『言霊波動療法』&雑談日記

手技療法とエネルギー療法の融合・拡大を図り 「対話回線」を通し、「言霊波動・徒手確認法」という検査法で、 名人・達人へ挑戦する「言霊波動療法」 病気・不調に対する日頃の施術・治療日記です。・・時に雑談も

脳梗塞後遺症⇒降圧剤との “いたちごっこ”!?

多発性脳梗塞と診断されている男性(66歳)ですが・・

兎に角、関節が固く拘縮状態で、昨年10月から施術を続けています。
『言霊波動確認法』にて、脳内の“梗塞”部位を探し出しては
集中施術を繰り返し・・

脳内集中施術で、かなり関節の拘縮が取れてきたと思っていたのですが・・
17日、「あまり具合がよくない」と。

私は《おかしいな?》との思いから、
(実は、同じ部位で異常反応がなくなっても・・
次に確認すると同じ箇所に異常反応が戻りますから、
“おかしいな?”とは思っていましたが)

改めて「何か薬を飲んでますか?」と聞きますと・・
未だに、(血圧を下げる)降下剤を飲み続けているといいます。

《(愕然!)最初から、あんなに言っていたのに!まだ理解できなかったのか!?》
私は、開いた口が・・
《これまで“いたちごっこ”をやっていたのか!》と
ドッと疲れが出てきてしまいました。

********

私は、彼の多発性脳梗塞の原因は、降圧剤もその一つだったと思っています。

すなわち、体の末端・隅々にまで、血液を行き渡らせようとして
一生懸命になって心臓がポンプアップし血圧を上げているにも関わらず、

《何故、血圧を上げねばならないのか?》という『原因』を解消するのでなく

血圧が高いからという『結果』だけに対して降圧剤を続けていたら
脳への血流はますます低下して・・脳梗塞や、認知症になって当然です。

私も4年前には、血圧が210にもなっていて驚きました。
しかし、必要があって血圧をあげているんだからと、降圧剤を使わず・・
いろいろなサプリメントも試しましたが、一番効果的だったのは断食「少食」です。

*******   *******

船瀬俊介著『医療大崩壊』より引用します。

p.162『機峭澎戯沺廛椒韻襪勝ふらふらインポに!
●70歳超二人に一人が飲まされる

かって高血圧症の基準値180は、いつの間にか130に!
これは健康人を“病人”にでっちあげる仕掛けワナ。
こうして70歳超二人に一人が「降圧剤」を飲まされています。
まさに、老人は「降圧剤」漬け。
・・・・(中略)・・・
故・安保徹博士(新潟大学名誉教授)は「血圧をクスリで下げちゃダメです」と。

こうして「降圧剤」は、脳への血流を阻害して認知症を引き起こし、
性器への血流不全でEDになるのです。さらに血流阻害は、全身組織の低血流、
低体温、低酸素をひきおこし、万病の元凶となります。
その最悪結末が発ガンです。

以下、箇条書きで
■代表的な降圧剤「ハイトラシン」の「添付文書」には・・
脳梗塞、意識喪失、めまい、ED

■「ノルバスク」の「添付文書」・・肝臓障害、不整脈、失神、心房細動など

(以上)*******   *******   *******

『病気・不調の原因は、その人の“息・食・動・想・環”における
生活習慣の中にある』(操体法創始者:故・橋本敬三医師)
&『薬害・医原病(農薬・食品添加物)』&『憑依・霊障』
さらに『地球工学:ケムトレイクや、電磁波(スカラー波など)』によるものも
追加の必要がありますか!

