2018年08月20日

浦上雄次というタップダンサー

タップダンスをやってらっしゃる方は、当然知っている方が多いと思います。

映画「座頭市」にもメインタップダンサーとして出演されていました。

数年前にはauのCMにも出演されていました。

当スタジオにもワークショップに何度か来てくださり、私もプライベートレッスンを受けさせて頂いておりました。

去年・・・だったかな?

都内で行われたWSにも行きました。

忘れもしない台風が来ているときで「清水さ〜ん!台風の中よく来ましたね〜(笑)。来ないと思っていた。」って言われました(笑)。

今年は、まだお会いしていないかな・・・浦上さん。

浦上さんというより、私たちはSUJIさんっていう方が慣れていますけれどね。

そう、最近会っていない浦上さんですが、先日、SUJIさんの足下だけをアップにした動画がありまして、それを観ていたんですけれど、何回も観ていましたが、改めてジ〜ッと観ていたら、その足さばきの美しさにうっとり・・・。

これは、芸術!!!と思いました。

踊っている姿、全体を観て美しい!すばらしい!と思う人はた〜くさんいますが、足下だけで美しい!と思ったのは、SUJIさんが初めて。

このHPに貼り付けたかったのですが、うまく貼り付けられなかったので、みなさん「浦上雄次 タップ」とかで検索してみてください。

そして、うっとりしてください!

改めて、SUJIさんが改めてSUJIさんはすごい!!!!

tapwings at 10:53|PermalinkComments(0)

2018年08月19日

so whatにて

昨夜は、沼田市にある so what さんに伺いました。

タップダンサー宇川彩子さんのライブが行われたからです。

ギター・ベースの弦楽器のみのミュージシャンとタップのコラボって私は生で観るのがはじめてだったので、行く前からとっても興味深かったです。

音階のないタップサウンドですが、まるで音階があるかのように奏でるタップのサウンドは、さすが!

その曲、その曲にあったタップサウンドでした。

アクロバテッィクなことはやっていないのに、2時間飽きさせないテクニックもさすがです!

生徒さん達と伺いましたが、やっぱり色々影響されて帰ってきました(^^)。

先日も書きましたが、ライブはだから行った方がいいのです。

良くも悪くも必ず影響は受けますからね。

CDとは違います。

最後に恒例となりましたが、飛び入りで私も宇川さんと1曲ご一緒させて頂きました。

あの有名なタップダンサー、セビオンのお母様がいつも言っていたそうです「タップダンサーは、いつもタップシューズを持っていなければならない。」と。

今回も「タップシューズを持ってきてね。」と言われてもいないのに持って行きましたから。

生徒さんが「だから先生、リュックだったんですね〜。」と納得していました(笑)。

「君たちも、いずれそうならなければいけないんだよ〜。」とも言っておきましたけど。

声をかけてもらわなければ、タップシューズ持っていても恥ずかしいだけなので、わからないように、いつもこっそり持って行ってます(笑)。

とにかく、沼田の涼しい夜に素敵な夜をみんなで過ごしました(^^)。

2045156B-466C-479B-B587-D45B62A4E84A

tapwings at 09:02|PermalinkComments(0)

2018年08月14日

タップのライブがあるということ・・・似たようなことを以前に書いてますが・・・

最近はSNSの発達により動画で手軽に海外のタップダンスも観ることができます。

一昔前は、ぴあの雑誌(しかもすでに廃刊)を見て都内で行われるタップの舞台を探したものでした。

今は、便利!

「タップダンス都内ライブ」とか検索するとすぐ出てくる。

そのものズバリが出てこなくても、きっと何クリックすると調べたいモノにたどり着くのです。

そして、タップダンスのライブも本当に多くなりました。

週末には、(日本の)どこかでタップダンスのライブをしているのでは???と思うほど。

ちょっと前までは、そんな事をやっている人なかなかいませんでした。

確かに、他のダンスと比べるとタップダンスはマイナーなダンスかもしれませんが、昔と比べれば、私はずいぶんと日の目を見る事が出来るようになったと思うのです。

むしろ、タップダンスにとって快挙!

