「山道を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい」
 言わずと知れた、夏目漱石「草枕」の冒頭です。

 人の世で生きるのは一苦労です。
 何をするにも人にどう思われるかが気になる。腹が立っても妙な配慮が働いて訴えることができない。言ったら言ったで敵を作ってしまう。何でこんなことをしなければならないのか。何で人は分かってくれないのか。何で自分だけこんな目に遭うのか。学校でも職場でも家庭でも、憤りながらも身を粉にせざるを得ない。だから、ついふて寝をしてしまう。お酒を飲んでしまう。ゲームをしてしまう。そうやって怠惰に暮らす自分にまた腹が立つ…。
 そんなお話をたくさんお聴きします。
 仏教では「生老病死」を「四苦」と言いますが、真っ先に来るのは「生きる」苦しみなんですよね。

 私も教員時代は、いろんな葛藤がありました。一緒にはやりにくい人もいたし、納得できないこともたくさんありました。際限のない仕事量も辛かった。
 心のことを勉強していたので、生徒や保護者の方の悩みを聴く係でしたが、生徒指導や体育会系の先生方からはうっとうしがられたものです。私の心の発達もデコボコだったので、うまく対応することができず、ずいぶん嫌味な人に見られていたと思います。
 傷ついたり、腹が立ったり、情けなかったり、しょっちゅうグチャグチャになりました。

 でも、逃げはしなかったという自負があります。一つ一つの困難にどう対処したらいいか、いつも自分の課題として受け止めました。まず自分の気持ちをしっかり確かめ、どう振舞ったらウインーウインの関係の中で自分のしたいことができるのかを探りました。
 だんだんと、言いたいことが言えるようになり、相手を尊重しながら程よい距離を保つことができるようになり、交渉することが怖くなくなりました。やりたいように仕事もできるようになり、教員生活の最後は、組織の中で役に立てるという自信もつきました。
 
 早期退職して、今はこうやってTAOやほかの心理関係のお世話をしていますが、何一つ嫌な仕事はないし、毎日は楽しくハレバレです。 
 でも、これまでの過程を振りかえると、やっぱり苦しかった! この先あと何十年もあるかと思うと、正直ため息が出ます。人生いつ何時何があるか分からない。「老病死」の苦しみだって避けられません。
 
 考えるのも面倒くさいことをたくさん抱えたクライエントさんと、毎日お話をしています。一緒にため息をつきながら、逃げても問題を先送りにしてますますドツボにはまるだけ。今しっかり取り組んでおくと、きっと老後が違ってくるよね、と話しながら頑張っています。すると、不思議なことに、ふと抜けて身軽さを感じる時が来るようです。
 
 生きるのは苦しい。死ぬまで苦しい。
 でも、毎朝ラジオ体操をしながら空を仰ぎ、朝ごはんをおいしく食べられ、夜はいつのまにか懐にねこたちがいるという幸せをかみしめながら、これからも毎日を丁寧に過ごして、生き切りたいと思います。最期、いい人生だった、と思えるように。

                           心理面接室TAO 藤坂圭子
                           HP:http://tao-okayama.com