新型コロナウイルス感染拡大を受け、4/26の「対象関係論と精神病理Ⅷ」、5/10の「自己理解のためのセミナー」を延期させてください。
 用心すればリスクは低いと思っていますが、今は外出や集まりにはどうしても不安が付きまといます。ご参加の人数も多くなりそうでしたので、密集度もやや高くなると想定され、ちょっとビクビクしながらの実施になりかねません。
 でも、「不要不急」のセミナーでもないので、どうせなら晴れ晴れと心置きなく、みなさまと楽しみたいと思い、残念ですが延期と決めました。このコロナ騒ぎが収まって、夏以降に実施できたらと思っています。
 その時期になりましたら、改めて日程をこのセミナーブログでお知らせします。

 「対象関係論と精神病理Ⅷ」は最終回の予定です。前回からかなり間が空いてしまい、そうでなくてもややこしかった理論をすっかり忘れてしまうかもしれないので、ちょっと組み直して実施したいと考えています。
 「自己理解のためのセミナー」は、以前お知らせした内容で行います。
 その他、いろいろ新しいセミナーも計画したいと思いますので、その際はふるってご参加ください。
 
 この「巣ごもり期間」を、みなさまどうぞ有意義にお過ごしください。

                         心理面接室TAO 藤坂圭子
                         HP:http://tao-okayama.com 

 リクエストがありながら、なかなか実施できなかった「自己理解のためのセミナー」の3回目を、下記のとおり実施します。

 肩ひじを張らず自然体で心穏やかに生活するために、また家庭や社会で自分の適性を生かして実力を発揮するために、「自分を知る」ことはとても大切です。
 しかし、頭の中でぐるぐる考えても、なかなか「これが自分」という実感にはたどり着けません。

 このセミナーでは、専門的な心理テストなどを用いて、自己理解を深めるための演習を行います。頭より心を働かせながら、ご自分のパーソナリティや今の心情を感じてみませんか? 
 たった3時間の演習で全てが分かるわけではありませんが、少しでも本来の自分に気づき、豊かな人生へのヒントを感じていただければと思います。

 今回は、一つはYG検査(矢田部ギルフォード性格検査)を実施します。120の質問に答えることで、行動特性・情緒の安定・集団適応性・知覚特性などの傾向が判ります。
 もう一つは、まだ未定ですが、何か投影法による検査を予定しています。投影法では、絵や言葉など、何かあいまいな刺激に対して自由に表現することで、自分の特性に気付かされます。

 カウンセリングや心理学の経験がない方でも大丈夫です。どうぞお気軽にお申し込みください。


                  記

◆内 容  自己理解のための演習
◆日 時    5/10 (日)14:00~17:00
◆対 象  自己理解を深めたい方
        (経験や専門性は不問です)  
◆場 所  心理面接室TAO(岡山市中区森下町4-12 *HPで地図をご確認ください)
◆講 師  藤坂圭子(心理面接室TAO主宰)
◆定 員  10人 
◆参加費  3,000円+税 当日ご持参ください。
◆準 備  筆記用具のみご持参ください。
◆駐車場  お申し込み先着1名のみ可。
◆お申込み 以下の内容を、郵便またはE-mailでお送りください
       ①お名前(ふりがな)   ②お電話番号   
       ③メールアドレス(PCから送信可能なアドレスをお願いします)   
       ④参加動機        ⑤駐車場のご希望の有無        
           住所 〒703-8237 岡山市中区森下町4-12 
             E-mail cocoshin2139@tao-okayama.com

                            心理面接室TAO 藤坂圭子
                            HP:http://tao-okayama.

 一昨年夏から開講の「対象関係論と精神病理」は、この第8回を持って終わりとなります。最終回は「感謝の芽生え」です。
 これまで、このセミナーは下のように進めてきました。
  「Ⅰ」ー対象関係論概論
  「Ⅱ」-妄想分裂ポジション
  「Ⅲ」-抑うつポジション
  「Ⅳ」ー投影同一視
  「Ⅴ」-羨望(1) 
  「Ⅵ」-羨望(2)
  「Ⅶ」-自己愛構造体
  「Ⅷ」-感謝の芽生え(今回)


 「対象関係論」は、フロイト派だったメラニー・クライン(児童精神分析医、1982~1960)が創始した、精神分析の理論です。訳の分からないままこの世に生まれ落ちた赤ん坊の心がどのようにまとまっていくかを、クライン自身の子どもの観察や、豊富なプレイセラピー(遊戯療法)の臨床経験から理論化したものです。
 後には、統合失調症や重篤なパーソナリティ障害などの治療に生かされるようになりました。理解が難しいほどの「心の闇」は、どうして出来上がってしまうのかについて、非常に分かりやすく説明されています
 これまで「投影同一視」、「羨望」、「自己愛構造体」などの心のカラクリを学ぶ中で、ご参加の方々と人間理解、自己理解を深めてきました。
 
 最終回は、人間らしい情緒、特に「感謝」や「思いやり」の気持ちはどのように芽生え、育まれるのかを、クラインの文献を読み解きながら学びたいと思います。
 また、事例によって心の病理が癒えていく過程もご紹介します。

 これまでご参加いただけなかった方も、復習も交えながらお話ししますので、どうぞお気軽にいらしてください。奥深い精神分析の世界に、少しでも触れていただければと思います。


                  記

◆日 時    4/26(日)14:00~17:00
◆場 所  心理面接室TAO(岡山市中区森下町4-12 *HPで地図をご確認ください)
◆対 象  心理学・カウンセリングや人間関係・コミュニケーションに関心のある方    
      自己理解を深めたい方   (経験や専門性は不問です)
◆講 師  藤坂圭子(心理面接室TAO主宰)
◆定 員  10人程度 
◆参加費  3,000円+税 当日ご持参ください。
◆駐車場  お申込み先着1台のみ可とします。
◆お申込み 以下の内容を、郵便またはE-mailでお送りください
       ①お名前(ふりがな)   ②お電話番号   
       ③メールアドレス(PCから送信可能なアドレスをお願いします)   
       ④参加動機  ⑤駐車場ご希望の有無         
           住所 〒703-8237 岡山市中区森下町4-12 
             E-mail cocoshin2139@tao-okayama.com

                                                                                
                            心理面接室TAO 藤坂圭子
                              HP:http://tao-okayama.com                 
                          

↑このページのトップヘ