「過去のことは振り返らない」をモットーに前に進むのは、素晴らしいことだと思います。「過去」を、自分の中に受け入れられているのならば。
 でも、たいていは「過去」からはなかなか自由になれないもの。忘れようとしても、付きまとってきます。良くも悪くも、「過去」は心の中に生きています。

 誰しも、思い出したくない「過去」はいっぱいあります。大失敗。大失恋。何であんなことをしてしまったんだろうという後悔。あの人に謝れなかったこと。大事なときに立ち止まってしまった自分。虐待されて育ったこと。ひどいいじめを受けたこと。あのときの孤独感、罪悪感、屈辱感…etc。

 思い出すと心が疼きます。出来事は「過去」のことに違いないのに、その疼きは、「今」、起こっています。「過去」のことではないのです。だから、「今」のこととして、いたわってあげなければ。
(だから、そんな傷を負った方に、「過去のことだから忘れろ」とか「いじめた人はもういないから、大丈夫」などは、禁句です) 
 
 苦しい「過去」を背負っていると、「過去」に蓋をしたいのは、無理からぬことです。けれど、残念ながら「過去」をなかったことにはできません。「過去」を含んでの「今」の自分です。「過去」を切り離すことは、自分の一部を切り離すことでもあります。 
 ちなみに、自分の「過去」を語らない親を持つ子どもは、不安定になりがちです。親のことが分からないと、自分のルーツがぼんやりしたままで、トータルな自己イメージが作りにくいのです。

 では、「過去」とどう向き合ったらいいのか。
 よく片付け術などで、まず冷蔵庫や抽斗の中の物を全部出して広げるように、心の中のことも、取り出して俯瞰して見られるようになるといいです。一人ではしんどいので、苦しみに共感しながら一緒に眺める人が必要です。ただ、物理的なお片付けと違い、ゆっくりやることが肝心。問わず語りにポロポロ出てくるくらいが安全です。
 そして、ああ、これとこれがつながっていたんだ、これはいらないんだ、これは捨てられない…、と見えてくるだけでスッキリしてきます。さらに、あのときに見失っていた「健康な自分」 ー意地や誇り、判断力、正当な怒りなどー を、是非取り戻しましょう。
 「過去」も含めた、新しい「自分」が構築されます。

 「過去」に伴う情動が変化します。「過去」はほろ苦い思い出の、単なる「過去」になっていきます。
 ああ、あんなこともあったなあ、よく頑張ってきたなあ、まああれも許そうか、あれのおかげで今の自分があるのかも…、などなど。
 「過去」を抱きしめながら歩んでいけたらいいですね。

 仏教や量子力学などでは、そもそも「時間」は存在しないと言います。「時間」とは脳が生み出した幻想にすぎない、と。
 だとしたら、荒っぽいですが、結局は「今」に集約されると言えるのかもしれません。「過去」も「今」起きている。「今」の連続が「未来」なのだから、「今」は「未来」を含んでいます。
 「今」の思いを大切に、丁寧に生きていきたいものです。

                         心理面接室TAO  藤坂圭子
                         HP:  https://tao-okayama.com

 コロナはまだ収まっていないとは言え、5月に5類に移行して以来、日常と解放感が戻ってきました。
 ところが、ウクライナ戦争は未だ出口が見えず、おまけにイスラエル軍によるガザ侵攻でさらに激震が走りました。各地各国の分断が進み、核の脅威にさらされ、「地球沸騰化」による災害も深刻だし、AIは人類を凌駕する勢いです。 
 「対話」の重要性が叫ばれていますが、指導者たちはそのテーブルに就く気配もなく、国連も機能不全になりつつあります。地球の未来が危ぶまれる事態です。 
 
 思い出されるのは、カウンセリングの創始者C.ロジャーズです。彼は1973年、北アイルランドでのエンカウンターグループによって、プロテスタント信者とカトリック信者の衝突を鎮めました。他にも、人種や宗教による対立緩和ための数百人規模のワークショップを度々実施し、晩年はノーベル平和賞にノミネートされていたそうです。
 プロセスワークの創始者A.ミンデルも同じく、ワールドワークによって各地の紛争解決に尽力しています。初めは対立の炎に包まれていた会場が、最後は安らかな感動に包まれるのだそうです。そのきっかけは面白いことに、例えば誰かの頭痛であったり、偶然鳴った教会の鐘であったりします。

