『言霊波動療法』&雑談日記

手技療法とエネルギー療法の融合・拡大を図り 「対話回線」を通し、「言霊波動・徒手確認法」という検査法で、 名人・達人へ挑戦する「言霊波動療法」 病気・不調に対する日頃の施術・治療日記です。・・時に雑談も

トラウマと、幽体に刻み込まれた記録と『波動除去法』


23日の静岡セミナーの最後に、ちょっとやってみましたが・・

私は、PTSDなど精神的ストレスがトラウマとなって肉体に影響する場合・・
その記憶は、長期記憶となって『幽体』に刻み込まれるのではないかと、みています。

********

同じ症状を繰り返している患者さん(49歳・男性)の場合

≪「幽体」に刻み込まれた記憶(トラウマ)が
「肉体」に影響を及ぼしているのか!?≫との考えが浮かんで・・

先日22日・・『波動除去法』の応用で、
幽体に刻み込まれた記憶(トラウマ)が肉体に悪影響を及ぼさない様、施術を行いました。
(「会員ページ」には具体的なやり方を載せています)

翌日、予約のメールと一緒に報告が届いていました。

-----Original Message-----
From: Sent: Sunday, September 23, 2018 8:59 AM
To: to-taka Subject: 予約

高倉先生

おはようございます。
I県のSです。

昨日もありがとうございました。

これまでは施術直後はラクになるのですが
翌日になると戻っているということが多いのですが
今回は持続しています。

精神ストレスの処置(?)が効いたのでしょうか?

亡くなった父の影響はかなり大きかったですが
他にもいろんなことで大きな精神ストレスを抱えています。

症状も少しまだ残ってますので
改めてもう一度精神ストレスの処置を受けてみたいです。

それで予約ですが
明日24日午後でご都合良い時間ありませんでしょうか?

S

*******   *******   *******

Sさんの施術・治療の方向性が、ようやく見えてきました。
(「シルバーコード」から・・より効果的な目星も!)


◎10月8日(月・祝):福井教室『伝授・実践セミナー』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html
(福井教室では、ご希望があり次第、随時『伝授&セミナー』を開講します)

『言霊波動確認法(検査法)』を使って・・
『足底チップ療法』、
『靭帯・腱〜筋膜・骨膜・粘膜・髄膜・・・療法』
『内臓機能活性化法』、
『胸腺&胸腺様組織ネットワーク応用:免疫活性化法』、
『蓄積薬害:解毒・分解・排泄法(デトックス法)』、
『(アレルゲン・ストレス)波動除去法』、
『脳梁・帯状回、神経回路、海馬・・:脳機能活性化法』
『新・脳波動療法』等々進化・拡大中の・・
『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

静岡セミナー(『新・脳波動療法』と・・)


9月23日、静岡セミナーでした。
3月の東京セミナー以来、半年ぶりの出張セミナーでした。

東京セミナーから帰宅した頃は
≪(自分の命は)2カ月持たないかもしれないな〜≫と感じていましたから
残された家族に、出来る限り、迷惑が掛からないように葬儀社の連絡先や、
今後の手配や、代行してもらいたい事などなどを記録して、家族に伝えていました。

心配した弟(医師)も、遠方から足を運んでくれて診てくれましたが・・
当時、妹たちには「兄貴は一ヶ月持たないかもしれないぞ!」と、言っていたそうです。

出張セミナーなど、二度と出来ないと思っていましたから、
9月23日の静岡セミナーに出張できたことは、ありがたいものでした。

静岡セミナーでは、初めてお会いする方々も参加されていましたが
久々に会った先生方は、私の“激やせ”に、さぞ驚かれたことと思います。


*******

セミナーの方は、例によって、
まずは最新療法である『新・脳波動療法』を中心に行いました。

『リセット伝授』の時、全員の方々に・・
『新・脳波動療法』の感覚も知ってもらうため、私の施術も受けて頂きました。
(参加者も多く、いつもとはかなり時間がかかりましたので)
その間、皆さんの実習時間になりました。

一人ひとりの『リセット伝授』の時、大まかに異常部も確認していますが・・
“実習”で『新・脳波動療法』を受けられた方の場合
(普通なら出てくる)異常が出てこないのを確認できましたから・・
『新・脳波動療法』は、初心者でも簡単に結果を出せると確認することも出来ました。

昼過ぎから、『新・脳波動療法』で、
なぜ“時計回り”と、“逆時計回り”でエネルギーを入れているのか?

