2009年03月

2009年03月24日

【WBC】心臓が痛かった。少年マンガか?


 WBC、決勝戦テレビにかぶりつきでずっと見てました。誇り高きニートの地位を遺憾なく発揮(ニートじゃないってば)。

 この試合展開、どこまで少年マンガなのでしょうか。熱い!。


 小笠原の渋いヒットで1点先制し、ホームランで追いつかれる。あーーーー(-_-;)。

 しかし、イチローの技ありバントに中島のヒットでまたまたリード。2対1、心休まる時がありません。

 その後、8回に内川・稲葉のヒットから岩村の犠牲フライで3対1!!。よっしゃ、勝っただろ!!!。ダメ押しのはず!!。

 しかし、その裏、韓国が一点追加で3対2。全く安心できない!!。


 日本が10本のヒットを打ちながらも3点止まりというのが苦しい。

 100球制限の中、8回まで投げた岩隈の好投を称えたいです。

 そして9回を迎えました。

 9回裏は調子の良さげな杉内に変えて、韓国の右打者に合わせてダルビッシュが登板。



 まさかのドラマが、ここで・・・・。

 立ち上がりの制球が微妙なダルビッシュの悪い癖がまた・・・。4ボールでランナーを溜め、打たれました。韓国に追いつかれました。3対3。

 ・・・心臓が痛くなってきました(苦笑)。 まさしく死闘death。死の闘いと書いて死闘。見てる方すら死にかねない。AEDはどこだ?('◇')。てゆーか、(WBCで日本が勝とうと負けようと)僕の人生とは全く関係ないというところで、これだけ盛り上がるというのが人間の不思議です。


 お互い2勝2敗で対戦という少年漫画のような展開で、ここで延長戦ですよ。

 おいおい、どんだけマンガ的なんだ。完全にベタ過ぎて、むしろボツになってもおかしくないですよ・・・。
 ここまで来たら、5回韓国と試合をするというアホみたいな運営を、むしろ褒めるしかない(苦笑)。だからこそ、ここまで盛り上がったとも言える。


==========
 そして、延長。3対3。

 10回表、もののふJAPANの攻撃です。

 ランナーが二人出たところで、代打で川崎。イチローの弟子でもある川崎がフライに倒れる。ツーアウト。ムネリン、ムネン。


 ここでイチローですよ。この場面で。

 WBC全体では不調だったイチローが相手ということでしょうか、韓国はイチローと勝負します。
 何よりも、韓国で嫌われてるイチローなだけに、ここで勝負を逃げるわけにいかない、絶対に逃げたくないという思いがあったのでしょう。ここを抑えてこそ、韓国にとってはドラマティック!ということか。

 しかあぁぁし!

 イチロー、WBC後半になって調子が上がってきています。今日の試合でも、第一打席から打ち、絶妙なバントヒットを含み、ここまで3安打。あのバントヒットに、かなり韓国は腹が立ったのかもしれない。これぞイチローというヒットでした。

 そして、延長の、この打席でイチローはファールで粘りまくります。
 このファールの粘りでバッテリーは気付くべきでした。WBC始まった頃の不調なイチローではないことに。明らかにイチローのバットコントロールが良くなってることに。

 そして、不調だったイチローが、最後の試合でチームリーダーとして、ここぞ(いや、ここ以外にはない)という場面でのセンター返しの二塁打ぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!! 2点入りました!!!、突き放したぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!。




 死ぬほどマンガだああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!

 マンガばんざーーーーーーーいぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!


