2024年05月11日

【あきる野BGP】カタン&ラミーキューブ会

2024年5月。あきる野ボードゲームパーク主催の「カタン&ラミューキューブ会」に参加しました。

このイベントはあきる野市を中心に活動しているASPORTボードゲームクラブの番外企画です。

katarami


カタン&ラミーキューブ会は、定番ボードゲーム「カタン」と「ラミーキューブ」を楽しみつくす会です。


◇カタン
1995年にドイツで生まれ、以来世界中で何百万人もの人々を虜にしている究極のボードゲームです。累計販売個数は3000万個を超え、未だに人気は衰えません。むしろ近年のボードゲームブームがあいまって、人気上昇傾向でもあります。運と戦術・交渉術で、島を開拓して自分の都市を発展させていくゲームです。

1847_600x409



◇ラミーキューブ
1977年アメリカ生まれ。世界中で愛され、今もなお生産発売されているロングセラーパズルゲームです。手持ちのタイルをいかに早く無くすかを競う頭脳戦で、発想力を高め、大人も子どもも一緒になって楽しめるゲームです。

1848_440x330


それぞれのゲームを複数用意してお待ちしています。

line

さて、当日。

IMG_5033


電車を乗り継ぎJR・五日市線の東秋留駅で下車しました。


IMG_5034


晴天の陽射しのなか田園風景を楽しみながら散歩します。


IMG_5035


まさに癒しの空間という感じです。のどかな風景に心が落ち着きます。この日はサツマイモの植え付けをしておりました。


IMG_5040


途中、この辺りでは美味しいと評判の人気店「花がき」さんを訪れます。


IMG_5043


天ぷら付きお蕎麦を頂きました。蕎麦も手打ちでグッド!てんぷらもサクサクで美味しい! 


IMG_5047


ランチを堪能したあと、会場のあきる野市中央公民館に向かいます。


IMG_5050


カタンとラミーキューブそれぞれ3セットを準備して参加者を待ちます。


IMG_5103


開始時間になり、ボードゲーム好きの若者やファミリーが会場に到着し、カタン&ラミーキューブ会がスタートです。



line

今回は初めてカタンをプレイする人も少なくありません。


FullSizeRender


そこでスタッフとしてルール説明をしました。


IMG_5067


とーこちゃん、初カタンで初勝利。すごいっ!


FullSizeRender


あやこさんは騎士カードをオープンしてたら、3ターン前くらいに勝利してましたね。

サイコロの一喜一憂しながら、交渉も楽しく和気あいあいとしたカタンタイムでした。まさしくエンジョイカタン。





ラミーキューブも思考力が求められるゲームです。

FullSizeRender


手札のタイルを出したい。そのためには、テーブルのタイルをうまくアレンジしたい。出来そうで、でも出来ない。うーん悩ましい。


IMG_5072


そんななか「あっ!」と閃きを得てタイルを出し切ったら気分爽快♪ やったー♪


FullSizeRender



メンバーをいろいろ入れ替えて、何回もカタン&ラミーキューブを楽しみました。


IMG_5105


どちらも戦略性のあるゲームなので、ゲームの後は少し頭の休憩が必要です。


FullSizeRender


そこで、この日も音速飯店で息抜きしたり。


IMG_5076


パーティゲームのクイズ!いいセンいきまSHOW!などを間に挟みました。


IMG_5104


あっという間に時が流れ終了の時間。最後に参加者の皆さまにトランプマジックを披露してお開きとなりました。



その後は、スタッフメンバーだけでボッチャ体験をしました。

FullSizeRender


スタート時は「ボールを近くに投げるだけでしょ?」「テクニックとかあるの?」と斜に構えるメンバーも、ゲームが始まったら大白熱。「いやぁー ボッチャ面白い」と大好評でした。


これにて、第一部が終了です。お疲れさまでした! 
主催&参加いただいた皆さまに感謝です。
お菓子やアイスクリームなどもありがとうございました。


続いて第二部です。


line

第二部では、さらなるカタンプレイを求める面々がそれぞれ、電車やバイクで立川へ移動しました。

IMG_5084


世界中のボードゲームで遊べるボードゲームカフェ JELLY JELLY CAFE(立川店)で開催されているイベント(カタンナイト)に参加しました。

catanevent-720x378-1-e1679751177683


カタンナイトとは、カタンの関東大会に参加予定の立川店オーナーとともに、カタンの普及と、公式大会優勝を目指して特訓しようというイベントです。


参加者は我々あきる野BGP組からの3名を加えて、全部で8名でした。

全部で8名なので2テーブルにわかれ、メンバーを入れ替えながら3ゲーム、全部で6ゲームを遊びました。

IMG_5091


カタン熟練者もいて、昼間のカタンよりもしっかりとした勝負や駆け引きがありました。


IMG_5085


普段の我々のエンジョイカタンでは、お目にかかれないシビアな交渉やヒリヒリするゲーム展開にやや圧倒されることも。


IMG_5106


それでも6ゲームのうち、4ゲームを我々あきる野BGPメンバーが勝利することができました。(昼間の練習の成果?)