逆にやるとどうなるのか?という・・体験会になりました。

体験会を進める中で・・新たな“療法”へ発展していきましたが・・
皆さん、大いに盛り上がったようです。

私も、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

********   *******   *******

【以下、「会員ページ」を読まれていない会員さんへ】
静岡セミナーに行く前日、
慌てて『新・脳波動療法』をまとめた『資料』を作成しました。
(セミナーでお配りした資料には「やり方」を書き忘れて・・その後、書き加えました)
希望される会員さんがおられたら・・資料をメール「添付」してお送りします。

◎10月8日(月・祝):福井教室『伝授・実践セミナー』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html
(福井教室では、ご希望があり次第、随時『伝授&セミナー』を開講します)

氣光整体療法(言霊波動療法):http://www.t-kikou.com
●言霊波動療法“3つの伝授”●
【氣光エネルギー・チャンネル伝授】、
【『言霊波動確認法』のための対話回線伝授】、
【応用法伝授】

“症状の戻りやすさ”と、足指の付き方(足指の形状)と・・・


20日の『実践セミナー』の終わり頃、F先生(女性)から自分自身の相談でした。
何度施術・治療を受けても症状が戻ってしまうというのです。

そこで、≪土台が不安定かな?≫と診て
軽めに『足指の底屈テスト』をしますと・・「痛い!」といって飛び上がります。

すなわち、足指がかなり機能低下を起こして・・人間の土台である⇒
=足指が弱いために筋力を発揮されず、無駄な緊張が全身的に及んでいます。

そこで、足指と、腕力、腹筋力、脚力との関係を知ってもらうために・・
『筋力テスト』を行いますと・・足指を意識しないと筋力を発揮できない状態です。

本人が「私の足指の付き方(形状)が、人より斜めに付いている」と言いますので
改めて、F先生の足指を確認して見ますと・・確かに!

足指が平行に近い状態で並んでいれば、さほどでないのでしょうが・・
足の親指から小指にかけて・・かなりの角度で斜め後ろに並んでいます。
F先生の足指の形状だと、
かなり意識的に足指を鍛えないと、足裏の重心が正常位置に安定しないと診ました。

*******

「症状が戻りやすい原因」、「安定しない原因」の一つとして
親指から小指にかけての『足指の並び方(足指の形状)』が大きな要因になりえると
・・・新たな認識でした。

ここで、十数年も前に、遠方から腰痛で来院した青年のことを思い出しました。

相手が若い男性でしたから・・つい“揶揄(からかい)気味”に
「その腰痛の原因、なんだと思う?・・使ってないね!足を」というと
彼は喧嘩腰になって「俺はサッカーをやっていて、俺の足は誰にも負けない!」と。

私「あぁ!これは言い方が悪かった・・せっかく遠くから来たんだから」と、
ベッドに横になってもらい・・彼の足指をやんわり“底屈”すると
「アイタ・た〜!(痛い!)」と飛び上がります。

そこで、「(彼の大腿部を叩きながら)あなたの“ここ”は立派や、
だけど(足指をつまみながら)ここを使ってないね」と言いますと、
彼は妙に納得して、おとなしく私の施術を受けてくれました。

施術・治療後、彼の腰痛が解消したことを確認して、終わろうとすると
彼からの相談でした。
「俺って、すぐに腰痛になるけど、何かいい方法はないですか?」と。

そこで、とっさに思いついたのが・・二つの事でした。
●一つは、(できれば段差のあるところで)
『足指を使っての、踵上げトレーニング(足指スクワット)』
「別に段差がないところでもイイから、待ち時間でも出来るでしょ!」
●そして、もう一つは、『足指底屈ストレッチ』
「これなら、テレビを見ながらでもできるでしょ!」と、アドバイスしたのです。

面白い青年でした。一週間後、また来院して・・
入室するなりベッドに横になり、「さぁやってくれ!」と。

そこで、前回、悲鳴を上げた程度にやんわり足指を底屈しても、彼は平然としています。
次に、思いっきり彼の足指を底屈しても・・平然としているのです。
「一週間でここまで・・どうしたの?」と聞きますと
彼は私のアドバイスで言われた通り、時間さえあれば続けていたとのことです。