「自覚症状のあるところ、原因箇所でない場合の方が多いですよ!」
『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

精神科に行く前に・・●必読著書●

数年前●内海聡著『精神科は今日もやりたい放題』を読みましたが
その内容に、最初は、《こんなことが実際に!本当だろうか?》
《これが人間のすることか?》と、読んでの感想でした。
*******

以前、交通事故で入院中のご家族からの相談を受けたことがあります。
(転写遠隔していました)
ところが、(回復期に見られる)“攻撃性”が出てきて・・
(上記著書を読んでいましたから私は反対しましたが・・)
精神科に入院させられてしまい。
拘束・薬剤投与で・・(その後、ご家族の来院はないのでわかりませんが)
《多分、廃人同様だろうな!?》と。

私の遠い縁戚の方の場合も、交通事故から・・精神科へ・・そして施設へ

覚醒下脳外科手術の第一人者である篠浦伸禎先生の著書によれば
『左・扁桃核』が過剰反応すると“攻撃性”を現すようです。
(右・扁桃核の場合は、パニックや、うつ状態に)

ですから、上記の方の場合も向精神薬で、悪化させられたと思います。

*******

このところ「自閉症」と診断されている方を“転写・遠隔”したり
「発達障害」と診断された子の施術をしたり
また、別の「発達障害」と診断された子のご家族から
相談を受けることが多くなりました。

先日も、ある相談者に「発達障害」と診断されたお子さんを、“転写”して
『言霊波動確認』して診ますと、左扁桃核が過剰反応していますから
(左ほどではないが右も)「攻撃的になっていますか?」と聞きますと、
「はい、そうです。波があって、時々、うつ状態にもなりますが・・」と。

篠浦伸禎先生流に言えば、(●篠浦伸禎著『脳にいい5つの習慣』)
『人間脳が、動物脳(本能)をコントロールできない状態』に過ぎないわけです。

改めて、●内海聡著『大笑い!精神医学』を読んでいます。その中から一部、紹介
*******
p.82
『そもそも現代の精神医学における精神疾患の根拠は「モノアミン仮説」に基づいています。
モノアミン仮説とは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンといった
モノアミンの働きが精神症状と関係しているという考えで、セロトニンが減少すると
うつ状態になるとか、ドーパミンが増えると統合失調症になるなどとされています。

しかしすでにモノアミン仮説というのは否定されています。
うつがセロトニンと関係することも、統合失調症がドーパミンと関係することもありません。
いまだ2012年現在、そのホルモンさえ測定できません。仮に測定することができたとしても
主観に基づく症状との因果関係を、説明することなどできません。
近年はグルタミン仮説というのも出現していますが、この研究にも何の意味もありません。

このモノアミン仮説とは、
セロトニンやドーパミンなどのホルモンに影響を与える薬物を精神薬とするために、
全ての精神病がそれらのホルモンと関係していると逆定義したものに過ぎません。

これは非常に巧妙な詐欺で、あらゆる医学者、科学者、食品学者、栄養学者が
この仮説を信じ込んでしまっているのです。
精神医学界はこの仮説が莫大な金を生み出すことをすぐに予期し、
正当なる論理として継承していくことを決定しました。
それが今のセロトニンや、ドーパミンブームの始まりです。

実際、その後セロトニンやドーパミンと病気との因果関係は「ない」ということが
多くの海外論文により証明されています。
こうやってウソの中にウソを積み重ね、それが本当であるかのように見せかけ続けて
DSM(アメリカの診断マニュアル)は作られてきたのです。』(引用以上)

*******   *******   *******

「自覚症状のあるところ、原因箇所でない場合の方が多いですよ!」
『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

トラウマからのメマイ & 頭痛、手術後・後遺痛など

16日、隣県から、紹介者に連れられての女性(45歳)でした。
自覚症状は、メマイ、頭痛、右膝が時々痛む、
昨年29年7月、右卵巣摘出手術後の後遺症痛、花粉症などでした。

