徒然なるままに

「無限放送」のDrums本田太郎のブログ。
日々出会う様々な物事について、徒然なるままに書き記す。

一大プロジェクト終了!

2018年4月28日新松戸Firebirdにて

ドキュメンタリー映画「無限放送アメリカツアー2017」完成ツアーファイナル

が無事終了しました。お客さん、共演者、ライブハウス、皆心から温かくこのライブを楽しんでくれ、このプロジェクトそのものがそういった優しさ、応援に支えられていたなあ、と改めて実感した。

約一年に渡る一大プロジェクトでした。いや、思い起こせば行政の補助金を獲得出来ないかと、地元の信用金庫通いの日々を入れると俺的にはおよそ三年間に及ぶプロジェクトでした。

プロジェクトの構想、現実味が帯びて来た段階、いざスタート、中盤、後半、まさかの達成、アメリカツアー。当初はうまくいかない事だらけでした。正直しんどくて途中で投げ出したくなる気になる事も。。。そんな中プロジェクトが進むにつれ、応援してくれる人達の声が増していき、俺達の背中をガンガン後押ししてくれました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ドキュメンタリー映画らしく赤裸々な日々が映し出されています。無限放送の記録のみならず、旅、日常、出会い、そして繋がり。小林監督が意図するアメリカツアーの雰囲気が存分に盛り込まれています。一人でも多くの人に観てもらいたいです。いかんせん6時間17分!流通や上映用に2時間ぐらいで収まる改訂版を小林監督に頼んでいますので、そちらも乞うご期待で!(オサムちゃんよろしく!)

感傷に浸る間もなく、すでに2018年アメリカツアーのブッキングに追われています。時の経つのが年々早くなる。いつまで続けられるか分からないけど、走れるうちは走り続けよう。それしか出来ないし。前進あるのみ!!

ご協力いただいた皆様
本当にありがとうございました!

全て発送完了!

ドキュメンタリー映画「無限放送アメリカツアー2017」DVDの発送終了致しました!

300個近いレターパックの発送はさすがに大変だったけど、その分これだけの人達が応援してくれたんだなあと思うと感慨深いです。本当に、本当にありがとう!!
2, 3日して届かない人がいたら連絡下さいね!


6時間に及ぶドキュメンタリー映画「無限放送アメリカツアー2017」。無限放送のツアーを直で感じられる!熱くなれる!素晴らしい作品です。俺なんかずっとジンときっぱなし。
出来るだけ多くの人達に、少しでもいいから見てもらいたいな。

諸々総括は後日。
明後日からは関西方面ツアーだ!
これで心置きなく向かえます!!IMG_4535

いよいよ発表の時!

ドキュメンタリー映画「無限放送アメリカツアー2017」完成間近!いよいよ最終章です。

クラウドファンディング立ち上げから始まり、努力と応援の末達成した目標額、一ヶ月に及ぶアメリカツアー、そして実際お金を手にするまでの苦悩。2017年はこれに捧げたと言っても過言では無いです。

一ヶ月29本ライブ。日々の行動から移動、ライブそして打ち上げ。毎日毎日積み重ね記録して来ました。
その映像量と言ったら膨大!いや、もはや脅威!(笑)
その脅威と格闘し、見事制してくれたコバヤシ監督。マジで感謝でいっぱいです!!

そしてそんな誇らしい作品をいよいよ皆様に発表する日がやって参りました!

ドキュメンタリー映画「無限放送アメリカツアー2017」完成記念イベント
試写会&スペシャルトークショー
2018年3月4日(日) J-POP CAFE 渋谷 16:30 開場/17:00 開演
渋谷店 店頭販売優待チケット:¥1,500(消費税込)
WEB販売チケット:¥2,000(配送手数料・消費税込)
主催:イシバシ楽器/協力:J-POP CAFE 渋谷
オフィシャルサイト:https://www.ishibashi.co.jp/sale-event/0304_mugenhoso/

「これ見てると本当に一緒にツアーしてる気分になるよ」(コバヤシ監督談)
一ヶ月を。毎日。全ライブ。
そりゃ〜長くなるだろ!本編6時間強の超大作!!たっぷり日数つかって俺達の生き様を見てくれ!!!