そこで、私は「腰・・痛くないでしょ?」と聞きますと、
彼は「痛くないです」と言いますから、私は「それなら帰る?」と言いますと
彼「せっかく遠くから来たんだから、調整だけでもしてよ!」と(笑)
全身調整後
「(私のアドバイスを)続けていたら、二度と、ここに来なくても済むよ」と。
実際、その後、彼は来ていません。

*******   *******   *******

セミナー・・いつものことながら・・
『言霊波動確認法』や『さざ波療法』や『足指の底屈テスト、底屈ストレッチ』
などなど・・横で見ていると簡単そうですが、結構難しいですよ!
「見ているだけで出来る」と思わないで、(●皆さん黙ってやっているけど)
『言霊(ことだま)を口に出して』“共鳴作用”もシッカリ応用し、
クセを直して、基本をシッカリ身に付けてくださいね。

『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

内臓反射で膝痛の患者さんと「実践セミナー」と

20日、セミナー前の患者さんでした。
自覚症状は、昨日の患者さんと同様の膝痛でしたが・・
箇所が違って、左膝裏痛と左足の甲の外側が“ピクピク”痙攣するようです。

動作確認では、身体を反らすと(背屈時)、膝裏の痛みが強くなるようですが
昨日の患者さん同様、左前腕骨間を絞めて背屈すると・・痛みは軽減します。

仰臥位で、内臓機能低下部を『言霊波動確認』しますと、
副腎・腎臓部が反応してきますので、膝裏の緊張部位を確認した上で
内臓機能の影響をストップして(内臓機能低下部を押圧して)、
膝裏を再確認すると、緊張異常は解消でした。

すなわち、今回のTさん(58歳・女性)の膝痛の場合も・・
●原因は「手から〜」で、(私の『腱・靭帯理論』でいえば)
前腕骨間膜(靭帯)などの緩みから、腕神経叢(交感神経)が緊張して
骨格筋に“命令”し⇒緊張が拡大して⇒肩周りの緊張から、
⇒迷走神経の流れが悪くなり・・⇒副腎・腎臓機能が低下して・・
⇒『内臓反射痛』として『膝痛』が発生していたということになります。

そこで、『腱・靭帯療法』、『副腎・腎臓機能活性化法』、『迷走神経リセット法』、
『新・脳波動療法』等を施して・・自覚症状は解消でしたが・・
(施術中に言いだされたのは)
膝痛になる前に、肺炎に罹って・・まだスッキリしていないとのことで
『言霊波動確認』で、肺の異常個所を検出し、『免疫機能活性化法』にて・・
異常反応が無くなるまで集中施術でした。

終了後、「あぁ!身体が軽くなりました!」と。

結局、今回も、膝痛の個所を確認しただけで、膝を施術することなく
(膝に手を入れないで)・・「膝痛」解消でした。

********   *******

患者さんの治療後・・T県からN先生と、F先生、I県からD先生が参加されて、
我が院での『実践セミナー』でした。

まずは、『リセット伝授』から始め
午前中は、最新療法の『新・脳波動療法』(神経回路の活性化法)で
前頭、頭頂、側頭、後頭などに出てくる・・11の治療ポイントを解説しながら、
それぞれ体験的に受けて頂きました。

昼から、各自、体験実習でした。
また、仰臥位、伏臥位、側臥位での施術・治療も含めて
これまでやってきた内容の復習で・・再確認、再認識されたようです。

*******   *******   *******

9月23日(日)は、久々に・・静岡セミナーに出かけます。

『言霊波動確認法(検査法)』を使って・・
『足底チップ療法』、
『靭帯・腱〜筋膜・骨膜・粘膜・髄膜・・・療法』
『内臓機能活性化法』、
『胸腺&胸腺様組織ネットワーク応用:免疫活性化法』、
『蓄積薬害:解毒・分解・排泄法(デトックス法)』、
『(アレルゲン・ストレス)波動除去法』、
『脳梁・帯状回、神経回路、海馬・・:脳機能活性化法』
『新・脳波動療法』等々進化・拡大中の・・
『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