 シナリオは完璧ぃぃぃぃぃぃ!!!!(にやりすぎ)。でも泣きそう!!!(心停止)。


 そして、そのまま10回裏を抑え、日本は優勝しました。


 いやあ、感動の熱血マンガでした('◇')。最後のページまで一生懸命読みました。

=========
 原監督、おめでとう。決して戦略性の高いやり方ではなかったと思いますが、最後にダルビッシュにこだわり、不調でも徹底して最後までイチローと心中した。
 でも、ハイレベルな選手が集まっているチームは、そこで意気に感じて活躍してくれるということでしょう。エモーショナルな采配が生きたと言えます(負けていたらボロクソに言われていたことでしょうけど)。

 MVPは松坂でした。ただ、日本側の視点で見れば、やはり安心感というのを含めても岩隈だったと思います。米国と対戦したという事実とアメリカでの知名度が大きかったので松坂だったのかな、と。松坂も本人が言う通り悪いなりの投球で十分に仕事をしてくれたことは事実なのですが。
 横浜ベイスターズファンの僕としては、村田・内川の活躍も嬉しかったです(村田が開幕に間に合わない負傷ということを除けば(>_<))。

 日本は、全体的に守備の良さが印象に残りました。力が拮抗しているチーム同士では守備の乱れが一番の敵です。そこが少なかったことが勝因の一つだった気がします。
 内川は打撃でも活躍したが、今日の守備でのファインプレーは日本を救ったと思う。


 そして何よりもイチローおめでとう。なかなか調子が上がらず、好機に凡退を繰り返し、かなり辛かった状況だったでしょう。それでも、要所要所できっちり決めており、さらに最後の最後に、神が降りてきました(マンガの)。完璧なまでのドラマティックヒット。今シーズンも200本安打達成してもらいたいですね。


 とにかく、僕はWBCを満喫しました('◇')。人生(ニート)って素晴らしい('◇')。


 さあ、次はフィギュアの世界選手権を見るふぃーーゆ!


2009年03月23日

WBC、かなり適当に雑感


 やっべー、吉高由里子の、このバカ狂ってる感じに はまる。
 吉高由里子

 ミニストップのミルフィーユのCMにも出演しています。
こちらとか、こちらで動画が見られます。どっちをクリックしても同じです。

 いちご食べてみるふぃーゆ!。


 いちご食べてみるふぃーゆ!。


 いちご食べてみるふぃーゆ!。


 はい、ご唱和ください(黙れ)。

 この最後の「ゆ」です。みるふぃー「ゆ」!!。
 この舌っ足らずの鼻声ですよ。微妙に裏返りながら「ゆ」!!
 ちょっと質素な感じすらする顔立ちと、このどこから出てるか分からない奇妙奇天烈な声。時代はみるふぃー「ゆ」です!!。

=====
 ということで、吉高つながりですが、WBC見ていますか?。僕は見ています。吉高とは全然繋がってないことは理解していますので、病院には電話しないでいいです。


 さて、WBCで頑張っています、もののふJAPAN(ちょっと違う)。

 キューバ戦では、岩隈の淡々とした投球に惚れました。楽天にいると、そういうものが身につくということなのでしょうか。「周りには何も期待していはいけない、俺が一人でやらなければ」という精神構造ができあがっている(笑)。
 イチローは「チームのために」という精神が見えます。それが、実は駄目なのかもしれません。本来、イチローは、安打製造器として、マシーンのように自分のことに徹した方がいいんじゃないだろうか。そんな風に思います。

 楽天の野村監督はイチローを外した方がいいとも言います。外して負けても、外さずに負けても、原監督はブーイングを受けることはしょうがないのでしょう。
 常識で考えれば、明らかに「不調」な選手を使い続けるのは間違ってる気もするし、とは言え常識で考えたら、そもそもメジャーリーグであんな記録は作れないのだから、常識で考えてはいけないとも言えて、今日は不調でも明日には大活躍してもおかしくない。結局、分析も何も役立たない、そこにあるのは「賭け」だけなんだ、というのが、監督業の辛いところです。
 僕は予言者的な発言は基本的に嫌いです。
 僕らは、見えない明日に対しては「賭ける」ことしかできない。いや、むしろ、「祈る」ことしかできない。ただ、「覚悟」だけはする必要があるけれども。

 イチローを使い続けるという賭けが功を奏することを祈るだけです。

==========
 前回のWBCは1次リーグ、2次リーグはリーグごとの総当たり戦でした。
 総当たり戦も、今回のエリミネーション方式も、一回勝負じゃなくて実力勝負になりやすい複数試合にしていること自体は歓迎です。

