秋の雲立志伝みな家を捨つ  上田五千石

 思春期くらいになると、ほとんどの人が「家を出たい」と思います。家の居心地がいい悪いにかかわらずです。いろんな柵(しがらみ)から解放されて、自由になりたい、自分独自の世界を楽しみたいという夢を持つのは、健全な成長の証でしょう。
 それで、大学進学・就職・結婚など、「合法的」に「家を出る」ことが叶えばいいのですが、親の圧力や経済的な事情などでそうはいかないこともあります。
 どんなに多くの人たちが、「家」や「親」に縛られたまま苦しんでいるか。
 
 では、「家を出る」ことができたら、自分の人生を謳歌できるのかというと、そうもいかない。また別の「家」に縛られます。職場や新しい家庭です。
 モラトリアムの学生時代は楽しく過ごせます。でもその時期にしっかり自分を作っておかないと、就職してからが大変です。「家を出る」ためだけに結婚を選んだりしていたら、その後が悲惨です。
 若いうちは無鉄砲に家を飛び出すことができても、大人になると、そう自分勝手に振る舞うわけにもいかないので、悶々としてしまいます。

 冒頭の五千石の句は、「家を出る」ではなく、「家を捨つ」です。イエ制度、ムラ社会、タテ社会、「グレートマザー」の同調圧力が根強く残るこの日本において、「家を捨つ」のは至難の業です。
 親の期待を裏切る、恩を仇で返すことの罪悪感、家庭や親族や職場から異端と見られる恐怖を越えていかねばなりません。「自分の居場所は自分で選ぶ」という気概を持ちたいです。
 でも、ぼやぼやしていると、ずっと何かに取り込まれた不全感の中、ぼやきながら一生を終えることになるのです。

 仏陀は、何不自由ない王子としての地位や家族を捨てました。西行法師は、袖に縋り付く4歳の娘を蹴落として出家したと伝えられています。
  世の中を背き果てぬと言ひ置かむ思ひ知るべき人はなくとも  西行
 私はきっぱり出家したと言い残しておこう、誰も分かってくれなくても。西行の強い決意の宣言です。


 TAOには、家を出たいけれど出られない、仕事を辞めたくても辞められない方々も来られています。家を出たものの親の呪縛から抜けられない方、結婚生活にどうしようもない行き詰まりを感じている方も。ちょっとやそっとでは片付かない難題に、必死に取り組んでいらっしゃいます。

 私自身、20歳代の終わりごろ、何の「合法的」な理由もなしに家を出たときは大変でした。
 25年間務めた教職を辞するに当たっても、口では言えないほどの苦労がありました。辞めたいと思い始めて10年くらい、自分自身との格闘でした。
 今では解放され、自分で「自由」を手に入れたと誇りに思えます。もちろん、理解して支えてくれる人たちがいたからこそです。
 自尊心を持てると、他者のことも尊重できます。今は人間関係で思い悩むことはほとんどなく、親のこともとても愛おしいです。 

 
あなたは「秋の雲」を見て、何を思いますか? 
 心の収まりどころはありますか?

                         心理面接室TAO 藤坂圭子
                         HP:http://tao-okayama.com