(内臓反射での)膝痛

Aさん(女性・60代)から、1年ぶりに・・
「先生、(治療・施術を)されるようになりましたか?」と、予約の電話でした。
私の術後を気遣われて、遠慮されていたようです。


自覚症状は、左膝、内側の痛み。
病院のレントゲン検査などでは「異常なし!」との事です。

彼女の足には『(不思議靴下)ヤギ足くん』が履かれていますから
≪原因は「足から〜」じゃないな!?≫と、思いつつ

動作確認しますと
前屈で・・45度以前の角度で、膝に痛みが出てきます。
また、右側屈で動きが悪いですから・・
≪左の「手から〜」が原因のスタートで内臓の働きが悪いかな?≫と、診て

左前腕骨間を絞めて前屈しますと、左膝の痛みは出ません。

そこで、施術ベッドに仰向けで寝てもらい(仰臥位)
左膝の緊張部位を確認した状態で・・内臓機能の低下部位を『言霊波動確認』し、
内臓反射の影響にストップをかけるつもりで、痛みが出ないよう押圧をかけると
左膝の痛みも消えてしまいます。
Aさん“エェーッ!?”という表情です。

そこで、「今年は、猛暑続きで、副腎や腎臓が疲れている人が多いですね」というと
彼女「実は、私、この夏・・熱中症で、病院に・・」と、言いだされました。

********

一番長いという迷走神経(副交感神経系)は
首〜肩〜鎖骨下を通って胃腸など内臓に届いていますが・・
(私の診方では)肩が緊張していると、迷走神経の流れも悪化し、内臓機能が低下します。
彼女の場合、『言霊波動確認』しますと、腎臓機能低下を起こしています。
その腎臓機能低下の“内臓反射痛”として左膝の痛みを発生させていると診ました。

なお、彼女の左肩の緊張は、「左手から〜」が原因でした。(右は差ほどでない)

施術・治療を左手(手掌〜前腕骨間)の靭帯の緩み異常から始め
『腎機能活性化』、『迷走神経リセット』・・『新・脳波動療法』と、進めていき・・

結局、彼女の左膝にはほとんど手を触れずに・・・施術終了後、
動作再確認しますと、彼女「痛くないです!」と。

*******   *******   ********

今日20日、これから・・T県からのN先生、F先生、I県からのD先生と
我が院いて『実践セミナー』です。

セミナーの予定

◎9月20日(木):福井教室『伝授・実践セミナー』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html
(福井教室では、ご希望があり次第、随時『伝授&セミナー』を開講します)

◎9月23日(日):静岡教室『伝授・基礎&実践セミナー』
会場:静岡教室:いっ歩様 http://www.ippo2006.com/

氣光整体療法(言霊波動療法):http://www.t-kikou.com
●言霊波動療法“3つの伝授”●
【氣光エネルギー・チャンネル伝授】、
【『言霊波動確認法』のための対話回線伝授】、
【応用法伝授】

(誰でもできる)パワーストーン類の“充電・リセット”

9月2日『エネルギー療法、スピリチュア・ブームに対する注意・警告』として
http://blog.livedoor.jp/tarikikikou/archives/52058580.html
投稿しましたが、安易にスピリチュアルブームに乗っかると危険です。
私は、その“2次被害”を被って危うく命を失うところでした。

・・・・と、言うことで
自分の周囲に置いたりしている「パワーストーン類」が原因で、
憑依・霊障を受けている人も少なからず来院されます。

パワーストーン類も最初は“浄化作用”が働くようですが・・
マイナスのエネルギーで満たされ許容量をオーバーすると、
マイナス・エネルギーを発生し、浄化どころか、逆に、マイナスに作用し
憑依霊を呼び込んだりする場合も少なからずあるようです。

私は、神仏の功徳でもって“祓い・清め”ますが・・一般の方々には無理な相談です。
そこで、一般の人たちでも、≪マイナス・エネルギーに満たされてしまった・・
パワーストーン類を、再度「充電」して・・
プラス・エネルギーに「リセット」出来る方法はないものか?≫ と。

*******

9月9日『頭がボーっと!・・憑依・霊障とパワーストーン』の続きです。
http://blog.livedoor.jp/tarikikikou/archives/52058812.html

“捨てるつもり”で持ち込まれた沢山のパワーストーン類・・
一つを除いて、すべてマイナスのエネルギーを発していました。
≪お金もかなり払ってきただろうに・・捨てるには勿体ないな!≫と、
そこで・・

現在、我が家では、量子加工して食品の添加物・農薬などの害を無力化できるという
QFS(クォンタムフードサイエンサー)を使っていますが・・
このQFSを使ってマイナス・エネルギーで満たされ、
許容量をオーバーしてしまったパワーストーン類を充電・リセットできるかも・・!?

