2007年03月03日

Jリーグ開幕 (サッカー)

また、わくわくするシーズンがやって来ました。
Jリーグ開幕です!

リーグに先駆けての公式戦(ブルズカップ・ゼロックススーパーカップ)では、調整不足っぷりを見せつけたレッズ。
1年を通して戦う事を考えれば、スロースタートは悪い事ではないのだが、サポーターとしては不安に駆られる前哨戦でした。

それだけに開幕戦での勝利(vs横浜FC)は、内容以前に喜ばしい事でした。
徐々に調子を上げていってもらい、シーズン終盤まで安定した戦いを見せて欲しいです。


しかし久保はスゴイ。
マークが甘かったことを差し引いても、あのミドルは強さと美しさを兼ね備えたスーパーゴールでした。

ストライカーという人種は、他のフィールドプレーヤーとは一線を画した人たちです。
久保はそういう意味で、ストライカーらしいストライカーといえるでしょう。
ああいう変なキャラクターの唯我独尊的なストライカーが、もっと出てきて欲しいです。


さてレッズの今後について。

アレックスが抜けて相馬がスタメンに入ったわけですが、それ自体は悪い事だと思いません。
問題は、左アウトサイド専門のバックアッパーが居ないことです。
小野平川などの名前が、このポジションのバックアップとして挙がっていますが、彼らは左サイドの専門家ではありません。
阿部を獲得したことを無駄だとは思いませんが、左のスペシャリストを獲らなかったことが、長いシーズンを戦う上でどう影響してくるか。
今からでも遅くないから、計算のたつ左アウトサイドの選手を獲得するべきです。

あとは、ワシントンのバックアップ。
黒部も移籍をしたため、完全に彼のバックアッププレーヤーがいません。
最終ラインにしても中盤にしても、誰が出てもそれなりのサッカーを見ることが出来るでしょう。
しかし、ワシントンが抜けた時の浦和の攻撃は、全く違う形にならざるを得ません。
控えにターゲットマンが居ないからです。
 
ワシントンを活かすサッカーを突き詰め、攻撃の形を作っていったとき、彼が怪我などで離脱したとしましょう。
彼の代わりにFWに入るのは、永井田中達也岡野といった選手たち。
ポストプレーやハイボールへの対応には、疑問符が付く選手ばかりです。
彼らを活かすためには、チームの志向するサッカーを180度転換する必要が出てきてしまいます。

リーグとアジアCLの2大会を本気で勝とうと思うなら、この2つのポジションはアキレス腱となりかねない手薄さなのです。
監督交代によって選手の獲得が遅れた(新しい監督が欲しがる選手を獲るため)のであれば、今後の選手補強に期待です。
やっかみや文句も出るでしょうが、浦和にはそれだけの資金力があるのですから。


ところで、一部の方々に誤解があると思うのですが、僕はサッカーに詳しい訳ではありません。
全くの素人です。
特に、世界のサッカー事情や、海外有名クラブ・選手などの知識は並以下だと思います。
あまり過度の期待をしないでくださいね(笑)

tappygoal at 21:55│Comments(0) サッカー 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