IMG_5090


そして店長も大のカタン好きということらしく、かなり熱のこもったアドバイスをしてくれました(店長熱いっすw)。

第二部もお疲れさまでした!


これにて、カタン&ラミーキューブを満喫する1日が終わりました。かなり濃厚で楽しかったですが、さすがにちょっと疲れました(笑)。

photo01


では、また☆  
2024年6月のカタン関東大会でお会いしましょう♪


tarouimo at 20:30|PermalinkComments(0)

2024年05月01日

【TBGL】調布ボードゲーム愛好会(第1回)

2024年5月。【TBGL】調布ボードゲーム愛好会に参加してきました。世界のボードゲームを楽しむサイト「The Board Game Laboratory」の管理人であるCOQさんが主催するボードゲーム会です。

IMG_4911

ボードゲーム会場は調布の文化施設の「たづくり」です。調布駅から徒歩5分とアクセスもバッチりです。


FullSizeRender会場として調布たづくりをおさえています。途中入退室自由で参加費は一律200円です(高額紙幣でのお支払いは歓迎ですがお釣りはでません)。当日ふらっとお越しいただいても良いですが、可能であれば予定をお知らせください。また、当日遊ばれるゲームは誰かの私物ですので思いやりをもって。また次回、一緒に遊びたいと思われるプレーを心がけましょう🙇


部屋は801号室。入口には案内が掲載されていました。

IMG_4914

部屋に入るとホワイトボードに“第1回”と書かれていました。

IMG_4917

記念すべき第1回目に参加する事ができて光栄です✨


会場では既にレミングというレースゲームで盛り上がっていました。

IMG_5001

主催のCOQさんにご挨拶して持ち込みゲームをチェック。程なくkazuneさんが到着しましたので、COQさんのオススメでGOLDを2人で遊ぶことにしました。


line

【GOLD】
手番で2枚をタイルをめくるだけの神経衰弱。それをクニツィアがより楽しくアレンジしたゲームです。タイルを2枚めくって、書かれた金鉱堀りとゴールドの組み合わせで、ゴールドを獲得していきます。

IMG_4918

なんと金鉱堀り達は荒くれ者。よって金鉱堀り同士がバッティングした場合は殴り合いが始まるのです。

IMG_4919

ライバルの金鉱掘りは殴り倒してしまいましょう。

そして、テーブルのタイルが10枚以下になったらゴールドラッシュの時間。交互に1枚ずつめくっていきゲーム終了です。収束性もバツグンです。

ゲームの方はkazuneさんが見事な引きで圧勝でした。めくるたびに「やったー金塊!」「しまった!」と和気あいあいとした感じで楽しかったです。



さらに人が集まり、午前中の段階で8人になりました。そこで全員でパーティゲームを楽しむことにしました。

line
【That's Not a Hat】
楽しいプレゼント交換会がはじまりました。プレイヤーは手元にあるプレゼントのカードを「これは素敵な◯◯です」と言って矢印の方向の人に回します。

IMG_4920

プレゼントが来たら「ありがとう」と受け取るか「いいえ、これは◯◯ではありません」と拒否してカードをオープンするかの2択。拒否した場合はカードをオープンして中身を確認します。

もらったプレゼントは宣言どおり?

これを繰り返して、誰かが3回間違えたらゲーム終了です。

IMG_4921


かなりド直球な記憶系パーティゲームです。みんなワァワァ言ってるうちに、あっという間に記憶がグチャります。恥ずかしながら自分の手元のプレゼントも「これ何だったっけ?」となる始末です。混乱してカオスな状態になりました。




line
【ピックス(PIX)】
お題として出された絵を四角い磁石タイルをボードに貼り付けて表現するお絵描きテイストのゲームです。

IMG_4924

ボードにはマス目が書かれています。磁石タイルはマス目に合わせて置かないといけないので、ドット絵のようになります。よって、このゲームではお絵描きゲームといっても、絵のうまい下手は関係ありません。