CMにだって取り入れられるのは珍しくなくなりました。

こんなにタップダンスが発達していない頃は、先生方も自己流でやってらっしゃる方、海外まで行って学ばれる方様々で、生徒さんの方も、自己流でやってようが、先生が一生懸命勉強してようが比べる対象(他のスタジオの様子や、ホンモノのタップダンスが分からない)がないので、通っているスタジオの先生が「全て」だったわけです。

でも、昨今こんなけ色々な情報があれば先生も「ボ〜〜〜〜ッ。」としてられません。

生徒さんの方が色々観たり、聴いたり勉強していれば、おのずと「先生、○○って何ですか?」「○○ってどうやるんですか?」「これは、どうやったらもっともっと上達するんでしょう?」と色々な質問がとんできます。

そこをいい加減に説明しちゃうと、後々つじつまが合わないことが出てきます。

先生もしっかり勉強をしておかないと大変なことになります。

前にも書きましたが、他のタップダンサーのライブを見に行ったり、ワークショップに行ったりすることを喜ばしく思っていない先生は、眉唾物です(笑)。

以前、「8年タップダンスをやっています。」と言っていた私より若い女の子がいました。

で、それだけやっていれば知っていなければいけないステップを「知らない。」と言っていました。

彼女が通っていたスタジオの先生は他のタップダンサーのレッスンを受けることを禁止していたそうです。

彼女は、その事実を知ってからそのスタジオを(円満)卒業しました。

そして、今は都内のスタジオに通ってしっかり成長しています。

私も、まだまだ知らないことがあります。

だから、生徒さんには他の方のライブやワークショップには「是非行ってらっしゃい!」といいます。

そして、行ってきた生徒さんから様子をシェアさせていただきます。

○○が良かった。

○○がイマイチだった。

と色々お話を聞くと私も大変参考になります。

なぜなら、自分自身がなかなか他の方のワークショップやライブに行きたいけど、行けないからです。

私も、もっともっとライブ観て、もっともっとレッスンを受けたいです!!!

でも、自分の生徒さんへのクラスがあるのでなかなか難しいのです。

だから、むしろ生徒さんが行ってきてくれる方がありがたかったりするわけです(笑)。

前よりも頻繁にタップのライブがあるこの世の中、色々な方のスタイルを観た方がいいと思いますよ。

そうやって、目や耳が肥えた生徒さんがウチのスタジオには結構います(笑)。←だから自分のライブに自分の生徒さんが来る時は、いつも緊張します(笑)。

だから私も気を抜けないわけです。

自分も生徒さんから呆れられないようにしっかり勉強や練習もしていくつもりです。

意外にウチの生徒さん達は辛口だから、有名タップダンサーでも、(自分は出来ないけど)だめ出しはするっていう・・・(笑)←コレ一番嫌なヤツね(笑)。だけど、私は参考になる。

ライブがあるということは、とても恵まれており、勉強になることです。

いいモノを観たら「何がいいんだろう?」「どうしたらああなれるんだろう?」と刺激を受ければいいし、イマイチなものを観てしまったときは「ああならないためにはどうすればいいんだろう?」「何を気をつければいいんだろう?」と考えてもらいたいです。

そうやって、スタジオのレッスン以外でも生徒さんは成長していくわけです。

ぜひ、「面倒くさいから」「動画で観れるし」とか言わず、生の演奏と合わせるタップダンスは、超サイコーですからライブに足を運んでくださいね!







tapwings at 19:10|PermalinkComments(0)

2018年08月13日

練習は裏切らない

今日、2週間ぶりの月曜クラス。

ソフトタップクラス。

名のとおり、跳ぶ跳ねる系をあまりやら無いクラスです。(でも、最近名前の通りではなく、ハードクラスのようでもありますが・・・)

その、ソフトタップの生徒さんが「2週間ぶりだとなんか調子が悪い。」と言っていました。

2週間タップシューズを履いてなかったわけですからね。

カルチャーの生徒さんは2週間に1度。

1年通すと振り付け1曲覚える分くらい変わってきます。

どちらのクラスも割とのんびり系で行っていますが、長い目で見ると違うんですね。

だけど、カルチャーの生徒さんは、このペース出来てらっしゃるからいいんですよね。

毎週来ている生徒さんは、違和感を持つ。

週2出来ている生徒さんは、家でも練習している人が多いから、さらにさらに違和感を持つでしょうね。

私も、毎日タップシューズを履くようにしていますが、3日くらいど〜しても何も出来ないときは、身体ウンヌンよりも気持ちが罪悪感でいっぱいになります(笑)。

特にお正月。

練習は、毎日毎日やっていて、昨日よりもかわり映えしないと本当に嫌になるときがあるし、時には昨日よりもうまくいかないときがあります。

練習が好きでたまらないって人はそのモノが絶対天職だと思います。

でも、なが〜〜い目で見ると・・・振り返ってみると、以前の自分とハッキリ差があることに気づきます。

その時が「練習やっていてよかった!」と思う瞬間です。

だから、練習が好きではなくても毎日タップシューズを履こうと思っている訳です。

練習は裏切らないなぁ〜ってしみじみ思います。

ただ、体調が悪いとき、怪我をしているときは無理してやらないことにしています。

そう決めています。

自分がもしかしたら踊れなくなってしまう原因を作ってしまうかもしれないからです。

それ以外は、毎日タップシューズを履こうと思っています。



tapwings at 18:34|PermalinkComments(0)

2018年08月09日

深谷カルチャーセンター

現在、深谷カルチャーセンターで講師をされているERIKA先生がご懐妊のため、私が10月よりクラスを引き継ぐことになりました。

足利で行っているカルチャーと同系列のカルチャーです。

埼玉に住んでいる方ならご存じかもしれませんが、アリオの中に入っています。←私知らなかった。

で、ERIKA先生がどんなレッスンをやってらっしゃるか、場所(アリオ)も知らないから場所の確認のため、昨日行ってみました。

ナビで行き、着いたけど、店内で迷うという・・・。

引き継ぐ形をとりますが、一旦ERIKA先生のクラスはクローズになります。

そして、私のクラスが新しく開講になります。

昨日、生徒さん達とお話しさせて頂きましたが、すでにお辞めになるのが決まってらっしゃる生徒さんもいて、本当にゼロからのスタートになりそうです。

ERIKA先生はしばらくは子育てに専念されるという事でした。

なので、こちらのカルチャーには復帰ということは無いそうです。

生徒さんは、慣れ親しんだ先生が元のスタジオに戻ってらっしゃらないのは寂しいとは思いますが、また、新たな歴史を私と作ってくだされば嬉しいです。

ERIKA先生は、私がNTDに出演していた頃、客席で観ていたそうです(笑)。

そのころ、中学生か高校生って言ってました(笑)。

若っ(笑)!!!!

なので、今後お子さんの手が離れたら復帰する可能性も充分ありますからね。

ということで、告知です!!!!

<深谷カルチャーセンター タップダンス体験レッスンのお知らせ>

★日にち:9月26日(水)

★時 間:13:00〜14:00

★体験費:540円

★持ち物:タップシューズ(持っていない人は、それに準ずるモノ)・飲み物

★動きやすい格好でお越し下さい。

レギュラーになるのは10月からになると思います。

★第2・4水曜日、13:00〜14:00がレギュラーレッスンになると思います。

皆様、ぜひお気軽にお越し下さいませ〜。







tapwings at 09:01|PermalinkComments(0)

2018年08月07日

Living Room Musical へ!

久しぶりに渋谷へ行きました。

師匠Ron×兇出演する「Riving Room Musical」を観るためです。

eplusさん(道玄坂)で行われたのですが、まず、久しぶり過ぎて場所がなかなか発見出来ず、この日ほどナビタイムがこの世にあって良かった!と思った事はありません(笑)。

本来なら、渋谷にいる友人の(仕事場)所にサプライズ訪問したかったのですが、「会場を見つけてから突撃訪問!」を決めてたので、その会場を迷いに迷いやっと発見したので、友達の所へ結局いけず(涙)。

そんなこんなでやっとこ着いてタップ仲間とも無事に会えました。

タップの公演を見に行って嬉しいことは、なかなか会えないタップ仲間に会えることです。

しかも、思いがけない人に会えたりするから同窓会状態!

そして、今も各方面でみんな頑張っているなぁ〜と会話の中から感じ取れました。

中に入りお店の雰囲気は、高級ホテルのラウンジみたいで贅沢な空間でした(広かったし!)。

ジーンズで行かなくて良かった!!

お客さんもドレッシーな格好をしてた方が多かったです。

舞台は、演者とお客さんの距離が近くて、ものすごい迫力・ものすごい声量・ダンスなのになぜかアットホーム。

贅沢な時間を過ごすことが出来ました〜。

ミュージシャンの力もすごかった!!

サックスを吹いていた山下綾香さんは、小柄な若い女性でしたが、とにかく迫力もあり、なめらかでもあり、色気のある演奏でかっこよかったです!!!

ピアノの伊藤辰哉さんは、キャラと技術がすばらしかった!!!

編曲もされていたとのことですが、楽しい編曲でした。

慣れ親しんだ曲が、格好良くもなり、エレガントにもなり、まさに自由自在。

才能ある人って身近にいるのね〜・・・と感心しきり。

曲は、有名なミュージカルナンバーから、アナ雪など、みなさんに慣れ親しんだ曲ばかり!!