とは言え、試写会は時間制限があるので、削って削って4時間上映!
トークも相まって、う〜ん、何時に終わるんだろう。。。17時スタートの22時頃までになるかな。
途中まで見て行く、後半だけ見に来る、ちょこっと顔出す、冷やかしに行く、全然オッケーです!
酒飲んで、ワイワイやって、ああだこうだ言って、出入り自由。
そんな雰囲気でやるつもりです。
そして出来るだけ多くの人に雰囲気だけでも味わって欲しいです。

お気軽に見に来て!待ってるから!

0304

終 一難去ってまた一難

クラウドファンディングのお金がindiegogoからようやく振り込まれました!!

無事に満額受け取る事が出来ました。一カ月半遅れかな。

「違反があるよ」との驚愕の指摘。質問に対して真摯に答えるも二週間は返事が無い。詳細も教えてもらえない。そんなやり取りが続く。イライラ。ツアー終了も近づいており我慢の限界。意を決して怒りのメールを打つ!

速攻返事が返って来た。「進捗あり」の状況を確認。そしてめでたく昨日満額が振込まれた。わ〜い!やっぱりアメリカったらハッキリ言わないと動いてくれない社会なのね。。。

なんにせよ一安心!映画は来年3月をメドに完成を目指します!膨大な量の映像。一体何分でおさまるか。楽しみだ〜!

ツアー最終日!〜ツアー三十一日目

長い長いツアーもようやく最終日。一カ月間走り続けました。ラスト一発ぶちかますぜ!

ツアー最終日はWest Hollywoodでのライブ。Whisky A Go GoやRoxy、Rainbowなど有名なハコが乱立するエリア。

image
そんな場所での最後のライブは「Viper Room」。

キャパ200-250ぐらいの丁度いい大きさ。雰囲気もお洒落。ステージにはカーテンがあり開け閉めでバンドが入れ替わる。

タイムテーブルでは無限放送は二番目の21:30-22:00。ロードインとラインチェックが21:00。

激しく渋滞する地域で、そもそも21:30からのライブに21:00に行くなんて生真面目な俺が出来るはずもなく、誰よりも早く20時前には到着。ロードインの許可が出たので速攻機材を運び込む。

「ステージに乗っけちゃって」

というハコのスタッフの指示で機材を乗せる。私物などは楽屋かDJブースに置けとの指示。本日のヘッドライナー「Metalachi」は事前調べでかなりの大物とわかっていたので楽屋が小さい事もあり、私物はDJブースに置いた。

「じゃあセッティングして」

との指示。え?俺たちトップなの?

「そうだよ」

マジか。順番変わったのかな。もしくは最初のバンドがキャンセルかな。ともかくセッティング開始。

「じゃあラインチェックするから」

って軽く音のバランスをみる。ラインチェック終わったらいきなりカーテンが開いて

「じゃあ始めて」

って。え?え?いやいや、時間まだ20:30前だし。着替えもしてないし。え?え?

葛藤する事数秒。やれ!と言われればすぐにやる方がカッコいいかなあ〜〜〜、、、、と思ったけど思い留ってステージから降りて着替えに行く事に。DJブースで着替えてから店員捕まえて「21:30からって聞いてたんだけど?」

「あ〜、そうだった。スイッチしたから。じゃあ10分後にやって」

急いでストレッチ開始。何とか体をほぐしていると、丁度ロードインして来たバンドが機材をステージに上げ始めセッティングを始めている。こいつらが本来のトップのバンド?店員から説明一切ナシ。取り外された機材を止むを得ずDJブースに持って行く。するとDJブースの私物が投げ出されており

「ここはDJブースだから物なんか持ち込むんじゃねえ」

とDJからの一言。店員から言われたんだと説明するも

「俺には関係ねえ。店員と話せ」

「何っ💢💢💢!!!」

どいつもこいつも◯◯◯◯なヤツら。完全にナメられてる。バカにされてる。怒り心頭。久々の感情。フツフツとパワーが湧いて来る。よし、テメエら見てろよ!

