ではまず写真をごらんください
110226_1043~03


下から4カーブ5カーブ6カーブ8カーブ9カーブの参考までに撮影してみたものです。
9カーブは度付きでは対応していませんが、レイバンの一部商品や本来オークリーも度無しのサングラスレンズは8.75カーブですので9カーブとも言えるかもしれませんね。
通常のメガネのレンズは4カーブベースが多く、インポートフレーム等でちょっとカッコイイ感じのものだと5カーブベースになっているものが多くあるようです。
見え方的にはここまでは普通のメガネレンズと一緒ですから、どなたもそんなに興味は無いところでしょう・・・問題はハイカーブの度付きのレンズがどんな風に見えるのかが興味あるところで、実際に作ろうとする前にリサーチしたいところだと思うんです。
そこで色々作ってかけたおしている私の、「個人的主観によるこんな感じですリポート」
まず6カーブ。私はオークリーハチェットとクロムハーツのサングラスに入れているんですが、見え方は通常のメガネと変わりありません。逆にサイドの視野が多少広くなる感じがして見やすいです。非球面レンズを角度をつけてしまってかけるよりよほど見やすいとおもいます。
さてさて最近ご愛用の8カーブのレンズですが、一応販売前には周辺部の歪み感やボヤケ感が多少ありますので・・・・とお話しするのですが、確かに初めて掛けるときは違和感がすこしあります。しかしレンズの下の部分が頬に触れるぐらいにレンズを顔に近くして掛けていると、ほとんど歪みを感じることはありません
レンズを顔にぴったりと近づけることで斜めを見たときの像のボヤケもほとんど感じず、今となっては普通のレンズのメガネを掛けるとはっきり見えない感じがしたり・・・
とにかく8カーブで顔に近く調整したメガネは、視界の広さが際立ちます!枠はほぼ見えないので最近の玉型の小さいメガネを掛けると見える範囲が狭いのが気になってしかたないようになってしまいました
悩んでいるより是非一度作ってみてほしいですね