 ですが、前回も今回も同様の不満なのですが、1次リーグの1位・2位を2次リーグで分けるべきでしょう。何故同じリーグから出てきた同士で、また勝負するのか。

 アメリカ人のセンスは分からない。

 せっかくの国際試合なのに対戦相手のバリエーションが少なすぎます。2次リーグの場所がアメリカになってるのならば、移動の有利不利などは無いのですから、組み合わせを分けても問題はないはずです。

 そうすれば、今回の二次リーグは
 韓国・メキシコ・ベネズエラ・オランダのグループと
 日本・キューバ・米国・プエルトリコのグループ
 という感じになって、日・韓や米・ベネズエラみたいに何度も同じ組み合わせで試合しなかったはずなのです。
 日本が、キューバ以外にも、ベネズエラやプエルトリコ、メキシコなどと、どういう戦いをするのかも見てみたかったです。韓国とばかり試合をし過ぎでしょうに(苦笑)。

========
 また、1次・2次リーグで1位・2位決定戦は要らなかったんじゃないだろうか。先に勝ち上がった方が1位扱いでいいじゃないか。
 見ていて、二次リーグにおける日本・韓国の1・2位決定戦は、お互い可哀想だなと思いました。正直、一位通過でも二位通過でも、どっちでもいいんです。相手となる米国もベネズエラも強いんですから。どっちが有利でもないし。なら、やらなくていいじゃないか。つーか負けてもいいじゃないか。次の試合の方が大事です。
 だから、ここはお互い手を抜きたい・・・・・・・なのに、手を抜けない('◇')。お互い、国内がうるさいからです(苦笑)。負けたら、本国で何を言われるか分からない。だから全力で戦わないといけない・・・。いや、お互い、微妙につなぎの先発投手で戦っていたので、ある意味手抜きはしていたわけですけど。

============
 前回はベスト4はドミニカ・キューバ・日本・韓国でした。
 今回は、ベネズエラ・米国・日本・韓国。二大会ともベスト4に進出したのは日本と韓国です。少なくとも、この辺りの国々は力が拮抗しているということではないでしょうか。サッカーの日本の弱さと異なり、野球に関しては日本は強豪国と言っていいと思います。なので、いいかげんアメリカへのコンプレックスを捨て、メジャーにばかり目を向けないで日本で選手が頑張って欲しいな、と。


 さあ、6時間後には準決勝で米国と対戦です。準決勝で韓国がベネズエラを破ってしまいました。ここまで来たら、日本も、ベネズエラに負けたアメリカに負けてる場合じゃありません。
 韓国とは、今大会だけで四回も試合しました。同じ対戦相手と4試合も一大会の中でやることがアホみたいです。とりあえず、まるで出来すぎの(しつこい)少年漫画のように、イーブンで舞台は準備されています。2勝2敗です。ここは米国に勝って、決勝に進まなければいけません。そうでなければドラマとして成立しません。そして、決勝で韓国を撃破して優勝して欲しいです。

 負けたら終わりです。負けたら決勝前にベネズエラと三位決定戦をやるんだと思ってました。
 1次リーグ2次リーグで一位・二位決定戦をここまでしつこくやるのに、決勝トーナメントで、三位決定戦はやらないんかい!('◇')。
 やっぱりアメリカ人のセンスは分からない。


 6時間後、日本がアメリカに勝つところを見たいです。ところで、いつ代打で、あぶさんが出るのかと思っていたら、いつの間にか、先日、あぶさんは62歳で引退していました。どうりでWBCに出ていないと思った('◇')。

 さあ、準決勝です。みんなで、日米戦を見るふぃー「ゆ」!!(いいから黙れ)。


2009年03月07日

おじいぃちゃあぁぁぁぁん


 「やっべ、寒くするの忘れてて暖冬になりすぎちゃったよ」と、天界のおっさんがつぶやいたのか、年度末調整のごとく辻褄合わせに寒くなっていた三月初旬。いかがお過ごしでしたでしょうか。三月に雪まで降らせやがって、おっさん、必死だな。


