異邦人の食卓

LA TABLE D'UNE ETRANGERE -Qu'est-ce qu'on mange, aujourd'hui ? -

宮殿とアズレージョの旅−ナザレの魚ランチとアズレージョの教会

アルコバサ修道院で面白彫刻を満喫した後、魚介ランチを楽しむべく、コスタ・デ・プラタ(銀海岸)沿いの町、ナザレへ移動。
ナザレは2016年に訪れた際にも訪れたのだが、その際に見逃してしまったものがあったので再訪したいと思っていた町。
ナザレは漁師の町と呼ばれる海岸沿いの地区と崖の上に位置するシティオ地区に分かれている。
nazare1
ランチをするなら崖の上より海岸沿いと言うことで、獲れたての鯵が日光浴するビーチの向かいにずらりと並ぶレストランを吟味していたら、道を歩いていたおじさんがQuebra-Marというレストランがお勧めと教えてくれた。
nazare3
折角なので目の前で干されていたらしい鯵の干物を注文。
日本の鯵の干物と比べると太陽光線が強いせいかちょっと干され過ぎ感あり。
これは前菜だったのだが、ポン吉が食べるのを拒否したため、これだけでお腹いっぱいになってしまった。
メインは迷わずポルトガルの名物料理カタプラーナにしたのだが、出て来た鍋の中は玉ねぎだらけ!
nazare4
コリアンダーの香りも良く、奥に埋もれていた赤い皮の魚は脂が乗っていて美味しかったのだが、玉ねぎの煮込みが足りずかなりガッカリな代物だった。
このレストランのどこがお勧めなんだろう?と思っていたら、ここを推薦したおじさんが店に入ってきて、何やらお店の人と楽し気に話している。
どうやらこの店の回し者だったらしい。
他のお店に比べると値段はかなり良心的だったことだけが利点かな。

前回はナザレ=美しい海岸沿いの町というだけの認識しかなく、崖の上のシティオ地区はスルーしてしまったのだが、美しいアズレージョが見られる観光ポイントの中にナザレのノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会を発見。
nazare14
シティオ地区から見下ろす漁師の町地区。
7月だったのに海水浴客が少なかったのはランチ時だったからだろうか。
nazare5
展望台近くにある可愛らしいメモリア礼拝堂。
中は全面アズレージョで覆われている。

シティオ地区のメイン広場にある立派なファサードのノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会。
nazare6
元々14世紀に建築された教会は増築、改築を繰り返し現在の立派な姿になったのは17世紀。
メイン入り口の両脇の2棟はかつては王室専用の宿泊施設と病院だった。
nazare17
金の装飾が美しい祭壇。
聖堂内の交差廊を飾るオランダ人作家のアズレージョが美しい。
nazare7
この教会は2階部分も見学できるが、階段の壁もアズレージョ。
nazare12
奇跡の物語が描かれた絵画が美しい聖具室にもアズレージョ。
nazare11
この教会は不思議な造りで、祭壇の上から聖堂を見下ろすことができる。
nazare15
外観の立派さから比べると聖堂は意外なほどこじんまりしている。

狭い通路を含め、移動する場所全てがアズレージョ。
nazare9

nazare8
アズレージョファンは絶対訪れるべき教会。
nazare10

nazare13
見どころ満載の教会を出て、広場に並ぶお土産のスタンドを物色。
nazare16
そこで買ったのがポルトガルとは特に関連のなさそうな鳥笛。
nazare18
水を入れて吹くとピーヒョロロと綺麗な声で鳴いてくれる。
これが意外にもLUKAの呼び戻しに意外な効果をもたらし、庭のどこにいてもこの笛を吹くと一発で戻ってきたのだが、1か月ぐらい経ったら、用もないのに面白がって呼んでいることがバレてしまったらしく、効果は全くなくなってしまった。

シーフードランチは外してしまったが、アズレージョには大満足のナザレの昼下がりだった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村

宮殿とアズレージョの旅ーアルコバサ修道院の楽しい彫刻達

オビドスには2泊したのだが、中世風の街並みと本屋さんとサンタマリア教会以外は特に見どころもなく、2日目は車で30分ほどのところにあるアルコバサ(ALCOBACA)へ。
alcobaca1
アルコバサは人口15000人ほどのこじんまりした町だが、建設開始は12世紀に遡る歴史あるアルコバサ修道院は世界遺産に登録されており、観光客も多く訪れる。
alcobaca2
修道院全体の表面積はどのぐらいあるのだろうか…とにかく壮大な修道院だ。
alcobaca3
正面の入り口は18世紀に改装されたバロック調だが、
alcobaca4
聖堂はシトー派らしく、極端なまでに装飾を省いたシンプルな造り。
alcobaca5
建設当時の様子が描かれたアズレージョが美しい王の広間には歴代の国王の像が飾られている。
alcobaca7
立派な煙突がある厨房。
alcobaca6
食堂。
alcobaca11
修道僧達の宿泊所だった僧の広間。
どの部屋もヴォールトが美しい。
alcobaca24
聖堂横の中庭からは厨房の立派な煙突が見える。
alcobaca8
聖堂奥の中庭は手入れもされておらず、世界遺産とは思えない悲しい姿になっていた。

ポルトガルで悲恋の物語として語り継がれているペドロ1世と愛妾イネスの棺はこのアルコバサ修道院にある。
alcobaca19
彫刻が素晴らしいペドロ1世の棺。
alcobaca21
王の足元に寄り添う可愛いワンちゃん。
alcobaca18
イネスの棺にはキリストの誕生から復活が描かれている。
しかし、ここでまたしてもツボにはまってしまった。
alcobaca20
王の棺を支えるライオンが情けなさすぎるし、
alcobaca25
イネスの棺を支えているのは変顔のおっさんばかり。
こうなったらもう止まらない。
面白彫刻探しまっしぐら。
alcobaca12
羽のある天使豚。
alcobaca13
へんてこな犬や
alcobaca15
高みの見物中の猫?
alcobaca14
猿っぽい動物にはたてがみが…
alcobaca17
天使になれなかった下界の豚。
alcobaca22
この方に至ってはまさかのフィグ・サイン

タヌ子はうかつにも見逃してしまったが、サイのガーゴイルもあったらしい。

世界遺産を見学に行ったのに、またしても面白彫刻の罠に嵌ってしまった(汗)
日本のお寺の建築装飾にもこんな楽しい彫刻が隠れていたら寺院巡りが更に楽しくなるのになぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村

パリのタイ料理+エルヴェ豆腐再び

漸くパリでの野暮用も終わり、先週はゆったり過ごせそうだと思っていたら、タヌ子の凡ミスから再びパリに舞い戻らなければならなくなってしまった。
その上先週末から滞在している居候君たちの世話も結構忙しく、一気に終えようと思っていたポルトガル旅行記はまたしてもお休み(汗)

以前パリのアパートの近くに、有名人もよく利用する老舗のベトナム料理店があったのだが、いつの間にか閉店し、タイ料理のお店に変わっていた。

タイカレーは狸家の夏の定番料理だが、久しぶりにカレーではないタイ料理が食べたかったので入ってみたら、エスニック色が薄れてバーのような内装に変わっていた。
taeng thai1
時間がなかったのでランチメニュー。
taeng thai5
ランチなのにアミューズが登場。
牛肉と生姜とレモングラスの炒めはほんのり甘いあっさりした味付けで凄く美味しい。
一品料理にこれがあったら次回は絶対これを頼む!

前菜は揚げ春巻き。
taeng thai2
今までタイの揚げ春巻きはベトナム同様ライスペーパー使用だと思い込んでいたのだが、普通の春巻きの皮だった。
小麦粉の皮の方が油っこくなく、サクサクしてて美味しい。

ポン吉のメインは鶏とバジルの炒め。
taeng thai4
パサパサしがちな胸肉もしっとり柔らかくて美味しかったそうだ。

タヌ子は豆腐と野菜の炒め。
taeng thai3
日本でもこれだけもやしがシャキシャキの状態で出てくるところは珍しいのではないかと思われるぐらい野菜がアルデンテ。
量も控えめで味も上品なので、日本のタイ料理店でも十分通用しそうな感じ。

ポン吉はデザートに生のパイナップルを食べていたが写真はなし。

しかしフランス人には量が少ないと思われる上、暫くは満席になることもなさそうなのでお店の存続は微妙な所だが、是非生き残って欲しい。

以前パリ土産で大豆をプレゼントしたら速攻でお豆腐を作ってくれたエルヴェ氏がノルマンディの中華食材店で仕入れた黒い豆で再び豆腐を作ってくれた。
tofu herve3
黒豆豆腐かなと思ったが、ノルマンディの中華食材店で買える黒い豆はブラックビーンズ(黒いんげん豆)のみなので、多分それを使ったのだと思う。
お豆腐ってどんなお豆でもできるんだぁ…と改めて感心。
癖もなく、食べやすくて美味しかった。
やっぱりエルヴェ豆腐店を開くべき!

冷蔵庫にちょっとお疲れ気味のパプリカがあったので、燻製麦ぬか床に漬けてみたら美味しいお漬物になった。
poivron fume
パプリカを漬物にという発想はなかったが、次回は発酵ぬか床に漬けてみよう。

先日紹介した牡蠣の味がする植物、オイスターリーフに花が咲いた。
plante huitre
日本と反対で雨が降らず、カラカラのフランスだが、このまま順調に花を咲かせてくれたら種を採取して栽培できそう。

さて、金曜日から狸家にいる居候君たち。
nemo nikey
マリノアとスイス・マウンテン・ドッグのハーフで1歳半の男の子(ネモ君)とスタッフォードシャーブルテリアのミックス犬で同じく1歳半の女の子(筋肉ムキムキのニッキーちゃん)。
太極拳仲間が夏の合宿に参加する間預かっているのだが、2匹とも人懐っこくて大人しい。
もうすぐ5歳になるLUKAよりずっと落ち着いている。
呼べばちゃんと戻ってくるので散歩も田舎道はリードなしでも全く問題なし。
一番お子ちゃまのLUKAはネモ君と遊んでいる時に、興奮しすぎて顔に噛みついて怪我をさせてしまった(滝汗)。
それでもLUKAを怖がる気配もなく、一緒に遊んでくれる優しいネモ君に感謝。
このまま狸家の子になって欲しいぐらいだけど、短毛犬は長毛犬より掃除が大変なところがネックかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

宮殿とアズレージョの旅−中世都市OBIDOS

頓挫してしまった2016年のポルトガル・スペイン旅行の二の舞にならぬよう、昨年のポルトガル旅行記を再開すべく写真を選び始めたら『???』なものが多すぎて、記憶力の低下に愕然。
説明のない写真も出てきてしまいそうだが、頑張って旅行記完結を目指す。

マフラ宮殿見学を終え、『王妃の村』、『谷間の真珠』とも呼ばれる城壁に囲まれた中世都市OBIDOS(オビドス)に向かう。
2016年にリスボンからポルトーに向かう際に道路から見えた城壁が印象に残っていたので、今回の旅程に組み込んだ町。
obidos1
進行方向にいきなり現れた城壁の町。
obidos2
この日お世話になるホテルに荷物を置いて早速町に繰り出してみる。
obidos3
数日後に中世市場が開催されるせいか、狭い道は観光客でいっぱい。
立派な教会が目に飛び込んできたので早速覗いてみたら、
obidos16
美しい本屋さんに変身していた。
obidos15
小さな階段状の祭壇はそのまま残されている。
本屋さんに入ったらなかなか出て来ないポン吉を急かしてオビドス観光の一番の見どころとも言える城門を目指す。
しかし途中でポン吉が本屋さんを発見して勝手にIN。
obidos4
ここは本だけでなくオーガニック野菜や食品が売られている。
obidos5
ポン吉が本を眺めている間にタヌ子は食品見学。

