2013年03月12日

2年分

あの日から2年
加速していく日常の中
今日くらいは少しだけゆっくり時間を振り返ってみよう
そう思って久しぶりの日記

この2年間で自分はどれだけ変れたのか

2年前のあの日は名古屋に転勤したてで
右も左もわからないまま現場に放り込まれて
あたふたしているだけだった

あの後に
仕事に追われながら体壊す寸前まで勉強して
1級建築士になって
先輩の下で東京ドーム1個分の大きさの物流倉庫の
図面まとめて現場監理して
次に工場の設計して今造っている最中で
同時に小さな事務所のコンペから設計まで任せてもらって
もうすぐ造り始める予定
失敗は多いしいろんな人に怒られてるけど
それなりに進んだ気がする

新潟での地震でできた仮設住宅の暮らしについての研究
そのデータをもとに先生と後輩たちがまとめてweb公開してくれた
評判も良くて多くの人が観てくれていたみたい
本にもなった
自分の研究の内容も取り込まれていた
あのとき流した汗が1ミリでも役に立てたのなら
あのとき悩んで出した言葉が誰かの答えになっていたら
やった甲斐があったのかもしれない

時間は流れるし
時代は変わるし
多くの命が形ないものに変ったけど
新しい命も生まれている




何をもって終わりなのか
何をもって復興なのか

その答えをもっている人がいるのかはわからないけど
前に進んでいればその答えにたどり着く日が必ず来る
その時が答えなんだと思う  
Posted by tapioka_kou at 01:22Comments(0)

2012年03月18日

巻戻し

「今日」
電車の前の席に座った女の子が
遠くを見つめながらニヤッとしてた
車で走ってたら
志村けんをフサフサにした感じの
チャリに乗ったおっさんがニヤニヤしてた
なんかみんな幸せそうだ

「昨日」
名古屋から新幹線に乗って東京へ
滞在時間20分で違う新幹線に乗り換え新潟へ

新潟は多分2年半ぶり
大学の同級生同士の結婚
2次会からの参加
懐かしい顔が多い

「2次会」
新郎新婦は本当に幸せそうだった
まさかあの2人が卒業後に付き合って
結婚までいくなんて想像できなかったなー
でも
あの2人ならきっと幸せになると思うなー
そんな感じやった

「3次会(前半)」
懐かしい顔をテーブルに並べて
仕事と恋愛の話
新郎新婦が公務員のため会場には公務員が多い
そんな中で民間企業組で汗と涙と泥でまみれたトーク
もはや笑うしかないぜ
公務員完全に引いてたぜ
そして公務員うらやましいぜ

「6年前」
大学の授業で
6、7人でグループを作って
ある町で実際に建物を建てることができる
という授業があった
建物を建てるのだからお客さんも決めてやる
でも全てのチームが建てるのは無理だから
町民の人たちの前でプレゼンして
町民の人たちに投票してもらって
1番投票を獲得したチームが建てられることになっていた
半年くらいかけてグループで試行錯誤を繰り返し
なんだかんだして
僕らのチームが1位になった
だから僕らのチームが実際に建てられる
そのはずだった
しかし僕らの提案は少し奇抜というか
今までにないものだったらしく
上っ面の伝統にそぐわず
2位のチームの作品が採用された
そんなんで納得できるわけもなく抵抗して
1週間でもういっこ案つくって
2位のチームと競べるということになった
半年でやったことを1週間でできるわけもなく
大人達の策略通り2位のチームの勝ち
あんときは本気でむかついた
2位のチームもなんかすっきりしなかったんじゃないかな
今考えてもいい作品だったと思うのに
そんな悲しい6年前の話

「3次会(後半)」
6年前の悲劇を共に経験した同じチームの4人が集まった
その内の1人があの授業でのお客さんと偶然仕事で会ったそうな
お客さんはそのこのこと覚えてて
6年前の授業の話になったらしい
そしたらそのお客さんは僕らのチームのが1番よかったって言ってた
というか僕らの作品に投票してくれてたことが判明