IMG_4923


今回はチーム戦で遊びました。チーム戦の場合、より少ないピースで作った方に優先権があります。そのため、なるべく少ないピースで表現するように磁石タイルを置いていきます。

IMG_4922


如何に少ないピースで表現するか、そのセンスが問われる感じです。当ててもらえるとかなり嬉しいです。なかなか優秀なパーティゲームと思いました。



line
【キチキチキッチン】
続いて新作ゲームのキチキチキッチンを遊ばせてもらいました。

テーブル上に食材カードを並べます。この食材カードを集めて各自のお題である料理を完成させる協力ゲームです。協力して食材を集めますが、ロールキャベツで「キャベツが欲しい!」みたいな具体名の声出しは禁止です。

IMG_4928

食材カードが両面仕様になっていて、適度に難解になっていて面白い。確かに存在するはずのカレー粉が両面仕様であるが故になかなか見つからなかったりします。

IMG_4925


開始時は「全8ラウンドは長すぎるのでは?」という意見でスタートしたものの、遊んでみたら大人達が熱狂状態でした。

・料理ができない男は仕事もできない!
・料理は引き算。さぁこのカードだけで当ててみろ!


パーティゲームで大盛り上がり。その後は2グループに分かれてゲームを続けました。



line
【オトスナー】
オトスナーはバランスゲームです。手のうえにトレイよろしくカードを持ち、その上に円柱のコマを置きます。そして、そのコマを落とさないようにオーダーに応えていきます。

オーダーは「他のプレイヤーの鼻を見ろ」とか「テーブルに額を付けろ」などの難易度の高いアクションです。

IMG_4930


指先で支えたカードから、円柱のコマを落とさないように色々なアクションをこなしていきます。

IMG_4982


コマが落ちそうで落ちないギリギリの緊張感と、誰かがコマをうっかり落としてしまった時に思わず笑いが起こります。失敗しても、みんなで慰めあうことがルールに明記さてれおり、ほんわかした雰囲気になりますね。



line
【忍者マスター】
忍者ポーズでみんなが集中を高めたら、9個のサイコロを五角形の枠のなかにジャラッと振ります。そして枠内のサイコロの出目を瞬時に見極めます。そして忍者コマや刀を素早くキャッチします。

取ったコマによって得点を獲得します。この時、お手つきやマイナスポイントの罠にも注意が必要です。

IMG_4931

特にトッププレイヤーが保持する刀のキャッチがポイント。成功したらトッププレイヤーの得点の半分を奪取することができます。これぞ一発逆転のチャンスです。

IMG_4983

電光石火の攻防が熱いスピードアクションゲームでした。反射神経が大事ですね。



line
【赤い扉と殺人鬼の鍵】
kazuneさんの持ち込みゲームです。まずバックストーリーの説明を受けました。

・気付くと赤い扉が無数にある赤い屋敷の床に倒れていました。
・彼らは協力してこの赤い扉の屋敷から脱出を試みます。
・しかし、赤い扉を開けるごとに、ひとり、またひとりと殺人鬼の罠によって殺されていく・・

なんかオドロオドロしい感じです。

IMG_4932


遊び方はテーブルに伏せられた赤い扉のカードを1枚ずつめくっていくというシンプルなもの。銀の鍵のカードを3枚集めて、脱出口を見つけることができれば脱出成功で勝利です。

一方で殺人鬼の鍵をひいたプレイヤーはその瞬間に自分が「殺人鬼」であったことを思い出します。殺人鬼は他の全員を殺すことができれば勝利となります。

IMG_4933

ギャーッ!と、断末魔の叫び声をあげて死亡💦

やることは神経衰弱のようで、すごく単純なのにミステリー映画のような没入感があります。この日は怖い感じのBGMを流したことで、より雰囲気が高まりました。




line
【トリック&スナイパーズ】
トリック&スナイパーズはマストフォロー切り札なしのトリックテイキングです。トリック最多獲得を目指しますが、面白いのが特殊勝利の存在です。

IMG_4934


特殊勝利を2回できたら即ゲームに勝利します。特殊勝利は以下の2つです。これによって、通常のトリックテイクでは価値のない小さい数字にも意味がでてきます。

・7を含んだトリック獲得する。
・最大数のリード色に対して、別スートで足して13となるカードを出す。

特殊勝利を狙うワクワク感と、他人の特殊勝利を避けるドキドキ感が味わえました。



line
【玉乗りゾウさん】
手札を無くした人が勝利するというゴーアウト系のゲームです。カードのプレイルールはスタートプレイヤーがプレイした2枚で決まっていきます。

