異邦人の食卓

LA TABLE D'UNE ETRANGERE -Qu'est-ce qu'on mange, aujourd'hui ? -

お上品すぎたミニ会席+初夏の花たち

前回の帰国時に会えなかったタヌ従妹と久しぶりの再会。
タヌ姉を誘ったら、タヌ甥も参加希望ということで参加者は4人。
場所は全員が集まりやすい自由が丘。
タヌ従妹は外ではアルコールを飲まないし、居酒屋ではゆっくり話が出来ないので、グルメサイトで見つけた落ち着いた雰囲気の『杜若』を予約。
それぞれ好みが違うので、いくつか選択肢があるプリフィックスコースにするつもりだったが、連休中はこのコースはなし。
初めてのお店なので、無難なところで一番安い桔梗(5,000円)に決定。

ワインにも合う和食とのことで、まずは白のCHABLISから。
kakitsubata1
牡蠣と生のりの茶わん蒸し。
卵液がほとんど固まっておらず、ほぼクリーム状だったが味はよし。
kakitsubata2
何故かグラスにピントが合ってしまった前菜は
kakitsubata3
生タコ。
kakitsubata4
鯛の子の煮つけ。
kakitsubata13
ウニと湯葉の和え物。
とろりとした湯葉とウニのハーモニーが抜群。
kakitsubata5
お造りは平目と春鰹とホタテ。
kakitsubata6
柏の葉の下に隠れていたのは、
kakitsubata7
焼き物の鰆の西京漬け。
kakitsubata8
椀物は海老しんじょうのお吸い物。
しんじょうがふんわりトロリ。

ここからワインは赤のCOTES DE NUITSに変更。
kakitsubata9
焼き物第二弾は和牛ステーキ、焼きアスパラ添え。

ご飯ものは土鍋で炊いた筍ご飯。
土鍋ごと持ってきて見せてくれたので『沢山食べるぞ〜!』と張り切っていたら、
kakitsubata10
お茶碗には二口分ぐらいしか入っていない…
それはないでしょう…ということで、小食のタヌ従妹以外はお代わりを要求。
筍は赤ワインと相性が良いというのは嬉しい発見。
kakitsubata11
デザートは手作り感あふれるイチゴのシャーベット。

味も雰囲気も良かったのだが、大食い狸一族には量がお上品すぎる。
焼魚とステーキは2倍ぐらいあっても良かったかも。
やっぱり狸一族には居酒屋がお似合いということだろうか。

今回の帰国では桜は逃してしまったものの、ツツジ、ネモフィラ、チューリップなど季節の花を満喫。
近所の家々の庭でも色とりどりの花が目を楽しませてくれる。
fleur inconnu
この親指ぐらいの大きさの白い花は、タヌ母が大事にしている君子蘭の鉢に勝手に生えてきた雑草。
雑草と呼ぶには可憐すぎる。
bottle brush
満開を迎えたブラシノキ。

ブラシノキと共に今まさに満開を迎えているのがニオイバンマツリ。
brunfelsia latifolia1
紫と白の花が可愛らしい。
これはタヌ実家のニオイバンマツリだが、日当たりが悪いところに植えてあるのでまだ5分咲き。

2メートルを超すニオイバンマツリが3本あるお宅からは、ジャスミンのような芳香が漂い、買い物途中にこのお宅の前を通る時は思わず深呼吸してしまう。
brunfelsia latifolia2
ニオイバンマツリは挿し木でも簡単に増やすことができるというので、こっそり持ち帰ってノルマンディの庭に植えようと思い、挿し木の仕方など調べていたら、動物にとっては危険な花であることが判明。
ニオイバンマツリの花や実や種を食べた犬や猫が中毒症状を起こして死んでしまうこともあるのだとか。
その辺に転がっているものは何でも口に入れてしまうLUKAがいる狸家には絶対持ち込んではいけない花らしい。
フランスでも美しい花と芳香を楽しもうと思っていたのに残念。
愛犬家の皆さん、お散歩中に大切なワンちゃんが食べてしまわないよう、今からニオイバンマツリのある場所をチェックしておきましょう。

残念ながらニオイバンマツリは持ち帰ることができなかったが、ホームセンターでゲットした山椒を持ち帰る方法を検討中。
sansho
果たして山椒は無事にノルマンディの地に根を下ろすことができるのだろうか…


