明日はクエストブルースさんへ!踊り納め

2018年12月23日

平成最後・2018年最後のライブは最高の終わり方!!!!

開演するまでは、初めての場所で、初めてのミュージシャンの方が多く、リハも当日で・・・・と不安要素の多いライブでしたが、蓋を開けてみると本当に爆発的に楽しい宴でした。

1組目 めぐみバンド
    ボーカルのめぐみさんは、2年のブランクを感じさせずしっとりとクリスマスソングなどを歌いあげました。

2組目 クエストバンド
    クエストブルースのマスター率いるバンド。
    曲の最後の方に SUNNY を演奏したのですが、そちらに飛び入り参加をさせていただきました。
ギターの江森さんと スタンリークラーク の IF THIS BASS COULD ONLY TALK と BASSICALLY TAPS
という曲をスタンリークラークとグレゴリーはインズになり切って演奏(タップ)しました。
江森さんは完コピ!!

3組目 レミンバンド
    大人気ボーカリストレミン。みんな大好きレミン。そのレミンのバンドにゲスト出演させていただきました。
リハ時間もなく、実はぶっつけ本番の曲もあり内心ドキドキでしたが、お客様には喜んでいただきましてよかったです。
こういう時に、日ごろの練習がモノを言います。やっていればいい結果が、いなければそれなりに・・・。

4組目 Bobバンド
    風貌は強面(スミマセン)。でもサングラスを外すととってもかわいいお顔立ち(スミマセン)のボーカルのBobさん。
ロックな曲をバンバン会場に届けてました。私もほぼ全曲知っている曲だったので、ノリノリでしたよ(笑)。

音楽が嫌い!という方以外だったら、どのバンドは必ずお気に入りになるはずの様々なスタイルのバンド。

個性豊かなバンド。

でも、みんな「俺が俺が!」「私が私が!」じゃなかった。

他のバンドを敬って、お客様に感謝してっていう姿が本当に美しかったです。

ちゃんと自己主張していても、感謝と尊敬の念を持って演奏してらっしゃるのがよくわかりました。

私も、先輩方から比べれば、まだまだ×10ですが、その方々に少しでも近づけるように日々精進してまいりたいと思います。

でも、出演者からも、お客様からも「タップを初めてみたけどかっこよかったよ〜。」「いろいろな表現方法があるんですね〜。」「タップ習いたいけど、群馬じゃ遠いわ〜(笑)。」など…タップダンスを皆様にご紹介できたのが何よりうれしかったです。

この場を提供してくださり、1曲参加させてくれたクエストブルースのマスターそして、ギターとのデュオをさせてくれた江森さん、そしてそして、バンドの仲間に誘ってくれたレミん姐さん、本当に本当にありがとうございます。

何よりも何よりも、場を盛り立ててくれ、寒い日にもかかわらず会場に足を運んでくださった沢山のお客様。

お客様の拍手と、歓声と、「良かったよ!」の一言で演者は士気が上がりますから(笑)。

心配から始まったライブですが、本当に心に残る一夜になりました。

ありがとうございました。

メリークリスマス。

vcm_s_kf_repr_832x624

tapwings at 14:46│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
明日はクエストブルースさんへ!踊り納め