2010年05月28日

さてさて、

今から
10年以上も
前の話になるが、

まだ会社員の頃に
有給休暇を利用して

沖縄の離島へと、
旅をしたときのこと。

いつものように
航空機のチケットと

リュックサックだけの
無計画な旅行で、

その日は
石垣から昼過ぎに

15人も乗れば
沈みそうなくらい
ちいさな船で
渡った島で、

日没まで
浜辺のマングローブが
海の中へと
浸かっていくのを
のんびり眺めていた。

マングローブ。





気が付けば
もう、
周囲も
薄暗くなってきたので

宿を探すのを
あきらめ。

そのまま
砂浜に寝転んで、

リュックサックと
波の音を枕に
一夜を明かした。



次の日の朝、

散歩途中の
老夫婦に

砂浜に
打ち上げられて
倒れている
と思われる
身元不明の青年は


第一発見者の
親切な夫婦の
自宅へと案内され
手厚く保護された。





(00:00)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