にほんブログ村

ひたち海浜公園で人見物+深夜バーグ

数年前から行ってみたいと思っていたひたち海浜公園
公園のオフィシャルサイトにネモフィラの見頃はGW前と書かれていたので、今年は諦めようかと思っていたが、namiさんがアップされていたネモフィラの写真を見て、どうしても行きたくなった。
この時期に帰国することは殆どなく、ネモフィラを見るチャンスは暫く巡ってこないかもしれない。
見頃を少し過ぎていることは覚悟で、タヌ姉、タヌ甥を無理やり誘って憲法記念日にのこのこ出かけてみた。

出発は朝9時。
通常なら2時間ぐらいの距離。
渋滞で更に1時間ぐらいはかかるだろうとは思っていたが、甘かった…
海浜公園近くに到着したのは午後3時。
なんと6時間もかかってしまった
途中いくつかあったPAも長蛇の列で食事は諦め、公園近くのファミレス系のうどん屋に入ったら、ここでも20分待ち。
おまけに公園の駐車場の入口がわからず、ウロウロして更にタイムロス。
結局公園に入れたのは閉園45分前という大間抜けぶり。
kaihin park1
菜の花とネモフィラ。
どちらも見ごろは過ぎてしまったが、まあまあ許せる範囲。
kaihin park3
ブルーの絨毯が美しい。
kaihin park2
なんとも可愛らしい花だ。
kaihin park7
ネモフィラはブルーだと思っていたが、ところどころ白いネモフィラも混ざっている。
kaihin park4
すごい人出だというのは聞いていたが、まさかここまでとは想像もしていなかった。
kaihin park5
ひたすら人の列について歩く。
中国人の多さにびっくり。
kaihin park6
海浜公園はその名の通り、海沿いにあり、ネモフィラが広がる見晴らしの丘の向こうは太平洋。

ネモフィラの他にも色々な花が咲いているが、時間の余裕は全くなく、見晴らしの丘とチューリップが所狭しと植えられているたまごの森を見るのが精いっぱい。
見晴らしの丘からたまごの森に行く途中で通過した小さなジャングルのようなところで風変りな植物発見。
kaihin park13
葉っぱが柊の形をしたヒイラギナンテン。
実がハスカップみたいで美味しそう。
kaihin park8
チューリップも半分ぐらいは枯れて茎と葉だけ残った状態だったが、それでも今がちょうど見頃の物もいくつか。
kaihin park9
このあたりで閉園時間の5時になったが、アナウンスがないのでのんびりチューリップ見物。
kaihin park10
お上品な色のチューリップ。
kaihin park11
ボタンのようなレナウンユニークは今がまさに見頃。
kaihin park12
こんなに花びらの数が多いチューリップを見たのは初めて。
5時半頃にまもなく閉園というアナウンス。
本当なら広い敷地内をサイクリングしながら花を愛でるはずだったのに、公園滞在時間は1時間ちょっと。

折角ここまで来たのに、そのまま帰るのは忍びなく、車を停めておいた公園近くの大型ショッピングセンターでお茶をしてから帰途につくことにした。

帰りは行きほど渋滞はしていなかったものの、東京までの所要時間は約4時間。
首都高から見えた東京タワーがレインボーカラーだったので、わざわざ近くまで行って写真撮影。
tour de tokyo
鯉のぼりをイメージしているのだろうか。

東京タワー撮影を終えた時はすでに11時を回っていて、普通のレストランはすでに営業終了。
このまま我慢して帰宅し、大人しく寝るのが賢明だが、そこはいつでも食べたい症候群の狸一族。
空腹には勝てず、24時間営業のデニーズへ。
そして深夜に空の胃袋に流し込んだのがビビンバーグセット。
denies1
シーザーサラダ。
denies2
ナムルと卵が入ったビビンバーグ。
ソースは思ったより辛く、眠気も吹っ飛んでしまったし、妙にお腹が張ってなかなか寝付けなかった。

教訓。
GWには人気観光地に行くべからず!
深夜にハンバーグは食べるべからず!