21:00。結局説明無く、一バンド目がスタート。お客さんもようやく集まって来た。そして二番目の無限放送。更にお客さんも集まる。怒りをパワーに変えて!でもお客さんには関係ないのでステージはいつものように楽しくハッピーに!体動くね、キレッキレ!

ライブは盛り上がって終了!お客さんも多く、知り合いも沢山来てくれた。最終日に相応しい素晴らしいライブが出来たと思う。

しかし本当にあそこで始めなくて良かったなあ。全てが台無しだった。ナメられて酷い扱いだったけどやっぱりこっちでは自分でちゃんと主張しないとダメなんだよね。言わなきよ言わないヤツが悪いって世界だから。反省。

それはそれとして良かった事!

image
^羈世またギターもらった〜!今ツアー2本目。ドラム関係何一つもらってませんけど。。。

image
知り合いの知り合いで1970年代にはバンドローディーをやっていたというDaveがものすごく気に入ってくれて近くの寿司屋でビール奢ってくれた!おじいちゃんなのにすごいお洒落さん。とにかくべた褒め。ビューティフルだったよって。

F覇佑いDJがライブ後、わざわざ近寄って来て「素晴らしいライブだったよ」って握手しに来た。「サンキュー!」。和んだ。

悪かった事!

〆埜紊虜埜紊巴鷆慇擇蕕譴拭。。標識の読み違い。頭悪くて嫌になる。。。


諸々あったけど無事全てのライブが終了!オサムちゃん、Seraそして井垣、みんな一カ月間本当にお疲れ様!最高のツアーになりました。そして最高のロードムービーになる事間違いなし!出来上がりが楽しみだ!!
image

ぐるりんぱ〜ツアー三十日目

29日間かけてぐるりんぱ。一周回って帰って来ましたL.A!

image

いや〜、本当に嬉しい!本当に嬉しい!!もうこれ以上車に束縛されなくていいのが本当に嬉しい!!!

も、喜びも束の間、L.Aの交通渋滞に巻き込まれて倍ウンザリ。。。

気を取り直して本日のライブ!California州Anaheim。

image
パンクなハコとして有名World Famous「Doll Hut」。自分で言っちゃってんだから間違いない。

image
その名に恥じぬパンクバンドのオンパレード。全米各地で対バンして来たヤツらのステッカーがそこら中の壁に貼ってある。さすが。

image
盟友、Blue Lion Projectと。

image
最後に激うまタコスで締め。

さあ、残り1本!振り絞って、絞って、で帰る!

飛び出す無限放送!〜ツアー二十九日目

一日オフでスッキリ!そして今日はLas Vegasでのショウ!

今回のハコ「Beauty Bar」はダウンタウンに位置する。素晴らしいロケーション。初めてのハコ。時間もあるんで付近を散策。

image
ラスベガス!

image
ラスベガス!

5回目にして初めてのダウンタウンに興奮!カジノに興奮!トップレスのお姉ちゃん達に興奮!(観光客と撮影してくれる。当然有料。)

はい、おしまい。

本題。今日のライブはBuzzTVというネット配信サイトが撮影に入ってくれた。なんとマルチカメラで撮影、4Kで放送、3Dで360度から見る事が出来るらしい!も、正直なんの事やらさっぱり。。。

詳細は下記アドレスをチェックしてみて!月曜日配信!3D!飛び出す無限放送!!
https://m.facebook.com/buzztv3d

image
で、本番前にインタビューあり。

image
え?なんスカ?

image
とりあえず「イェーイ!!」

image
ライブはバーに隣接する野外ステージで。野外独特の音抜けの良さが気持ちいい。

無限放送はトリ。ライブ開始前に複数台のカメラが俺たちを取り囲む。これで3Dで見れる訳だな。ふむふむ。

ライブスタート!

