先日、常総市役所3階にて、「災害時の畳の提供に関する協定を締結」しました。
ddd
常総市長と。
当店では、「5日で5000枚の約束。」プロジェクトに参加表明しました。
このプロジェクトは、災害時に避難所に新しい畳を無料で届ける支援活動です。
参加表明している畳店が全国に498店(h29 4/4)現在。
届けられる枚数が、8609枚。

記憶にも新しい鬼怒川決壊の時にも、このプロジェクト委員会の皆さんが協力し合い、避難所に指定された体育館へ畳を無償提供して頂きました。

いざ災害が起きた時に、何かお手伝いや支援をしようと思っても、すぐには出来ません。
冷たい体育館に避難されている方々のニュースを見ると、実際我が町でも経験しているので他人事ではありません。
畳屋として支援できる形がこのプロジェクトだと思い当店も参加し協力していく事を決めました。

いざという時に、「畳屋としての想い」を届けたいとおもいます。