2005年08月17日

「グラスホッパー」(伊坂幸太郎著)

 今回は 「グラスホッパー」 伊坂 幸太郎著 です。この本は第132回直木賞の候補作になりましたね。

 あらすじは、妻を殺されてその復讐をしようとする鈴木。人を自殺させる殺し屋・鯨。一家惨殺を得意の手口にしている殺し屋・蝉。鈴木の復讐の相手が押し屋(相手の背中を押して車などに轢き殺させる殺し屋)に殺されたのをきっかけに物語が加速していき、三人の物語がやがて一つに収束していく。
 相変わらずの伊坂節で面白いのだが、この本は僕が読んだ今までの伊坂作品にはないラスト数行のどんでん返しで少し怖さを感じました。ところで、伊坂ファンへのサービスなのかこの本の中で「見たことなくても、存在しているもの」でリョコウバトを例に挙げているが、伊坂ファンなら少し笑えるが、それ以外の人なら少し唐突な感じがするんじゃないかなと思いましたね。だってリョコウバトはそれほどメジャーなのか?という感じですからね(少なくとも僕は伊坂さん以外では稲見一良さんの作品でしか見たことがありません。)。
 それにしても「ジャック・クリスピン」も、「抑圧」て映画も実在しないなんて、伊坂さんにはまたしてもヤラレタという感じですね。

グラスホッパー

伊坂 幸太郎

5段階評価で4

(僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
tariki528 at 21:08│Comments(5)TrackBack(6)あ行の作家 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. グラスホッパー*伊坂幸太郎  [ +++ こんな一冊 +++ ]   2005年08月17日 21:31
☆☆☆・・ コメディ?シリアス?サスペンス?オフビート?  分類不能な「殺し屋小説」の誕生!  「僕は、君のために結構頑張ってるんじゃないかな」(鈴木)  「亡霊としての節度はないのか?」(鯨)  「おまえさ、人としじみのどっちが偉いか知ってるか?」(蝉)     
2. グラスホッパー  [ ついてる日記 ]   2005年08月17日 22:07
グラスホッパー 伊坂幸太郎 角川書店 このアイテムの詳細を見る  殺し屋にもいろんなタイプがあって、ナイフを使う人、心理的に追いつめて自殺を強要する人、ただ背中を押すだけの人。それぞれ手段は違うけど、自分の技術に自信を持っていて、自分は職人だという意識
3. グラスホッパー  [ 本のある生活 ]   2005年08月17日 23:19
グラスホッパー 殺し屋、自殺屋、押し屋という耳慣れない職業に、蝉、鯨、槿(あさがお)、すずめばち・・など記号のような登場人物たち・・なかなか話しに入り込むことができなくて、唯一の普通の人である鈴木を頼りに読み進みました。殺し屋だから共感できないのではな
4. グラスホッパー−伊坂幸太郎−  [ ColorfulSlyme ]   2005年08月18日 00:01
マル、マル、マルマルマル♪ども、今回はfavoriteで本のお話をします。プッチモニです。いや!本は違います。最近やはり本を読む事が多いんです。Slymeは家ではほとんど本は読みません。家では雑誌か漫画かエロ本です。・・・・・・・。ん?ち、ちがう!エロ本は読まない!あ
5. 『グラスホッパー』 伊坂幸太郎 角川書店  [ みかんのReading Diary ]   2005年08月19日 21:44
グラスホッパー 鈴木の妻はある会社社長の息子に車で轢かれ亡くなってしまう。教師をやめ、その息子に復讐する為に入ったが、今度はその息子が轢かれるのを、しかも誰かが車の前で押したのを目撃してしまった。「押し屋」と呼ばれるその人を追いかけるうちに大きな事件の
6. 『グラスホッパー』 伊坂幸太郎 (角川書店)  [ 活字中毒日記! ]   2005年08月20日 12:11
グラスホッパー伊坂幸太郎著出版社 角川書店発売日 200407下旬価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)ISBN  4048735470復讐。功名心。過去の清算。それぞれの思いを抱え、男たちは走る。3人の思いが交錯したとき、運命は大きく動き始める…。クールでファニーな殺し屋たちが奏で

この記事へのコメント

1. Posted by Roko   2005年08月17日 22:14
たりぃさん☆トラバありがとうございます。

リョコウバトの話もジャッククリスピンの話も不思議でしたね。
本編と関係あるような、ないようなところが伊坂さんらしいって感じですね。
2. Posted by june   2005年08月17日 23:21
たりぃさん、TBありがとうございます
あのラストは、やっぱり怖いというふうに受け取っていいのですよね?
3. Posted by たりぃ   2005年08月19日 21:29
Rokoさん、こんばんわ。
コメント&TBありがとうございます。
僕もあのような会話のセンスが伊坂さんらしいと思いますね。

juneさん、こんばんわ。
コメント&TBありがとうございます。
あのラストは、僕はやっぱり少し怖いラストだと思いますよ。
4. Posted by Slyme   2005年08月19日 23:04
TBありがとうございました。
伊坂さんはすごいセンスのある文を書くなーって思いました。感性が良い人だと思いましたね。
5. Posted by たりぃ   2005年08月20日 21:23
Slymeさん、はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。
面白い作品を書く人は多いけど、僕が読んだ中では井坂さんの会話のセンスの良さは少し抜けてる感じがしますね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments