TAOでは、職場での人間関係の問題もよくうかがいます。陰口やいじめ、パワハラ・セクハラ・モラハラ。特に小さな会社や部署でメンバーが固定されていると、お先真っ暗な鬱屈感に襲われます。どう気遣っても相手は全く変わらず、それどころかますます事態が悪化することも。息が詰まる毎日。心身ともに疲弊して、適応障害や鬱などを引き起こしかねません。
 
 ハラスメントの相談窓口や、メンタルヘルスケアの仕組みが整っている会社なら、組織へのテコ入れが行われ、しんどい人も心理的に支えてもらいながら乗り切ることができるでしょう。と言うより、それが本来あるべき企業の姿だと思います。
 当人の力不足が原因のこともあるかもしれませんが、採用した者には採用した責任があります。そもそもお互いを尊重できる職場風土を作ることは、管理者の大きな仕事の一つです。そうでないと生産性だって上がりません。

 部下は上司に従うもの、一を聞いて十を知れ、こまごましたことは女の仕事、理不尽なことにも耐えてこそ社会人、などという古臭い考えが幅を利かせている会社はまだまだたくさんあるようです。そういうところでは、何人かの「クセのある人」が職場を牛耳って、笑いも潤いもない職場になります。その人たちの多くは、パーソナリティ障害なのでしょう。パーソナリティが偏ったまま固着している人です。成育歴やコンプレックスに起因していて、変わるのはなかなか難しいです。自身も本当は寂しくて生きづらいのでしょうけれど。
 さらに不景気やコロナ禍も、職場体質の泥沼化に拍車を掛けています。
 
 こんな中で苦しい思いをしている人は、まずは淡々と自分の仕事をこなすことだけに専念しましょう。それから、何を言われても、それは自分の問題ではなく相手の問題だと流すこと。無理に関係を作ろうとしなくてもいいです。
 渦の中で動じない人が一人いるだけで、集団の自浄作用が働くこともあります。何か外部からのきっかけで、風通しがよくなることもあります。
 とは言え、日々ズタボロになってしまうので、簡単なことではありません。私はむしろ、「逃げるが勝ち」をお勧めしたいです。

 3年ほど前、「物語にすると救われる」というブログで、朝ドラ「半分、青い」に触れましたが、あの後もいい場面がありました。
 主人公鈴愛の娘が小学校でいじめられました。すぐさま転校させようとした母親に娘の方が、「でも、逃げることにならないかなあ」と言うのです。その娘に、「かんちゃんはね、逃げるんじゃないんだよ。正しい場所に行くんだよ」って。
 不登校経験のある作家雨宮処凛も、「あなたを大切にしてくれない場所にいてはいけない」と言われています。
 
 本当にそうです。誰しも、自分を尊重してくれて自分らしく生きることを許される「正しい場所」にいるべきです。そうでないところからは逃げていい。学校にしても職場にしても、場合によっては家庭もです。
 人生は短いです。理不尽なところで耐えているだけで、貴重な時間とエネルギーと自分らしさを失ってしまいます。新しいところでやっていける自分づくりに励みつつ、脱出する勇気を持ちましょう。

 私も30代のころから、「自分の居場所は自分で選ぶ」をモットーに生きることにしました。その頃お世話になっていた先生に教えられたのです。それまではそんな発想はありませんでした。 
 自分は自分で自由でいいとなると、不思議と人の自由も尊重できるようになるものです。一人が自由になると、その分だけ世の中もちょっと変わります。単なるわがままではありません。
 最後に、私は映画「ショーシャンクの空に」が大好きです。自由な世界に逃れたい方、ぜひご覧になってください。勇気が出ます!

                           心理面接室TAO 藤坂圭子
                           HP:http://tao-okayama.com
 

 新年度に入りました。みなさま、気分新たにお過ごしでいらっしゃるでしょうか? 気持ちを整えて、いいスタートが切れますよう、お手伝いができたらと思います。
 4月・5月の開室について、お知らせします。 
 平日の午後はスクールカウンセリング等で外に出ていることが多いのですが、日によっては午後の時間帯も大丈夫です。今年度から、平日18時~の時間帯は、基本的にお取りできるようになりました。お問い合わせください。土曜日はご希望が多いので、お早めにお申し込みください。
 GWも5/3以外、午前中開室しますので、ご利用ください。
 以下の日はご注意ください。

 4/29(木・祝日)   9:00~13:00 〇 (最終は12:00~)
 5/3(月・祝日)    ✕
 5/4(火・祝日)   9:00~13:00 〇 (最終は12:00~)
 5/5(水・祝日)   9:00~13:00 〇 (最終は12:00~)
 5/8(土)      12:00~ ✕(最終は12:00~)
 5/15(土)     11:00~ ✕(最終は11:00~)
 *土曜日は午前中の開室(最終12:00~)、日曜日は閉室です。
 

【新型コロナウイルス感染対策について】
 TAOでは以下のような対策の上、クライエントさんをお迎えしています。
 ・お話しする距離をいつもより大きくとっています(2メートル弱)。
 ・マスク着用でお話しします。できればご持参ください。
 ・窓は常時開けています。
 ・空気清浄機は常時稼働しています。
 ・アルコール入りハンドジェルを用意しています。
 ・アルコール除菌シートで、ドアノブ等拭いています。
 ・塩素系除菌スプレーを散布しています。  
 
 来談をお控えになりたい方は、どうぞオンラインか電話をご利用ください。オンライン面接はパソコン・タブレット・スマホをお持ちであれば、簡単にできます。事前のインストールなどは不要です。ご希望の方は、事前にメールでお知らせください。使い方をお伝えします。

【初めての方へ】
 TAOでは2回目以降は電話でのカウンセリングも可能としていましたが、現在はコロナの事情に鑑み、初回からオンライン・電話でもお受けしています。
 お申込みはこれまで通り、HPの予約フォーム、またはお電話でお願いします。(電話は面接中などでつながらないことが多いので、できれば予約フォームをご利用ください)
 予約フォームにオンライン・電話希望の入力欄はありませんが、お申し込み後のこちらからの返信メールに対して、その旨をお伝えくだされば、対応いたします。

                           心理面接室TAO 藤坂圭子
                           HP:http://tao-okayama

 「どうせ…」。やさぐれた子どもがよく言うセリフです。
 「どうせ自分にできるわけない」、「どうせ自分のことなんか誰も分かってくれない」、「どうせまた叱られるのがオチだ」、「どうせ私はバカですよ」。「どうせ」「どうせ」…
 そういう子どもたちの、もう一つの口癖は、「めんどくせー」です。「どうせ何をしても無駄。何もかもめんどくせー! やっとれるか!」と、ゲームをはじめとする依存症、迷惑行為や犯罪、不登校やひきこもりに陥ってしまいます。
 子どもだけでなく、大人にも実に多いです。「どうせ私は負け組」、「どうせ人なんか信じられない」。ますます世の中を僻みながら生きていかざるを得ません。
 
 あなたは「どうせ」に憑りつかれていませんか? こんなに自尊心をくじかれて、息苦しさを抱えて生きなければならないのは、誰のせいですか? あなたのせいではありません。あなたの資質や努力不足のせいではありません。
 あなたに「どうせ」を吹き込んだ大人や社会のせいです。あなたのありのままを受け入れず、それどころかけなし、あなたを無力化させました。
 テストの点が少々悪くても、「頑張ったね。大丈夫、生きていけるよ」と言ってくれればよかったのに。はしゃぎすぎて物を壊しても、「元気がいいね」と面白がってくれたらよかったのに。恥ずかしくて人前で発表ができなくても、「その奥ゆかしさが、あなたらしさだよ」と認めてくれたらよかったのに。 
 
 親だって、本当は子どもを「負け組」にはしたくなかったのでしょう。それで、世間の規格に合うようにあなたを躾けようとしたのかもしれません。あるいは逆に、「どうせお前も同じ穴のむじな。お前だけ自由になるのは許さない」と、あなたを引きずり降ろしたのかもしれません。
 悲しいことに、「どうせ」の世界に生きていると、自分が生き延びるのに精いっぱいで、他人を思いやる余裕がなくなってしまうようです。手足をもぎ取られたような人たちがいがみ合って暮らすのが世の中の真実だ、という信念が植え付けられてしまいます。
 多分、彼らもまた同じように育てられ、「どうせ」の連鎖が無意識的に綿々と続いているのでしょう。

 この地球上の同じ三次元の世界に生きながら、見えている世界は人によって様々です。そして人は見えているように生きていきます
 どうしても自己肯定感が持てずに悶々としている方、「どうせ世の中こんなもん」と捨て鉢になっている方、まず自分が「井の中の蛙」にさせられていることに気付いてください。
 世の中には別の次元の世界もあります。きれいすぎてウソくさいと思っていた世界にも目を向けてください。いがみ合いではない思いやりの世界、あなたがあなたのままでいられる世界もあります。多様性やマイノリティ(少数派)を尊重する社会の動きに敏感になって、新しい考え方も取り入れてください。こんな風に生きてもいいんだ、とお互いに認め合いたいものです。
 
 なんでこんなところに生まれたのか、ここに生まれたのは事故としか思えない、と言われた方がいます。事故の後遺症を拭うのは大変です。でも、もしかしたらそれがあなたが生まれてきた意味かもしれません。
 代々引き継がれた寂しさややりきれなさから逃れ、本来の優しい世界に身を置いて、自分らしさを取り戻せたとしたら、それは人生の大仕事。そして、負の連鎖は絶たれ、これからあなたとかかわる人を和ませることができます。そんな明るい連鎖の一端になれたら、何も大きな成果など残せなくても、幸せなことだと思いませんか?

                          心理面接室TAO 藤坂圭子
                          HP:http://tao-okayama.com
 

↑このページのトップヘ