話題がフランス、日本と行き来して、初めての人が読んだら、タヌ子は分身の術を使えるのだと思ってしまいそう。
本当に分身の術が使えたら、いつでも日本とフランスの美味しいものを好きな時に楽しめるのになぁ・・・

帰国の度に美味しいお店を紹介してくれるグルメのソーニャさん
今回はソーニャさんのお仕事関係の方々と一緒に、新橋にある酒バーへ。
知らないとなかなか見つけられないようなところにあるカウンターだけの小さなお店だけど、この日も予約で満席状態。
ren1
突き出しの酒粕スープ。
酒粕、味噌、みりん、牛乳のスープはすごくホッとする味。
なっちゃんから教えてもらったレシピで家で作ってみたところ、酒粕料理初心者のタヌ子でも合格点のスープができた。
ren2
ひじき煮、ほうれん草のごま和え、きんぴらごぼう。
この日は女性率が高かったけれど、タヌ子達と入れ替えに年配のサラリーマングループがお店の半分を占領。
レシピを教えてもらえるところが女性に人気で、おふくろの味が楽しめるところが男性客に人気。
美味しお酒や料理はもちろんだけど、気さくで笑顔が素敵な若いママに会いたくて通ってくる酒好きさんも多いのだろう。
ren3
茄子と鯖の甘辛炒め。
いつもお肉とばかり合わせている茄子、お魚との組み合わせが新鮮。
ren4
手作りの酒粕入り生チョコ。
お酒とチョコの相性もなかなか。
ren14
こちらはチーズの塩麹漬け。
ren5
タヌ子リクエストのポテトサラダ。
大好物なのだけど、ポン吉が好きじゃないから自分では滅多に作らない。
ren6
カルシウム補給の小魚。
ren8
中がふんわりしててすご〜く美味しかった厚揚げ(ソーニャさん、卵焼きじゃないよ〜!)。
ren9
お上品な味付けのふろふき大根。
ren
大好きな姫タケノコもお漬物にできることも学んだ。
ren11
鶏肉の自家製塩麹漬け。
ren12
タヌ子は翌日にも飲み会が入っていたので、翌日に残らない焼酎に徹したのだけど、お店にあった日本酒をほぼ全部制覇したソーニャさん一行が、お酒を味見するたびに美味しい!美味しい!と繰り返すので、日本酒を飲まなかったことを激しく後悔。
ren20
なっちゃんママが自ら蔵まで出向いて仕入れてくるというだけあって、普段あまり見たことのない日本酒を味わうことができる。
この日も季節にあった桜関係のお酒が3種類用意されていた。
ren17
『来福』は新年用に仕入れたお酒だそうだ。
ren16
最後の〆は、最初からタヌ子が目をつけていためかぶごはん。
トロトロ、ヌメヌメで、食べてるだけで健康になった気分。

このお店、女性一人でも気軽に扉を開けることができる。
こんなお店が近所にあったら週1ペースで通ってしまいそう。
次回は美味しい日本酒を色々味わってみたい。

その後、男同士で飲みに行こうとしていた3名をソーニャさんが拉致。
美味しいラーメンが食べられる店に行こう!と地図を片手に探してみたのだけど、かなり遠くにお住まいの方もいて、タイムリミットが迫ってきたので、新橋ガード下の『台南担仔麺大王』のお店で妥協。
taiwanramen1taiwanramen3
小皿料理を分けあっていたせいか、まだお腹に余裕があった5人はしなちく、焼豚、水餃子をつまみながら麺を待つ。
taiwanramen2
台湾わんこそば2種(ケーシー麺とターミー麺)と汁ビーフン。

飲んだ後を麺で〆たのは久しぶり。
飲酒後に必ずと言って良いほどラーメンを食べていた若かりし頃を懐かしく思い出した。

この日はソーニャさんにお礼をする会だったらしいのに、タヌ子まですっかりご馳走になってしまった(汗)
ソーニャさん、そして素敵な3名のナイトさん、美味しい食事と楽しい時間をありがとう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村