お辞儀をすると(45度未満で)右腰に痛みが出ます。
右前腕骨間膜(靭帯)の施術で、前屈痛はなくなります。

兎に角、右半身に負担が掛かって、右卵巣にも影響したのでしょう
下腹部は固く緊張状態で、
メスの入っている部位は、少し押しただけでも痛みを訴えます。

前仙腸靭帯にも緩み異常があり・・⇒腸腰筋も緊張し
右大腿内転筋群が緊張状態で、右腸骨を引っ張っていますから

施術ベッドに(仰臥位で)横になっても、足を伸ばせません。
毎日、足を伸ばして眠れないようです。

そこで、片足の膝を立てると、腰に痛みは出ませんから(大腰筋を縮めるため)
片足の膝を立てたまま・・「足から〜」の施術開始でした。

「足から〜」の施術を施しますと・・
両足をまっすぐ伸ばしても痛みは出なくなり
次に、「手から〜」の施術、更に「頭から〜」と。

頭痛の原因は、「手から〜」「足から〜」で
足裏の重心が後ろ重心になっているため、そのバランスを取る必要性から
腰部、背中部、首部に負担がかかるため
それらの影響で、頭蓋骨縫合にまで異常をきたしていた為です。

*******

メマイの原因は、約20年前、交通事故現場を目の前にしてから
特に、現場近くを通るとき、メマイ症状が出てくるようです。
(運転中のメマイ・・怖いです)

そこで、20年前のトラウマを・・言霊波動確認しますと
かなり強烈な異常反応が出てきます。

そこで『アレルゲン波動除去法』を応用して・・
トラウマの反応がなくなるまで・・
(普通のアレルゲン波動除去の3倍の時間が必要でした。)

病院でのMRI検査などでは、脳内に動脈瘤が見受けられたようですが、
誰にでもある程度だから・・?とのことだったようです。

ついでに、花粉症も『アレルゲン波動除去法』にて
なお、右卵巣摘出手術後の後遺痛、及び、手術メスの跡も、
『言霊波動療法』を集中させ、押しても痛みが出なくなりました。

トラウマによるメマイも大丈夫でしょう。

最初の動作確認で出ていた症状や、他の自覚症状も無くなったことを確認して
終了でした。(膝痛や、頭痛に関しての再発防止のアドバイスも)

*******   *******   *******

「自覚症状のあるところ、原因箇所でない場合の方が多いですよ!」
『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

治りすぎて・・・

15日、ある会員の先生から、以下のようなメールが届きました。

-----Original Message-----
From:  Sent: Monday, January 15, 2018 5:39 PM
To: 'to-taka'  Subject: Kです。

高倉先生
お世話になります。

当院ではここ一年治りが良すぎて返ってリピートが減る
と言う現象が起きています。
治し方もあまり教えない方が経営的には楽です。

(以下省略)

*******   *******

そこで、以下の内容を返信メールにて・・

●経営のことも大切ですよね

●その場の症状を解消するだけにして
●「固定」をしないこと
●「原因」を教えないこと・・(苦笑)

*******

返信メールには書き忘れていましたが
もう一つ
●肩こり、腰痛を治療対象にするだけでなく
●これまで治療対象としてこなかった“治療対象メニュー”の拡大!
●「アレルギー疾患」や、「発達障害」と診断されたような患者さん
●あるいは、薬害などによる難病を対象にして、“間口”を広げること・・と。

*******

繁盛している治療院が必ずしも、
治し上手とは限らないことを知って頂きたいものです。

数年前、いつも行っている治療院の予約が一杯で診てもらえない・・
というTさん(男性)が、遠方から来院されたことがあります。

その治療院には、毎週1回、丸1年半通い続けたとのことですが、
その先生は“商売上手”・“脅し上手”だったようです。

彼の場合、(私のアドバイスを実行して)私のところでは2回で終了
以後、1年〜2年に1回、思い出したように来院されています。

*******   *******   *******

●患者の立場から選ぶなら、
原因や、治し方を教えてくれる医療機関を選ぶべし!

