2006年04月04日

脳の体操?


 暇つぶしに首都を覚えたりしていた。
 ソ連もユーゴも僕に承諾無しに勝手に分裂するなよ、という気分になった。

 キルギスの首都はビシュケクである。ガンダムの新型モビルアーマーか何かみたいな気がするが首都なのだ。


 「キルギスの首都はビシュケクだよ」という知識が一体、いつ、どういうシチュエーションで役に立つのか・・・。想像してみよう。



敵 「次の質問に答えられなければ、両親を殺すぞ」

太郎「なにぃ!?」

父母「太郎、助けて!」


敵 「いくぞ!。キルギスの首都は?!」

太郎「・・・・半分当たったら、母親だけでも助けてくれ」

敵 「・・・いいだろう」


太郎「ビシュ・・・」


敵 「・・・それで終わりか?。それでは半分だ。母親しか助けられんぞ」

太郎「残りも知ってるけど、ここまででいい」

父 「太郎ぉぉぉぉぉぉぉぉ(血涙)」

 と、父親にいやがらせをするということ以外に、有用性を見出せない。
 そもそも敵って何?という聞いてはいけないクエスチョン。



 ・・・もう少し身近なレベルで考えるとするなら、合コン?。



 女のコが、「タジキスタンの首都って知ってる?」って聞いてくる。
 そこですかさず「ドゥシャンベだよ」と仮面ライダー1号なみに颯爽と答える。キラリ。
 ・・・そんな情景が、君には想像できるか?。


 そもそも、女のコの口から「タジキスタン」という難解な横文字が出てくることが想像出来ない。ついでに言えば、合コンに居る女のコがタジキスタンを国と認識しているはずがない。下手すればロンドンやパリが国だと思っているようなコが来ている方が自然だ。故に、女のコがタジキスタンの首都を聞いてくるということ自体が僕のイマジネーションの域をハイパーに超えている。


 では、男が、その質問をするとしたら?。
 ちなみに、まず僕はしない。
 「タジキスタンの首都って知っている?」なんて質問を振るような合コン的に誰からも歓迎されないようなイタタタなタイプの男が居たら、その合コンは不毛の砂漠であろう、タジキスタンだけに(タジキスタンの僕のイメージは砂漠だが、間違っているかもしれないけど許せ)。
 まあ、そんな質問を振るような蘊蓄男は合コン的に歓迎されないどころか、職場でもディズニーランドでもアラスカでも歓迎されないタイプだ。歓迎される場所がタジキスタンぐらいしか想像できない。いや、日本で「日本の首都って知ってる?」って質問をするヤツはいないので、タジキスタンでも歓迎されそうにない。

 かと言って「山手線ゲーーーーム!、『スロバキアの首都』」「ブラチスラバ」という構図を想像することも難しい。ゲームとして成立してないし。

 とすると、僕の「トルクメニスタンの首都がアシガバットである」という知識も披露する機会は無いということだ。「足がバット」な情景を想像しながら覚えた、この知識が無駄になるわけである。グルジアの首都がトビリシであり、スロベニアの首都がリュブリャナで、リトアニアの首都がビリニュスだということも、全く使い道がない。一応、言っておくと、この文を書くために地図を確認はせず、記憶に頼って書いている。僕の記憶力がどれだけ弱いか知っている人は これだけ覚えるのに どれだけ苦労したか分かってもらえると思う。


 ということで、この文章ぐらいしか使い道が思いつかなかったので書いてみた。一生行くことのない都市の名前を覚えるぐらいなら、ガンダム全シリーズのモビルスーツの名前でも覚えろと自らに説教しながら(説教の方向も間違ってます)。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しのすけ   2006年04月20日 23:31
すごく心惹かれる記事の内容でした。
僕は大学の専門が地理学科だったのでほぼわかります。
地理学科は変人が多いですから、世界で一番長い都市名とか意味不明に知ってる奴がゴロゴロしてますよ。
かくいう自分もその一人ですが(爆)
地理学科の女性なら心ときめかせて聞いてくれるかもしれません。
というか僕なら嬉々として話が盛り上がってしまうかと。
それどころか負けずにいろいろな首都名を言い出してバトルになる可能性もありますが。
この話題は女性が地理学科の場合は有効かと思われます。
どういう風に思われるかはわかりませんが・・・。
2. Posted by taro   2006年04月21日 04:02
なるほど、こういうのを専門としている業界もあるのですね。
確かに法律業界にも、それなりに専門話で盛り上がったり、法律用語をネタにした冗談とかがあります。端から見たら、今の何が面白かったのか分からないみたいな(-.-;)。
とは言え、地理を専門としている集団に乱入する機会は無い気がするので、やはり、キシニョフ(モルドバ)も、アスタナ(カザフスタン)も、お蔵入りになりそうです。おぉ、まだ覚えている(自分で驚いてどうする)。
つーか、地理学科の女性が相手の場合は、それはそれで、そんなこと今更自慢されてもバカじゃねーの?という風に思われる気がしてならない(-.-;)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