私は、常々“好転反応”が出るような施術・治療は、未熟な施術だと思っていますが・・
久々にやっちゃいました!

6月25日(土)
先日6月12日(日)の出張治療に出向いた折、
T・Sさん宅で、施術を受けていただいたU・Kさん(66歳・男性)が来院されました。

その時、『(12日に)治療してもらった翌日から2日間は辛かったです。
息子は「“おかしな治療”を受けたからや!」って騒ぎましたが・・
しかし、3日目から今まで以上に楽〜になって、孫と一緒に歩けるようにもなったし」と。

私は、「それは悪かったですね、まだ手が入らなかったところがあったんでしょうね
リンパの流れが悪すぎると・・たまに出る人もいますのでゴメンなさいね!」と。

『「(彼に私の治療を紹介した)Hちゃんからも、Uさんの場合、悪すぎたんや!」
と言われました。』と。
12日の時に、そのHさんからは「重症患者さんですが・・」と紹介された人でした。

兎に角、U・Kさんの症状や病名は盛り沢山でした。

両手とも、親指を除いて、全ての指を機械事故で切断。
狭心症(“ステント”が4箇所に入れられている)、
腎臓機能低下・・これ以上悪くなると“透析”を云々と言われている
糖尿病  高血圧  脳血管など循環器に問題
左肩の痛み疼き、右腰痛などなど

********

今回は、“好転反応”が出ないように・・
ジックリ・・リンパ流も含めて『液流療法』を

しかし、初回から2週間の間がありましたが、アドバイスを実行されていたためか
思っていたよりは・・“結合組織異常”の戻りは少なかったです。

明日は、大阪セミナーへ