2011年03月

2011年03月16日

クリーンエネルギー、かっくいい。

(1)そんな場合か?と思うので、このタイミングで原発絡みで過剰な恐怖を煽ることや、政治的なことを述べるのは賛同できないのですが、一部では、そういう意見や対立も出てきているので軽く(僕は、特段、原発推進派でも反原発派ではありません)。

(2)原発の安全性は、そこそこ信頼できるものだと思っています。40年も前の技術が想定を遙かに上回る地震でも、被害がこのレベルで済んでいることは称賛に値する。ただ、当然安全性は「完璧」ではない。生じるリスクや恐怖を考えた時に、あえて原子力発電でなければならない必要性がないのは事実。

(3)もちろん、電力不足を主張する人は出るでしょう。しかし東電自身が火力発電がフル稼働していれば足りると言ってました。電力を消費しなければいいんだ、というエコ論は、僕は述べる気はありません。長期的には困難でしょう。「経済」を考えることを無視できないからです。

(4)そこで代替エネルギーです。代替エネルギーでは無理?。本当でしょうか。原子力利権などの妨害もあり、予算が不足していることが問題なのです。国を挙げての協力をすれば可能なはずです。その見積もりについて国家的に取り組まれたことはないので、不可能と断言することには疑問です。

(5)騒動が収まったら、民主党は、代替エネルギーについて、国を挙げて取り組む姿勢を示したらいいのです。パフォーマンスではありますが、原発は自民党の負の遺産であるというのを前面に出して。今回の件で、国内的にも国際的な理解も得られやすいでしょう。

(6)代替エネルギーは、エネルギー効率は原子力には負けるでしょう。それ故に設置に金がかかる、開発に金がかかる、ということになる。しかし、むしろ、金がかかるぐらいの方がいい。金を注入しましょう。国家事業として。公共事業ぐらいのつもりで。今回の事件で理解も得られやすいはずです。

(7)いまどき公共事業で景気浮揚かよ、というのもありますが、景気というのは、電圧とかポンプの力と一緒で、金の量ではなく、「金を回す力」です。しかも、「放射能にまみれた」と海外に風評が広まってしまった状況です。国内で金を回さないといけない。東北の復興のためにも景気が重要。

(8)日本の技術力があれば、本気になれば代替エネルギー産業を軌道に乗せることは可能です。代替エネルギーの方法論を世界に輸出することを目指すということで、説得力もあります。「日本は原子力で苦労したから、代替エネルギーの開発技術が素晴らしい」という国際アピール。カッコイイ。

2011年03月14日

サスティナブルな救済のために

昨日の募金についての話はこちら
  ↓
http://blog.livedoor.jp/taro_scrambled_eggs_26/archives/52770823.html

 いまテレビでやっているような情報は、もうあまり要らない。関心が無くならないようにすることも重要だが、似たような情報でお腹いっぱいだと無関心どころか嫌悪する人さえ出てくるから。テレビはもっと寄付をよびかけたり、被災地の人にとって具体的に役に立つ情報を流すか、通常放送を織り交ぜるかにしたらいいのに。

===引用===
ごめんなさい。被災地から言わせて下さい。だから、原発の計測状況なんて聞いてても仕方ないんです。ひとつの放送局で結構です。被害の爪跡なんていうドキュメンタリーも結構です。 避難所の、炊き出しの、給水所の、被災者への情報を下さい。

全TV局へ。すいませんが被災者にインタビューとかしてる映像は今はいらないので、給水所が何処だとか給水所が今どんな状況だとか(待ち時間等)トイレはどこが使えるとか電気はどこに行けば使えるとか等々、そう言う情報をください。お涙頂戴の映像はいりません。そう言うのは後で流して下さい。
===引用終わり===
 また、テレビが見られる被災地の子供の精神安定のためにも、娯楽番組もやって欲しいという声も聞こえてる。
(とはいえ、テレビ批判のために声高に噴き上がるべきだと言っているわけではない。こういう時は何よりも、そういう噴き上がりは慎むべきだ)。


