朝ドラ「カムカムエヴリバディ」が終わってしまいました。怒涛の大団円でした。
 私の朝活の時間調整上、6:30のラジオ体操と同じく、7:30のBS朝ドラは欠かせません。「カムカム」は岡山が舞台だったこともあり、特に楽しめました。TAOのすぐ近くの旭川河川敷ではロケに遭遇しました。岡山弁も違和感なく聞けました。もう少し響きががさつな方がリアリティがあったかな、とは思いますが…。
 
 3世代・100年に渡って、On the Sunny Side of the Street・あんこ・英語・ラジオ・野球・時代劇等々が縦糸として引き継がれ、ストーリー展開が巧みでぐんぐん引き込まれました。が、単なるドタバタ劇? はて、テーマは一体何なんだろう?と思いながら見ていました。
 終わりから2週目、2世代目のるいの「みんな、間違うんです」に、ああこれだったのか、と思わず膝を打ちました。「赦しと和解」?

 裏切られたと勘違いした娘は、母親を「I hate you」と斥けた。母親は自分が消えることが娘のためと、アメリカに去った。
 若旦那に横恋慕していた女中は、戻ってきた嫁とその娘を妬み、ドロドロの気持ちをぶつけてしまう。その女中に失恋した男は、家業再建のために妹と貯めたお金を持ち逃げして、姿をくらました。
 放蕩息子を許せなかった父親は、最後まで意地を張って出征を見送ってやれなかった。
 飢えた戦争孤児は、盗みを働かずにはいられない。…etc.
 思わずしでかしてしまった「間違い」、ちょっとしたボタンの掛け違いが絡み合って織りなされた人間模様でした。「全部自分が悪い」と罪悪感を抱えたまま、直接謝れないで亡くなっていく人たちがいました。
 
 「みんな、間違うんです」。
 本当に、私たちは意図せずとも、どれだけたくさんの不誠実を働いてしまうことか。人を傷つけ、損ない、溝を深め、大切な人を失くす。誰しも、罪を背負いながら生きていく。
 けれど、人間は不完全なので、間違いは避けられない。そんな互いの弱さを受け入れたとき、私たちは大いなる赦しに包まれるのでないでしょうか。
 物語の最後の母娘の和解は、間違っても決して終わりにはならない、間違ってこそ絆が深まることもある、と希望を持たせてくれるようでした。それが、「暗闇でしか見えぬもの」?
 
  3世代目のひなたは、「That's life(人生とはそういうもの)」と言いました。間違いを繰り返しつつも一生懸命な人生を、お互いにおおらかに認め合いたい。「カムカム」のように赦しと優しさにあふれ、いい「縁」が巡る「ひなた」の世の中にしていかねばと、この頃切に思います。

                          心理面接室TAO 藤坂圭子
                          HP:http://tao-okayama.com   

 新年度に入りました。みなさま、気分新たにお過ごしでいらっしゃるでしょうか? 気持ちを整えて、いいスタートが切れますよう、お手伝いができたらと思います。
 4月・5月の開室について、お知らせします。 
 春休みが終わると、月曜日・木曜日の午後はスクールカウンセリングで外に出ますので、午後はお取りしにくいです。が、18時~の時間帯は大丈夫です。
 GWも開室の日がありますので、ご利用ください。
 土曜日・祝日はご希望が多いので、お早めにお申し込みください。 
 以下の日はご注意ください。

 4/29(金・祝日)  9:00~13:00 〇 (最終は12:00~)
 5/3(火・祝日)、5/4(水・祝日)  ✕
 5/5(木・祝日)   〇 
 5/6(金)     18:00~ ✕
 5/21(土)    12:00~ ✕(最終は11:00~)
 5/26(木)    18:00~ ✕
 *土曜日は午前中の開室(最終12:00~)、日曜日は閉室です。 