そこで、試したところ、少し時間はかかりますが、確実に充電・リセット出来ました!

「これなら、Iさんにも出来ますから!」と、QFSを紹介し、
捨てるつもりで持ち込まれたパワーストーン類をIさんに、お返ししました。

価値観によりますが・・いろいろ応用できますから、左程高価なものではないと思います。

QFS(クォンタムフードサイエンサー)はこちら
https://harmonies.theshop.jp/items/11828123

*******   *******   *******

昨夜、家内が言うには・・「今日は、虐待死した子供たちが来ているよ!」と。
≪虐待されたうえに、行くべき世界にも行けないのか!?かわいそうに!≫と
早々に、“お見送り”しました。

益々“怪しい整体師”になっていきますが・・・
一般的な、膝痛、腰痛、肩こりの施術もやっていますよ(苦笑)

『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

白目(眼球結膜)の充血 &【人間は肉体を持った“霊”】

来院される患者さんの中にも、時々
目の白い部分が真っ赤に充血・出血している人が診受けられますが・・
家内も、忘れた頃に、時々、真っ赤にする時があります。

17日朝、顔を洗って鏡を見たのでしょう。
「目が真っ赤になって!」・・嫌だな〜という顔をして目を診せました。

いわゆる白目(「眼球結膜」という部分)が赤く充血して
血管が“浮き出て”いる状態です。

そこで、治療ポイントを調べてみますと・・
蝶鱗縫合のポイント(コメカミ:蝶形骨・側頭骨・顔面骨の縫合部の三叉神経)と
眼窩下孔(目の下にある孔・・眼窩下動脈及び神経の通る穴)に反応してきますので・・
自分で自己治療するように教えました。

昼過ぎでしたか・・「治ったよ!」と、目を見せに・・
私が教えたポイントに加えて、
≪自分で“言霊波動確認”したのか?≫
眼球と後頭部(後頭葉の視覚野)をつないでの、自己治療も加えたようです。

自己治療した結果、数時間後に白目部分の充血が治って大感激したようでした。

*******   ********

【人間は、肉体を持った“霊”である】

人霊や、ペットの霊・・それぞれ“臭い”が違いますね
いい香りの時は精霊のようですが・・

家内の方はますます敏感になり・・
この頃では、ペットの霊だけでなく、子供たちの霊も集まってくるようです。

先日、家内が
「私の周りに、まとわり付く霊がいるけど、そんなときは子供の霊みたい。
さみしいから、待っていられないで、近くに寄ってくるみたい!」と。

(患者さんの“お連れさん”だけでなく)我が家はますます・・
肉体の死後、行くべき世界に往(い)けず、迷い迷って救いを求めてやってくる、
霊達の“駆け込み寺”の様相を呈しています。

≪広範囲に・・全国から“口コミ”されて寄ってくるようです(苦笑)≫

我々夫婦に迷惑をかけず、静かに待っているなら・・一向にかまわないですが、
時々、体の中にまで憑依してくる奴がいます。
そんな時は、「死んでからまで人に迷惑を掛けるんじゃない!
静かに、○○まで、〇〇のところで待っていろ!」と、一喝するのですが・・

*******   *******   *******

「自覚症状のあるところ、原因箇所でない場合の方が多いですよ!」

私は(操体法創始者:故・橋本敬三医師の)『病気・不調の原因は、
その人の“息・食・動・想・環”における生活習慣の中にある』
・・に加えて
『薬害・医原病(含:農薬、食品添加物)』や
『憑依・霊障』の視点でも、診るように努力しています。