IMG_4985


ルールは「ゾウで縛るのか」「玉で縛るのか」「アクロバットを披露するのか」のいずれか。ルールを決めることができるスタートプレイヤーは強い。よってラウンドに勝利してスタートプレイヤーの権利を得たい。そんなトリックテイキング的な雰囲気もある、ちょっと不思議な感覚のゴーアウト系ゲームでした。




line
【四季折々】
友人に和菓子の詰め合わせを作って おもてなしをするゲームです。

IMG_4935


3×3のエリアに和菓子を詰め合わせていくのですが、自分の菓子折りには入れることはできません。相手の菓子折りがきれいになるように詰めていくのです。季節のセットとか月が連番などで得点が入ります。

そして、3×3が完成した後にいちばん得点の少ないプレイヤーが「もっとも謙虚でおもてなしの心をもった人」ということでゲームに勝利します。

IMG_4986


得点になるタイルを、自分ではなく他人に差し上げるというルールがユニークですね。

日本の伝統、優しさ、奥ゆかしさを学べる気がするゲームです(実際は嫌がらせのオンパレード😄)。



line
【丁半酉帝】
トリックテイキングをしながら丁半博打を行うゲームです。

IMG_4987

トリック内の最強カードと最弱カードの合計が偶数なのか奇数なのかを賭けます。まさに丁半博打。当れば掛け金が倍になり、外れたら没収です。

IMG_4936


ギャンブルなので緊張感がありますが、カードプレイで相場をコントロールすることは難しい。ひとまず大金を賭けて当たればラッキーって感じのプレイ感になりました。


line
【カバンガ】
続いて巷で人気急上昇中のカバンガです。新たな定番カードゲームになると評価も上々です。

手札を無くしたら上がりで手札に残ったカードが失点になります。

IMG_4997

手番では仮面カードの左右に置かれた数字の上に手札のカードを1枚重ねて置きます。この時、他プレイヤーは重ねたカードと反対側のカードの間のカードを持っていたら「カバンガ!」とコールして捨札にする事ができます。カバンガコールは楽しいですね。

しばらくカバンガ!って言いたい病になりそう



line
【キングダム】
最後にキングダムをプレイしました。クニツィアの「市場のお店」のリメイクとのことです。

IMG_4937


手番には5×6のボード上のエリアに「タイルをひいて置くか」「自分の城を置くか」の2択です。

タイルには数字が書かれており、その数字が得点です。数字にはマイナスもあるので要注意です。得点を2倍したり、効果を取り消したりする特殊タイルもあります。

 お城には1〜4までのランクがあり、ランクの高い城の方が高得点を狙いやすいです。

キングダム

ゲームは3ラウンド制で、各ラウンド縦と横のタイルの数字の合計とお城のランクによって得点計算します。(ちょっと計算がメンドイ💦)

お城を置くと、ライバルにマイナスのタイルを押し付けられたりして、一筋縄ではいきません。ジレンマ溢れる数字比べという感じで、クニツィアらしいゲームだと思いました。



line
あっという間に夕方になり、ここで会場を後にしました。

IMG_5007


その後もナショナルエコノミーなど沢山のボードゲームで21時過ぎまで大いに盛り上がったようです。


IMG_4988



FullSizeRender本日は16名の方にお越しいただきました。合計26ゲームが遊ばれ、盛況で歓喜!





line
この日も長時間エンジョイしました。記憶系ゲームやアクションゲームなど普段はあまり機会がないタイプのゲームや、全く知らなかった新しいゲームなどが楽しめて満足です。

主催のCOQさんや持ち込み下さった皆さんのお陰で楽しい時間でした。一緒に遊んでくださった方も、皆さまありがとうございました。

また、よろしくお願いします✨

tarouimo at 18:08|PermalinkComments(0)

2024年03月02日

【第3回】あきる野ボードゲームクラブ

あきる野市を中心に活動している総合型スポーツクラブのASport。

asport


サッカーやバレーボールなどの他に、誰もが楽しめるスポーツとしてボッチャの普及にも取り組んでいます。

年間を通じてボッチャ教室を開催し、その集大成となる交流大会『ボッチャASport杯』も2024年2月に開催し大盛況でした。総勢140名。

97D6C8A9-2E88-466A-AA61-69AAAE820296


チームメイトの投球失敗を「大丈夫、大丈夫」とフォローしたり、相手チームのナイスプレーを讃えたり、密かに相手のミスを祈ったり、微笑ましく温かい大会となりました。



そして「あきる野ボードゲームクラブ」は、同じくASportが提供するボードゲーム会で、年に数回イレギュラー開催しています。

ボードゲーム


【開催案内から抜粋】
戦略性や推理性にあふれ、子どもから大人まで魅了するボードゲーム。企業では、ビジネススキルを育むツールとして研修でも取り入れられており、多方面で注目を集めています。

卓上でわちゃわちゃ大騒ぎしながら、あるいはじっくりと頭の体操をしながら、集まった人同士がスムーズにコミュニケーションを楽しめます。

気軽にさくっと楽しめるものから重めの戦略ゲームまで、世界各国のボードゲームを用意してみなさまのご参加をお待ちしています!