氣光整体療法(言霊波動療法):http://www.t-kikou.com
●言霊波動療法“3つの伝授”●
【氣光エネルギー・チャンネル伝授】、
【『言霊波動確認法』のための対話回線伝授】、
【応用法伝授】

人間の構造は『電磁波の発信機』

表題は、以下のYouTubeの冒頭文に出てきた言葉です。

2017/12/05 に公開『アルシオン・プレヤデス65:5周年、
量子跳躍という大躍進、遺伝的な変化の瞑想、光子・光』
https://youtu.be/h_-FPTVRZLI?list=PLHD5_CI-AXiOZOeMkeBE5u-AZLGaoS8y3

【パラダイムの変化と、量子的な生体エネルギーのDNAの高揚によってのみ
私達に意識と光・叡智を授ける光子の刻まれた瞑想が達成できる】


「人体とは、その生体部分同様に、
相互作用し、絶え間なく変化する電磁場の集合体だと考えることが
適切な捉え方である。

人間の構造は『電磁波の発信機』であることが証明されてきた。
あらゆる生物学的過程は、電磁場の相互作用の機能である。
電磁場は形の世界と共鳴のパターンとの接点なのだ。

『銀河の場』に浸っている人間はまた
ラジオの波長を合わせるのと同じようにして
人間と銀河のフィードバックの刺激を用いて
共鳴効果を増長させることができる。

太陽と脳の周波数の共鳴をつなげる架け橋は
DNA-RNAのらせんに宿っているようだ」

リチャード・アラン・ミラー
米国の研究者、物理学者、生物学者、作家

**********

何やら、言霊波動療法の『言霊波動確認法』を説明するには
“うってつけ”のような文章です。

ところで、DNAは2本らせん構造をしていると・・我々は習いましたが
上記のYouTubeを見ていますと、本来は12本らせん構造であるべきだとか・・
そして、現在、3本、4本の鎖をもった天才児が出現しているとのこと。

DNA(deoxyribonucleic acid、デオキシリボ核酸:
遺伝情報の継承と発現を担う高分子生体物質)にも秘密があるようですね

********   *******   *******

セミナーの予定

◎平成30年2月12日(月・祝):東京教室『伝授・基礎&実践セミナー』 
会場:東京教室:カミヤ治療院様 http://www.kamiya-heal.com/

◎福井教室では、ご希望により随時『伝授&セミナー』を開講しています。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

氣光整体療法(言霊波動療法):http://www.t-kikou.com
●言霊波動療法“3つの伝授”●
【氣光エネルギー・チャンネル伝授】、
【『言霊波動確認法』のための対話回線伝授】、
【応用法伝授】

自己流瞑想と、霊媒体質&憑依

14日、ようやく朝から青空に恵まれて、除雪作業がはかどりました。

P1010180









14日も臨時休業のつもりでしたが、
隣県から・・除雪作業から、身体を歪めて、激痛に襲われ・・
病院では坐骨神経痛と診断されたが・・
痛みが治まらず、どうしても診て欲しい・・とのことでの母娘の来院でした。

除雪作業で・・というお母さんから、始めたのですが・・坐骨神経痛というより、
左大腿の肉離れ〜筋膜炎の・・骨膜にまでダメージを受けた状態で
『筋膜・腱・骨膜療法』での、ポイント、ポイントへの集中施術が必要でした。

施術の途中、私は“憑依霊”を感じ取り、除霊も加えながらの施術でした。
また、パワーストーンのブレスレットが手首に見えましたから
同様に処置しながら・・・

兎に角、痛みが解消されたことを確認して終了でした。

******

次に、娘さんの方も診て欲しいとのことでしたが
「ここ(施術室)に入ってから、体がザワザワし始めました」といいますから
「お母さんの施術の途中からでしょう!?」と聞きますと
「そうです。出てくるのが“見えました”」と。

すなわち、お母さんに憑いていた憑依霊が、私の説得に応じず、
娘さんの方に逃げ込んだわけです。
そのお母さんの方も、憑依されていたのを自覚していたというのです。
《なんともすごい母娘だな!》と、思いつつ