だからといって過去の結末は変えられないし
もう6年前のことやし気にすることじゃないかもしれんけど
なんか少しだけ救われた
その他大勢の町民の方の1票もうれしいけど
実際に使う立場であるお客さんの1票は別格だ
6年前にするはずだったハイタッチ
アラサーのくせにそんなこともしたりしてさ

時間が経つのは早いもので
2倍速でいろんなことが過去になって
過去も少しずつ消えていくけど
消えてたはずの過去に続編があって
ふとしたきっかけでリプレイされることもあるんだなー


何の話書いてるのかわからんようになったー
何はともあれ
お幸せに  
Posted by tapioka_kou at 23:04Comments(2)

2012年01月22日

restart

何年ぶりかにマンガ喫茶に行った
前から気になっていた「宇宙兄弟」を読む
想像以上に面白い
次の日に
読んだのも含めて今出ているやつ全部買った
1万円近くした
アホだなーと思うけど
アホっていいよね

1年ぶりくらいに映画館に行った
前から気になっていた「ヒミズ」を観た
想像以上にいい映画だった

ハッピーエンドではない
決してバットエンドでもない
希望が絶望を凌駕した
主演の2人に引き込まれた
多分好き嫌いがはっきり分かれる
久しぶりに胸にガツンときた
本社にいる頃
会社の人に誘われて行ったフットサルで
何回か主演の子とボール追っかけた
その時はどこにでもいる感じの男の子だな
って思ったけど
スクリーンで観るとまるで別人だった
俳優ってすごいな
無理矢理にでも絡んどけばよかった

7ヶ月ぶりくらいにボルダリングに行った
ほとんど始めた頃の筋力に落ちた
そして今までついた事ない様なお肉がついてたから
ほぼマイナスからの再スタート
初心者がやる様な簡単なコースから登る
衰えってこわい
モチベーションあげるためにskinsのウエア買った
1万円近くした

名古屋に来て約1年
ほぼ毎日のようにコンビニでデザートを買って
夜な夜な食ってから寝てた
ストイックなボディに戻すために
デザートは1週間に1回とする事にした

都内では通勤電車に毎日往復1時間半以上乗って
暇つぶしの小説を読んでいた
名古屋では通勤電車が3駅になったから
全く本を読まなくなった
そろそろ本でも読もうと1冊買ってみた
1週間で1文字も読まなかった
いい加減読みます

2週間遅れの初詣に行った
おみくじを引いたら末吉だった
今の俺にはちょうどいいと思った
おみくじに書かれていたラッキーカラーの
黄色い交通安全お守りを買った
本当は黄色はあまり好きじゃない
でも車が黒だから黄色がいい感じに映えていいと思った


こんな日々も悪くない  
Posted by tapioka_kou at 01:07Comments(2)

2011年11月28日

11月

今月は忙しくなる
そんな事はわかってた
ぶっ倒れるくらいまで頑張ろうと思ってたら
目の前で2人がぶっ倒れた

1人目はある日の昼休み
外でごはん食って会社戻る交差点
明らかにおなか痛そうな感じのお兄さん
まともに歩けてないくらい
信号が青に変わって横断歩道を渡るが
どう見てもまともに歩けてないと思ってたら
道のど真ん中で倒れた
大丈夫ですか?
って肩支えてとりあえず渡らせようとしたら
大丈夫です!
って手振りはられた
這って横断歩渡りきったが倒れ込んだ
救急車呼びましょうか?
って聞いたら
大丈夫ですからいってください!
って半分キレられたから
何があったか知らんけど
勝手にくたばりやがれ!と思って会社に帰った
一体彼に何が起きていたのか俺は知らないまま

2人目はスーパー銭湯にて
最近スーパー銭湯にはまっていて
1週間の疲れをサウナとマッサージで吐き出している
そんな今日
脱衣室で服脱いで
浴室に行こうと出入口行ったら
風呂から来たおじいちゃんが目の前で
白目向いてぶっ倒れた
たまたま従業員のおばちゃん横にいたから
他の人呼びに行った
出入口のところで倒れたもんだから風呂入れない
30秒後くらいに意識戻ったから
今従業員の人来ますから
と言ったら
おじいちゃん何が起こったか理解できていないらしく
笑顔を俺に返して起き上がった
なんじゃそりゃと思って風呂へ