ドラム前カメラ。ライドシンバルが倒れていきなりカメラぶっ倒す。

「・・・」

井垣の横に設置されたカメラ。井垣の動きに合わせてず〜っと揺れ続けてる。

「・・・」

多分飛び出さないな。。。撮影チームも挨拶なしで帰ってったな。絶対飛び出さないな。。。

image
さて置き!友人達も観に来てくれて本当に嬉しい!

image
ライブ後。デカ!Jamesが買ってきてくれたピザ。もちろんビールで乾杯だ!ありがとう!Las Vegas を満喫!

残すはカリフォルニアの2本のみ!

26日振りのオフ〜ツアー二十八日目

25連ちゃんライブも終了し、待望のオフ!しかもLas Vegas!嬉しい!泣ける。

普段オフなんてやる事なくてぼんやり。そこはLas Vegas!やれる事盛り沢山。まずは玲子ちゃんに手配してもらったチケットで「HUMAN NATURE」を観に行く!
image

オーストラリア出身の男性コーラス4人グループに7人のミュージシャン。ダンサー2人。間近で観れた。柔らかい気持ちになれた。

image
フラッシュをたかなければ写真撮影も可能。

そこから東南アジア料理屋へ。Jamesも合流。

image
近くのTikiバーへ行ってバカデカい器にラムが大量に入ったカクテルを注文。火がついてる。

image
それをみんなで飲み干す。

image
ご機嫌おじさんズ。

その後Jamesの家でビール、ウィスキー飲んでパーティ!※注意(酔っ払って政治の話しはやめましょう。)

泥のように酔っ払って久々の泥酔。気持ち悪ぃ。オフを満喫。残りライブはあと3本!

El Pasoのお熱い夜♡〜ツアー二十六日目

Texas州最後のライブは西の端El Paso。メキシコ国境に隣接しているかなり大きな街。ライブをやるのは今回が初めて。

事前に入り時間を問い合わせても返事なし。Facebookのカレンダー見てもイベントなし。ライブキャンセルの可能性濃厚なれど西に向かう通り道。とりあえずハコに向かってみる。

ハコに到着。ドラムセットを降ろしてるヤツがいるのでショウはある様子。バーテンに問い合わせるも予想通り「無限放送の名前は見当たらない」との事。事情説明するもブッキング担当では無いのでわからない、という通り一遍な答え。23連ちゃんライブの真っ只中。月曜日。休んでもいいよね。テキーラでも飲んでのんびりしようぜ。

「なんかあったの?」

バー入り口近くで飲んでいたスキンヘッドに髭、タトゥーのニイちゃんが声をかけてくる。これこれこうで、と事情説明。

「そうか、大変だったな。まあコーヒーでも飲むか?」

わざわざコーヒーを運んで来てくれる。優しい!聞いてみるとハコの店員でたまたま非番に飲みに来ていたらしい。

「金は一切払えないけどそれでもやりたいか?4バンドいて最初か最後なら出来るかもしれない。オーナーと話してやるよ。」

どうやらライブはダブルブッキングされていた模様。ま、こっちならたまにあるよね。完全にテキーラモードの俺は消極的なれど「やろうや!」の井垣の一言で出演決定。だよね〜!

「そうか、わかった。まだ時間もあるし美味いメキシカンあるけど連れてってやろうか?ついでに俺ん家泊まってってもいいよ。」

マジで?優しい!そして料理美味い!ボリュームもあって食べ応え満点。本当に本当にありがとう!

「じゃあ俺一回家帰るから後でハコで。」


ライブスタート。無限放送は最後にやらせてもらう事に。出番1:15。

案の定客入り悪し。客乗り悪し。月曜夜だもんね。

image
そんな状況なれど、無限放送のスケジュール見て観に来てくれた人がいた。彼女がCentraliaで観たらしく、彼にも絶対行った方がいい!って勧めてくれたとの事。嬉しい!

