Regensbourgでの夕食記事をアップしようと思ったのですが、予定を変更してクロアチアの3名のイケメンのご紹介。

去る4月28日に『Lisinski za Japan』(リンク先のyoutubeは何故かブチブチ切れてしまってスムーズに観られません…)というコンサートが行われました。
収益の一部が日本への義援金になると言うことで、コンサートに行くことは決めていたのですが、当日券が買えるだろうと甘く見ていたら、あっと言う間に完売になってしまったらしく、空振りに終わってしまいした。

まあ、クロアチアを代表する3名の若手イケメン音楽家が揃ったコンサートで、チケットも80kn〜100kn(1200円〜1500円)と超お得価格だったのだから当然と言えば当然。

それではタヌ子を見事に振ってくれた3名のイケメンクロアチアンのご紹介。

まずはピアニストのMaksim Mrvica(マクシム・ムルヴィツァ)氏は1975年生まれの36歳。
日本でもコンサートを行ったことがあるので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

クロアチアのピアノ界の貴公子と言ったところでしょうか。
ピアノよりも手裏剣が似合いそうな服装に関しては大目に見てあげて下さい(笑)

本当はショパンのNocturne in D-flat Op.27 No.2を貼りたかったのですが、これも何故かぶち切れ…
タヌ子のPCが非力なのか…

そして二人のチェロ奏者。

画面左がStjepan Hauser(スティパン・ハウザー)氏で右がLuka Sulic(ルカ・シュリッチ)氏。
どちらも20代の新進気鋭の、と言っても既にその実力は世界で認められていますが、クロアチアが誇る若手チェリストです。
この2人、そんなに切ない目で見つめ合って、恋に落ちたりしないのだろうか?

タヌ子はこの3人の中ではルカ君が好み

こうしてみると、クロアチアってイケメンが多いのね!住みたいわ…って思うかも知れませんが、町ですれ違う殿方でこういう方々は滅多にいません(笑)

天が間違えて二物を与えてしまったこのお三方、これからの活躍がますます期待されます。
それにしても、こんなコンサートの機会を逃してしまったタヌ子。
本当にイケメンには縁がないんだわ(と、恨めしげにポン吉を見る)。

ということで、クロアチアの美男のお陰で義援金がまた日本に送られることになりました!
御三方、そして観客の皆さま、ありがとうございます。

lune15明日からのお月さま情報。

今週一杯は吸収の時期。
この時期免疫力をアップさせてくれる食物をしっかり摂りましょう。
脂肪分、糖分は控えめに。

タヌ子はプロバイオティックスを意識して、沢庵入り卵焼き なんぞ作ってみました。
omlette au takuan
沢庵のコリコリっとした食感が楽しくて、なかなか美味しかったけど、卵のコレステロールも一緒に吸収しちゃったかも(汗)

この時期は魚の目、タコ、イボなどの除去に適しているらしい。
お手入れ前の毛穴のお掃除も念入りに。

お月さまからのガーデニングアドバイス。

*9,10日は葉っぱ系の植物の種蒔き、植え替えを。
*11,12日は実のなるもの、胡瓜などの種蒔き。
*13,14日は根野菜の種蒔き(冬用の人参など)を。
*15日は月が地球に一番近づく日。ガーデニングはお休みしましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村