おひとり様もご家族連れも大歓迎です。


line

2024年3月。3回目の開催となったこの日、ボードゲーム・インストラクターとして「あきる野ボードゲームクラブ」に参加してきました。

参加者の皆さんに楽しんでもらえるように、ボードゲームを準備しました。

0F0B4939-FBA9-464F-B02C-93AFB22937D4


会場のスペースに持ち込みボードゲームをずらりと並べます。

IMG_4133


今回も比較的ルールがシンプルなゲームを中心に。

IMG_4132


そしてさくっと盛り上がれるものをチョイスしました。

IMG_4134


これらのゲームたち。参加者に気に入ってもらえると嬉しいな☆


line

まずは午前中。スタッフだけで軽くボードゲームタイムです。

【スカウト】
手札の並び順を変えずに、カードを出すか引き抜くかを毎回選択しながら、手札を無くすことを目指す大富豪的なカードゲーム。より強い役を出した人が、場のカードを獲得できます。

IMG_4130


手札を出す代わりに、場のカードから1枚を引き抜いて、自分の手札に加える「スカウト」ができます。ハンドマネジメントが悩ましいゲームです。


line

【クイズいいセン行きまSHOW!】
答えが有るようで無いような問題にみんなで正解を考えるゲームです。

「レストランの呼び鈴を鳴らしてから、定員が来るまでの平均は何秒でしょう?」
「歳の差カップルとは、何歳以上歳の離れたカップルのことでしょう?」

などのように誰も正解を知らないような問題に対して、それっぽい数字を出し合って真ん中となったプレイヤーがポイントゲット。反対に最小と最大のプレイヤーはマイナスです。

FullSizeRender


真ん中を狙うというのがキモ。いかに「いいセンにいっているか?」を競います。それぞれの価値観の違いに、思わず笑いがおきるゲームですね。


line

【ランチタイム:天丼】
そしてランチタイムです。

この日は天丼を頂きながら、今年の旅行計画(ドイツ)や浜松の惣菜事情などの話で談笑しました。

IMG_4137


お弁当いつもありがとうございます!


宇治抹茶ラテも差し入れありがとう。

CBCBB56F-0DED-4141-AC6C-CE467AB3548C


クリーミーで味わい深かったです。


line

さて、午後になり、他の参加者の方が集まってきました。今回もファミリーでの参加が多く、あっという間に賑やかな雰囲気となりました。

IMG_4178


今回で3回目の開催。リピーターファミリーはそれぞれルールがわかるボードゲームを自分で選んで、自由に遊び始めてくれます。そのお陰でインストラクターとしての仕事もだいぶ少なくなった気がします。