ショウが始まって間も無く、優しい店員さんが戻って来た。

あれ?そんな感じのピチピチな服な感じだっけ?
あれ?そんな感じの関節の角度だったっけ?
あれ?そんな感じの眼差しだったっけ?

まあまあ置いといて。。。諸々の困難を乗り越えてライブ終了。お客さん10人いなかったかな。でTシャツ6枚は上出来!

そのまま優しい店員さんの家に。綺麗で素敵な家!

image
「我が家へようこそ!自由に過ごしていいのよ。ビールでもワインでも食べ物でも好きにしていいのよ。我が家へようこそ!」

もうここまで来ると全員わかってたけど、完全なオネエキャラ。

出会った時とのコントラストがあまりにも激しくて

あれ?そんな人だったっけ???ってびっくり。

素敵なグラスに赤ワイン、フローズンジョッキにビール。いちいちきめ細かい。

「ダメダメダメダメ!床でなんか寝ちゃ絶対ダメよ!枕にブランケットもあるからちゃんとベッドで寝なさい!ほら、ここで寝るのよ!」

「お腹減ってない?餃子焼くから食べて!」

「あら!オサムちゃん!仕事なんかしてちゃダメよ!もう、膝に乗っちゃうから!」

宴もたけなわ。タッチ増えて来たなあ。お酒も入って上機嫌。ライブも気に入ってくれたみたい。そりゃ気持ちよくなって来ちゃうよね〜。でもすんません。僕らノンケなんで。

El Pasoのお熱い夜は果てしなく続く or something。。。に見えたがギリギリ?のところでSeraが入ってくれてなんとか寝る方向に。最後に投げキッスいただきました!念のため俺と井垣とオサムちゃんは固まって寝ましたとさ。。。

タッチは多かったけどとにかくいい人。何事も無かったし。ははは。見ず知らずの、単なる通りかかりの俺たちにこんなによくしてくれるなんて。本当にありがとうございました!

Peelander Z 祭り〜ツアー二十五日目

日曜日。いい天気。そうだ!野球を見に行こう!

image

って事かどうかは別として、レンジャースの大ファンのPattyの計らいでレンジャース対ヤンキース戦を見に行って来た。

image
一日前なら田中将大が見れたのがちょっと残念。

image
これが有名なめちゃ長ホットドッグ屋。

image
試合途中だがAustinに向かう為Pattyとはここでお別れ。いつもありがとう!また来年ね!


今日のライブはTexas州Austin

「Peelander Z 祭り」

N.YからAustinに移り住んで一年、地元となったAustinでのイベント。楽しみしかない!!

ハコに着くなりPeelander パープルの伊藤君が

「日本食恋しいでしょ?お弁当作って来たから食べて。」

マジで?嬉しい!優しい!そして美味い!

「あご出汁だからね。」

沁みる!格別なお味でした!

全4バンド。
トップは地元Austin「Saint Lo Gun」。和久津晶バリの胸元全開セクシーボーカリストに釘付け!


二番目に「OTONANATORIO」。相変わらずヒカリちゃんドラムうまいなあ。秀逸。釘付け。ケニーの乗せ方も独特。Ramen Warはやっぱコブシ挙げて叫びたくなる。

無限放送やってからの大トリは「Peelander Z」

So Many Mikeからリンボー・ダンス、大縄跳びと客を巻き込む様は圧巻!最高潮のヒューマンボーリングはまさかのステージ上から見る事が出来た。すごいパワー!ハッピー!ピース!客を飽きさせない工夫と根性に脱帽。堪能!

それぞれがそれぞれの手法で異国で戦っている感じは一種独特の連帯感を生みだす。

image
またどこかで会おう!そんな言葉がよく似合うバンド達。いいね。みんなでMad Tiger。


P.S 「OTONANATORIO」へ。伊藤君が作ってくれたお弁当を間違って持ち帰ったのは僕たちです。悪気はなかったんです。美味しくいただきました。はっはっは!ごめんなさい。
  • ライブドアブログ