2009年12月

2009年12月31日

さてさて、

今年も今日で終わり。

皆様、
どんな一年でしたでしょうか。


いつも
御来店頂いている常連様。

年に1度の
クリスマスコースを
お召し上がり頂いた御客様。

通りすがりに
ふらりと入店された御客様。

タパスオキに
御来店頂いた全てのお客様。



僕達は、
沢山のいろんな事がありましたが

なんとか、
今年一年、
お店を継続できました。

イサムクロース。オカムラクロース。










タカハシクロース。トミバクロース。










クマガイ☆サンタクロース。フジタクロース。










ババクロース。










本当に
ありがとうございました。

皆様、よい御年を。

来年も、
より良い店にするため
頑張りますので
何卒、
宜しくお願い致します。


タパスオキ、スタッフ一同。


(00:00)

2009年12月30日

さてさて、

36日間、
合計324時間の長い旅路も

シルクロード。




いよいよ、
今日でゴール。

ゴール。





とはいえ、
12月の営業日が終了するだけで、
僕等の目標への道程は
まだまだ、
先が長いです。

さぁ、
次のレースに向けて
準備運動をしなければ。

準備運動。

(06:04)

2009年12月29日

さてさて、

最近、
アルバイトのホールスタッフ達に
言った言葉。


『自分で考えてから発言して下さい。』


お客様の事で
僕に判断を求めるにしても、

今までは…。

「あのテーブルのお客様には
 ,鉢△離錺ぅ鵑
 どちらをおすすめしたらいいですか?」

これでは、
知らない、分からない、
としか答えようがない。


『自分で考えてから発言して下さい。』

と言ってからは、


「あのテーブルのお客様は
 重たいワインが好きだと
 伺いましたので、
 ,鉢△離錺ぅ鵑
 ,鬚すすめしようと思っていますが
 宜しいでしょうか?」

と、
聞いてくれるようになった。


これだと僕も
イエスかノーで答えられる。
大変助かるし、
安心してまかせられる。

何より
自主性があって
大変宜しいのだ。



“人間は考える葦である”
 Blaise Pascal(1623〜1662)


(03:24)

2009年12月28日

さてさて、

タパスオキ
  1月のお休みの案内です。

  平成22年1月

  1日(金)〜5日(火)まで
  お休みを頂きます。

  年始は6日(水)から 
  
  ※26日(火)は営業とさせて頂きます。


  12月は30日までの営業です。



  皆様、宜しくお願い致します。


  タパスオキ・スタッフ一同。

(13:11)

2009年12月27日

さてさて、

今年のクリスマスには
タパスオキにも
サンタさんがやってきて
プレゼントを落としていきました。

クリスマス☆プレゼント。






クリスマス☆プレゼント2。






サンタさん
ありがとうございます。

おかげさまで、
なんとか誰も倒れずにすみました。

(16:06)

2009年12月26日

さてさて、

店休日返上で
頑張ってきた12月。

みんなの疲れが
ピークに差し掛かってきた
クリスマス前。

誰かが

「さすがに、少し疲れてきたね。」

と言ったら

クマガイが

『あと1週間位だから
 みなさん、頑張りましょう。』

と、
小生意気な事を言ったので

罰として
クリスマス営業中は
サンタさんの帽子を
かぶらせることに決めました。

クマガイ☆サンタクロース。










泣き虫クマガイの言った
その一言で
疲れも吹き飛んで
クリスマスも楽しく働けた。


ありがとう。


(18:14)

2009年12月24日



【Happy Xmas 〜War Is Over〜 】


そう、
今日は聖なる夜。

『メリークリスマス。』

あなたは
何をしていますか。


あと何日かで、
今年も終わって
また、
新しい1年がはじまるね。

今日はクリスマス。
あなたが楽しい時間を
すごせていますように。

身近な人も、
少し遠くにいる人も
大好きなあの人も
大人も子供も

全ての人々へ。

『メリークリスマス。』


そして、
新しい年こそ
世界中の人々が
平穏でいられることを
切に願おう。
 
力強き者も、かよわき者も  
富める者も、貧しき者も。
 
 


