2005年08月06日

「ラッシュライフ」(伊坂幸太郎著)

 今回は 「ラッシュライフ」 伊坂 幸太郎著 です。この本は他のBLOGを覗いていると割りと評価が高そうなので期待して読んでみました。

 内容は、空き巣を生業とする男、父親の自殺から神に憧れを抱くようになった青年、不倫相手との再婚を企む女性カウンセラー、そしてリストラされて家族にも捨てられた男。この一見無関係に見えるバラバラの4つのストーリーが最後の最後で一つに収束していき、意外な結末が見えてくる。
 自分で4つと書いておきながら、実際はこの本4+1という感じですね。そして、この本それなりに面白いのですが、それ以上に非常に上手いなと感心させられますね。4つのバラバラにストーリーと中で起こるバラバラ殺人の対比や、最後まで読めば解る4つのストーリーの時間軸のズレなど非常に上手いです。しかし、読んでみるとこの上手さの割りに、面白さという点では少し落ちる気がしましたね。
 あとこの本は、後書きを読むと他の多くの伊坂作品とリンクしているらしいですね。それを読んで野沢尚さんの「眠れぬ夜を抱いて」を思い出しました。あれも他の作品と数多くリンクしている所があり、本自体の面白さもさる事ながら、これは他の作品のどの部分かを探すのも楽しかったですよ。

ラッシュライフ

伊坂 幸太郎

5段階評価で3

(僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
tariki528 at 23:48│Comments(6)TrackBack(12)あ行の作家 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎 新潮社  [ みかんのReading Diary ]   2005年08月07日 02:07
ラッシュライフ 金がすべてという大富豪と画家、プロの泥棒、交換殺人を計画する男女、急なリストラにあった男性と老犬、父の死を機にある男性を崇拝するようになった若い男・・・という、それぞれ最悪の場面を向かえている5つのシーン・・・とそれぞれの話が、ある場
2. (書評)ラッシュライフ  [ たこの感想文 ]   2005年08月07日 08:18
著者:伊坂幸太郎 泥棒を生業とする黒澤、憧れの神を「解体」しようと誘われた河原崎
3. ラッシュライフ*伊坂幸太郎  [ +++ こんな一冊 +++ ]   2005年08月07日 08:41
☆☆☆☆・交錯する十余の人生 併走する五つの物語 バラバラに進む五つのピースが 最後の一瞬で一枚の騙し絵に組み上がる タイトルの【ラッシュ】は lash でもあり lush でもあり rash でもあり rush でもある。 そして キーワードは【神さまのレシピ】 人生と言う一本の紐が
4. ラッシュライフ  [ ついてる日記 ]   2005年08月07日 12:02
ラッシュライフ 伊坂幸太郎 新潮社 このアイテムの詳細を見る  エッシャーの絵って、最初はそこに何が描かれてるんだか気がつかなくって、あっさりだまされちゃうのよね。よーく見てみると「あれっ?」って思うわけ。何で元に戻っちゃうんだろう?何でそうなってるの
5. 『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎 (新潮文庫)  [ 活字中毒日記! ]   2005年08月07日 23:07
ラッシュライフ伊坂 幸太郎 / 新潮社(2005/04)Amazonランキング:1,579位Amazonおすすめ度:無限ループからの脱出個人的、伊坂作品NO.1お勧め。まるでパッチワークの楽しさ!Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 伊坂氏の2冊目に刊行された作品。 あと
6. 「ラッシュライフ」伊坂幸太郎  [ 本を読む女。改訂版 ]   2005年08月08日 02:03
ラッシュライフposted with 簡単リンクくん at 2005. 5.30伊坂 幸太郎新潮社 (2002.7)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 伊坂氏の本の中でも格別評判がよかったので 楽しみに読みましたが、本当に面白かった。 様々な人々が犯罪
7. 「ラッシュライフ」伊坂幸太郎  [ 雑板屋 ]   2005年08月08日 02:59
< 豊潤な人生について。 > 全くの無関係な登場人物たち。 その繋がる接点はおよそ検討もつかない5つの物語。 いかに繋がり、話が転がるのか? 楽しみながら読み進めた。 登場する人物も多く、皆が個性的だ。 主な人物たち・・・ ・傲慢で利己主義な大金
8. ラッシュライフ  [ 本のある生活 ]   2005年08月09日 20:42
ラッシュライフ 解体された神様、鉢合わせの泥棒、歩き出した轢死体、拳銃を拾った失業者、拝金主義の富豪---バラバラに進む5つのピースが、最後の一瞬で一枚の騙し絵に組みあがる。 パズルのような作品だと聞いていたので、5つの話ごとに最初からしっかりメモをとりな
   『ラッシュライフ』文庫になりましたね。遅くなりましたが、文庫化記念で、本作の「解体」を私なりにしてみました。 ?  文庫では違いますが、単行本では、エッシャーの「AscendingDescending」が表紙に使われています。このことからも、この作品には、何
10. 『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎/著  [ ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ ]   2005年10月07日 12:43
ラッシュライフ無関係に思えるストーリーが、最後には交錯していく本格的ミステリー小説。こういう描き方は、映画でいうなら「レザボア・ドックス」「パルプフィクション」を彷彿とさせる。1.「世の中、金だ!」と豪語する成金の画廊オーナー2.泥棒を本職とする男は、仕事...
11. ラッシュライフ/伊坂幸太郎  [ 心理学とタイとウルティマオンライン ]   2005年10月30日 23:28
ブログで知り合ったみなさんに強く薦められた「ラッシュライフ」。 とうとう読み終わってしまいました。 楽しかったです、読んでいる時間がw 終わってしまうと「あ〜 終わっちゃった」て感じです。 登場人物が、出てくる言葉が、場所が、出来事が バラバラで始まっ...
12. ラッシュライフ  [ Lie to Rye ]   2006年01月05日 00:28
著 伊坂幸太郎 背表紙から引用泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走する四つの物語、交錯する...

この記事へのコメント

1. Posted by Roko   2005年08月07日 12:05
たりぃさん☆TBありがとうございます。

伊坂さんの作品ってパズルみたいですよね。
どこか人を食ったような感じがわたしは大好きです。
2. Posted by BlogPetのナナ   2005年08月07日 12:27
ネットで伊坂幸太郎とか割りと
ナナは、伊坂幸太郎とか割りと
大きい伊坂幸太郎を期待しなかったの?


3. Posted by たりぃ   2005年08月08日 23:16
Rokoさん コメント&TBありがとうございます。
僕も伊坂さんの本は好きですけが、
この本は上手いなとは思ったけど、何故かいいなとは思いませんでした。
4. Posted by つながい★かすみ   2005年08月14日 01:06
はじめまして。
TB&コメントありがとうございました!
私もこの作品一読した時は、いまいちかなと思ってたのですが、今回の再読でぐっと評価があがりました。
是非、再読してみてくださいね!
5. Posted by たりぃ   2005年08月16日 20:58
つながい★かすみさん、はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。
再読する時は、あの表使わせてもらいますね。
6. Posted by BION   2005年10月30日 23:24
はじめまして、BIONです。私は、通勤中にちょこちょこと読んだので、最初読んだ後の評価は今いちでした。この本、いっきに読んで記憶力を総動員しなきゃ、エッシャーの絵に到る終盤の楽しみが半減しますものね。
再読の時は、かすみさんの表を使いました。面白さは、初読の時の倍でした!
ちょっと異色な「重力ピエロ」、シュールな「グラスホッパー」もお奨めですw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments