「心で悩む」ことができない人が増えているように思います。
 「ん? 『悩む』って『心で悩む』んじゃないの? 」という声が聞こえてきそうです。確かに「悩」はりっしんべんで「心」の作用を意味します。でも、「体で悩む」「行為で悩む」「夢で悩む」ということも、しばしば見受けられます。

 高等学校教諭時代、いつごろからか「心で悩めない子が増えてきたなあ」と感じました。自傷行為や過呼吸などの症状が目立ち、しかもそれらは「感染」して増えていくような印象さえありました。私は担任や相談係として、その背景の「悩み」に付き合おうとするのですが、その子たちはなかなか「悩めない」のです。よく使う言葉は「分からない」とか「ビミョー」でした。
 心理教育の講座を立ち上げ、心理学の知識を伝えながら自分を振り返る演習もたくさんしましたが、取り組むのが難しい子もいました。その子たちのほとんどは、基本的な生活習慣や学習習慣が身に付いていなくて、悲しいほど無気力でした。

 この背景はいろいろ考えられますが、ネットやSNSの普及は大きいと思います。
 一昔前は、人間関係で困ったら、いろんな人に相談したり、実際に相手と話し合いをしたりして、何とか解決の糸口を探ったものです。でも、今はSNSに悪口を投稿して同調してもらえたらそれで終わり。気に入らない人を攻撃、排除して盛り上がるバーチャルな場が、その人の唯一の居場所です。
 自分自身の性格や生き方についても、ネットで情報検索。自分と同じような人がいると安心し、自分の症状はこれに違いないと納得はしても、ベクトルは自分の内面に向いていないので、やはり空しさはぬぐえません。
 人間の「心」は、生まれた直後から、親・家族・学校・社会との関係の中で発達します。現実の関係の中で守られ、認められ、交渉し、お互いに葛藤を乗り越えていくということを通して、「心で悩む」力ー内省力も育まれていきます。
 「関係」が希薄になって顧みられなくなる時代は、怖いです。

 「心で悩む」ことができないのは、若い世代に限ったことではありません。
 自分に向き合えず、「行為で悩む」大人の方もたくさんいらっしゃいます。主には依存症です。アルコール依存、ギャンブル依存、薬物依存、ネット依存、ゲーム依存、仕事依存、買い物依存、恋愛依存…。または強迫行為。
 明るくて前向きな人として尊敬され、それを自負している人の中にも、実は心の空しさを何かを「すること」によって紛らわしている人は多いです。そういうのを「躁的防衛」と言います。
 実は、ある程度「うつ」を抱えられる方が人間は健康なのです。それができずに「躁転」-テンパっているしかなくて、内面に矛盾を感じたまま過ごしていると、いつかは無理が来ます。そうすると、人間関係で破綻を来したり、「体で悩む」-身体症状に現れたり、「夢で悩む」-悪夢を見たりすることにもなります。

 これではダメだと思い立ち、何とか対症療法的に治そうとしても、なかなかうまくいきません。やはりきちんと「心で悩む」ことが必要なのです。空しさ、淋しさ、悲しさ、怒り、恐怖、後悔、自己嫌悪感…に向き合うことです。
 でも、そもそもそれが苦しいから逃げざるを得なかったわけで、一人では無理なのです。人間は弱いので、どうしようもない感情を一緒に抱える人、場、関係が必要です
 こんなとき、カウンセリングに来ていただけたらと思っています。自分を見つめて立て直していくというのはしんどい作業です。脱皮するまで数年以上はかかることも多いです。
 それでも、それをするのとしないのとでは、その先の人生の色が変わると思います。


                           心理面接室TAO 藤坂圭子
                           HP:http://tao-okayama.com