にほんブログ村

お魚目当てで行ったのに野菜にKO−自由が丘『川目』

帰国時恒例のlosangeさんとのデートは今回も自由が丘。

美味しい和の居酒屋で検索して見つけた『川目』。
評判が良いのに、何故今まで見過ごしていたのだろう。

自分で選んだお店なのに、出がけにバタバタして場所の確認もせず、待ち合わせ時間前に下見をしてくれた用意周到なlosangeさんにお店まで案内してもらうことに…
やっぱり何十年も付き合っていると、『タヌ子があてにならない』ことはちゃんとわかっている(笑)

お魚が評判のお店だから、まずはお刺身。
今年初の春かつお。
kawame1
かつおは好きだが、タヌ両親が今一つ乗り気じゃないので実家では食べられないお魚の一つ。
kawame3
こちらも旬のホタルイカの生姜醤油はプリプリ。

やっぱり野菜も食べなきゃね!ってことで頼んだ季節野菜のサラダ。
kawame2
今まで食べた温野菜サラダの中で一番美味しかった。
とにかく蒸し加減がパーフェクト。
写真が暗くてその美しさが伝わらないが、芽キャベツなんて食品サンプルですか?って思うぐらい綺麗な発色。
どうやったらこれほど美しい緑に仕上げられるのだろう…
野菜一つ一つが甘い。
その中でも一際甘いヤーコンは初体験。 
その甘さから、フランスでは『Poire de terre』(土の梨)と呼ばれているらしいが、一度も見かけたことはない。

この辺でちょっとこってり物が食べたくなったタヌ子、アボカドとチーズのコロッケを注文。
つぶしたアボカドとクリームチーズを混ぜ込んだコロッケが出てくるのかと思ったら、アボカドの種の部分にクリームチーズを詰めて衣をつけて揚げた大胆なコロッケ。
kawame4
こうなると、コロッケの定義がちょっとわからなくなってくるが、さっくりトロリで美味しい。

これまた旬のタケノコの炭火焼き。
kawame5
熱々をハフハフしながらいただく。
タケノコが甘くてジューシー。
食べている間中、美味しい、美味しいを連発。

もう一つ旬の野菜から、行者にんにくと赤身の醤油漬け。
kawame6
白い炊き立てご飯がほしくなる味。

losangeさんはひつまぶしが気になったようだが、胃袋にご飯が入る余裕がなくなったので、ひつまぶしは次回のテーマに持ち越し。
kawame7
お漬物も美しい。
いぶりがっこの燻製風味でお酒がさらに進んでしまう。

そして、この二人が揃うと必ずテーブルに上るのがエイヒレ。
kawame8
料理の美味しいお店でエイヒレを頼むのはもったいない気もするが、やっぱり〆はエイヒレなのだ。

野菜をここまで美味しくしてくれる川目さん、秋の味覚も楽しみだ。

季節野菜に入っていたヤーコンで思い出したが、一年前の帰国時にスーパーで見かけて買ってみたアピオス
旬の野菜ではないが、下書き記事を発掘したので、お蔵入りにならないうちにアップ。
apios1
ほんのり甘くて軽いネットリ感もあるがホクホクした食感。
apios2
菜の花とベーコン、しめじ、ニンニクと一緒に炒めてみた。
apios3
5月に植えれば夏にグリーンカーテンとしても活躍してくれるらしい。
青森の特産品ということは、ノルマンディでも元気に成長してくれそうな気配。
栄養たっぷりのアピオス、種イモが手に入ったら持ち帰りたい。


にほんブログ村

青梅でツツジを愛でる−塩船観音寺

帰国中一度はタヌ母と一緒に『美しいもの』を見に行くことにしているのだが、今回どこに行こうかとネットで情報を探していた時に目に飛び込んできたカラフルな画像。
調べてみたら青梅にある真言宗醍醐派の別格本山、『塩船観音寺』であることが判明。
日曜日にタヌ姉親子と共に色とりどりのつつじを見に行くことにした。

