この週末はポン吉の出張に便乗してDUBROVNIKでまったりしてきました。

先週はトリュフ、栗料理も作ったのですが、記事が間に合わないので、旅行記事ばかり書いているうちに溜まりに溜まってしまった料理下書き記事からアップ。

patisson longue先日紹介したパティパンスクアッシュと同じ味、食感のものですが、こんな瓜のような形のもの出回っています。
これは皮も剥きやすく、簡単に調理できるのが魅力。
へたの部分はズッキーニにそっくりです。
煮込むとトロトロになって美味しい。
やっぱり冬瓜に近いのかな。

以前野菜ソムリエの☆青☆さんのブログでヒョウタン料理を見て興味津々だったタヌ子。
実際にヒョウタンは食べたことがないけれど、きっと応用出来るに違いないと思い、オリーブオイルで蒸し煮にしてみたところ、簡単ですごく美味しい!
丸々1個蒸し煮で食べてしまいました。
タイセロリはないので人参も一緒に蒸し煮に。

porc cuit au jus de pommes
お肉の付け合わせにも良さそうなので、豚の角煮のオレンジ風味の応用で、冷蔵庫で眠っていたリンゴジュースで煮た薄切り豚バラに添えてみました。
骨付き薄切り豚バラだったので、角煮ほどのトロトロ感が楽しめなかったのがちょっと残念ですが、豚の角煮リンゴ風味だったらもっと美味いはず。
やっぱり豚とリンゴの相性は抜群!

patisson misoyaourtこれはお漬物にしてもも美味しいかなと思い、すっかり狸家定番になった>味噌ヨーグルト漬けにしてみました。
煮込むとトロトロの瓜もお漬物にするとシャキシャキ!

調子に乗ってカボチャも味噌ヨーグルト漬けに。
butternut misoyaourtこれが意外な美味しさ。
カボチャと言ってもかなり水っぽいもの使用なので、日本の栗カボチャで美味しくできるかどうかは疑問ですが、ちょっと水っぽいカボチャは美味しいお漬物に変身してくれます。

カボチャを検索していて見つけたのですが、日本でもこんなに色々な種類のカボチャが楽しめるんですね。
錦甘露が食べてみたい。

ザグレブで見かけるのは赤ずきんとバターナッツ、後は巨大なお化けカボチャみたいなものを切り売りしているものぐらい。
たまに緑の皮のものも見かけますが、栗カボチャよりも煮崩れしやすく、甘味も少ない気がします。


先月の話ですが、市場で珍しくささげを見かけたので即購入。
sasage
ささげはさやいんげんと同じように調理できますが、さやいんげん特有のキシキシした食感がないので食べやすい。

そのままソテーにしても美味しいですが、細長い紫の茄子、フロリナペッパーと一緒にトマトで煮てみました。
haricot longue a la sauce tomate
レシピはsalahiさんの いんげんのトマト煮で。

さやいんげんの場合はクタクタになるまで煮た方が美味しいですが、ささげは食感を少し残した方が好きなので、煮込み時間はかなり短めにしています。
普通のさやいんげんを使う場合、salahiさんのように色がなくなるまでクタクタに煮た方が美味しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村