たられ馬のつぶやき

一口馬主(社台/サンデー、東サラ、ノルマンディー)、競馬予想大会、予想、WIN5、たられば話、など

「黒い3連単-2016年秋季ピリオド-」が終了しました。

詳細は→http://www.tarare-ba.com/


2016年秋季ピリオド総合
2016_02jsa














優勝は、、、「M雄」さん!
唯一、3連単的中が2回ありました。1回目はキーンランドCで一気に順位を上げ、
2回目は府中牝馬SをJSA2で的中し大量ポイントを獲得、
さらに直後の秋華賞では高配当ワイドをジェットストリームアタックにて的中してそのまま逃げ切りました。
おめでとうございます!

2位は、、、「ボルボ」さん!
神戸新聞杯での馬連をジェットストリームアタックで的中し一度はトップに躍り出ました。
またトップ10で唯一、3連単も3連複も的中なしでの2位でした。安定した予想が光ります。
おめでとうございます!

3位は、、、「ナオトーン」さん!
全体的に手堅いポイントGETが光ります!
おめでとうございます!

続けて、、、
「たられ馬グランプリ 」の発表です。

2016年秋季ピリオドTGP
2016_02tgp
















優勝は、、、「M木」さん!
私です。結局回収率は100%を超えてないわけですが優勝です。
そして優勝とは思えないほど馬券は負けています(笑)
予想は良いとこ突いてるけど、買い目が下手・・。今年はこれに終始しました。
来年は買い方をもっと勉強したいと思います。

2位は、、、「べるべ」さん!
私が買い目を参考にさせてもらっている方の一人です。
お会いしたことありませんが付き合いも長くなりました。
このサイトの前身からなのでもう20年近いかと・・。
そしてべるべさん、ここ最近5年の投票を1レースも逃さず皆勤賞だったりします。
もう感謝しかありませんね。ほんとうに。
おめでとうございます!

3位は、、、「F本」さん!
たらればグランプリでの上位常連です。
本サイト参加者では少数派の(?)、パドックを見てから印を打つ派ですので、
みなさまレース直前に印を参考にされるとよいかと。
おめでとうございます!



2016年の競馬も終わりました。
お付き合いいただき、ありがとうございました。m(__)m

ところで、本サイトについては、もうかれこれ16年くらい運営しておりますが、
楽しみに参加してくれる方がたくさんいるので、
まだやっていこうと思っております。

実はサイトの再構築という作業をはじめていたのですが、
昨年末に一度PCが壊れてから開発環境を再準備しておらず、
仕事も忙しくなってしまってとん挫しています。

しばらくこの形態で運営していきます。
いろいろ更新も遅れるかと思いますが今後ともよろしくお願いいたします。

新規参加者の方も歓迎いたします!

ずーっと参加していただいている方も、
今後とも末永くよろしくお願いいたします!
ほんとにどこかでオフ会とかできたらいいですねー!


次回ピリオドは、1/5の東西金杯からです!




 ノルマンディーOCの2016年の2次募集馬について、
今年も完全自分用に評価メモを残しておこう。

●No.16 ミラクルガールの15 メス (ヴァーミリアン)
 800万円 (美浦・尾形和幸)
 生産:千代田牧場/育成:オカダスタッド?/体重:470kg

40口募集馬で尾形厩舎。いい馬なんだろうけど、40口の時点で候補対象外。


●No.17 ヴイプラドの15 牡 (マツリダゴッホ)
 1120万円 (栗東・大久保龍志)
 生産:岡田スタッド/育成:オカダスタッド?/体重:458kg
 
キビキビと小気味よく歩く。マツリダゴッホ産駒はこんな感じで歩く馬が良く走る気も?!
厩舎はノルマンディーの中では上位の厩舎。
ありだな。
 
●No.18 ウインディーヒルの15 牡 (アイルハヴアナザー)
 1280万円 (美浦・中川公成)
 生産:岡田スタッド/育成:オカダスタッド?/体重:532kg
 
しなやかに歩く馬。
芝ダート兼用っぽいアイルハヴアナザー産駒だが、この馬は芝かな。
厩舎は今を時めくゴールドアクターを輩出した。
吉田隼人をずっと乗せ続ける姿勢も好感が持てる(笑)
すでにオークルーム15という同世代のアイルハヴアナザー産駒に
出資してしまっている分、出資の可能性は低いが好きな馬。


●No.19 グーテデロワの15 牡 (サウスヴィグラス)
 1080万円 (美浦・伊藤圭三)
 生産:田中裕之/育成:オカダスタッド?/体重:466kg
 
あんまりわからないが、サウスヴィグラス産駒であれば
すでに出資した一次募集馬ホワイトピクシイ15のほうが好き。

 
●No.20 エスワンスペクターの15 牡 (ゴールドアリュール)
 2160万円 (栗東・安田隆行)
 生産:広富牧場/育成:オカダスタッド?/体重:497kg
 
セリでの落札価格が
1,080万円ってことなんで結構もられた募集価格設定。
・・・だが、動画で動きを見ると何とも迫力がある。
同じゴールドアリュール産駒のレッドアルヴィスほどではないが、
あの馬は約6,000万だったことを考えればこの馬が約2,000万なら・・
ありかな。

●No.21 タニノピカンテの15 牡 (アドマイヤムーン)
 880万円 (美浦・岩戸孝樹)
 生産:北島牧場/育成:オカダスタッド?/体重:485kg
 
あんまりピンと来ないかな。
 
●No.22 レットイットスノーの15 牡 (ロージズインメイ)
 960万円 (美浦・小西一男)
 生産:岡田スタッド/育成:オカダスタッド?/体重:458kg
 
あんまりピンと来ないかな。

●No.23 レーヴドゲランの15 牡 (フレンチデピュティ)

 1120万円 (栗東・高野友和)
 生産:碧雲牧場/育成:オカダスタッド?/体重:460kg
 
血統が渋い。今の時代に母父リアルシャダイってなかなか無い。
昔は種付け料が高く、種付け時のプライドも高かったフレンチデピュティの仔が、
この値段なら・・。高野厩舎は愛馬ステイブレイズを勝ち上がらせてくれた厩舎。
骨折時の対応も良かった印象。
その後なかなか勝てず転厩させられてしまったけど、当たり前のこと。
トモに迫力がある馬が好きなのでどうしても目が行くが、
素人目で動画を見ると後ろ足がなんかスムーズじゃない気がしないでもない。


●No.24 インマイラヴの15 メス (ノボジャック)
 960万円 (栗東・河内洋)
 生産:大北牧場/育成:オカダスタッド?/体重:453kg
 
安いけど良い。動画も良い。
なんといっても現在ノルマンディーOCで最も稼いでいるのはノボジャック産駒である。
ダート馬(ピッツネイル)の対応がすこぶる好印象の河内厩舎だし、ありだな。

 
●No.25 グリーンヒルマックの15 メス (ヘニーヒューズ)
 1480万円 (美浦・栗田徹)
 生産:ヒカル牧場/育成:オカダスタッド?/体重:458kg
 
すでに日本で実績のあるヘニーヒューズ産駒。
ノルマンディーOCであんまり募集されなさそうな血統なので注目しちゃう。
兄弟にも重賞勝ち馬サンライズマックスがいる。
母が高齢だが、ぎりぎりOK。
所属厩舎をどう判断するか。
個人的にはシュティルヴァルトの扱いは満足

で、この馬はヒカル牧場生産。
愛馬オルレアンローズで相性がいい。こういう相性は大事にしたい。

●No.26 ジネブラルスキーの15 メス (スペシャルウィーク)
 880万円 (美浦・和田正道)
 生産:三村卓也/育成:オカダスタッド?/体重:490kg
 
スペシャルウィーク牝馬って育つと超一流になるので惹かれるが、
兄弟が地方でしか走ってない中での母高齢。
個人的にはないかな。
 
●No.27 ドゥオナーの15 メス (シニスターミニスター)
 960万円 (美浦・奥村武)
 生産:増本良孝/育成:オカダスタッド?/体重:426kg
 
シニスターミニスター産駒は出資するなら牡馬かな。
 
●No.28 トップキララの15 メス (フリオーソ)
 880万円 (栗東・西園正都)
 生産:大西ファーム/育成:オカダスタッド?/体重:436kg
 
あんまりピンと来ないが、、、フリオーソ産駒っていうのはちょっと気になる。
厩舎もいいし。
 
●No.29 フジノプログレスの15 メス (ケイムホーム)
 880万円 (栗東・高橋義忠)
 生産:友田牧場/育成:オカダスタッド?/体重:433kg
 
 兄弟がまぁまぁ走っていてダートで確実に走りそう。
厩舎は2014年、2015年を重賞をいくつか勝っていてダートのほうが得意なイメージ。


●No.30 ベラルーナの15 メス (ルーラーシップ)
 1560万円 (栗東・宮徹)
 生産:上村清志/育成:オカダスタッド?/体重:449kg
 
血統から俄然注目していた馬。
・・・だが、動画の動きはイマイチでは?
セリでの落札価格が1200万なのに募集価格にあんまり乗せてない。
繁殖牝馬として期待しているから戻ってくればいいってことかな。

動画を見るとほかの馬に行きたい感じ。



というわけで、それほど「これだ!」っていうのはいないけれど、
ちょいちょい気になる馬は複数いた。
 
●No.17 ヴイプラドの15 牡 (マツリダゴッホ)
●No.18 ウインディーヒルの15 牡 (アイルハヴアナザー)
●No.20 エスワンスペクターの15 牡 (ゴールドアリュール)
●No.23 レーヴドゲランの15 牡 (フレンチデピュティ)

●No.24 インマイラヴの15 メス (ノボジャック)
●No.25 グリーンヒルマックの15 メス (ヘニーヒューズ)



少々検討しよう。




さて、ひさびさにガンダム馬名の「その3」である。


以前、

シャア
http://db.netkeiba.com/horse/2006105771/

という牡馬とその妹

セイラ
http://db.netkeiba.com/horse/2009102772/

を紹介した。

あれからもう3年たっていたので兄弟を調べみたら、、、


いた。

マチルダ
http://db.netkeiba.com/horse/2011100679/

マチルダさん♪

さらに1つ下に兄弟がいた。

ルナツー
http://db.netkeiba.com/horse/2012101661/


なぬ?!急に人名じゃなくなったぞ!
これは基地の名前だな。

さらに1つ下に兄弟がいた。

アムロタイプ
http://db.netkeiba.com/horse/2013100700/

アムロじゃなくてアムロタイプ?
アムロ=ニュータイプ → アムロタイプ??

よくわからないが、アムロは先に紹介した通りすでにつけられていたので
つけられなかったのだろう。馬主も違う人のようだし。

さらに、さらにまだ兄弟がいた。

ゼナ
http://db.netkeiba.com/horse/2014102283/

そう、ゼナ。
にわかガンダムファンには誰のことだか全くわからないであろうゼナ。

ゼナは、ドズル・ザビ(ビグザムに乗って戦った大きな人)の奥さんの名前である。

し、渋い!渋すぎる!なぜここでゼナなんだ!!

ちなみに現時点(2016/10/10時点)でまだデビューしていないようだ。


ひとまずこの兄弟シリーズはここまで。


ほかに、競馬中継を見ていて気になっているガンダム馬がいる。


アバオアクー
http://db.netkeiba.com/horse/2012104329/

これはガンダムの終盤で出てくるジオン軍の宇宙要塞である。

ちなみにその語源となった幻の生物として、

ア・バオ・ア・クゥー

というのがいるらしい。(っていうか幻だからいないのか)




あと、前調べたときはいなかったはずの


ドム

http://db.netkeiba.com/horse/2009101285/


「なに?ドムが届かぬというのか!」というランバラルの熱い要望に応えて実戦投入されたようだ。

(ただし、未勝利戦1回走って終了)



今回はだいたいこんなところだろうか。




ちなみに一瞬、ガンダム馬名として「おぅ?」って思わずにいられないのが


イスカンダル

http://db.netkeiba.com/horse/2010105823/


これはガンダムじゃなくて宇宙戦艦ヤマトである。




また見つけたら書いていこう。





> ノルマンディーOCの2016年の一次募集馬について、
> 今年も完全自分用に評価メモを残しておこう。

最終結論を残しておこう。
ファーストインプレッションでは以下2頭が気になっていたが、

> :
ということで、現在の出資候補は、
> ほぼ
●No.3 オークルームの15 牡  (アイルハヴアナザー)
> で、予算が許せば(=週末に馬券が当たれば)、
●No.8 メルセダリオの15 牡  (ルーラーシップ)
というところ。

気になる馬は牡馬2頭ということになった。

最終的には以下の2頭を申し込んだ。

●No.3 オークルームの15 牡  (アイルハヴアナザー)
●No.6 ホワイトピクシイの15 牡  (サウスヴィグラス)

どちらも9/30に更新された馬体の写真が素晴らしく、
特にホワイトピクシイの15は、15年くらい前にラフィアンの岡田氏が海外で買ってきて
1億4000万で募集されたマイネルエクソンにちょっと似てないか?
マイネルエクソンの募集写真は残ってないが、
募集コメントに「朝日杯を楽勝したら」って書いてあったので、なんかとても印象に残っている。

・・・なんて素人目だが、
マイネルエクソンはもうちょっとトモに迫力があった気がするが、、、
っていうか、マイネルエクソンは未勝利脱出できなかった馬なんだけど(笑)

オークルームの15は抽選確定ということもあり、ホワイトピクシイも抽選対象になりかねないので、
迷ったが2頭申し込んでみた。

結果は果たして・・。









 ノルマンディーOCの2016年の一次募集馬について、
今年も完全自分用に評価メモを残しておこう。

●No.1 タニノジュレップの15 牡  (マツリダゴッホ)
 1080万円 (美浦・国枝栄)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:425kg