ねぇ、
僕等はこれで
本当によかったのかな。




『メリークリスマス。』

クリスマスが終わって
ツリーに
からまった電飾のコードが
少しずつ
外されていくみたいに

この広い世界に
引かれた
様々なラインが
取り除かれて

全ての争いが
終わればいいのにね。


『愛しい人よ、メリークリスマス。』

そして、
来年もあなたに
愛を伝えることが
できますように。





こんなことを言うと
怒られるかもしれないけれど、

「想像してごらん、争いはなくなるから。」

そう教えてくれた
あなたが、
いなくなってから

もう、
30年近くの歳月が
経過してしまいましたが

僕等の住む
この世界は
絶えず争いに
満ち溢れ
いまだに、
平和ではありません。


だからせめて、

今日という日だけは、
世界中の全ての人々に。


“心からメリークリスマス。”


Happy Xmas








JOHN LENNON
SINCE 1971

和訳:馬場知


(00:00)

2009年12月23日

さてさて、

次は
何をするかというと

キャラメリゼ。










準備したレードルへ
丁寧に
網目状にキャラメルを
かけていきます。

こんなかんじ。






こんなかんじ。

完成。






焼き上げた“パート・シガレット”に
ドーム状のキャラメルをのせて完成。

後は、
中味を入れて
お客様を
お待ちするだけです。


(00:00)

2009年12月22日

さてさて、

連日深夜、
薬院2丁目のタパスオキでは
厳かに
クリスマスの仕込みが
行われています。

作る。










今日はデザートの仕込み。

“パート・シガレット”

生地を丸く焼いた後に、

型取り。






型取り。

キャラメル準備。










さて、
次は何が。


(00:00)

2009年12月21日

さてさて、

フランスから
タパスオキへ
お手紙ありがとう。

レター。






僕は筆不精で
尚且つ、
自分で書いた文字でさえ
時々、解読出来ないくらいなので
この場を借りて
夕空さんに返事を書く事にします。


元気ですか?


某ビストロの2号店での
アルバイトが終わってからの帰り道
タパスに遊びに来てくれていた頃から
もう三ヶ月が経つのですね。


もう、
すっかりパリジェンヌですか?


僕等は、
相変わらず
なんとか
毎日を生きています。


僕も昔、
上京してからの
最初の数ヶ月
誰一人として
知り合いのいない土地での生活で
幾度となく
さみしい思いをしたのを
憶えています。

日本語ならまだしも
英語ですら
通じないフランスですので
大変だとは思いますが

夕空さんの
持ち前の明るさと
素敵な笑顔があれば
きっと大丈夫だと
福岡市は薬院2丁目から
スタッフみんなで
応援しています。

僕も
今になってわかるのですが
つらいことがあっても
夢にむかって
進んでいけば
後になって
自分が強くなれたことを
実感できるので
頑張ってください。

なんだか書いてて
偉そうですね、
すみません。



そうそう、
話はかわりますが。

先日タパスのカウンターで
夕空さんを
食事に連れて行って頂いたこともある
女性の御客様に

『夕空さんから
 タパスに手紙が届きましたよ。』

と言ったら

「夕空は、
 きっと素敵な女性になって
 帰ってくるんだろうね。」

と楽しみにしていましたよ。


クマガイにもメッセージありがとうございます。
大変喜んでいました。

うれしクマガイ。










パリの雪なんて素敵ですね。

一人暮らしは
病気が天敵なので
お体には気をつけて
限られた時間を
一生懸命、楽しんでください。


それでは、
少し長くなりましたが
お元気で。


いつかまた、
笑顔で会いましょう。


(05:13)