めんどくさいので僕の目の前で倒れないでください


11月はばたばたしてたわりにイベントが多かった

研修で東京行って4日間仕事から解放されて
遊びほうけたこと

なんでか知らんけど会社の先輩達と淡路島旅行した
仕事忙しいから無理ですって先輩に言ったのに
行ける!という決断をくだされた
行ったところの半分は昔行った事あるとこやったけど
うまい飯食って酒飲んでだらだらできたから
なんだかんだ楽しかった

一昨日くらいに会社から寮に帰って
部屋に入ったら明らかに誰かが入った形跡があった
床にある物は蹴飛ばされて
棚にある物は机の上に出されていた
こわっ
と思ったけどなくなった物はないかまわりを見渡したら
エアコンが新しくなっていた
業者のおっさんどんだけ仕事雑なん!
でも前のエアコン臭かったから許す!
安心して風呂入ろうとしたら蛇口も変わってた
こんなプライベート空間にまで人が入ってきてたとはな
くそったれやな




とまぁ11月はこんな感じ
12月も多分こんな感じ  
Posted by tapioka_kou at 00:10Comments(2)

2011年11月08日

トレイン


魚食った後に
のどに骨が刺さってる感じって
すごく辛いわけです

一つの歯車がずれてしまったら
少しずつズレが大きくなるわけです

最近ようやく
その骨と歯車のズレに気がついた
多分もう10年位のズレやなきっと
だから今脳みそ腐ってんだな

今までどれだけ周りの人に頼ってる人生だったのか
少しは理解した

もう少しマシな甘ちゃんに俺はなる!
  
Posted by tapioka_kou at 21:16Comments(0)

2011年10月27日

カイソウ

久し振りに携帯からのブログ

この前久し振りにカレー食った
記憶が正しければ1年ぶり

久し振りに携帯を替えようと思う
記憶が正しければ4年半ぶり

久し振りに仕事を頑張ろうと思う
記憶が正しければ2年半ぶり

今年残りを爆走しようと思う
気が確かじゃなければマッハ2


カレーはやっぱりカレーだった
  
Posted by tapioka_kou at 23:58Comments(0)

2011年10月24日

リミッター

試験が終わって2週間
完全に何かしらのリミッターが外れてる

先週に引き続き散財
意味わかんないくらい歯止めが利かない
もともとほしい物なんて特にないけど
気に入ったものを抵抗なく買う
別に買わなくても生活できるものばかり
アホだなーと思いつつもなんかスカッとした

3週間前に知り合いから送られてきた
彼女との修羅場メールの転送
つっこまずに放置したままだったけど
ようやくつっこんでみた
完全に間違って転送してしまっていたらしい
知り合いにとっては3週間越しの衝撃的事実
どうやら修羅場はくぐり抜けたようです

昨日は車で走っている途中
ふとサウナ行きたいなと思って
サウナの事考えてたらどうしても行きたくなって
カーナビでスパー銭湯探して直行
サウナ6分水風呂2分×5セット
風呂から上がったら700グラム減ってた
そのまま帰ってもよかったけど
スーパー銭湯の中の足ツボマッサージへ
どうやら足のかたちで性格が解るらしく
ほぼ当てられた
俺の足見ての第一声が
理数系得意ですよね
だった
俺が理数系かは別として
足ツボマッサージ師恐るべし

今日は日曜日にも関わらず
会社のレイアウト替えするとか言われ
全部署全社員出勤
なんか落ち着かないレイアウト
もしかしたら明日から会社でラジオが流れるかもしれない




もっとストイックにならねば
11月はもっとマシな人間になろう
銭湯のロッカーの扉の内側にこんな言葉が書いてあった
「花になるより花を咲かせる土になれ」
今の俺に一切かぶってこない言葉だけど
いい言葉やと思った
そんだけです  
Posted by tapioka_kou at 00:30Comments(0)