40口募集馬はちょっと・・

●No.2 エンシャントアーツの15 牡  (ショウナンカンプ)
 1080万円 (栗東・牧田和弥)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:460kg

芝ダート問わず短距離で堅実に走りそうだが、
今買う理由はない。


●No.3 オークルームの15 牡  (アイルハヴアナザー)
 1560万円 (美浦・大竹正博)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:490kg

トモがしっかりまるっとしていていい感じ。
動画の動きもどっしりとしていていい。厩舎も半兄カルヴァリオと同じでいい。
そのカルヴァリオは悩んで悩んで出資しなかった馬だが、
現時点で準OPまで勝ち上がり、世代No.1の稼ぎ頭となっている。
出資しなかった後悔をしないためにもここはいっとくか。


●No.4 チェアユーアップの15 牡  (タイムパラドックス)
 760万円 (美浦・田島俊明)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:420kg

血統しぶっ!
田島俊明所属ってことで、実は戸崎騎手が所属している厩舎である。
ま、いろいろ戸崎騎手とは相性悪いので(笑)


●No.5 ホリデイトウショウの15 牡  (スマートファルコン)
 1280万円 (美浦・黒岩陽一)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:435kg

いろいろ未知数すぎるかな。

●No.6 ホワイトピクシイの15 牡  (サウスヴィグラス)
 1280万円 (栗東・中竹和也)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:500kg

この馬ちょっと気になるなぁ。
ノルマンディーOCの馬でクラシックディスタンスを社台やノーザンの馬と戦いたいわけじゃないので、
ダート短距離に特化したサウスヴィグラス産駒ってのもいい。


●No.7 マルカデスティニーの15 牡  (ショウナンカンプ)
 1360万円 (栗東・松下武士)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:420kg

全姉が3勝しているってのがいいが、この馬買うならホワイトピクシイかな。


●No.8 メルセダリオの15 牡  (ルーラーシップ)
 2960万円 (美浦・尾形和幸)
 生産:長谷川牧場/育成:岡田スタッド?/体重:475kg


馬体と動画だけで選ぶならこの馬だな。
さすがそれなりに高い。ただ、セリでの落札価格からすると当然の価格。
安馬のノボジャック産駒をオープン馬に育てた厩舎でもあり、
予算さえ許せば行きたい馬。

●No.9 キョウエイトルースの15 メス (キングカメハメハ)
 3800万円 (美浦・高木登)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:395kg

値付けが高い。いい馬なんだろうけどちょっとはしゃぎ過ぎ。
しかも小さいし。
キンカメ産駒は牡馬のほうが走るイメージだし、
さすがに買えんなぁ。。
この馬に出資するなら同じ価格の東サラのディープ牝馬に出資する。


●No.10 タニノエクセレントの15 メス (マツリダゴッホ)
 880万円 (美浦・中舘英二)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:460kg

兄弟がそこそこ走ってるのはいい。


●No.11 トーセンリリーの15 メス (ハーツクライ)
 1920万円 (美浦・栗田博憲)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:420kg

ハーツクライ牝馬だけにちょっと高い。
母父アンバーシャダイか。。渋い・・。


●No.12 ブリュメールの15 メス (ダイワメジャー)
 1280万円 (栗東・山内研二)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:510kg

厩舎がいい。あとノルマンディーOCでは珍しくダイワメジャー産駒。
がっしりしてるし、いい気がする。


●No.13 メロークーミスの15 メス (パイロ)
 1120万円 (栗東・渡辺薫彦)
 生産:守矢牧場/育成:岡田スタッド?/体重:420kg

うーん。

●No.14 ルーシーショーの15 メス (クロフネ)
 920万円 (美浦・菊沢隆徳)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:495kg

動画を見てもとにかくパワーがありそうだ。
ピッツネイルみたいになれるかな?


●No.15 アンローランサンの15 メス (カネヒキリ)
 720万円 (北海道・田中淳司)
 生産:岡田スタッド/育成:岡田スタッド?/体重:430kg

地方へ入厩する馬。
馬体はあんまり好きじゃないかな。


ということで、現在の出資候補は、
ほぼ
●No.3 オークルームの15 牡  (アイルハヴアナザー)
で、予算が許せば(=週末に馬券が当たれば)、
●No.8 メルセダリオの15 牡  (ルーラーシップ)
というところ。

気になる馬は牡馬2頭ということになった。

今年は東サラでディープ牝馬を1頭出資済なので、
ノルマンディーOCでは牡馬を狙いたかったしちょうどいい。
週末に馬券の結果を踏まえて詰めの検討をしよう。




↑このページのトップヘ