2009年12月20日

さてさて、

タパスで働いてから
一ヶ月位になる

富場くん。










【富場くん。】


日々、
上司の陰険なパワハラにも耐えしのび

パワハラ。










少し顔付が変化してきました。




先日の話、
カウンターで
お客様から

「ライターありますか?」

と聞かれた富場くん。


あたふた。


探せども
見つかりません。



その翌日。

自分の分だけでなく
他のアルバイト達の分も

ハートに火をつけて。






“ライター”を。


「みんな、ひとつずつ持っていたら
 お客様が必要なときに、すぐ渡せるから。」

と。


普段、
偉そうに注意していたけれど
こういう感覚は忘れていたな。

と反省。


そして、
とても嬉しかった。




(14:27)

2009年12月19日

さてさて、

昨日、
お店を閉めて帰る時
雪が降っていた。

そう。

大陸から寒気がなだれこむ
いよいよ
あの“冬将軍”の到来である。

冬将軍。









【冬将軍】(1162〜1227)

大小さまざまな集団に分かれて
お互いに抗争していた
モンゴルの遊牧民族を一代で統一し、
中国北部、中央アジア、イランなどを次々に征服して
真冬帝国を築き上げた。

雪上戦が得意で
合戦の開始時に馬上から
「ウィンター!!」
という雄たけびを
必ず上げることで有名だった。

この言葉は
連戦連勝の
冬将軍の名の由来通り
Winter(冬)とWin(勝つ)
という2つの意味があった、と
近代の研究により
まことしやかに囁かれている。
(うそ)



まぁ、
とにかく寒いのだ。



(16:40)

2009年12月18日

さてさて、

今日、
深夜のお客さまを
玄関まで、お見送りしていたら

「ダンスか何かやっていますか?」
と、聞かれた。

ステップ。






『何故ですか?』
と聞き返してみると

「歩き方が全然違うから。」
と言われた。



しめしめ。

【007の歩き方】
やっと身に付いてきたのかしら。

と、

照れくさい反面
正直、少し嬉しい。

よし、
今日は
スキップで帰ろう。

スキップ。



(05:21)

2009年12月16日

さてさて、

先日、
カウンターで
スペイサイドのシングルモルトをソーダで
というオーダーの御客様。

お酒を半分ほど飲まれた
その会話の中で



「人生の中で起こりうる出来事の
 97%までは“お金”で解決できるんだよ。」



そう言って彼は、
今まで飲むのを忘れていたみたいに

手に持っていた
ウイスキー・ソーダを一口飲んで、

こう言った。



「でもね。」

「残りの3%だけは、どうしようもないんだ。」



長い沈黙の間、
僕はグラスを拭きながら彼の言う

“お金で解決出来ない”

という、
その3%が
一体、
自分にとって大切なことの
どれだけの割合を
占めているのかについて考えていた。





(00:00)

2009年12月15日

さてさて、

タパスオキ

はやくも来年1月の
お休みが決まりました。

1月1日〜5日

12日・19日


お休みとさせて頂きます。

26日の火曜日は
営業させていただきますので
皆様、宜しくお願い致します。


タパスオキ・スタッフ一同。



(04:00)

2009年12月14日

さてさて、

最近、
飲食業界に限らず
不況だという話をよく聞く。


先日も
知り合いのレストランが12月で閉店する。
と、いう話を聞いた。


その店のオーナーと
少し話をさせてもらったが

彼が言うには

「飲食店なんて、
 いつかは沈んでしまう
 “泥の船”みたいなものだよ。」

と、いうことだった。


その言葉を聞いて
なぜだか僕は

子供の頃、
寝物語に
母から聞かせてもらった

性悪な狸と
正義感の強い兎のでてくる
昔話を、思い出していた。


確かに、
彼の言うとおり
余程、
資本がしっかりとしていなければ
2、3ヵ月暇な日が続くと
閉店を余儀なくされてしまう飲食店なんて

“泥の船”

なのかもしれない。


だからこそ
僕等は目的地に向かって
必死に、
もがきながら
漕ぎ続けているんだ。




この泥船に乗って、


腕が痛くなるほど
一生懸命に櫂を漕いで

僕達は、
一体何処まで行けるのだろう。







(00:00)

2009年12月13日

さてさて、

最近、
新しいスタッフ達に
僭越ながら
僕がいろんな事を
教えている。


たとえば、


サーヴィスについて


もし、
お水ひとつ
もっていくにしても

“このお客様は、本当に水が飲みたいのかな?”

