芦田太郎のブログ

芦田太郎が日々思ったことを書き連ねます。

映画『ルーム』92点

芦田太郎の映画日誌』に書きました。

ここ最近観た映画でベストでした。
圧倒的な演技力と綿密な脚本、
そして繊細なカメラワークで作り上げられた涙無しには見れない傑作です。

映画『オデッセイ』90点

芦田太郎の映画日誌』に書きました。

結局、絶対的不利な状況を打破・打開するのは、
“知識”と“アウトプット”と“ポジティブさ”と、
少しの“ユーモア=余裕”ってのが真理なんだと思う。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』採点不能

芦田太郎の映画日誌』に書きました。

僕にはこの大作を論じる資格がありません・・・

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』88点

芦田太郎の映画日誌』に書きました。

久しぶりのスピルバーグ作品。
これは映画として相当完成度高いです。
笑いあり、涙あり、ドキドキありのエンタメとして付け入る隙なし。
だったらなんで88点なのかって話ですよね。

映画『007スペクター』72点

芦田太郎の映画日誌』に書きました。

誠に勝手ながら、サムメンデス師匠の葛藤を観た2時間半でした。
Twitter プロフィール
就活相談・その他依頼はこちら

名前
メール
本文
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