こんにちは、皆さま

先日の新幹線内無差別殺人事件ですが、昨夜ワイドショー的な番組を見て思ったのですが、
この事件のこれからと結末が既に見えてきましたね。
容疑者は、育児放棄された経験があり精神的な障害もある。
私が弁護士なら、先ず可哀想な生い立ちを取り上げて情に訴え、尚且精神鑑定に持ち込み39条を狙います。
そもそも検察の取り調べの段階で「これは…」となれば起訴もされない(措置入院)可能性もありそうです。
そうなると、殺害された男性は殺され損です。本人も遺族も浮かばれません。助かった女性達も納得行かないでしょうし。

最近、39条に引っ掛かりそうな事件が目に付きますが、交通事故のような明らかな過失以外は精神的な障害があろうと無視して処断すべきではないか?と思います。
その理由は、措置入院は一生続きませんし、退院後の再犯を防止する強制的な手段がないからです。健常者には更正の余地が無いからと死刑を言い渡すのです。それなら精神的な障害を持ち「誰でもいいから殺したい」と言う危険な者を社会に居させるのはどうかと思います。
「治療で治るかも?」と言うなら、(本来の意味とは違いますが)中国のような執行猶予付の死刑判決も導入検討すべきかと。治療の結果「殺人衝動が無くならない」のであれば死刑か、終身刑をと。
勿論、国が「一生涯厳重に監視する」ならば良いのですが、恐らく無理でしょうね。
人を殺すことに何の躊躇いもない状態の者には仮釈放無しの無期刑か死刑でしか治安の維持はできません。
実際は1人の殺害なので有罪判決が言い渡されても長期有期刑でしょうが、それとて被害者は浮かばれませんね。

しかし、
この事件の容疑者、最初に女性を襲っていますが「誰でもよかった」と言うのは嘘ですね。
なぜ、最初から屈強な男性を狙わなかったのか?です。そもそも自由席の切符で指定席に紛れ込んだのですから、女性を襲った理由は「たまたま隣の席だった」とは言わせません。
明らかに「弱者」を狙った卑怯な犯行です。保身と殺人衝動を両立するようなこの容疑者に39条の恩恵など与えるべきではないと思われます。
冤罪の可能性が無い事件ですので判例を越えての極刑が相当だと思う事件です。
殺された者の人権を尊重して欲しいものですね。
根本的な事を言えば、事前に殺人衝動をノートに記していたようですから、その時点で容疑者を監視すべきでしたが、精神障害者の人権を主張する昨今ですのでやはり現状の法体制では無理だったのでしょう。