こんばんは。
Total Approach研究会の柳田です(*・ω・)ノ

11月8日(日)にST限定セミナーを初開催しました!! 

テーマは
「嚥下のための姿勢調整法と運動療法」

講師は理学療法士で嚥下機能に関する造詣の深い
吉野 透先生(中伊豆リハビリテーションセンター) に
務めていただきました。 

IMG_1031

吉野先生は受講生のために
関連書籍やDVD、嚥下食のサンプルなど
沢山の物品を準備してくださいました。 
本当に頭が下がりますね。

IMG_1024

初めてのST限定セミナーでしたが定員が埋まり、
多くの方にお集まりいただきました。

理学療法士が話す嚥下の話しに
現職のSTの先生方に集まっていただけるなんて嬉しいですね♪

みなさん熱心に勉強されていました。

講演の内容としては
嚥下を行いやすくするために理学療法士の視点から
・舌運動を用いたアプローチ
・頸部からのアプローチ
・胸郭からのアプローチ
・反射を用いたアプローチ
などを紹介してもらいました。

皆さんから、
「面白い!こんなアプローチがあるんだ!!」
「ヒトの反応を用いたアプローチなので安心して臨床に生かせそうです♪」
など嬉しい声もたくさんいただきました。

IMG_1025

実技指導中の写真。
普段は穏やかな吉野先生ですが
声を張って非常に熱心に指導してくださいました(笑)

受講満足度が100%だったのも頷けます。
それだけ素晴らしい講演でした。

IMG_1026

昼休みにはご飯を食べながら色々と情報交換させていただきましたが
STを対象としたセミナーが圧倒的に少ないようです。

あったとしても主な対象が看護師だから
本当に聞きたい内容が聞けないなどの悩みがあることも知りました。

そんな状況を少しでも改善するため
TAPでは来年度、STの方を対象としたセミナーを多く開催していきたいと考えています。

今のところ
・ST限定の脳画像と胸部レントゲン読影セミナー
・ST限定の胸部聴診法と呼吸リハビリテーションセミナー
・ST限定の高次脳機能障害に関するセミナー
などを検討しています。

何かご要望がありましたらお気軽にご連絡くださいね☆★

最後に吉野先生(真ん中)とスタッフを手伝ってくれた森田くん(左側)と記念撮影(☆゚∀゚)

呼吸がしやすくなる五郎丸のポーズでパシャり(笑)

IMG_1032

吉野先生、この度は本当にありがとうございました!!
今後ともよろしくお願いいたします。

Total Approach研究会
柳田 恵佑

こんばんは。
Total Approach研究会の柳田です!!

今回は、
【TAP UP TV】Vol12「チンダウンについて
講師:吉野 透 先生



この動画の臨床応用について
紹介したいと思います。

これはST向け動画として配信していますが
PTやOTにとっても臨床のヒントが得られる
非常に示唆に富んだ内容となっています。

この動画では
嚥下の練習をする前の準備運動として
舌運動を紹介しています。

ポイントは、7分30秒くらいから。

56

写真のように
舌先を鼻に近づけようとすると
顔面・頭蓋からも舌先に向かってくる
反応が見られます。

その結果、舌運動がきっかけとなって
上位頚椎の屈曲が誘導され
結果的にチンダウンが行いやすくなります。

つまり、
身体は身体全体で上手くバランスをとりながら運動を行っている
ということが考えられると思います。

これは、何も今回の動画に限ったことではありません。

例えば、「歩行」で考えてみましょう。

立脚後期の場面を思い浮かべてください。
特に、フォアフットロッカーの部分です。
歩幅を拡げるためにも重要な部分ですよね。

hokou

フォアフットロッカーが上手く遂行するためには、
股関節伸展
膝関節屈曲
足関節底屈
第1列底屈
これらの関節運動が協調して生じることが重要です。

どの要素が欠けても
良いフォアフットロッカーを行うことはできません。

僕はよく臨床でフォアフットロッカーを改善させたい時に、
足関節底屈第1列底屈を徒手的に誘導するようにしています。

そうすると、
自然に股関節伸展、膝関節屈曲が誘導され
歩容が改善されることをよく経験します。

局所的な可動域を改善させることは
もちろん重要なこと。

でも、
改善させたい動作を〝動き〟として捉え
〝動き〟を構成する関節運動から
アプローチを検討するという考え方も
大事な視点だと思います。

身体は身体全体で上手くバランスをとりながら運動を行っている

そんな大切なことを
吉野先生の動画では改めて気づかせてくれます。

皆さんの臨床の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございまいた。

Total Approach研究会
柳田 恵佑

こんばんは。
TAP研究会柳田 恵佑です!!

この度、
TAP研究会でもブログをはじめることにしました♪

なぜ今、TAPでもブログをはじめるのか?
このブログに込めた想いを綴ってみたいと思います。

TAPでは現在、
TAPセミナー
TAP UP TV
という2つのサービスを提供しています。

TAPセミナーでは〝リアル〟な場を通して、
講師の先生方から直接知識や技術を学ぶことができます。

TAP UP TVは無料動画サービスです。
様々な分野で活躍されている先生方を取り上げ、
YouTubeという〝ネット〟を介して
翌日からの臨床に繋がるヒントを提供してます。

TAP UP TVは10月にサービスを開始して以来
多くの支持をいただいており、
「こんなサービスを待っていた!!」
などの嬉しい声もたくさん頂いています。

ただ動画は平面ですし、
短い時間で視聴できるようにまとめているので
実際にどのような症状の症例に効果的なのか?
どのように臨床に生かせばいいのか?
など、実際の臨床につなげるための
文脈を伝えきることができていないことに気がつきました。

そこで、このブログでは主に
・セミナーで教わった知識・技術の臨床での生かし方
・動画で得られた気づきの臨床での生かし方
など、セミナー&動画臨床をつなぐ
橋渡しの役割を担いたいと考えています。

主にこのブログは僕が書いていくので
「柳田というフィルター」を通しての
発信となってしまいますが、
少しでも臨床のヒントとなる
情報を発信していけるよう頑張ります!!

臨床で困ったらTAPのブログを見ればいい

そんな〝場〟を目指していきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

Total Approach研究会
柳田 恵佑 

↑このページのトップヘ