と、考えてから
お持ちする。


結果的には同じなのだが
その、

“これでいいのかな?”

というところまで

“行って、戻ってから”

行動する。

その思考の振り幅が

振り子。





わずかなことでさえ、
相手の状態を考える
という作業が

お客様を思う気持ちとなって
伝わるのではないか。

と、
僕は思っている。


(00:00)

2009年12月12日

さてさて、

選手宣誓。






『12月は30日まで休みなしで営業します。』

と、
意気込んで宣言してみたものの。





よくよく考えてみると
12月1日が火曜日だったので

11月の最後の定休日から
合計36日間休まないことになる。

と、
いうことで。

今日、
12月12日が
ちょうど

“折り返し地点”

箱根駅伝で例えるなら
ちょうど復路の第6区にあたります。

まだまだ。







『さぁ、タパスオキ
 みんなで、つなげてきた
 一本しかない母校のたすきを
 次の走者へと
 手渡すことができるのか。』

たすきリレー。









『やっと、
 見えてきた、見えてきた。


 伸ばした手、
 受け取る手、


 そして今、
 たすきが繋がったー。』

つながった。











『さぁ、行け、タパスオキ。
 頑張れ、タパスオキー。』














…おそらく。

人間は、ちゃんと休まないと
脳内から
変な分泌物がでる様なので、

師走とはいえ
皆様も働きすぎには
十分、注意して
お体を御自愛ください。


(00:00)

2009年12月11日

さてさて、

朝早く起きて
空を見上げてみると


よく晴れた冬の空を
飛行機が
大胆に2つにカットして
西の方へ飛んで行った。

月と飛行機雲。






それを、
月と僕が
眠そうに見ていた。




(00:00)

2009年12月10日

さてさて、

先日、
タパスのカウンターで
お客様から

「なんだか、甘い香りがしますね。」

と言われた。



思わず、

『あぁ、それなら僕の体臭ですよ。』

と言ってしまったが、


実は、
カウンターの
バックヤードに置いている
常連様の居酒屋の大将から頂いた
林檎の香りだった。

よかよかりんご。






嘘をついて、ごめんなさい。

(00:00)

2009年12月09日

さてさて、

先日、

久しぶりに
海でゆっくりと
1人の時間をすごせた帰り道。


二見ヶ浦で
無理矢理、
夕日に停車させられた時に
事件は起きた。

二見ヶ浦・夕日。






以下、断片的ではあるが
容疑者の証言を此処に記す。


『本当に。』


『悲しい出来事なんて
 ほんの少しも
 なかったんです。』


『信じてください。』


『でも、夕日を見ていたら
 何故だか急に
 知らないうちに涙が。』


『勝手に僕の頬を
 流れ落ちていたんです。』


『太陽が夕日になって、
 海のむこうへと沈んでしまうまでの間に。』


(00:00)

2009年12月06日

さてさて、

今年最後の
火曜日のお休み。

用事があったので
朝、早起きして外に出ると、

澄んだ空。







空気も冷たく
遠くまで澄んだ空。



思わず、
しばらく眺めていたら、

頬が次第に冷えてくるのがわかった。


誰が何と言おうと
油山のふもとにある
僕の家では、

絶対に
もう、真冬だ。



(17:40)