*******

『言霊波動確認法(検査法)』を使って・・
『足底チップ療法』、
『靭帯・腱〜筋膜・骨膜・粘膜・髄膜・・・療法』
『内臓機能活性化法』、
『胸腺&胸腺様組織ネットワーク応用:免疫活性化法』、
『蓄積薬害:解毒・分解・排泄法(デトックス法)』、
『(アレルゲン・ストレス)波動除去法』、
『脳梁・帯状回、神経回路、海馬・・:脳機能活性化法』
『新・脳波動療法』等々進化・拡大中の・・

『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

腰痛、肩こり・・「固定不足」の患者さんたち

15〜16日、腰痛、肩こりでの“常連”の皆さん方が続きました。

≪なぜ、腰痛になるのか?≫ ≪なぜ、肩こりになるのか?≫

原因が「手から〜」「足から〜」の場合、
私の仮説『腱・靭帯理論』を活かすなら、
(誰にでも)腰に、肩に、一切、手を触れずに治すことは可能です。

手の使い過ぎや、歩き方の間違いから・・関連する靭帯に緩み異常が生じると
関連する神経節(交感神経の“出張所”)が緊張し、
そこから骨格筋に“命令”が行って、骨格筋が緊張し・・
結果的に「腰痛・肩こり」が生じます。

しかし、●手掌や、前腕骨間・・あるいは、●足裏・甲や、下腿骨間には
骨と骨を横に絞めるべき骨格筋が存在しない為・・骨格筋の緊張は“無駄”になり・・
その緊張が上行して・・
「手から〜」の場合、骨格筋の緊張は、肩〜首・頭、あるいは背中〜腰、
または、胸〜腹部へ拡大波及していきます。

また、「足から〜」の場合、大腿〜骨盤〜腰〜背中〜首〜頭へ・・あるいは、
大腿〜インナーマッスル(腸骨筋・大腰筋)へ緊張が拡大・波及していきます。

ですから、原因個所の靭帯を補強してやれば、交感神経節の“命令”をストップさせ
骨格筋の緊張の拡大もストップするわけです。

すなわち「結果」である、肩や、腰に、指一本触らずとも、
「肩こり・腰痛」は消失するわけです。

●「骨盤矯正」も、骨盤に手を触れることなく、『足底チップ療法』だけでも
骨盤の歪みは正されます。
(その先の原因は足指にあります。これも本人に治す“氣”があれば簡単です)

*******

ただし、転倒して手を突いたとか、手を使い過ぎて・・
一旦緩んでしまった靭帯などの場合、靭帯が元に戻って安定するまで
手を使わない・・というわけにはいきませんから
「(ギブス感覚での)固定処置」が必要になります。
(下腿骨間膜なども同じ理由です)

と、言うことで、今回15日、16日来院の皆さん方の場合
皆さん、『前腕骨間の固定不足』が原因で・・肩こり・腰痛が再発したわけです。

もし、施術・治療後、痛みが解消したことが確認された場合でも・・
数日後に再発するような場合は『固定不足』が原因です。
(今回の皆さんは、2カ月ぶり、2週間ぶり、1カ月ぶり、他の先生の治療後でした)

一旦、緩んだ靭帯が元に戻って完全に安定するまでには、
『ギブス感覚での固定処置』で、2〜3か月の期間が必要です。

●昔の整形外科では、歩けないような捻挫の場合、
“膝下から”『ギブス固定』を1か月半ほど行いました。
この場合、足の炎症部位だけの問題でなく、下腿骨間靭帯にも緩み異常があるからです。
現在はどのような処置を行うのでしょう?炎症部位だけの「固定」と聞いていますが、
現在の医師は靭帯の緩み異常を理解できていないのでは?!?
(レントゲンは勿論、MRIや、CTでは、“靭帯の緩み異常”は分かりませんからね)

*******   *******

これまで、種々の医療用品⇒サポーターや、バンド類を試してきました。
しかし、なかなか気に入ったものは見つかりませんでした。

今一番気に入っているのは、ホームセンターや、作業着専門店で扱っている
(とび職の人たち、あるいは和太鼓の人たちが使っている・・日本に伝わる、昔からの)
『手甲(てっこう)』ですね!

なお、骨と骨の間に靭帯だけあって、骨と骨を横に絞める骨格筋の存在しない個所は
手掌〜前腕骨間、足裏・足の甲〜下腿骨間だけでなく・・
他にも、頭蓋骨、骨盤(仙腸関節)がありますが・・

腱・靭帯の緩み異常⇒交感神経の緊張⇒骨格筋の緊張
(さらなる結果として、リンパ・血流の悪化=免疫力の低下などなど)
昔の日本人は“智慧”として実行していましたね!!

*******   *******   *******

『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

耳詰まり、肩こりと・・

3年前(27年7月)、関西に住む・・息子さんのお嫁さんが、なかなか妊娠できず
(排卵が起こりにくくなる)多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断されたことを心配された
お義母さんが、お嫁さんの代わりに・・
『転写・遠隔治療』を受けられ・・3回目の遠隔で、翌8月に妊娠できました。

3年後の今年9月15日、第2子を妊娠中(6か月目)だというお嫁さんが、
お義母さんに連れられて、2歳の女の子と一緒に来院されました。

全身調整のつもりで来院されたようですが・・
「気になるところはないですか?」と聞きますと、
「肩こりと、左の耳詰まりがある」との事です。

早速、動作確認しますと・・
前屈では異常が出ませんが、背屈で首〜肩に痛みが出て、右側屈で動きが悪いです。
すなわち、左側の動きが悪いので
「耳詰まりは左側ですか?」と聞きますと・・その通りのようです。

そこで、左前腕の骨間を絞めて、背屈しますと・・首〜肩の痛みは軽減します。
(パソコン作業で、左手に負担が掛かるようです)
また、右より、左乳突筋の緊張が強いですが、
左前腕骨間を絞めますと・・乳突筋の緊張はほとんどなくなります。
(『腱・靭帯理論』で説明が付きます)

すなわち、乳突筋は側頭骨の乳突起に繋がっています。
側頭骨には耳孔が貫いていますから・・中耳〜内耳に影響が出ます。
(メニエル病や、メマイ等も、『言霊波動確認法』で、内耳・中耳に異常を確認できます
今回は、耳管の問題で・・耳管狭窄でも耳管開放症でも問題があるようです。)

彼女の左の耳詰まりの原因は、「手から〜」の影響を受けた
側頭骨の歪み異常から、耳管内の気圧の調整が出来ないための様です。

*******

施術を「手から〜」と上肢から始めましたが・・
『ヤギ足くん』を履かれていて、下肢の異常はほとんどなく、
副腎機能低下などもありませんでした。

ただ、『言霊波動確認』しますと・・首〜肩及び、
脳梁・帯状回、頭蓋骨縫合や脳の神経回路などに異常反応が出てきますので
前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉、顎関節などに出てくる治療ポイントを使って・・
『脳波動療法』を施しました。

なお、『尿・生殖隔膜』に多少の異常がありましたから、
集中治療を施しましたので、第2子目も元気な子を出産出来ると思います。

全身調整後・・動作確認での首〜肩痛や、
耳の詰まり感などは解消できたことを確認し、アドバイスして終了でした。

*******

“お連れ様”もいましたが、脅すことになると悪いので、黙って“処置”しました。

*******   *******   ********

私は(操体法創始者:故・橋本敬三医師の)『病気・不調の原因は、
その人の“息・食・動・想・環”における生活習慣の中にある』
・・に加えて『薬害・医原病(含:農薬、食品添加物)』や
『憑依・霊障』の視点で、診るように努力しています。

*******

『言霊波動確認法(検査法)』を使って・・
『足底チップ療法』、『靭帯・腱〜筋膜・骨膜・粘膜・髄膜・・・療法』
『内臓機能活性化法』、『胸腺&胸腺様組織ネットワーク応用:免疫活性化法』、
『蓄積薬害:解毒・分解・排泄法(デトックス法)』、
『(アレルゲン・ストレス)波動除去法』、
『脳梁・帯状回、神経回路、海馬・・:脳機能活性化法』
『新・脳波動療法』等々進化・拡大中の・・

『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html

動悸・空咳(からせき)と、膝痛、第1趾痛、肘痛

久々に、「手から〜」「足から〜」・・『“動”における生活習慣』が原因について

社長のお父さんがお亡くなりになり、重責で毎日お忙しくしている娘さん(45歳)が
14日夜、来院されました。(その前は、お母さんの方が、精神的ストレスから・・)