特にレントを観たことある人は、たまらなかったでしょう。←私実は観ていません。。。

Ron×兇気鵑離織奪廚發海鵑平閥瓩如碧榿屐貌Г鵑任い襪箸海蹐魎僂燭海箸あまりなかったので、新鮮でした(笑)。

やっぱりね、師匠の引き出しの多さには「ほぉ〜」「はぁ〜」と、言葉が出ません(笑)。

マネが出来ないことが沢山ありすぎですが、非常に貴重な時間を過ごすことが出来ました。

これからの自分のパフォーマンスに生かしていけたらいいなぁ・・・と感じました。

やっぱり、悩んでたけど見に行って良かった!!

俳優の山○○史さんや三○○馬さん(顔ちっちゃかった!)もいらしてましたよ。


帰宅時間は、25時を過ぎてましたが、可能な限り、生のステージを見に行こう!と決めたのでした!!







IMG_3651

tapwings at 09:14|PermalinkComments(0)

2018年08月03日

昭島ノハーフトーンへ!

昨日、ジャズピアニストの井上祐一さんのライブセッションが都内昭島のハーフトーンでありました。

いつもお世話になっている中條さんにお誘いを受け伺いました。

井上さんのピアノは、何回でも聴きたくなるカッコイイピアノです。

私は、今回で2回目。

井上さんのソロライブが終わったら、セッションタイムです。

私も板を持って行き、何曲か踊らせて頂きました。

60(センチ)×60(センチ)の板を持って行き、極狭でのタップ。

でも、皆さん生タップを見るのも初めての方も多く、すぐに気さくに話しかけてきてくれました。

私が言うのも大変失礼ですが、レベルの高いセッションだったと思います。

なので、自分の改善点も発見でき、次回(いつになるかは分かりませんが)は、さらに成長した姿を皆さんにお見せできたら嬉しいな、、、と思いました。

ともあれ、最近子供達の夏休みの遊びに私もしっかり付き合い、毎日遊びほうけているので、自主連をしっかりやらなければと思ったのでした・・・。

みなさん、大変にお世話になりました!!

IMG_3570

tapwings at 18:33|PermalinkComments(0)

2018年07月22日

久々Kノート

久しぶりに高崎のKノートへ伺いました。

森村さんのJAZZメッセンジャーズのバンドのライブ。

終了後はジャムセッション。

はじめてドラムの林さんとジャムりましたが、初めての方とはやっぱりちょっと緊張したのかあ・うんの呼吸がうまくいきませんでした。←反省。

林さんはプロのドラマーなので、すごく良かったです〜。

久しぶりに「いいドラム〜。」と思いながら聞きました。

本番で演奏していた曲で、変速のリズムも林さんは見事に奏でていて「難しいリズムを演奏しきって、さすが!」と思わざるを得ませんでした。

この場数を踏むことが私の練習だと思い、ジャムセッションもライフワークに入れていきたいと思います。

さぁ、練習!練習!

IMG_3132

tapwings at 11:05|PermalinkComments(0)

2018年07月12日

足利カルチャー暑気払い

昨日、お仕事や体調の都合で約半数の方しか出席することが出来ませんでしたが、足利カルチャーの暑気払いを行いました。

いつもは、タップダンスの話なんかしないのですが、発表会が終わってまだ1ヶ月も経っていなかったせいか、タップダンスの話で盛り上がりました(笑)。

足利カルチャーの方は、出演もして頂きましたが、ほとんどの生徒さんが、受付などのスタッフさんとして大活躍をしてくださいました。

100%出演者ばかりですと、到底舞台は成り立ちません。

本当に縁の下の力持ちになってくださって、舞台も円滑に進行することが出来たかと思います。

そんな思い出話をしながら、楽しく時間を過ごさせてもらいました。


syokibarai

tapwings at 10:12|PermalinkComments(0)

2018年07月11日

幼なじみからの手紙

発表会の興奮もようやく落ち着いてきた今日この頃。

2週間経って発表会を見に来てくれた幼なじみでもあり、小・中・高の同級生でもある彼女から手紙が届いた。

もう、時間も経ち私は次の目標にシフトチェンジをしようとしていたので、この時差に「クスッ」と笑ってしまったのであった。

彼女は、小さい頃から文字が綺麗だった。

前回の発表会の時も感想を手紙で届けてくれた。

彼女が丁寧に今回の発表会も見てくれていたんだな・・・と手紙から読み取れたのでした。

tegami

tapwings at 14:37|PermalinkComments(0)