午前中降り続いていた雨も午後には上がり、塩船観音寺に到着した時は太陽も少し顔を出してくれた。
shiofune1
山門からすでにカラフル。
shiofune2
これまたカラフルな幟の間を進み、本堂へ続く階段を上ると、いきなりこんな光景が目に飛び込んでくる。
shiofune3
この光景に目を奪われ、ご本尊の千手観音がある室町時代創建の茅葺屋根の地味な本堂へのお参りを忘れてしまう人も多い。
shiofune4
この時はピンク、赤・紫系が満開。
shiofune5
shiofune6
shiofune7
shiofune8
shiofune10
白はGWの頃に見ごろを迎えそうだ。

しばらく下から周囲のツツジを見渡し、大きな観音様が待つ見晴らし台を目指す。
shiofune9
タヌ母には勾配がきつかったようで、斜面のところどころに設置されたベンチで休みながらゆっくり進む。
shiofune11
休憩中、向かいの斜面にツツジの間を移動するオレンジ色の人発見。
八王子にあるタイ寺(一年前に全焼してしまったらしい)のお坊さんで、1週間遅れのタイの旧正月を祝うため、在日タイ人数名を引き連れて遊びに来たそうだが、この一行がとにかく騒がしい賑やか。
携帯電話で普通にしゃべったり、バチバチ写真も撮りまくったり、楽しそう。
shiofune12
本堂裏の斜面にあるつつじが一番華やかだったが、おそらくこのあたりが一番日当たりが良いのだろう。

途中で見晴らし台到達を諦めかけたタヌ母も、優しい観音様に導かれ、見晴らし台まで辿りつくことが出来た。
shiofune13
観音様が手にしている大徳利。
美味しいお酒をふるまってくださっているのかと思ったら、これは徳利ではなく水瓶らしい。
尽きることのない大慈大悲の功徳の水を衆生に無限に与えてくださるのだそうだ。
ありがたや〜。
shiofune14
見晴らし台からの絶景。
shiofune16
「塩船」の名は、天平年間(729年 - 749年)に行基がこの地を訪れた際、周囲が小丘に囲まれて船の形に似ているところから、仏が衆生を救おうとする大きな願いの船である「弘誓の舟」になぞらえて、名付けられたものと伝えられている(WIKIから引用)。

暫くパッチワークのようなつつじに見惚れた後、ゆっくりスロープを降りて薬師堂へ。
shiofune15
記憶力がかなり低下しつつあるタヌ子、薬師様にしっかりお参りしてぼけ封じ。

参拝を終え、近くのつつじやさんでお土産を物色。
tsutsujiya2
この日は留守番のタヌ父には観音サブレ。
tsutsujiya3
実物は優しいお顔の観音様だが、サブレの観音様はちょっと強面。
tsutsujiya1
自分用に粒あんのどら焼き、SAKEDORA、わさびチーズタルト。
わさびチーズタルトはわさびの風味もなく、タルトの大きさに対してチーズ部分も小さくがっかりだったが、SAKEDORAはほんのりと日本酒が香る優しい餡が美味。
お店を一歩出たところで、お醤油が焼ける良い香りが漂ってきた。
ふと横を見たら、つつじやさんの製菓工場はすぐ隣。
その場で作っているものはすぐに買いたくなるタヌ子。
再びお店に戻って牛蒡せんべいゲット。
tsutsujiya4
一口かじると牛蒡の味がふわっと広がる軽い口当たりの美味しいおせんべい。

塩船観音寺のつつじ祭りは5月上旬まで。
5月1〜3日はご本尊の千手観音開扉、3日は例大祭、柴燈護摩火生三昧火渡荒行厳修が行われる。
今回はタヌ母が一緒だったので無理だったが、観音寺周辺にはハイキングコースもある。
GWを近場で楽しみたい人にお勧め。


にほんブログ村

地元の居酒屋開拓ーお魚の美味しいお店

2015年春の記事も秋の記事もまだ終わっていないが、いきなり2016年春の帰国記事。

旅行はある程度記憶に残っているが、食べたものは割とすぐにその味が記憶から消えてしまうので、まだ脳に刻まれている段階でアップするのが無難。

友人にエポワスチーズを買ってくるように頼まれたのだが、エポワスの臭さはフランスのチーズの中でもトップクラス。
冷蔵庫が完全にチーズ臭に染まらないうちに、帰国翌日にタヌ子の地元まで来てもらって手渡しし、夕飯を一緒に食べることにした。
昨年開店してから、前を通るたびにいつも満席で入れなかった『海鮮問屋・浜の玄太丸』へ。
カウンター中心の完全におやじ居酒屋。
おしゃれなお店が苦手なタヌ子が一番安心して飲める環境。