では、この日に遊ばれたボードゲームたちをいくつか簡単に紹介していきます。


line

【ブロックス】
子どもたちに大人気のブロックス。4色の様々な形をしたブロックを使って陣地を取り合います。

IMG_4177


自分の色のブロックを正方形のマスに埋めていき、たくさん置く事ができた人が勝者です。


line

【音速飯店】
早いもの勝ちのアクションゲームの音速飯店です。

IMG_4176


注文を巡ってワタワタと楽しいです。



すっかりこの会でも定番ゲームとなりました。




line

【侍石(じしゃく)】
マグネット・アクション・ゲームです。

IMG_4148


手持ちの磁石を置いた磁石とくっつかないように置いて、先に手持ちを置ききったら勝ち。

B282705B-3060-42B5-A269-9971C36A92C2


とてもシンプルなのですが、磁石の威力にハラハラ・ドキドキのプレイとなります。



line

【キャント・ストップ】
サイコロを使って山の頂上を目指すサイコロゲームです。最初に3つの山を制覇したプレイヤーの勝利となります。

IMG_4151


進むか・留まるかの選択が悩ましく、サイコロゲームの傑作としてロングセラーとなっています。



line

【それはオレの魚だ!】
可愛いペンギンコマを操ってライバルよりもたくさんの魚を集めるゲームです。

IMG_4154


孤島に取り残されないようによーく考えてペンギンを動かしましょう。



line

【ベガス】
ラスベガスに実在する有名な6つのカジノを舞台に、勝負に勝ってお金を集めるサイコロを使ったゲームです。

IMG_4187


サイコロ運も楽しく、ハプニングもあり、ライバルとの駆け引きも熱くなります。

FullSizeRender


ベガスはこの日の一番人気のゲームでした。何度もメンバーを代えて楽しまれていましたね。



line

【ラミィキューブ】
カラフルな色と数字のタイルを上手く組み合わせて、全てのタイルを使い切るゲームです。

FullSizeRender


それなりに思考力を使うゲームですが、手元のタイルを一気に減らせたときは、かなりの爽快感。今回のセッションではとーこちゃんが2勝して優勝しました。



line

【ジャストワン】
7人まで遊べるパーティクイズゲームです。1人だけが回答者となり、それ以外の人はヒント係となります。

FullSizeRender


ヒントを作ったら、それぞれ見せ合って「同じようなヒント」は消されてしまいます。そして残ったヒントだけで回答者は正解を目指します。

3380EE24-B126-412D-A390-1CEE86E6E609


正解できたら気持ちいい。ヒントがカブっても「それ書くよね〜!」などと話が弾む協力ゲームです。

「(笑) 」 と「W 」 の2つのヒントで一瞬で「草」を当てたのは20代の若者らしくイマドキだな〜と思いました。


line

【モグラカンパニー】
ファミリーにいつも大人気のモグラカンパニーです。

FullSizeRender


親子で一緒になって遊べるのが人気の秘訣なのだと思います。



line

【チャオチャオ】
奇妙な植物が生い茂るジャングルで探検家たちが沼に架けられた橋から落ちないように渡るというテーマのチャオチャオ。

FullSizeRender


たった8マスの吊り橋の上をすごろくで進むのですが、サイコロの目はウソをついても良いというのがミソ。ウソをついて一気に進んだり、そのウソを告発したりと、駆け引きのドキドキ感がとても楽しいゲームです。


line

【犯人は踊る】

犯人カードの持ち主を当てる推理カードゲーム。

IMG_4168


カードの効果で手札の交換を行いながら、いったりきたりするカードから、誰が犯人なのかを探っていきます。

FullSizeRender


みんなでワイワイ盛り上がれるゲームです。犯人はお前だー!



line

【ハイソサエティ】
ハイソサエティな買い物を繰り広げ、相手との駆け引きを楽しみながら、より豪華な財を手にした者が勝利する競りゲームです。

IMG_4169


ただ、買い物をしすぎて最終的に手持ちのお金が最も少ないプレイヤーは得点計算の前に脱落してしまうというのがキモとなっていて悩ましいです。



line

【カエルの飛び込み大会】
外からカラフルなボールを投げ入れて同色の列を作っていくアクションゲームです。

FullSizeRender


少し練習すると、ある程度の範囲で入る場所を狙えますが、確実に入れることは難しい。狙いと偶然の微妙なバランスが、子供ゲームでありながら大人でも熱くさせてくれます。



line

【ゲシェンク】
1ゲーム10分〜15分で終わる軽いカードゲーム。テーブルのカードを取るか取らないかの選択の繰り返し。


708D4BB6-1B4F-4942-9866-457E5F3493A0


取ったカードはその数字がそのままマイナス点になるので、基本は欲しくない。回避するには、チップを払いますが手持ちのチップも限りがあって悩ましい。

チップを使った競りの駆け引きが熱い!



line

【ハンズ】
沢山のカードに描かれた手のイラスト。カードに書かれた手のイラスト通りにハンドサインを出し、お互いが同じサインを確認してポイントゲットです。

IMG_4188


盛り上がるのは両手のハンドサイン。誰かが両手のハンドサインをしたときは全員で同じポーズをしないといけません。気づくのが遅れたプレイヤーはマイナスです。もうはっきりいってパニック。全員大騒ぎで大盛り上がります。



line

【宝石の煌めき】
ボードゲーマにも人気の宝石の煌めき。宝石を集め、カードを獲得していき、貴族にも気にいられるようにし、得点を稼いでいきます。

FullSizeRender


戦略性も求められるゲームですが、小学生(低学年)がインストしてまで、子どもだけでプレイしていました。ちょっとビックリ。

2C4C0289-82CA-4A6C-96CC-0FDD8A36C4B2


聞くと普段から小学校のクラスメイトと楽しんでいるとのこと。だいぶボードゲームの裾野が広がってきているような気がしました。



line

【ねこチーズをうばえ】
気軽に心理戦が楽しめるダイソーの100円ゲーム「ねこチーズをうばえ」です。ねずみとなってねこが集めたチーズをこっそり盗むカードゲーム。

FullSizeRender


超シンプルなバッティングゲームで笑いが絶えない!