娘さんの方の施術を・・除霊や
『氣の通路』も障害を受けていましたので「氣の通路調整」も含めて、
全身治療後、解消されたことを確認して終わりました。

しかし、どうも、霊媒体質で、憑依霊を受けやすいようでしたから
「何かしていますか?」と聞きますと

自己流での“天と地を結ぶ”「ヒーリング瞑想」をされているとのことでした。
そして、数箇所の“チャクラ”が開いたと自覚している様子です。

そこで、チャクラを開く、ということの意味と、その危険性の話をしました。

すなわち、チャクラを開くということは、
“見えない世界”との交流が始まるということです
交流する相手のレベルは、波動・波長の法則で、
自分のレベルに合った相手を呼び込むことになります。

(私も含めて)聖人君子でない限り、
交流してくる相手はせいぜい“シッポの生えた神様(動物霊)”の類です。

彼女の場合も、電化製品が壊れたりする現象が度々起こるようです。

そこで、チャクラを開くのでなく、(受信アンテナを建てるイメージで)
確実なチャンネルから受信できるよう・・瞑想法をお教えしました。
(チャクラ部には低級霊が入れないよう“フィルター”をかけて閉じました。
尤も、憑依されるのはチャクラからだけではないですが・・)

*******   *******

ここ数日、買い物にも出かけられない状態でしたが
4日振りに、車で買い物に出かけました。

道路は、圧雪で・・
ところどころ溶けてワダチや穴があいていて車は大揺れ・スリップ・横滑り
車と車のすれ違いが怖い状態ですから、どの車もノロノロ運転です。

ブルトーザーでの除雪技術にも、熟練運転手と、未熟な運転手がいるようで
主要道路でも、綺麗に除雪されている道路と、ガタガタ道路が・・・


P1010181









*******   *******   *******

「自覚症状のあるところ、原因箇所でない場合の方が多いですよ!」
『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

世の中“誤情報・隠蔽”ばかり!《陰謀論の方に真実がある?!?》

降り続く雪・更なる積雪に・・《いい加減、うんざり!》

大大雪で事故も多発しているようです。
これ以上降り続くと“豪雪”です!
(56豪雪、38豪雪の記憶がよみがえります)
臨時休業の中、(捨て場に困る状態の)除雪作業の合間に・・
P1010179









*******   ******

さて、
これまで真実と“思い込まされてきた”中にも虚偽が多いようです。

今年は、治療の世界に足を踏み入れ開業して30年目です。

“誤情報”・・思い出すのは開業3日目のこと。
膝痛で来院された女性の余りにもすごい外反母趾に、ついつい
「若い時、伊達こいて(おしゃれして)ハイヒールなど履いていたでしょう!?」
と、問いかけると・・
「私は、百姓の娘で、嫁ぎ先も百姓、毎日、長靴しか履いていません!」
と、けんもほろろな返事に・・・次の言葉が見つかりませんでした。

当時、足の専門医が書いていた本で“洗脳”されていた私は
咄嗟に《医者が書いているのは大嘘か!》と、“目覚め”のスタートでした。
《何故、長靴で外反母趾になるのか?》理解するには10年の月日が必要でした。

以来、世の中で“公式”になっていることも含めて
すべて疑問を持って追求することに・・・

《何故、ガンや難病が増え続けるのか?》
《何故、国の医療費がうなぎのぼりに増え続けるのか?》

今年は『言霊波動療法(氣光整体療法)』が誕生して15年目、
『言霊波動確認法』で更に真実の回答が得られやすくなったようです。

世界の医学教育で“定説”になっている『骨髄造血』について、
これも全くの大嘘!『腸造血説』の方が真実です。
なぜなら病院での治療でなかなか改善しない貧血も
『腸粘膜療法』を加えてば、早期に改善されるからです。

《骨髄移植に意味はあるか?》
また、ワクチンや薬剤で、胃・腸粘膜が必ずダメージを受けることも

『大嘘』は医学・医療問題だけではないようです。
“この世は洗脳社会”
(世界は極々小数の者に支配されて、彼らが支配する)マスメディアも誤情報ばかりです。
目覚めが必要です。騙され苦しむのは自分たちだけです。