 対立は、無意識レベルの「影」と「影」の間で起こっています。その「影」は多くの場合、世代を超えて引き継いでしまっている「傷つき」や「悲しみ」、「怒り」などです。だから、意識レベルで合理的に解決しようとしても、なかなか難しい。
 けれど、ふとしたことが糸口となって、互いの深いところに共通して潜む「影」が顕わになります。どうしても執着を手放せないのは、「影」ゆえのこと。自分を守るために躍起になっているのだ。そして、それは大なり小なり自分にも当てはまる、と腑に落ち始めたとき、緊張が緩み、相手への赦しが始まります。「影」のシェアとケアがなされたら、事態は大きく反転するに違いありません。
 けれど、当事者同士ではとうてい無理な話で、必ず仲介役と安全な「場」が必要です。ロジャーズやミンデルのような懐の深いファシリテーターが現れ、真の「対話」が実現することを願います。

 では、私たち一般庶民は何もできないかと言うと、そうではありません。昨年最後のブログにも書きましたが、
  When I change,the whole world changes. ー 私が変われば、世界が変わるー
 
また、マハトマ・ガンジーは、
  世界に変革を望むなら、あなた自身が変わらなければならない。
と言っています。
 まずは一人一人が、自分の内なる葛藤を統合すること。心の穏やかさを取り戻すと、他者を受け入れるゆとりができます。喜びも悲しみも共有できるようになります。一人が変わることで空気が変わり、癒しが生まれます。それが平和へとつながっていくはずです。
 その第一歩に少しでも寄与できたらと思っています。 
 
 2024年がみなさまにとって、良いお年となりますように。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 
           
                         心理面接室TAO  藤坂圭子
                         HP:  https://tao-okayama.com

 「心理面接室TAO」は11月13日より、無事移転いたしました。旧TAOの目と鼻の先ほどの近くです。2015年の開室以来、私は毎日この部屋を、クライエントさんの肩越しの窓から見ていたのです。そこに引っ越してくることになるとは、とても不思議な気分です。
 新しい部屋は、前のような古民家の味わいではないですが、なかなか明るく爽やかに仕上がりました。クライエントさんにも落ち着いてお話しいただけています。
 8月のブログ「TAOがちょっと新しくなります」から、今回で3回目にして、この移転物語は完結です!
 
 引っ越しの11月12日は岡山マラソンの日でした。大幅な交通規制がかかるので、毎年この日は予定を入れず出掛けないことにしています。ということで、この日しか空いていなかったのです。引っ越し屋さんにもお断りして、引っ越しは13時からになりました。
 その前、少し余裕ができたので、例年通り38キロ地点付近のさくら道まで応援に出ました。例年通りあまりの感動で、「頑張って」の声も出ません…。今年も大きな勇気をいただきました。

 引っ越しに当たって、たくさんの業者さんとやりとりしました。不動産屋さん、内装屋さん、引っ越し屋さん、電気工事屋さん(古民家の旧TAOは、エアコン室外機のしつらえが特別だったので)、HP作成屋さん、名刺の印刷屋さん、看板屋さん…。
 みなさんとても気持ちのいい方々で、丁寧な誇り高いお仕事ぶりでした。私の新しい門出の応援もしてくださいました。清々しい風が吹き込んでくるようでした。
 私も同じく、人のことを大切にできる仕事に就けていることを、つくづく幸せだと感じました。

 移転の後始末もだいたい終わり、あとはHPの更新です。数日内にアップできると思います。
 移転を決めてからの2ヶ月は怒涛の日々でした。
 7月のブログ「朝日俳壇に載りました」で、「また俳句始めます宣言」をし、再度入選を果たしたのに(「新墓の父金秋のただ中に」)、ずっと「秋」の歳時記がテーブルの上に積まれたままです。再度、「また俳句始めます宣言」します!
 大好きなフルートの「フ」の字も忘れていましたが、やっと今日吹くことができました。ボロボロでしたが…。
 毎日のルーティーンが戻ってきて、日常感のありがたさを実感しています。

 でも、生きているとこういうこともあります。苦しい思いもしましたが、「人生で起こる全てのことに意味がある」(V.E.フランクル)。全て、自分の肥やし、創造の源になります。この経験を生かし、新しいTAOにいらっしゃる方々が自分を取り戻して新しいスタートを切れるよう、お役に立ちたいと思います。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
新TAO1
              
心理面接室TAO  藤坂圭子
新住所:岡山市中区国富852 石原マンション302号
HP:  https://tao-okayama.com

↑このページのトップヘ