 一般人ができる救済としては、捜索や物資配給が終わった後、復興のために募金することこそ重要だ。一ヶ月後、三ヶ月後、半年後、一年後だ。
 しかし、その頃にマスコミと被災地外の人間は関心を失ってる。飽きっぽい忘れっぽいのは日本人の悪いところ。
 今は息切れしないよう、サスティナブル(持続可能・継続可能)な救済のために、通常運転にシフトしていくべき。「祭り」で終わらせてはいけない。
 通常の生活を楽しんだところで、ネット上で時折見られる「不謹慎」などということは考えなくてもいいだろう。助かった地域は、助かったことの幸運を大切に噛みしめて人生を謳歌すればいい。可能な限り日常生活に戻ろう。

 通常の生活をと言っても、関東は停電とか電車が動かないとか大変といえば大変。電車動かないとか、移動が混雑してるとか、イライラする原因かもしれない。
 でも気持ちを穏やかに保ちたいな。「世界にはもっと不幸な人がいるんだから」形式の物言いは大嫌いだが、さすがに、この地震の直後ぐらいは、自分の幸せを噛みしめて交通機関の乱れぐらいは面白がる余裕を持ちたい。

 現状で関東地方では節電(ヤシマ作戦)やマイカー利用自粛は重要だけれども、景気を冷やすことを推奨するべきでもない。ただ、景気を冷やさないでいようとすると、電気を使うことも多いのが難点だけれども。


 とりあえず、繰り返しになるけれども、今も、半年後も、最優先で一般人が具体的にできることは、
(1)義援金を寄付する
(2)寄付を周囲に呼びかける
(3)「寄付を呼びかけて!」と呼びかける
 という三つ。

 http://matome.naver.jp/odai/2129989217646489401
  ↑
 義援金まとめ ネット上でも簡単に寄付できます。

2011年03月12日

ポキン募金ぼきん

 先月の給料を、募金に まるっと寄付してみました。

 「やらない善より、やる偽善」(’◇’)。


 東北地方太平洋沖地震【支援方法・義援金・募金まとめ】
http://matome.naver.jp/odai/2129989217646489401

 一般人の僕らができること。
(1)寄付すること
(2)寄付を周囲に呼びかけること
(3)「寄付を呼びかけて」って呼びかけること

 (2)と(3)は、(1)より簡単にできます。

 情報拡散・節電・献血・祈るとかも重要ですが、とりあえず、誰でも簡単に効果的にできることは募金に寄付することではないでしょうか。
 それこそ、現地に赴くことはできないし、行っても役に立たない。
 一般人からの援助は物資よりもお金らしい。誰でも募金ならできる。
 そして、プロが活用してくれる。


 YAHOO、民主党、goo、mixi、nifty、24時間テレビ、ホリエモン、あちこちで募金に寄付できます。ネット上からカードとかでも。
 災害救助という意味ではホリエモンが呼びかけてるCIVIC FORCEが一番即効性があるのか?。与党なので民主党に寄付も即効性がありそうということで、僕は、民主党に寄付しました。あと赤十字に行くらしいyahooにも寄付しました。

 ただ復興にこそお金が必要なので、後に窓口が設けられてからの地方自治体への直接の寄付も必要でしょう。

 皆さんも、周囲に呼びかけを(’◇’)。


 あと、元気が出るtweetsまとめ
http://ideapad.jp/d9385fb4/show/
   ↑
 こんな時になんだけれども、いい国だな、と思えます。


 献血も必要らしいよ。
 でも、今、殺到するよりも、今後数週間日程をずらしての献血も重要らしい(保存が利かないから)。
 
 あと、全国の被災地外の病院から医師・看護師等が交代で派遣されるかもといことで、人員不足なので病院の御利用は控えめに、という情報も。

マイカーの利用も控えましょう。物流のガソリンが足りません。自衛隊などの移動の邪魔にもなりますから。