=========
 空港にて、叫び声が聞こえる。

おばあーぢゃーーーん

おじいぃぢゃーーーん

おばあーぢゃーーーん

おじいぃぢゃーーーん



おばあーぢゃーーーん


おじいぃぢゃーーーん



お゙ばあ゙ーぢゃ゙ーーーん゙

お゙じい゙ぃ゙ぢゃ゙ーーーん゙

 おじいちゃん、おばあちゃんが死んでしまったかのような悲痛な叫び声。

 これから おじいちゃん達がどこかに行ってしまうのかと思えば、逆。

 おじいちゃん、おばあちゃんは見送りする側で、向こうに4歳ぐらいの女の子が連れられていきます。
 泣きながら叫んでいます。おじいちゃーーーーーん、おばあちゃーーーーーん。

 東京のじいさん・ばあさんのところに遊びに来ていて、これから地元に帰るというところでしょうか。
 おじいちゃん達が旅立つのであろうと、自分が旅立つのであろうと、お別れには違いないのですが、どんだけ じいちゃん・ばあちゃんのことが好きなんですか。これから死出の旅路?。相当、悲痛でアグレッシブな叫びですよ。
 むしろ、これから、この子は内蔵でも売られるんじゃなかろうか?と思わせるぐらい。しかし、見てみれば、普通の身体の小さいお母さん(であろう人)に連れられています。しかも乳飲み子まで抱えていますよ、お母さん。

 いや、あれで内蔵の販売業者さんだとしたら、どう見てもお母さんなので、えらい上手なカムフラージュではあります。まあ、逆に、連れてるのが黒スーツでサングラスの外人だったら、怪しすぎて誰かが止めてるでしょうけど。

 これだけお別れの際に泣き叫んでくれるのであれば、じいさん、ばあさんも本望でしょう。こんなに慕われれば、もう冥土に行ってもいい。心おきなく逝けそうです。いや、むしろ、これだけ呼ばれたら、三途の川をバタフライで戻ってきてもおかしくない。フェルプスばりに。


 まあ、母親は気の毒です。泣き叫ぶ子供を連れて行く・・・。
 「私って、もしかして人さらい?」という気分になっているでしょう。

=============
 孫ってのは、基本的に じいさん、ばあさんに懐くものなのでしょうね。

 突然、犬の話ですが。
 僕が子供の頃、うちの飼い犬は、僕の親が、ちゃんとしつけていました。しかし、新しい犬に関しては、僕が大人になり、しつけをするせいか、逆に親のしつけが甘い甘い。
 食べさせちゃ駄目だってものをあげるし、怒るべきところで、「いいよいいよ」って(苦笑)。あー、孫って、こんな感じに甘やかされるんだろうな、と思ってしまいます。

 とは言え、子供の「認証」は複数の大人から与えられる方がバランス良くなります。接する大人の数は多いにこしたことはないのです。厳しいことを言う人、甘やかす人、勉強しないと怒る人、遊ぶ方がいいんだよと言う人、そういう複数の大人達が持つ異なった価値観に接することで、バランスの取れた世界を構築していけるのです。まあ、価値観の多様性を見せることが重要なので、単に甘やかされすぎになるのは決していいものでもない。ってことで、じいさん・ばあさんにも節度があるべきだとは思いますが(-.-;)。

=============
 女の子は連れられていきます。それでも、いつまでも遠くから聞こえてきます。

おばあーぢゃーーーん


おじいぃぢゃーーーん

 「じいちゃーーん・ばあちゃーーん」の永遠のリフレイン。
 叫んでいます、リフレイン。ユーミン並に。


 周りの人たちも彼女のことを見ています。

 ニコニコと見ています。

 彼女は、周りに微笑みをもたらしながら、遠くへと去っていきます。皆が温かい気持ちになりました。ありがとう。ありがとう。ありがとうのリフレイン。


 本人とお母さん(人さらい)だけは、それどころじゃなかった感じですが。