2009年12月04日

さてさて、


【タパスオキ☆クリスマスメニュー】

の御案内です。


_漆療椎テリーヌ、ホタテ添え
 トリュフのヴィネグレットソース。  
 
▲侫ワグラのポワレ、
 ブルーベリーとポルト酒のソース。

スカモルツァ・アフミカートチーズと
 ラディキオの赤ワインリゾット。

た紳笋罰は靴肇▲汽蠅
 サフランの香り、スープ仕立て。

サ蹈侫レのステーキ、
 ポルチーニとシャンピニオンのソース。

Ε丱吋奪函
  
Д織僖好キ☆クリスマス・スペシャルデザート。

┘魁璽辧orエスプレッソ。




以上、8品です。


お値段は¥6,300.−です。




皆様、
聖なる夜の素敵な時間を
タパスオキにて
おすごしください。


※ディナーは前日までの
 御予約となっております。
 また、
 仕入れの都合により
 食材が変更になる場合がございます。
 何卒、御了承ください。

(00:00)

2009年12月03日

さてさて、

“ノッポさんとゴンタ君”もいないし。

煙草をふかしながら。





『もう駄目だ。』

と、
世の中に希望も
みいだせずに
自暴自棄になって
荒れた生活をしていた僕に。

はじめましょうか?









「そろそろ、はじめますか?」

と前向きな
ハジメ君の一言に救われ
自分の犯した罪を懺悔してから

“馬場さんとハジメ君”

で着色スタート。

楽しく。


でっきるかな、でっきるかな
はてはてふむー。






ひょっとこ。

でっきるかな、でっきるかな
さてさてほほーん。 
でっきーるかーなー。


などと
あの【テーマソング】を口ずさみながら
順調に作業は進んでいきます。


電球の着色も
もう、ほぼ終わりに近づいた頃に

タイミングの悪い富場くん。










アルバイトの富場くんが出勤。

タパスに着いてすぐ
何をやっているかさえも
わからない富場君に
またもや、
上司命令で無理矢理、写真を撮らせる僕。

一息ついて、ハイポーズ。











その後、
中庭に飾り付けしていたら
もう、オープンの時間。

オープン前。






“完成”


タパスの中庭に
素敵なイルミネーションが完成しました。

皆様、もしよろしければ
御覧になってください。


(00:00)

2009年12月02日

さてさて、

“ノッポさんとゴンタ君”

この2人の協力を得るために

今回、
NHKさんにアポイントをとろうかと試みたが

NHK。






諸般の事情と急な日程と、

『まぁ、どうせ無理だろうな。』

という僕の冷静な判断により
断腸の思いで中止。


代わりに、
今回のゲストは

ハジメ君。










“ハジメ君。”


タパスのお客さんでもある
とある会社の社長さんに

『中庭をデコレーションしようと思っています。』

と、言ったら。

「ウチの若いのを、
 雑用で使ってくれ。」

と言われ、

冗談半分で誘ったら
本当に手伝いに来てくれた。


“ハジメ君ありがとう。”



早速、スタート。

スタート。






塗装準備。











どうしても、
出したい色があったので
透明の電球を買ってきて
蛍光塗料で塗装します。

色の魔術師。






使う色は黄色と、

色づけ、黄色。






蛍の色。

蛍。






この色を出すために
青と少しの緑を調合。

蛍の光を出すために。






全ての用意は整ったものの。

だが、しかし
あの息の合った2人が揃わない今、
タパスオキ、一体どうなってしまうのか。

できるかな。


(00:00)

2009年12月01日

さてさて、

今月のシークレットワインのご紹介です。

【02'CHATEAU GLORIA/Saint-Julien】

2009/シークレット。


¥3,900-







ボルドーは
サンジュリアンの至宝と称されるワイン。

至宝ですよ、至宝。


とにかく果実実があり、
赤いベリーの香り

安心して
お飲み頂けます。




Blogだけの特典品ですのでオーダーの再には
『シークレットワイン』と言ってオーダーされて下さい。

数量限定品ですので
どうぞ、お早めに!!

¥3,900(サンキュー)ワイン


(00:00)