その後は寄り道することなく城門に到着。
obidos7
PORTA DA VILLAと呼ばれる城門には美しいアズレージョがあるはずなのだが見つからない。
このアズレージョが見たくてオビドスに来たのに…と思って再度城門をくぐってみたら、
obidos6
なんと修復中(涙)
porta-da-vila
本来はこんな美しいアズレージョが見られるはずだったのに(写真はこちらから拝借)。

意気消沈して歩いていたら城門の近くにまた本屋さん発見。
オビドスの人は読書家が多いのだろうか。
obidos10
本屋さんの一部がカフェになっていたので、カウンターに腰を下ろしてポン吉は地産のワイン、タヌ子はオビドス名物のGinja d’Obidosというサクランボのリキュールを頂いて気を取り直す。
obidos9
落ち込んだ気持ち救ってくれたのは看板ワンちゃん。
obidos8
店主はボーダーコリーと言っていたが、凄く脚が長くて普通のボーダーコリーの倍ぐらいの大きさ。
1歳なのに落ち着いていて賢いなぁと思っていたら、店の前を通過した犬に向かってガンガン吠えてご主人に叱られていた(笑)

アルコールとワンちゃんのお蔭で気分が明るくなってきたのでオビドス散策再開。
obidos12
道から一段低くなった広場にあるサンタマリア教会に入ってみたら壁と天井がアズレージョで覆われた内装が素晴らしい。
obidos21
この美しい教会のお蔭で城門修復のショックから完全復活。
obidos11
ブルーのアズレージョには沈静効果があるのか、ここにいると心が安らかになる。
サンタマリア教会は聖母を祀った教会だが、外壁にある聖母像は丸顔で衣服もどこか東洋風。
obidos13
この聖母像は19世紀に作られたものなので、もしかしたら出島を訪れたポルトガル人が博多人形を持ち帰ってモデルにしたのかも…などと想像するとなんだか楽しい。

この日は朝早くからマルベイラ市場やマフラ宮殿に寄り道してちょっと疲れたので、ホテルに戻って一休みし、ホテルのご主人お勧めのレストラン『O Alcaide』へ。
obidos17
まずはチーズとオリーブでオビドス産の赤ワインをじっくり味わう。

ホテルのご主人が絶賛していた料理がメニューになかったので、タヌ子は鱈のグリル。
obidos18
野菜もタップリ乗っていてソースも美味しかったのだが、何とも分厚い切り身でお腹一杯。
obidos19
ポン吉はタコのグリル、ブロッコリーてんこ盛り(笑)
一口味見させてもらったタコの柔らかさにびっくり。

タヌ子はデザートはパスしたが、甘党じゃないくせにレストランではデザートはパスしないポン吉はヘビーなアップルケーキを注文。
obidos20
素朴だが、カラメルたっぷりで美味しかったらしい。

沢山歩き、気分もジェットコースターにように上下し、昼も夜もお腹一杯食べ、オビドス半日観光は無事終了。

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村

フランスの高級豆腐とエルヴェの手作り豆腐

パリに行ったついでにフランスで日本人が手作りしている『鈴豆腐』を買って来た。
しっかり大豆の味がする美味しいお豆腐だ。
一丁700円とかなり高額だが、大豆もにがりも日本から輸入して手作りしているのだから仕方がない。
IMG_0879
半分は普通に冷や奴として頂き、半分は日本から持ち帰ったみたけ食品の燻製麦ぬか床で燻製漬けに。
上品な塩味と燻製の香りで良い酒のあてになる。
友人がみたけ食品の発酵ぬか床が便利だと言うのでネットで注文した際についでに買ってみた麦ぬか床。
色々試してみたが野菜よりもチーズや卵、お豆腐がお勧め。

発酵ぬか床の方は野菜を漬けるために買ったのだが、フランスの野菜が大きすぎて丸ごとだと漬物容器に入らない(汗)
切ると漬かりすぎになるし色が汚くなるので家庭菜園の野菜が育つのを待たないといけないのだが、なんと地下にトンネルを掘って兎が侵入し、3日間留守にしている間にトマトやキュウリを根から掘り起こしてしまった。
周囲に金網を張って兎被害を防いていたのに、地下から侵入するとは敵もさるもの!
これから安納芋も植えようと思っているので大切な野菜を守るために対策を考えねば。