2011年10月16日

秋だね

-1ここ半年は
休みらしい休みは経験できず
いつの間にか春になって
夏が過ぎてもう秋なんだね
先週で一段落したからしばらく休日は休める
そいや服とか全然買ってねーや
神様に夏預けてあるから夏の記憶が一切ない
てなわけで久しぶり買い物しに街へ

基本的に物を買うときは直感に頼る
衝動買いじゃなくて一目惚れ買い
ほしい物があればピンとくるまで探し続ける
時には何ヶ月も探す事あれば
買うつもりもない物でも
一目惚れすれば買ってしまう
そんな直感人間
でも
じっくり悩んだあげく買ったものより
一目惚れ買いした物の方が飽きがこない
経験上そう思う

今日は漠然と
紫色の何かがあればいいな
と思っていたけど
真っ白なGショックに心奪われた
これはスーツにも合うはずだ

その他いろいろ金使って
なんかスカッとした

半年引きこもってたから
久しぶりの街でかわいい女の子見て
5回くらい一目惚れしそうになったなー
多分病気



リハビリします  
Posted by tapioka_kou at 23:28Comments(0)

2011年10月01日

ごはんの時間

兄弟のように育った1歳年下の従兄弟が
もうすぐ親になるそうな
ガキの頃からあいつと張り合ってきたけど
いつの間にか追い抜かれた



たまに昼飯食いにいく飯屋があって
おっちゃん1人でうまい飯つくってる飯屋

お盆前くらいに行ったとき
店の入り口に張り紙が貼ってあって

「体調不良のためしばらく休みます」

と書いてあった

昨日
そろそろおっちゃん元気になったかな
とか思いつつ店行ってみたら
まだ張り紙が貼ってあったが
内容が変わってた
結論言うと
おっちゃん癌で死んでた

張り紙には
癌で死んだ事
49歳だった事
毎日の献立を悩みながら考えていた事
この店の味をいつかふと思い出してほしい事
が書いてあった

別に仲良くしてたわけじゃないし
頻繁に通ってたわけじゃないし
思い入れもないけど
なんか言い表せない様な不思議な感情があった

会社に戻って
便器に座りながらふと考えてみた

その1
今この時間も
誰かに見守られながら生まれてくる命と
誰も知らないところで失われていく命とがあるということ
当たり前のことだとは理解している
でも感じてはいないという事

その2
おっちゃんのつくる昼飯の味は覚えている
でもしばらくすれば忘れる
さらに時間が経てば忘れた事すら忘れるという事

その3
多くの人に自分のつくった物が
受け入れられること
すごくうらやましいという事
たとえそのうち忘れられるものだとしても



なぜ生まれてきて
なぜ生きていくのか

そんな事は知らん
親がやらしいことして
おかんがふんばったから生まれた
そんだけやと思う
生き物としての本能に従って
力つきるまで生きてくもんやと思う
ただ
人間として生まれた以上
何かしらのかたちで
誰かにわかるようになんか遺したい
御偉いさんみたいに教科書に載ったりとかじゃなくても
手すりにこびりついたガムでも
トイレの落書きでもいいんやけど
おっちゃんのつくってたような飯みたいなもんやったら
いいなと思った  
Posted by tapioka_kou at 13:28Comments(4)

2011年06月22日

無果汁

梅雨もかれこれ27回目なわけですが
何度経験してもこのじっとり感は不愉快きわまりない

アーモンドを缶で大人買いしたつもりが
アーモンドではなくピーナッツだったり
風邪の治りかけの咳が止まらなかったり
アメリカンドックを買ったはずなのに
店員さんが袋に入れ忘れていたり
謎の頭痛と戦ったり
資格の勉強していても全然問題解けなかったり
車のボンネットにネコの足跡があったり

そんな梅雨だけどいいんです
アメリカンドックの代わりにピーナッツ食うし
咳でても頭痛くても熱さまシート貼ってひんやりするし
車の上で寝ているネコを想像して癒されるし
mixiの足跡機能なくなった分現実で足跡ゲットできたわけやし
節電のためとか言いながら早く会社から帰ってるし

最終的に何が言いたいとかないけど
僕はいたって平和です
欲を言うなら1億円ほしいです  
Posted by tapioka_kou at 23:13Comments(0)