2006年08月15日

靖国の話の前提として

 時間のある方は、以前の戦争装置靖国神社の参拝問題も読んでみて頂ければ幸い。




 議論の余地の無い話を、同意しうる人にのみ向けて言葉を語る。
 この問題に対して興味はあるが、紡ぐ言葉を持たない人に向けて語る。



 「戦争で死んじゃった人全員を供養するんでしょ?、何がいけないの?、難しいこと言うなよ」という素朴さで靖国参拝を肯定するのであれば、そういう人達は、そういう人達で僕はいいと思っている。


 でも、積極的に靖国神社参拝を肯定している人達は、大抵が靖国神社に誰が祀ってあるのかを知っているし、そのことを積極的に肯定している人達だ。


 靖国で供養されるのは、戦争で犠牲になった全ての日本人ではない。空襲で死んだ人も、飢えで死んだ人も、戦争に反対して獄中死した人も含まれてはいない。


 祀られているのは誰か。
 「国のために戦い死んだ人」である。


=====================

 「国にために戦争に行った」ことを、国として優遇してはいけない。

 国のために戦争に行って散ったことを「特別扱い」をしてはいけない。




 「国のため」が全て駄目だというわけではない。

 たとえば、警察官が犯人逮捕しようとして凶弾に倒れたということや、消防士が救助のため火事の中に飛び込んだことを、国として勲章をあげるなりということが悪いとは言わない。



 しかし、そういうことと「国のために戦争に行く」こととの間には大きな飛躍があることを認識しないと、あまりに危険だ。

 「愛国心」というもの自体が、相当に気持ち悪いものだと思うが、「愛国心」という時に、何よりもいけないのは何らの具体性もなく「国のため」という得体の知れない概念だけで命を賭してしまうこと、これが「愛国心」と呼ばれるものの中で、最も危険な愛国心だ(ちなみに、愛国心推奨派は、こういう愛国心を最も尊ぶ)。



 戦争というのは、「具体的な守るべきモノ」がない振る舞いである。


 戦争に行くことで、具体的に家族が守られるということでもなく(結果的に守りうるかもしれないが)、誰かの命を守るというための行動ではないのだ。
 あくまでも抽象的で得体の知れない「国家のため」に行動を起こし、そして、(自分の命を失ってでも)顔の見えない「他国の誰か」を殺しに行く犯罪行為なのだ。


 これを、肯定していくことに、僕は強く躊躇を覚える。


===================
 「世界では、戦死した軍人を慰霊するのは当然だ」という、「お隣の家ではやってるから」という理論に、僕は与しない。


 どんなに理念を言っても、具体的に戦力が・軍事力が必要になる場面が今の世界であることを僕は否定しない。
 だから、憲法9条をお題目に、軍隊を完全に破棄できるなんて思っていない。


 それでも、理念としての9条の重要性を考えれば、戦功・武功・戦士を称える「制度」を肯定してはいけないのだ。「平和」を理念として掲げるのであれば、戦争装置である「戦死した軍人の慰霊」を制度として肯定してはいけない。



 以前にも言った通り、空襲の被害者も、原爆の被害者も、獄中死した反戦家も、戦争に行って死んだ人も全て含めて、「戦争の被害者」として慰霊するということなら、僕は反対しない。

(もちろん、その際には、一宗教法人である靖国神社がやっていいことではない。もう一つの理念である「政教分離」も守られなければならないのだ。)


 自分に関係のある人間が戦争に行って死んだということで、個人が靖国を詣でることも僕は止めない。そういう人が、「あの人は、お国のために立派に勇敢に闘ったんだ」という風に思うことを止めようとは思ってない(個人的には好かないが)。


 しかし、戦争に行って死んだ人を特別に国が慰霊することには、全く賛同できない。

(「最も騙されてしまった人達」という趣旨で慰霊するのなら別だが、そういう趣旨ではないだろう)

==============================
 「平和のため」というなら、靖国が歴史的に国のために勇敢に戦争に行く人を生み出すために機能してきたという事実に目を背けていいはずがない。


 靖国神社が打ち出している「歴史」を知っているのだろうか?。
 あの大戦を「聖戦」と言っているのだ。
 少なくとも、小泉首相が、それを知らないはずがない。
 彼は、その上で参拝をしている。
 そんな靖国の歴史観を知りながら、むしろ積極的に肯定しながら、「公式に首相としてのインタビュー」で中国に文句を言いながら、「公約通り」に参拝をしている。



 「私的」とは、かくも広き言葉だったとは、日本語とは難しい。



 僕の意見はシンプルだ。
 戦争を鼓舞する装置を、称揚してはいけない。
 これに尽きる。

続き?:靖国参拝にまつわる諸々(クリック)


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