*******   *******

2012年12月21日・・マヤ歴が終わって、
現在の太陽系宇宙は、新エネルギー時代への過渡期で
地上もカオス(混沌の状態)が増大する時代のようです。

2012年12月10日から始まった『アルシオン・プレアデス』を
スタートから見続け、ようやく63まで来ました。

あらゆる社会問題の・・全ての疑問が氷解します。

2017/10/21 に公開『アルシオン・プレヤデス63:
UFOの機密解除とエイリアン、悪魔崇拝−バチカン、黒服の男、テスラ』
https://youtu.be/AwF6eg73dB4?list=PLHD5_CI-AXiOZOeMkeBE5u-AZLGaoS8y3

*******   *******   *******

「自覚症状のあるところ、原因箇所でない場合の方が多いですよ!」
『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

古希祝いは、大雪のプレゼント!

11日は、15センチ程度の積雪でしたが
下が溶けてすごく重かった・・

12日は、さらに新たに30センチばかり、雪は軽かったのですが
兎に角、降り続く雪で、除雪したあとから・・
さらに、あっという間に新たな雪が15センチほどにも

予約されていた方々には、途中で事故にでも遭ったら大変だから
日延べしましょうと、連絡を入れての“臨時休業”、いや、除雪作業日でした。

3年前、移転して初めての冬もお雪でしたが、今回更に!

記憶に残る“古希祝いのプレゼント”でした。

13日、朝起きると、また・・結構な積雪量だ!

“前祝い”、“本祝い”だけでなく、“後祝い”までついてきた!

この後(投稿後)も、ひと仕事・・いや三仕事が待っている!

*******

昨日、駐車場の除雪が済んだところで、
注文を出していた・・内海聡著(めんどうーさ:マンガ)
『大笑い!精神医学(精神医学を100%否定する理由)』が、郵送されてきた。

以前、読んだ『精神科は今日も、やりたい放題』の続編

本の帯(帯紙)に書かれている内容を紹介します。

『精神医学の考え方や手法は、多くの独裁者に絶賛されました。その代表格が
たとえばビスマルクであり、レーニンであり、スターリンであり、
ナチスのヒットラーでした。彼らが絶賛した理由は、人権侵害や殺人であっても
治療として正当化できるからです。

精神病院で実際行われていた方法とは、ひたすら拘束をしたり、吊り上げられたり、
ビックリ風呂というような昔でいう水責めなどです。
―――精神医学の正体とはなんだったのか? 』

*******   *******   *******
P1010173












「自覚症状のあるところ、原因箇所でない場合の方が多いですよ!」
『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

ストレスのかからないダイエット療法・・禁煙も!


この冬は、除雪も必要なく、《このまま春まで・・》と、願っていましたが・・
1月11日朝、“除雪が必要”なほど積もっていました。

駐車場部分をラッセル(スコップ)でかき分けましたが・・
下の部分が溶けて水を含んでいますから“重い!重い!”

息が切れて・・歩道部分の除雪は、ひと休みしないと出来ませんでした。

********   *******

さて
10日、会員のD先生から、「ダイエット療法」の問い合わせが入りました。

『(ストレスのかからない)食欲中枢コントロール・ダイエット療法』
については、すでに会員ページで投稿していましたが、理解できなかったようです。

そこで、返信メールと共に、改めて、会員ページにも、やり方も含めて、解説投稿を・・

D先生からは、以下のメールでした。

From:Sent: Wednesday, January 10, 2018 9:36 PM
To: to-taka Subject: Re: ダイエット

こんばんは、
やっと意味が理解できました。早々に試してみます。
ありがとうございました。

D
*******   *******

私は、開業当時、『耳つぼダイエット』を取り入れたことがありましたが、
食事がわりに、サプリメントを売りつけるのが主な目的とわかって、すぐに止めました。
その後、施術メニューに『ダイエット』は入れませんでした。

