体調を崩す の巻きっちゃこへ

2018年11月01日

10月31日は

まぁ、ハロウィンなんですけれど私、個人的にはあまり好きではないので、フツーに過ごしていました(笑)。

そのハロウィンの日にスタジオの天井に吸音ボードを取り付けました。

指示をしてくれたのは、6月の発表会の時にお世話になった舞台監督の方。

今回もわざわざ東京から作業に来てくれました。

監督と私の2人で作業をすること3時間くらいでしょうか?

見事にスタジオの音を吸音してくれ、タップの音を確認しやすい環境になりました。

今までは、人数が多いとフリーマイクを使ってのレッスンでしたが、これで大人数になっても大丈夫ではないか?と思っています。

今日からのレッスンが楽しみです!

そして・・・

31日の梅ズバ!に中野先生が「座タップ」の指導者と言うことで登場されていましたね。

81歳であの指導力!

すごい!元気!

タップ歴71年!!!!!!

私のタップ歴28年がかすんで見えます(笑)。

以前から中野先生が「椅子のタップダンスを始めたんだよ。」

と言うお話は伺っていました。

そして、改めてTVを拝見して、81歳だからこそ、座タップというものを自信を持って生徒さん達にススメられるのだと思いました。

スタジオの生徒さんにもお仕事を卒業された方々がいらっしゃいますが、常に「頭使うからボケるヒマがない(本人談)」「足腰はもちろん、健康にもいいですよね。」と私とは違う視点でレッスンを受けられている方もいます。

誰しも年を取り、足から老いてくるといいますよね・・・。

パフォーマンスとしてのタップダンスはもちろんですが、こういう視点でも受け入れてくれる世代の方がいらっしゃるということは、とても嬉しいことですね。

私も中野先生のように80代になっても現役で踊っていられるようにしたいなぁ〜・・・と思っています(笑)。

中野先生いつまでもお元気で踊り続けていて下さい。




IMG_4213

tapwings at 08:16│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
体調を崩す の巻きっちゃこへ