主訴は、◎右膝痛、◎右第1趾痛(中足趾節関節部)◎左肘痛でした。
(動作確認では前屈すると腰が引き連れるようです⇒「手から〜」が原因でした)

歩く時も右足の親指の付け根が痛い・・というので、
◎右第1趾痛(中足趾節関節部)について診ていきますと・・

足裏の重心が外寄り〜踵寄りになって、
中足骨靭帯(横アーチを形成している靭帯)が緩んで、中足骨の骨間が広がり
親指(第一趾)が、人差し指(第2趾)の下にもぐり始めています。(=外反母趾)

『言霊波動確認』しますと・・拇趾基節骨と、第1中足骨の間の裏側に・・
靭帯〜骨膜の異常が確認されます。
日常生活に差し障る一番の問題ですから、最初に『靭帯・骨膜療法』で集中施術しました。
1分程度集中しますと・・それで歩いても痛みは出なくなりましたので、

引き続き、◎右膝痛の問題です。

膝関節・・大腿骨と脛骨の間⇒内側が、左に比べて右側が狭くなっています。
また、骨盤の歪みもあります。
すなわち、右膝痛の原因は、足裏の重心が外寄りになって、膝関節の内側が狭くなって
半月板の内側に負担が掛かるためです。

さらに、膝関節が狭くなる原因は・・足裏の重心が外寄りになるためですが・・
足裏の重心が外寄りになるのは、足指がシッカリ使われていない為です。
足指を軽く底屈するだけで、かなりの痛みが出ます。
これは、履物を履いた時、踵固定できない・しない習慣が身についてしまい、
足指の機能が低下しているためです。
●足指は親指から小指にかけて斜め後ろに並んでいます。足指が機能低下すると当然!!


足指が機能低下して、足指の付け根に負担が掛かり・・、
足指の付け根に存在する⇒中足骨靭帯に負担がかかり⇒横アーチが消失し、
かつ、外側の中足骨〜足根骨も低下してきます。

そこで、低下している足根骨を上げるために・・・
『足底チップ』を貼り付けて・・数回足踏みしてもらいますと、
(骨格的な歪み)⇒膝関節の歪みも、骨盤の歪みも解消して、正されました。

≪骨盤に触れなくても、骨盤の歪みは正常になるわけですが・・
●「骨盤矯正」の意味ってありますかね!?かっては私もしていましたが(汗;)≫


ところで、原因が「足から〜」で、下肢から施術を進めていき、
続いて「手から〜」・・上肢に移って・・『言霊波動確認』しますと・・
左掌の腱・靭帯の異常や、左前腕骨間膜(靭帯)の異常が確認されますので、施術。

さらに『言霊波動確認』で副腎機能の低下が診受けられましたから、
説明しながら、副腎機能活性化していると・・

彼女は「この頃、時々、胸がドキドキして・・空咳(からせき)も出ます。
病院で診てもらいましたが、別に不整脈でもないって言われて・・」と。

そこで、心臓に関連する神経節を確認しますと・・異常反応が出てきますし
肋間靭帯にも・・骨膜にまで及ぶ異常が確認されます。

●私の診方では・・原因は「手から〜」始まり・・胸にまで緊張が拡大して・・
肋間靭帯の緩み異常から(私の仮説「腱・靭帯理論」で)肋間筋が緊張状態になり
自然治癒力が働いて⇒肋間筋を緩和するために、『空咳(からせき)』が出てくる。

その影響を受けて、心臓をコントロールしている神経節が影響を受けて、
時々、動悸=胸がドキドキする・・と、診ました。

そこで、肋骨部を丁寧に・・骨膜にまで異常が及んでいる部位を
『言霊波動確認』して探し出し・・『靭帯〜骨膜療法』で、集中的に施術しました。

全身調整後、再度、動作確認しますと・・彼女が訴えていた自覚症状は解消でした。
たぶん、ドキドキ症状や、空咳(からせき)も出なくなると思います。

*******   *******   *******

『言霊波動療法』:氣光整体・東陽
http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/index.html
月別アーカイブ
楽天市場
記事検索
プロフィール

がんばる禿坊主

カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