line

そして夕方になりました。楽しかった あきるのボードゲームクラブも終了の時間になりました。

参加者の皆さんの協力もあって微笑ましく温かい会とすることができました。多くの笑顔をみれて、笑い声がきけて良かったです。


ちなみに最年少の参加者は1歳の男の子。

741124E0-995A-40DB-A709-7AED07B43847


メイキンブレイクを使って一緒に積み木遊びをしました。


さて次回のあきる野ボードゲームクラブは夏頃に開催予定とのこと。その際は、またよろしくお願いします。


まる1日楽しんで 充実した気持ちで帰途につきました。

IMG_4195


帰宅後に、お土産の焼き菓子(Gotto)を美味しく頂き さらにホッコリ気分です♪ 




ちなみに近頃の妄想は、ボードゲームとボッチャが楽しめるカフェをオープンすることです。

49079A10-B9FF-4C98-867E-81F7F2896A3D


すっかりオープン後のイメージもできています。

名付けて「B&Bカフェ」なんてどうでしょう? (ボードゲームとボッチャだけに)

8CDF4576-011A-4C90-B2A3-83DC4A5C437D


そしてお茶菓子メニューは「もみじまんじゅう」で!!(B&Bだけに)・・・(草)(笑)(W)



tarouimo at 22:00|PermalinkComments(0)

2024年01月21日

辰年@ボードゲーム会

2024年は十二支でいえば辰年となります。十二支のルーツは中国殷の時代にあると言われており、そのなかで「辰(竜)」は唯一架空の生き物です。

辰年


古代中国では「辰(竜)」は権力の象徴とされています。鳴き声は雷や嵐を呼び、天候など自然を支配する巨大な力を持つとされていました。

このように神獣や霊獣のような権力の象徴として扱われ、天候をも支配する巨大な力から、辰年は時代を動かす「変革」「転機」さらには「激動」の年と呼ばれています。

今回、2024年という「激動」の年を迎えるにあたり、これから起こるであろう「変革」「転機」を、我々らしく明るく愉快に乗り越えていきたい。そんな処世術を学ぶイベントを開催することとしました。

題して「辰年@ボードゲーム会」です。

IMG_3849


今回のイベントのために準備したボードゲームたちです。

IMG_3851


いずれのボードゲームもテーマやコンポーネントに「辰(竜)」が登場します。

IMG_3853


さぁ、ヤングリーフ会場に集まってゲーム・スタート。辰年にちなんだゲームを楽しみましょう


line

【エルフェンランド】
まず最初に「エルフェンランド」をエントリー。ファンタジーの世界でエルフの少年が旅するゲームです。

ボード上に描かれた街をより多く訪れ、そして故郷の街に帰ることを目指します。

IMG_3855


ファンタジーの世界だけに、このゲームにはドラゴン(龍)が登場します。エルフェンランドではドラゴン(龍)の背に乗って街から街へ移動することができるのです。

IMG_3858


銀の龍の背に乗って〜♪



このゲームは、移動タイルと手札の組み合わせをいかに効率的に組めるかがポイントです。

そしてプレイヤー間の思惑が交錯して悩ましい。

・どうしよう。あっち行って、こっち行って。。あっ良いルートを思いついた

・ここのじじー(おじさん)のタイルが邪魔だなー

・あー わかった。よしよし良い感じでいけそう

・まずい。カードが1枚足りないよー

あれこれプランを考えて独り言が多くなるのも、このゲームの楽しい特徴です

IMG_3856


乗り物をうまく乗り継ぎ、多くの街をスムーズに移動ができた時はとっても気持ちが良い。

今回は最終ラウンドで見事に6つの街を一気に訪問したChihiroさん。故郷にも無事に帰りついて華麗に勝利しました


line

【ドラゴンイヤー】
続いて、この日のイベントテーマ:辰年にぴったりの「ドラゴンイヤー」です。

今年きっと、日本中のボードゲーマーがこのゲームを遊びそうです。


11世紀の中国(北宋)を舞台に、次々起こる災いを乗り切って繁栄と名声を獲得していきます。

IMG_3859


発生する災いは「干ばつ」「疫病」「モンゴルの襲来」など。そして、どの月にどんな災いが起こるのかはあらかじめ わかっています。

あらかじめわかっている災いに備えて、事前に食料を備蓄したり、医師を準備したり、軍事力を高めたりしていきます。

IMG_3861


また、宮殿を大きくしていくことも重要。そしてその宮殿に使用人を雇っていきます。

この使用人がアクション時にプラスアルファの仕事をしてくれます。大切な使用人なのですが、各月に発生する災いにうまく対処できないと、誰かを選んで解雇しないといけません

