いよいよ新年度もスタートしました。
いつも感じるのですが、つい先日がお正月だったような・・・。
1年の4分の1が終わりました。 まさに光陰矢の如し。
歳を追うごとに、月日の流れが速さを増します。


皆さんは、ご存知でしょうか?
畳表は両面使えることを。
表面が傷んだら、畳縁を外して畳表をひっくり返して裏面も使えます。
DSC_1035
右側が今まで使用した表面。左側がひっくり返した面です。比べると分かりますが、これだけ違います。
もちろん畳表の素材や、使用年数、傷み具合によって違いますが、良い畳表を選ばれたお客様は裏返しをしないと損です。
対応年数の目安として、3年・5年ですと新品のように生まれ変わります。

皆さんのお宅に入っているこの畳表は、い草農家さんが2年かけてこの畳表になります。そんな農家さんの想いの詰まった畳表を“表・裏”存分に使っていただきたいと思います。

新年度がスタートした今、お部屋をリフレッシュするのも大切な事です。
32