なんと自然災害が多いことでしょうか・・・1年3ヶ月ぶり・・・

2018年09月12日

練習がソコソコ楽しくなってきたの巻

もし、私が天才的にタップダンスがうまかったとしたら、練習なんてせず遊びほうけていたかもしれないです。

なので、神様は「コイツは努力させないといけない。」と感じ、「頑張ったらできる人間」にしたのだと思います。

でも、あんまり頑張る(練習する)のが進んで出来る人ではない私。

でも(練習を)しないと、どんどんヘタになっていくので必然的に努力しないと、お客様と生徒さんに申し訳ないので、いわばしょうがなくしていました。←過去形。

これは、私の生徒さんも知っていることです(笑)。

「先生は、練習がキライ。でも一応頑張ってやっているらしい。」と。。。。。(笑)。

それが、最近練習が楽しくなってきました(驚)。

新聞などの取材の時も「タップをやってらっしゃって楽しいと感じることは?」

と聞かれ、「生徒さんとは楽しそうにやっていただいてますが、私はあまり楽しいと感じたことがありません。」と答えると、皆さん唖然とします(笑)。

でも!楽しいのではなく、面白い!と常に答えていましたよ。

では、なぜ楽しく思ってきたのかなぁ???と考えてみたんです。

それは「音」かな?と。

自分の出したい音が100%ではないけれど出せるようになってきたからでは?と分析しています。

以前「練習は裏切らない」と書きましたが、「一生出せないだろう。」と思っていた音が出せるようになると「イヤイヤながら練習してきて良かったかもな。」と思えるのです。

そうすると、自分がしてきた「練習」という行為にアリガタミを覚えるようになり、楽しいという気持ちがくっついてくるようになりました。

きっと、サボルとまた技術は落ちていくだろうし、気持ちもおごりが出てくるだろうし、コツコツ真摯な態度でやっていく事は必要だなと感じました。

でもでもでも、いつかまた「練習キライ」な自分になることもあり得ると思います。

そのときはまた壁にぶつかったときで、練習しても思うようにパフォーマンスができなかったりするときだと思います。

そこも、うまく自分をコントロールしてコツコツ続けていければまた、いつか一筋の光が差し込んでくることもあるかもしれない・・・と思うしかないですね。

そして、もちろん大先輩達に比べると私なんて、まだまだ×100くらいなので、少しでも先輩達に歩み寄れるようにコツコツ練習をしてきたいと思っています。

tapwings at 09:38│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
なんと自然災害が多いことでしょうか・・・1年3ヶ月ぶり・・・