安房乃国寄り切って三勝目!安房乃国勝ち越し決めた!

2021年01月20日

映画 相撲道〜サムライを継ぐ者たち〜観てきました

沖縄県独自の緊急事態宣言も出る中、
桜坂劇場(那覇市)に足を運んできました。
一番大きいホールAでの上映も寂しい入りでしたが。

さて映画はCOVID19以前の撮影なので、
今では見られない風景が撮られています。
またこんな日々が戻ってくるようにと思いながら、
前半の境川部屋のシーンに進みます。
あまり細かく書くとネタばれになるので遠慮しますが、
普通の人なら命にも影響するぶつかりの激しさは
大スクリーンならではの迫力です。

肝心の安房乃国は後半の高田川部屋のシーンに登場です。
まだ長谷川のしこ名で登場していた頃でしょうか。
目はついついそちらへ行ってしまいます。
今場所は勝ち越して更なる昇進をと願いつつ。

さて管理人でも名前を知ってる力士の活躍に目を見張りつつ、
高田川部屋の親方(元安芸乃島)の言葉が印象に残りました。
稽古では今でもまわしをしめる親方、
以前は相当厳しい部分もあったようですが、
今では「パワハラになりかねない」と指導が変わったそうです。
「俺の言ったことは8割聞いても2割は疑って自分で!」と。
「自分で切り拓いた道こそ身につく」という言葉に、
いい言葉だなと響いてきました。
旧来からの因習を押し付けるのでなく、
伝統を守りつつ新しい道を進んでいく。
あぁ安房乃国はいい親方についたなぁと魅入っていました。

映画では竜電関の怪我からの復活や婚約者とのシーンも。
安房乃国も親方に学び、部屋の先輩達に学び導かれ、
番付の上を目指してと願いつつ劇場を後にしました。

まだまだ全国で上映は続いている所もあります。
相撲に関心が薄くても好きになってしまうこの映画、
ぜひお運びください!
相撲道〜サムライを継ぐ者たち〜
https://sumodo-movie.jp/


tare_maaru at 20:05│Comments(0) mixiチェック 長谷川 高田川部屋 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
安房乃国寄り切って三勝目!安房乃国勝ち越し決めた!