お刺身メニューにホッケがあったので、海の幸の鮮度の高さを確信。

まずは旬の生シラスの沖漬けで乾杯。
gentamaru1
ちょっと生臭さもあって、酒飲みのツボにはまる味。

こういうお店ではお刺身は欠かせない。
gentamaru4
とりあえず一人前の盛り合わせを注文。
〆鯖、中トロ、ハマチ、カツオ、スルメイカ。
一つしかなかった中トロはタヌ子が頂き!
幸いなことに、タヌ子の周囲は赤身好きが多いので、中トロはタヌ子のお腹に収まる確率高し。

アボカドとマグロの生湯葉春巻き。
gentamaru3
セリがたっぷり。

友人もタヌ子も絶賛の三浦かぶとイカのトマトのぺペロン風炒め。
gentamaru2
これ、絶対作ってみたい。

この日のお勧めメニューから、キンキの塩焼き。
gentamaru5
キンキ君たちに睨まれながらも、その柔らかい身を満喫。
フランスでは塩焼きの魚を食べる機会はあまりないが、やっぱり新鮮な魚は生か塩焼きだなぁ・・・とつくづく感じた一品。

タヌ子の独断で、燻製卵のポテサラ。
gentamaru7
燻製卵うまし!

唯一がっかりだった明太の昆布〆。
gentamaru6
昆布〆ではなく、明太に塩昆布を乗せただけのような気がする。

普段は小食の友人だが、この日は引っ越しが終わったばかりで昼食抜きだったらしく、いつもより多く注文できたのはうれしい限り。

お魚は美味しいし、お兄ちゃんたちも感じがよかったので、このお店リピ確定。

満席のことが多いので、次回は予約してから行こう。


にほんブログ村
地味に参加中
blogmura

blogranking

recipe_blog_1
livedoor プロフィール
Archives
Recent Comments
レシピブログ
Twitter
Flag Counter
free counters
アクセスカウンター
  • 累計:

今日のお月様
Voyage/Recettes
トリップアドバイザー
Fecamp観光ホテル口コミ情報
mytaste.jp
野菜today
タヌ子の愛用品

【送料無料】エスプーマ スパークリング M シルバー(CO2エスプーマ) FES4201【smtb-u】



送料無料 Cuisinart クッキングブレンダー SBC-1000J [ クイジナート ブレンダー 加熱 ミキサー ジューサー スムージー 健康 簡単 スープ 調理 加熱調理 おすすめ ジュース ]【smtb-F】(U)



【レビュー特価】送料無料★時短料理に!Silit社(シラルガン)圧力鍋シコマチックTプラス2.5L■高級調理器具メーカーシリット社片手圧力鍋で煮込み料理上手!【RCP】


タジン鍋【送料無料】エミールアンリEmile Henry フラムブラック M 25cm(5525)【蒸し鍋料理に耐熱陶器のエミール アンリ】【キッチン雑貨】蒸し鍋 陶器 蒸し器



【送料無料】ブラウン ミキサー/フードプロセッサー マルチクイック MQ775 #kd



クッキングの演出 炙りスイートトーチ[炙り 料理のバーナー(ガス ボンベ式) 料理用 ガスバーナー(クッキングバーナー/クッキングバーナ/料理用バーナー/キッチンバーナー)]



ベジスパイラルスライサー【ベジスパ】(ロハスオリジナル商品)《お買物合計10,000円以上で送料無料!》☆【RCP1209mara】



【アリサン】スプラウト栽培キット 1 unit



【歯列矯正クリーニングお勧め】ブラウン オーラルB 口腔洗浄器 オキシジェット イリゲーター MD20【送料無料】



【国内正規販売店】 送料無料 ポイント10倍 dyson DC34 motorhead ダイソン DC34 モーターヘッド ハンディクリーナー[ サイクロン コードレス 掃除機 ハンディ ] 【smtb-F】(T)



【新製品】スチームクリーナー SC 1.040( KARCHER 家庭用 スチーム クリーナー SC1.040 SC1.040)


お気に入りのお店たち
海外旅行便利サイト
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