昨年秋のタヌ子の帰国中にポン吉はピレネー・オリアンタル県にあるLE BOULOU(ル・ブル)という小さな町にある保養地に3週間滞在。
le boulou17
その滞在がすっかり気に入ったので今年もリピート。
温泉はないが、ここの天然水は消化器系の不調、肥満、メタボに効果あり、と言うことで滞在者はふくよかな方が多い。
ポン吉の変形性関節炎も肥満を解消しないと改善されない。
主治医に診断書を書いてもらえばここの療養は全額医療保険でカバーできる。
療養は一時的に効果はあるのだろうが、普段の生活で体重を減らそうという努力を全くしないので折角の療養も焼け石に水(昨年は療養中に3キロ減、その後5キロ増・・・滝汗)。
こういう人が公金を使ってお気楽療養をして良いのだろうか…

この療養所には宿泊施設がなく、近くのホテルかキャンプ場の選択になるのだが、ホテルは自炊できないのでキャンプ場を選択。
料理が全くできないポン吉の独り暮らし中の食事は外食かレトルト食品。
療養にはあまりにも不適切な食生活なので、今年は監視を兼ねてタヌ子も同行。

ポン吉一族はキャンプ生活が大好きだが、キャンプに全く興味がない(と言うより拒絶反応がある)タヌ子は今までキャンプへの誘いを全てやんわり躱してきたので、これが初体験。
le boulou4
このキャンプ場は療養所の真ん前と言うこともあり、11月でもほぼ満員御礼状態だが、利用客の平均年齢は70歳ぐらいなので信じられないぐらい静か(笑)
le boulou5
2ベッドルームとダイニングキッチン、シャワールーム、WCのモービルホームはまあまあ清潔で、2人+1ワンには十分な広さだが、初日からトラブル続出。
le boulou6
(どこでもくつろげるストレス知らずのLUKA)。

トラブル1.湯沸かし器の点火機能に問題あり。
トラブル2.テレビのデコーダーが不調。
トラブル3.キッチンの配水管が外れプチ洪水。
トラブル4.シャワーの配水管が詰まっていて流れない上に、変な黒い小さなミミズみたいな虫が出てくる。
トラブル5.天井の換気口からプチ雨漏り。
トラブル6.インターネットが絶不調ですぐに切断される。

トラブル4まではすぐに解決したが、トラブル5はクレームを言う気力もなくなったので雨の日はバケツを下に置いて応急処置。
一番ストレスが溜まるのがトラブル6。
クレームを言ったところでこれは解決しないので諦めるしかなく、少しネット離れすることにした。

幸いこの近辺は散歩コースには事欠かない。
11月も中旬だというのに日中は20℃近くまで気温が上がり、LUKAの散歩は絶好調。
le boulou1
療養所の裏の丘陵地帯は程よい勾配で、1時間ぐらい上っても全く疲れを感じない。
見晴らしの良い場所からは雪を頂いたピレネー山脈のカニグー山を望むことができる。
カタルーニャ人にとってカニグー山は日本人にとっての富士山のような存在。
le boulou8
カニグーとはカタルーニャ語で犬の歯と言う意味らしい。
le boulou2
犬の歯には全く興味のないLUKA。

車で5分ぐらいのところには2つの湖があり、2つの湖をグルリと一周しても1時間ぐらい。
le boulou15
湖畔ではまるまる太った鴨さん達がくつろいでいる。
le boulou16
湖の周囲にはノーリード禁止の看板があるが、リードをつけて犬の散歩をしている人は一人もおらず、狸家の暴れん坊将軍もノーリードで、鴨にとっては良い迷惑。
le boulou3
下界はまだまだ初秋の風景だが、スペイン国境付近の山では紅葉が見頃。
feuilles colorees
滞在2日にストレスによる胃痛が激しくなり、一人でノルマンディに帰ろうかと思ったが、1週間経過した現在、キャンプ場生活にも大分慣れてきた。

午前中はポン吉の施術があり、自由時間は午後のみなのであまり遠出はできないが、近隣プチ観光でストレス解消中。

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村