今日は2月の何日だったっけって思ったら、もう3月。
あけましておめでとうって言ってから既に2ヶ月経ってしまったなんて、時の流れが早すぎて、なんだかヘンテコマジックにひっかかった気分。

のんびり旅行記事を書いている間にどんどん溜まる料理記事。
大分前に下書きに入れておいた写真がゴロゴロしているので、忘れてしまったものは処分(写真を見てもなんだかったか思い出せないものも数多い・・・汗)、覚えているものを少しずつ形にすることにした。

今回はお気に入りレシピのツクレポ。

まずは4年半暮らした懐かしいギリシャの料理から。
ギリシャ料理レシピと言ったらsalahi師匠の『ギリシャのごはん』。
ギリシャ料理本も何冊か持ってるけど、やっぱりsalahiさんのレシピが一番安心して作れる。

これは何度もリピートしてるレシピの一つ、チキンのサガナキ
サガナキはオーブンで焼くのが基本だけど、これはフライパン一つで作れるから時間がない時に重宝しているレシピ。
saganaki poulet
この時は不覚にもパセリを切らしていたので、緑補給のために慌てて冷凍インゲンを追加。
フェタチーズ大好きのタヌ子はいつもフェタを入れすぎる傾向にあり、サガナキもトマトよりもフェタの白が目立つ。
フェタを沢山入れると、パンもいっぱい食べてしまって危険(汗)

タベルナでサガナキと言ったらエビ。
夏の暑い時期でも何故かこの熱々の海老のサガナキは美味しく食べられるから、頻繁に注文していた料理の一つ。
でも、ギリシャ以外のギリシャ料理店で美味しい海老のサガナキに出会ったことがなく、これは自分で作ることにしている料理の一つ。
saganaki crevettes
この日はトマトがかなり少なめだったので、美味しい海老のエキス入りのソースが楽しめなかったのが残念。
追記に入れたレシピはトマトソース多め。

最後はギリシャからイタリアに飛び、いつもお世話になっているryujiさんのレシピで鶏のネーブルオレンジ添え
aiguillette de poulet a l'orange
この日はささみがなくて、胸肉を半分に切って使ったのだけど、パサ付きが気になる胸肉もすごくしっとりして柔らかい仕上がり。
オレンジの爽やかな酸味と優しい甘さが美味しい一品。
不器用タヌ子はオレンジの下準備にちょっと時間がかかったけど、熱の通りの早いささみを使えば調理時間は短いので、短時間でお洒落な一品の出来上がり。

salahiさん、ryujiさん、いつもご馳走様です!

にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
にほんブログ村
<材料>(2人分だけど日本だったら4人分ぐらいかな)

海老(車海老ぐらいの大きさのもの)・・・400g
トマト・・・(小)4個
トマトペースト・・・大さじ2
フェタチーズ・・・100g
オリーブオイル・・・適宜
パセリのみじん切り・・・大さじ2
タイム・・・お好みで
ニンニク・・・2片
塩・コショウ・・・適宜

(1)オーブンは200℃に温めておく。ニンニクはみじん切りにする。トマトは熱湯に通して皮を剥き、種を取り除いて小さなキューブ型に切る。フェタチーズも小さめにカットしておく。
(2)パセリはみじん切りにする。海老は背ワタを取っておく。
(3)フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクを炒め、香りがたったら海老とパセリ、タイムを入れて炒め、海老の色が変わったら取り出しておく。
(4)同じフライパンにトマトを入れて8分ぐらい炒める。その間に取りだした海老の頭を取り除き、殻を外しておく。
(5)フライパンにトマトペーストを加えて良く混ぜ、海老を戻して塩胡椒で味を調える。
(6)耐熱容器に(5)を入れ、フェタチーズを均等に散らし、オーブンでフェタチーズが溶けるまで焼き、パセリのみじん切り(分量外)を散らしてテーブルへ。

*海老を炒める際、白ワインかウゾを少しふりかけると香りが良くなります。