2009年09月26日

さてさて、


お店を閉めてから
僕は、いつも同じ道を通って家に帰る。

最近、
暗闇の中から
いつも誰かに睨まれているのに気が付いた。




水道道のヌシ。



【水道道のヌシ。】






経緯も意味も、よくわからんが
とある車屋さんの
屋根の上から
周囲を見下ろしている。

その姿は
日夜、水道道の治安を守るために
憤怒の形相で
目は血走り、首に青筋をたてて
辺りを威嚇しているように見える。

なんでも、
このヌシ様のおかげで
水道道地区の犯罪は
福岡県下の犯罪率40%を
大きく下回る3%台に維持されているらしい。

その昔、
深夜に家財道具を盗んだ泥棒が
この道を通ろうとしたとき

突然、
ヌシ様がこの世のものとは思えない奇声を上げ、
泥棒は慌てて荷物を捨て
命惜しさに逃げ出したらしい。

ちなみに
その時の叫び声は
5キロ先の油山展望台まで届き
近所の全ての犬が怯えて一斉に吠え出した
という迷惑な逸話が残されている。

そのため、
周辺の住民からは
“大ヌシ様”と崇め奉られ
毎月4日の(ヌ)シの日には
その足元が見えないほどの
貢物の山であふれかえるという。
(うそ)



とりあえず、

『今日も恐竜怒ってるなー。』

と思いながら
明け方近くにバイクで通りすぎる
僕の眠気防止には役立ってくれている。





(00:00)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mojyo   2009年10月14日 10:11
はじめまして。私も水道道をよく通ります、あの恐竜さんにはそんな話があったんですね(笑)馬場さんはかなりのウソツキですね(笑)楽しいウソをありがとうございました。恐竜さんを見る楽しみが増えました。
2. Posted by びば   2009年10月14日 17:00
mojyoさん
こんにちは。

コメントありがとうございます。


僕は“うそつき”ではなくて

妄想家で夢想家で
かなりの現実主義者です。


でも、
あの恐竜さんには
いつも楽しませてもらっています。


それではまた。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