも、がんに対して理解がある職場ばかりではありません。企業側としても、「具体的にどんな配慮をすればよいかわからない」などといった事情があります。

一部の企業では、治療時間を確保するために有給休暇の取得方法を半日単位、時間単位にしたり、取得可能上限日数を増やしたりする対応もすでに行っています。
2人に1人ががんに罹患し、働く世代の罹患率も高くなっている現在、がん罹患後も必要な治療を受けながら安心して働き続けることのできる仕組みの整備が望まれます。

5.今年度から「キャリアアップ助成金」が創設
キャリアアップ助成金は、有期契約労働者等の企業内でのキャリアアップを支援する事業主を対象として支給される助成金です。重点分野等(健康、環境、農林漁業等)の事業主が実施する人材育成についての助成のみ、前倒しで平成25年1月から実施されています。
有期契約労働者等(年齢不問)の正規雇用への転換、人材育成、処遇改善など、事業主(業種不問、事業規模の制限なし)の行う施策ごとにコースが分かれています。
また、対象労働者の状況や企業の行う施策によって助成額が加算・上乗せされる場合もありますので、十分な検討が必要です。

コラム
先日、埼玉にある『リフレッシュの森』に行ってきました。
ここでは、朝早く起きて自力整体(ヨガ?)をし、山の中を歩き、温泉に入りたい時は4キロ離れた温泉まで歩きます。夜は何も考えずにぐっすりです。

自宅から2時間も走れば、自然がいっぱいでゆったりと時間が流れる場所があることに驚きました。
季節になれば蛍も舞うようです。

こういう場所を見つけると、『日本っていいなぁ・・・』って思うのです。
近くにはキャンプ場もある様だし、今度は、テントから自然を満喫したいな。

このページのトップヘ