【新型コロナウイルス感染対策について】
 TAOでは以下のような対策の上、クライエントさんをお迎えしています。
 ・お話しする距離をいつもより大きくとっています(約2メートル)。
 ・マスク着用でお話しします。不織布マスクをご持参ください。
 ・窓は常時開けています。
 ・空気清浄機は常時稼働しています。
 ・アルコール入りハンドジェルを用意しています。
 ・アルコール除菌シートで、ドアノブ等拭いています。
 ・塩素系除菌スプレーを散布しています。  
 
 来談をお控えになりたい方は、どうぞオンラインか電話をご利用ください。オンライン面接はパソコン・タブレット・スマホをお持ちであれば、簡単にできます。事前のインストールなどは不要です。ご希望の方は、事前にメールでお知らせください。使い方をお伝えします。

【初めての方へ】
 TAOでは2回目以降は電話でのカウンセリングも可能としていましたが、現在はコロナの事情に鑑み、初回からオンライン・電話でもお受けしています。
 お申込みはこれまで通り、HPの予約フォーム、またはお電話でお願いします。(電話は面接中などでつながらないことが多いので、できれば予約フォームをご利用ください)
 予約フォームにオンライン・電話希望の入力欄はありませんが、お申し込み後のこちらからの返信メールに対して、その旨をお伝えくだされば、対応いたします。

                          心理面接室TAO 藤坂圭子
                         HP:http://tao-okayama.com 

 「私でしかない」。
 あるTAOのクライエントさんが、暗いトンネルの出口に差し掛かって、嚙みしめるように発した言葉です。厳しい家庭環境で片時も安心できずに育ち、強迫神経症や抑うつで現実生活もままならなかった方ですが、いろんなこだわりから解放され、親のことも気にならなくなり、「本当に不思議な感じ」に包まれました。その感じをもっとじっくり味わってもらっていると、この言葉が出てきたのです。(ご本人の許可を得て書いています)

 親のことを許せる自分になりたい、親と和解したい、とTAOにいらっしゃる方も多いです。ドロドロした感情が噴き出ます。一生懸命、親とぶつかります。けれど、親子であっても別個の人間。親に受け止めるキャパがなければどうしようもありません。諦めの中、落ち着く先は「自分は自分」です。これからの自分の人生と今の家族を大事にしていく、と決意されます。

 私たちはどれだけ、人の思惑を先取りして生きてきたでしょう。世間的な価値観に合わせようと無理してきたでしょう。無力な子どもはそうしないと生存できませんから、「私」なんかにかまけている暇はありません。
 そうして「私」がないまま成人して、どうしてこんなに生きづらいのだろうと悩み続け、ある時ふと自分がいかに支配されてきたかに気付いて愕然とします。それから「私」を取り戻す旅になるのですが、そこからがまた長く険しい。それは一人ではできないので、痛みを抱えてくれる人とともに、「私」の価値を新たに築くプロセスとなります。早くから成功できる人のように、親に寄り添われ大切に育ててもらえていたら、どんなに楽で幸せだったろうと、悔しさに苛まれながら。 

 この険しい道のりを共にしたく、私は当面接室名の後に、「~『私』の人生を生きる~」と添えていますが、冒頭の「私でしかない」は、私には思いもつかない感動の言葉でした。力強い目をしていました。これが「私」だ、この「私」でいいんだ、という確信に満ちていました。

 「自分は自分」という感覚が持てると、人は人に寛容になれるようです。自分が自由に生きられるなら、人の自由も許せるということでしょうか。残念ながら私とあなたは一体ではない。けれど、「私」と「あなた」の間に、優しさが生まれる。
 そして、なぜか「運」も巡ってくるようです。いい人との出会いがあったり、お金や仕事が舞い込んできたり。私も狐につままれたような不思議な気分になります。

 誰のものでもない「私」の人生ですから、しっかり「私」に執着していいです。そして「私でしかない」と思えた時、「私」を手放せるのでしょう。そこからはきっと、ゆったりと穏やかな人生が待っています。

                           心理面接室TAO 藤坂圭子
                           HP:http://tao-okayama.com 

↑このページのトップヘ