FullSizeRender


次々とおこる災いへの対処、解雇する使用人の選択、手番順やライバルの行動を想定したりなど、考える要素が多いゲームです。

プレイ時間は約2時間弱。あーでもない、こーでもない。どうしよう・どうしよう〜と濃厚な時間となりました。

みんなが頭を悩ませるなか、KJ Choが大きな宮殿と多くの使用人でポイントを稼ぎ、見事に勝利しました。

IMG_3878


大工の効果をうまく活用したのが奏功しましたね。お見事


line

【ティータイム】
濃厚な「ドラゴンイヤー」で少し疲れたので、ちょっとここらでティータイム。休憩&談笑です。

お菓子は銀座甘楽の繭衣をいただきます。ふわっとした食感の生地で風味豊かな粒餡を挟んだちょっぴり洋風な蒸しどら焼です。

IMG_3845


期間限定品として、かわいい龍の焼き印を押されています。美味しかったー

Chihiroさん、差し入れありがとう



line

【ドラコン】
続いて、Kobaさん持ち込みの「ドラコン」をエントリー。

IMG_3867


ファンタジー世界の冒険者となって、ドラコンが棲むダンジョンを探索し、そこから財宝を見つけていくゲームです。

そして規定の価値の財宝を集めたプレイヤーが勝利します。

IMG_3868


手番では「部屋の配置」か「移動」を選んで実行します。

部屋タイルの多くには特殊効果があり、その部屋に移動すると その効果で財宝を得たり・失ったりします。

他にも部屋が移動したり、ワープしたり、ライバルを妨害したりと様々な効果がある部屋タイルが存在します。

IMG_3871


ダンジョンにはドラコンも登場し、冒険者たちを追いかけてきます。ドラコンに捕まってしまうとドラコンの昼飯にされてしまいます 

食べられてしまう前に、しっかりと逃げましょう


IMG_3870


ダンジョンを進み、そして特殊効果のハプニングに翻弄されます。さらには財宝の奪いあいも熱くなり、とても盛り上がりました

早速リプレイの声があがり、続けて2回目をプレイしました。


line

【万里の長城】
続いて「万里の長城」です。パッケージに思いっきり辰(龍)が描かれていますね。

IMG_3874


このゲームはカードを並べるタイプのマジョリティ争い。ひねりの効いたカードゲーム!・・・のはずなのですが、ルール間違いがあって今回のセッションはグダグダの展開になってしまいました

IMG_3873


準備不足&インスト不備 ごめんなさい

今度は正しいルールでリトライさせてださいませ


line

【あいだの数】
グダグダの「万里の長城」から気を取り直すために、最後は「パッっと笑えるゲームがいいね!」と「あいだの数」をプレイすることにしました。

FullSizeRender


場にあるカードの数字の上限と下限のあいだの数を順番にプレイするゲームです。

手札からあいだの数のカードをプレイしていくのですが、プレイのたびに選択肢が減っていくので、いずれ誰かがプレイできなくなりドボン。そうなったら失点です。

FullSizeRender


チキンレース的なゲームは盛り上がりますね。今回もおおいに笑いました



これにて、辰年@ボードゲーム会は終了です。とっても楽しかったです

参加頂いた皆さまありがとうございました。


line

さて、2024年は正月から日本国内で大きな震災や事故などがありました。

まさに激動のドラゴンイヤーの幕開けといった感じがしています。

これからも様々な出来事が起こるかも知れません。

もし試練や逆風があろうとも 本日の学びを大切にし、力強く乗り越え、未来に向かって駆けのぼっていきましょう。「銀の龍」のように。



夢が迎えに来てくれるまで 震えて待ってるだけだった昨日
明日 僕は龍の足元へ崖を登り 呼ぶよ「さあ 行こうぜ」
銀の龍の背に乗って 届けに行こう 命の砂漠へ
銀の龍の背に乗って 運んで行こう 雨雲の渦を


では、また

tarouimo at 15:41|PermalinkComments(0)