心理学セミナー「対象関係論と精神病理Ⅳ」を、下記の要領で実施します。

 「対象関係論」は、フロイト派だったメラニー・クライン(児童精神分析医、1982~1960)が創始した、精神分析の理論です。訳の分からないままこの世に生まれ落ちた赤ん坊の心がどのようにまとまっていくかを、クライン自身の子どもの観察や、豊富なプレイセラピー(遊戯療法)の臨床経験から理論化したものです。

 生後4~6ヶ月までの心の状態は、「妄想分裂ポジション」と言って、不快感は迫害恐怖と結びつき、そこから逃れるために、よい自分と悪い自分、よい対象と悪い対象をそれぞれ分割します。よい自分はよい対象と、悪い自分は悪い対象と結びつきます。心はまだバラバラで客観的な外界認識はできません。
 「妄想分裂ポジション」で固着すると、やがて統合失調症や重篤なパーソナリティ障害を負ってしまいます。物事を快か不快か、白か黒かでしか判断できず、内省力も抽象的な思考力も身に付きません。

 それ以降2歳ごろまでは、「抑うつポジション」で、不安や恐怖をある程度抱えられるようになります。当然、抑うつ的な気分に苛まれます。が、それは心が進んだ状態で、攻撃性や憎しみは減退し、「罪の意識」や「悲しみ」、他者に対する「愛」や「感謝」といった温かい感情が芽生えます。
 ここでつまずくと、神経症などの苦しみを抱えます。または、「躁的防衛」によって自分をごまかしながら生きていかざるを得ません。

 これまでのセミナーで、以上のようなことをお伝えしてきました。
 今回はもう少し踏み込んで、「妄想分裂ポジション」で生じる「羨望」や、「投影同一化」「自己愛構造体」などについてお伝えします。
 「羨望」は、よい対象を壊さずにはいられない屈折した憎しみの心情です。
 「投影同一化」は、自己と他者の区別ができず、自分の心情を相手に重ねて見たり期待したりしてしまう心の働きです。それが人格の一部として固定化してしまうのが「自己愛構造体」で、これが強いと自分中心の世界から離れられず、独り相撲のしんどい人生になってしまいます。

 健全な心の発達について理解を深め、自分や周囲の人たちのより豊かな人生につなげていきましょう。
 できるだけ、かみ砕きながらお伝えします。心理学やカウンセリングの経験の有無は問いませんので、ご関心のある方はどうぞお気軽にいらしてください。

                  記

◆日 時    3/21(木・祝日)14:00~17:00
◆場 所  心理面接室TAO(岡山市中区森下町4-12 *HPで地図をご確認ください)
◆対 象  心理学・カウンセリングや人間関係・コミュニケーションに関心のある方    
      自己理解を深めたい方   (経験や専門性は不問です)
◆講 師  藤坂圭子(心理面接室TAO主宰)
◆定 員  10人程度 
◆参加費  3,000円+税 当日ご持参ください。
◆駐車場  お申込み先着1台のみ可とします。
◆お申込み 以下の内容を、郵便またはE-mailでお送りください
       ①お名前(ふりがな)   ②お電話番号   
       ③メールアドレス(PCから送信可能なアドレスをお願いします)   
       ④参加動機  ⑤駐車場ご希望の有無         
           住所 〒703-8237 岡山市中区森下町4-12 
             E-mail cocoshin2139@tao-okayama.com

                                                                             心理面接室TAO 藤坂圭子
                                                                             HP: http://tao-okayama.com