タヌ子のなんちゃって太極拳教室の生徒で、同じ村に住むエルヴェは高校の学食のコックさんなのだが、現在腕の神経痛で休職中。
鈴豆腐を食べてみたいというのでお土産にあげたら気に入ったらしく、ついでにプレゼントした乾燥大豆で早速自作!
tofu herve1
固さも丁度良く、豆腐初挑戦とは思えない出来。

普通の豆腐作りだけでは物足らず、なんとカレー豆腐まで製作!
tofu herve2
塩味はないので以前友人からお土産でもらったカレー塩をかけて美味しく頂いた。
カレー豆腐の後ろに写っているのはオイスターリーフ
huitre vegetal
口に入れた瞬間は単なる葉っぱだが、3,4回噛むと牡蠣の味が口いっぱいに広がる不思議な葉っぱ。
以前栽培していたものは枯れてしまい、タヌ子の留守中に園芸品店でポン吉が見つけて植えておいてくれたもの。
今回は絶対に花を咲かせて種を採取したい。

副産物のおからでチェリーのクラフティまで作ってくれた。
clafti aux cerises
かなりずっしりしていてクラフティというよりしっとりパンみたいな仕上がりだったが、甘さ控えめで美味しい。

退職してエルヴェ豆腐店を開いてくれないかな…

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村
プロフィール

タヌ子

地味に参加中
blogmura

blogranking

recipe_blog_1
Archives
Recent Comments
Flag Counter
free counters
アクセスカウンター
  • 累計:

今日のお月様
Today's Moon phase
レシピブログ
Voyage/Recettes
トリップアドバイザー
Fecamp観光ホテル口コミ情報
mytaste.jp
野菜today
タヌ子の愛用品

【送料無料】エスプーマ スパークリング M シルバー(CO2エスプーマ) FES4201【smtb-u】



送料無料 Cuisinart クッキングブレンダー SBC-1000J [ クイジナート ブレンダー 加熱 ミキサー ジューサー スムージー 健康 簡単 スープ 調理 加熱調理 おすすめ ジュース ]【smtb-F】(U)



【レビュー特価】送料無料★時短料理に!Silit社(シラルガン)圧力鍋シコマチックTプラス2.5L■高級調理器具メーカーシリット社片手圧力鍋で煮込み料理上手!【RCP】


タジン鍋【送料無料】エミールアンリEmile Henry フラムブラック M 25cm(5525)【蒸し鍋料理に耐熱陶器のエミール アンリ】【キッチン雑貨】蒸し鍋 陶器 蒸し器



【送料無料】ブラウン ミキサー/フードプロセッサー マルチクイック MQ775 #kd



クッキングの演出 炙りスイートトーチ[炙り 料理のバーナー(ガス ボンベ式) 料理用 ガスバーナー(クッキングバーナー/クッキングバーナ/料理用バーナー/キッチンバーナー)]



ベジスパイラルスライサー【ベジスパ】(ロハスオリジナル商品)《お買物合計10,000円以上で送料無料!》☆【RCP1209mara】



【アリサン】スプラウト栽培キット 1 unit



【歯列矯正クリーニングお勧め】ブラウン オーラルB 口腔洗浄器 オキシジェット イリゲーター MD20【送料無料】



【国内正規販売店】 送料無料 ポイント10倍 dyson DC34 motorhead ダイソン DC34 モーターヘッド ハンディクリーナー[ サイクロン コードレス 掃除機 ハンディ ] 【smtb-F】(T)



【新製品】スチームクリーナー SC 1.040( KARCHER 家庭用 スチーム クリーナー SC1.040 SC1.040)




TVで話題の水素水が・楽天総合1位獲得【送料無料】水素のスティック 3本入540L用 お手軽にしかも本格派!水素水1日12円! お得な3本セット 水素水生成器 水素水 お試し 水素水 スティック スポーツ サプリマルシェ 10P06Aug16




【送料無料】【メーカー直販店】野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」【35cc】HB101


お気に入りのお店たち
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