2009年03月23日

WBC、かなり適当に雑感


 やっべー、吉高由里子の、このバカ狂ってる感じに はまる。
 吉高由里子

 ミニストップのミルフィーユのCMにも出演しています。
こちらとか、こちらで動画が見られます。どっちをクリックしても同じです。

 いちご食べてみるふぃーゆ!。


 いちご食べてみるふぃーゆ!。


 いちご食べてみるふぃーゆ!。


 はい、ご唱和ください(黙れ)。

 この最後の「ゆ」です。みるふぃー「ゆ」!!。
 この舌っ足らずの鼻声ですよ。微妙に裏返りながら「ゆ」!!
 ちょっと質素な感じすらする顔立ちと、このどこから出てるか分からない奇妙奇天烈な声。時代はみるふぃー「ゆ」です!!。

=====
 ということで、吉高つながりですが、WBC見ていますか?。僕は見ています。吉高とは全然繋がってないことは理解していますので、病院には電話しないでいいです。


 さて、WBCで頑張っています、もののふJAPAN(ちょっと違う)。

 キューバ戦では、岩隈の淡々とした投球に惚れました。楽天にいると、そういうものが身につくということなのでしょうか。「周りには何も期待していはいけない、俺が一人でやらなければ」という精神構造ができあがっている(笑)。
 イチローは「チームのために」という精神が見えます。それが、実は駄目なのかもしれません。本来、イチローは、安打製造器として、マシーンのように自分のことに徹した方がいいんじゃないだろうか。そんな風に思います。

 楽天の野村監督はイチローを外した方がいいとも言います。外して負けても、外さずに負けても、原監督はブーイングを受けることはしょうがないのでしょう。
 常識で考えれば、明らかに「不調」な選手を使い続けるのは間違ってる気もするし、とは言え常識で考えたら、そもそもメジャーリーグであんな記録は作れないのだから、常識で考えてはいけないとも言えて、今日は不調でも明日には大活躍してもおかしくない。結局、分析も何も役立たない、そこにあるのは「賭け」だけなんだ、というのが、監督業の辛いところです。
 僕は予言者的な発言は基本的に嫌いです。
 僕らは、見えない明日に対しては「賭ける」ことしかできない。いや、むしろ、「祈る」ことしかできない。ただ、「覚悟」だけはする必要があるけれども。

 イチローを使い続けるという賭けが功を奏することを祈るだけです。

==========
 前回のWBCは1次リーグ、2次リーグはリーグごとの総当たり戦でした。
 総当たり戦も、今回のエリミネーション方式も、一回勝負じゃなくて実力勝負になりやすい複数試合にしていること自体は歓迎です。

 ですが、前回も今回も同様の不満なのですが、1次リーグの1位・2位を2次リーグで分けるべきでしょう。何故同じリーグから出てきた同士で、また勝負するのか。

 アメリカ人のセンスは分からない。

 せっかくの国際試合なのに対戦相手のバリエーションが少なすぎます。2次リーグの場所がアメリカになってるのならば、移動の有利不利などは無いのですから、組み合わせを分けても問題はないはずです。

 そうすれば、今回の二次リーグは
 韓国・メキシコ・ベネズエラ・オランダのグループと
 日本・キューバ・米国・プエルトリコのグループ
 という感じになって、日・韓や米・ベネズエラみたいに何度も同じ組み合わせで試合しなかったはずなのです。
 日本が、キューバ以外にも、ベネズエラやプエルトリコ、メキシコなどと、どういう戦いをするのかも見てみたかったです。韓国とばかり試合をし過ぎでしょうに(苦笑)。

========
 また、1次・2次リーグで1位・2位決定戦は要らなかったんじゃないだろうか。先に勝ち上がった方が1位扱いでいいじゃないか。
 見ていて、二次リーグにおける日本・韓国の1・2位決定戦は、お互い可哀想だなと思いました。正直、一位通過でも二位通過でも、どっちでもいいんです。相手となる米国もベネズエラも強いんですから。どっちが有利でもないし。なら、やらなくていいじゃないか。つーか負けてもいいじゃないか。次の試合の方が大事です。
 だから、ここはお互い手を抜きたい・・・・・・・なのに、手を抜けない('◇')。お互い、国内がうるさいからです(苦笑)。負けたら、本国で何を言われるか分からない。だから全力で戦わないといけない・・・。いや、お互い、微妙につなぎの先発投手で戦っていたので、ある意味手抜きはしていたわけですけど。

============
 前回はベスト4はドミニカ・キューバ・日本・韓国でした。
 今回は、ベネズエラ・米国・日本・韓国。二大会ともベスト4に進出したのは日本と韓国です。少なくとも、この辺りの国々は力が拮抗しているということではないでしょうか。サッカーの日本の弱さと異なり、野球に関しては日本は強豪国と言っていいと思います。なので、いいかげんアメリカへのコンプレックスを捨て、メジャーにばかり目を向けないで日本で選手が頑張って欲しいな、と。


 さあ、6時間後には準決勝で米国と対戦です。準決勝で韓国がベネズエラを破ってしまいました。ここまで来たら、日本も、ベネズエラに負けたアメリカに負けてる場合じゃありません。
 韓国とは、今大会だけで四回も試合しました。同じ対戦相手と4試合も一大会の中でやることがアホみたいです。とりあえず、まるで出来すぎの(しつこい)少年漫画のように、イーブンで舞台は準備されています。2勝2敗です。ここは米国に勝って、決勝に進まなければいけません。そうでなければドラマとして成立しません。そして、決勝で韓国を撃破して優勝して欲しいです。

 負けたら終わりです。負けたら決勝前にベネズエラと三位決定戦をやるんだと思ってました。
 1次リーグ2次リーグで一位・二位決定戦をここまでしつこくやるのに、決勝トーナメントで、三位決定戦はやらないんかい!('◇')。
 やっぱりアメリカ人のセンスは分からない。


 6時間後、日本がアメリカに勝つところを見たいです。ところで、いつ代打で、あぶさんが出るのかと思っていたら、いつの間にか、先日、あぶさんは62歳で引退していました。どうりでWBCに出ていないと思った('◇')。

 さあ、準決勝です。みんなで、日米戦を見るふぃー「ゆ」!!(いいから黙れ)。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