10年と1日前野球も吹奏楽も名門の高校6校、6月に競演コンサート

2018年02月05日

タイブレーク導入。

タイブレークは管理人も1度経験しています。

法政3-2富士
http://blog.livedoor.jp/tare_maaru/archives/52101299.html

なんかすっきりしない勝ち方と書いてます。

そりゃそうですよね。手に汗握る試合が、いきなり変わっちゃうんですから。


夏の地方大会でもタイブレーク導入 高野連が発表 - 朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/koshien/articles/ASL1B52Z5L1BPTQP010.html

 日本高校野球連盟は10日、高校野球の主要な公式戦でタイブレーク制を導入すると発表した。今夏の第100回全国選手権記念大会の地方大会も全国一律で導入される。

  •  決勝については、甲子園大会も地方大会も延長十五回まで行い、引き分けの場合は再試合とする。再試合で延長十二回まで決着がつかない場合は、十三回からタイブレークを実施する。

 この日付で高校野球特別規則の「タイブレーク制度の採用」項目を改正。春季・秋季都道府県大会と地区大会、選抜大会、全国選手権大会(地方大会含む)で採用することを明記した。選手権大会については、今月24日に開かれる第100回大会の運営委員会で正式に承認される。

 タイブレークは早期決着を図る制度。高校野球は延長十二回までに決着がつかない場合、十三回から無死一、二塁の状態で打順は前の回から継続して始める。試合は決着するまで行うが、1人の投手が登板できるイニング数は15回を限度とする。

 タイブレーク制導入については、投手の肩、ひじへの負担など選手の健康管理の観点から、日本高野連が2014年から本格的に議論していた。竹中雅彦事務局長は「選手の健康管理は永遠の課題。休養日(の増設)はもちろん、投球回数制限なども将来的には考えていかなければならない」と話した。


延長ならではの手に汗握る展開がなくなるようだと、やはりスッキリしません。
12回までは今まで通りですが、今後延長入ってすぐにやるようになるやも。
遠くは管理人14HR(1977)の時の大多喜高との延長再試合。
最近では2013の千葉国際(現:翔凛
)との9回追い付かれ、延長10回のまさかの敗退。
高校野球というドラマの醍醐味が薄れるのも時代でしょうか。
暑さ対策や連投など身体の酷使もなくすなどは確かに必要です。
まぁ新しいドラマの展開も楽しむとしましょうか。





tare_maaru at 13:36│Comments(0) mixiチェック

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
10年と1日前野球も吹奏楽も名門の高校6校、6月に競演コンサート