世の中では、次から次へ、手を変え、品を変えての『ダイエット法』が花盛りですが
ほとんどの人がリバウンドして、ダイエットする前に戻るようです。

肥満の原因・・要は、“食べ過ぎ”収支決算が収入超過の状態で、
意志薄弱・自己管理出来ないだけの話・・と言っては身も蓋もありませんし、
病気の多くの原因には、“食べ過ぎ”が関係しています。

そこで昨年『アレルゲン波動除去法』を応用して見ました。
(効果は確認済み、「禁煙」への応用効果も)

喫煙者にとっては「禁煙」は、ストレスになると同じように
「少食」は、その人にとって“波動を乱すもの”=ストレスになります。
ですから、そのストレスが、ストレスでなくなればイイわけです。

そこで、あえて“波動を乱すもの”としての「ストレス」を設定して、
自律神経中枢(食欲中枢)に働きかけ
中枢が“受け入れる”まで、(エネルギー的に)“根比べ”するわけです。

考え方としては『ストレス・クリーニング法』と、同じですが
あえて・・例えば「これまでの半分の食事の量で満腹するように」と
本人にとってはストレスとなる条件を設定して、中枢に!

『言霊波動確認法&言霊波動療法』を駆使出来ると・・
他にも、いろいろ応用できます。

*******   *******   *******

セミナーの予定

◎平成30年2月12日(月・祝):東京教室『伝授・基礎&実践セミナー』 
会場:東京教室:カミヤ治療院様 http://www.kamiya-heal.com/

◎福井教室では、ご希望により『伝授&セミナー』を随時開講中
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html


氣光整体療法(言霊波動療法):http://www.t-kikou.com
●言霊波動療法“3つの伝授”●
【氣光エネルギー・チャンネル伝授】、
【『言霊波動確認法』のための対話回線伝授】、
【応用法伝授】

玄米食が逆効果・・・内臓反射痛

左肩〜腕の疼き痛み、胸が悪い、吐き気がするなどの症状で
時々、息子さんに送迎されて来院される女性(70代?)です。

「まだやっていないだろう(施術・診療していないだろう)と思って我慢していました」
と、1月9日の来院でした。

夜も、左肩〜腕が疼き・痛みが出ていたようです。
左手を挙げるのも痛みが出ます。

しかし、私のアドバイスを守っているようで、前腕骨間などには全く異常は見られません。
「足から〜」の異常もさほどありませんから、
《“やはり”内臓反射痛だな!》と、
胃に脊髄神経が出る部位を押した状態で腕を上げると痛みなく上げれます。

私の「内臓反射痛ですね!」という言葉に反応したのか
施術の途中、
「私は、便秘がちだから、息子が“玄米がいいよ”というんで玄米にしているんですが・・
そう言うと、玄米にしてから、お腹がもたれたりし始めました」と。

そこで、胃と、左腕の関係を話しながら、施術を進めました。

実は、昨年10月には『アレルゲン波動除去法』を施していましたが
牛乳、麦、鉄・・・などは出ましたが「コメ」は出てこなかったのです。

また、12月にも、念の為にやってみましたが、やはり「コメ」は出ませんでした。

そこで、改めて●「玄米」で『言霊波動確認』しますと、
“波動を乱すもの”=アレルゲンとして反応してきますので、
『アレルゲン波動除去法』を施しました。

*******

玄米食・・多くの人にはイイのですが、
胃腸の弱い人には負担が掛かって逆効果になる場合があります。

私も玄米食にした時がありましたが、
元来、胃腸が弱かったですから、私には合わなかったです。

********

ところで、昨年から内臓との関連で診ていますので、
施術が終わって、彼女は持参した処方箋を見せてくれました。

次の患者さんが入っていましたので
薬についての『アレルゲン波動除去法』はできませんでしたが・・

安定剤2種類、神経ブロック薬、抗コレステロール薬、便秘薬、・・等々
何と!1医療機関から8種類ものクスリを・・唖然!です。
《これじゃ!繰り返すのも無理ないか!》

*******   *******   *******

「自覚症状のあるところ、原因箇所でない場合の方が多いですよ!」
『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

楽天市場
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