2000年11月

2000年11月24日

コメント欄について

コメント欄について

 コメント欄の書き込みについては、本文を読み解く上で役に立つと思われないものについては削除されることがあります(もちろん、その判断は私がします)。
 それは反論であるか否かということではありません。反論であっても、意義があると判断するものは本文を理解してもらう上でも役に立ちますので削除などはしません。
 無関係な部分など、本文の趣旨から遠く離れていると感じられるものなどは削除される可能性があります。
 また長い応酬は、こちらで勝手に要約して削除することもあり得ます。

 意見が一見すると食い違っている・反対の立場に立っているように見える方とオープンな場で議論・意見交換をすることは、個人的な経験からすると労力の割に実入りが少ないので避けさせて頂きます。

 Web上でのオープンな議論に意義を感じている方も多いでしょうけれども、私はオープンな形での議論を好んでおりませんので、その辺りはご容赦ください。


 ただ、対話を望まないものとも違いますので、メールフォームからメールアドレスを頂ければ、(こちらの時間次第ですが)メールにて意見を交わすことは構いません。メールでのやりとりの場合には、実りが多いことも多いからです。


トラックバックについて
 基本的には、どこが関係しているのか分からないトラックバックは削除する可能性があります。
 また当方との議論を望んでいるトラックバックの場合にも、上記のようにWeb上での議論を私は望んでいませんので、場合によっては削除いたします。


 「議論をする気がないのなら、コメント・トラックバック機能を使うな」と仮に主張される方がいるのであれば、コメント・トラックバック機能は、情報交換としても意味を持っているということで利用をしているのだと言うことをご理解ください。
 あくまでも、当サイトは、taro個人の主張・愚痴・パフォーマンスの場であり、オープンな議論の場を提供するために存在しているわけではございません(^-^)。