2023年05月14日

高松うどん尽くし&インスタ映えスポット〜ボードゲームを巡る旅〜

2023年5月。仕事の谷間で少し休みが取れたので、香川県の高松に旅行に行くことにしました。

香川県はうどん県と言われるくらい讃岐うどんが有名。

07B465DB-0F94-4D90-B207-CA0E720068CC

でも、他にも魅力はいっぱいです。海と山に囲まれた美しい景色に加えて、近年は瀬戸内海の島々が「近代アートの島」として世界的に脚光を浴びています。

今回の旅の目的は「讃岐うどん」を堪能すること。インスタ映えスポットを訪問すること。そして高松のボードゲーム事情の調査です。

題して「高松うどん尽くし&インスタ映えスポット 〜ボードゲームを巡る旅〜 」

スタート!!


IMG_0806


高松までの移動は、四国エリアと東京を結ぶ寝台特急の「サンライズ瀬戸」を利用しました。

IMG_0807


車内は住宅メーカーと共同で設計し、木の温もりを生かしたインテリアに統一されています。

IMG_0808


寝台は全て個室で、サンライズツインやシングルデラックスなど設備も多様です。



とても快適な列車の旅で高松駅に到着しました。

IMG_0809


7時からオープンしてる めりけんやで朝食をとりました。

IMG_0810


やっぱり、水締めの麺に少量も濃いめのだしを注ぐ「ぶっかけうどん」が美味しいですよね。

IMG_0811


天ぷらもトッピングして頂きました。

IMG_0812


素材と技がキラリと光る、シンプル・イズ・ザ・ベスト麺でした。

IMG_0813




line

高松駅から徒歩1分の高級ホテル。JRホテル・クレメント高松に宿を取りました。

IMG_0814


ホテルでの朝食はバイキング形式でした。

22349AF6-F9D8-450D-B28F-CF78F7100175


高松のホテルだけあって。

IMG_0845


メニューにちゃんと讃岐うどんがあります。


IMG_0846


自分で湯あげして頂きます。つるつるしこしこ。


line


さて、高松観光を開始します。まずは、小豆島にいきました。瀬戸内海の穏やかな気候の小豆島はオリーブ栽培に適していて、全国一の収穫量を誇っています。

小豆島オリーブ公園は、海を見下ろす小高い丘に広がる園内には約2,000本のオリーブ畑や約120種のハーブが植えられています。聞くところによると100年以上前にオリーブ栽培が始まったそうです。

IMG_0815


地中海を思わせる白いギリシャ風車で、めっちゃイイ写真を撮ってもらった!!

IMG_0816


ちなみに実写版「魔女の宅急便」のロケ地だそうです。

なお、今回 初めて中国人に撮影をお願いしたんだけど、意外に撮影がうまくてびっくりしました。今日も「もっとこっち」とか、ジャンプする位置を指示されながら撮影してくれました。


撮影に使用する魔女のほうきは貸し出しサービスがありますw 

IMG_0817


この ほうきにまたがれば、誰でも簡単に空を飛べます。飛べます。



line

なお、この日のランチは、オリーブ塩ラーメンです。

IMG_0818


麺にオリーブオイルが練り込んでありました。


IMG_0819


さっぱり塩味とツルツルしたオリーブ麺が最高の組み合わせでした。



line

午後は二十四の瞳映画村を訪れました。

IMG_0938


小豆島出身の作家、壺井栄の小説「二十四の瞳」。

IMG_0943


その小説を映画化したときのセットが残っています。

IMG_0939


ロケ地として使われた木造校舎は中に入ることができます。

IMG_0951


小説のなかの時代は昭和初期だけど、子どもの頃に通っていた小学校もこんな感じの教室だった。そう思うと自分も昭和の遺跡なところがあるよなぁと思ってしまいました。

IMG_0944


1950年代の日本映画の名作を紹介するキネマの庵などがあります。


IMG_0942


看板が方言でした。

IMG_0940


思いっきり昭和のノスタルジーを感じる場所です。

IMG_0946


元気ハツラツ オロナミンC

IMG_0947


カルピス♪

IMG_0948


牛肉・野菜入りボンカレー。 当時の看板に心はすっかり昭和にタイムスリップようです。



line

そして、ディナーは高松「川福本店」で讃岐うどんを食べました。

IMG_0820


川福は「ざるうどん」発祥の地といわれてます。

IMG_0821


お店の雰囲気はうどん屋というより居酒屋といった感じです。居酒屋なのに、メニューのほとんどがうどんです。酒を飲みながらうどんをすする・・みたいな。

IMG_0822

 
運ばれてきたうどんを見て、まず気が付いたのが麺の細さ。聞けば、創業当時に試行錯誤した結果、「うどんの太さを4ミリにすると、1番のどごしがいい」との結論に至り、以来ずっと4ミリに保たれているそう。

IMG_0823


なるほど、のどを通る時のつるつるっという感覚が、うどん好きにはたまらない。

でも、飲みながらだと、うどんのびちゃうよね? のびても美味しいおうどんなのかな?(ちなみにのびてきた柔らかい うどんも好き派です。)

今回はひとり旅なので、会話することなくハイボールを飲みながらすぐに食べ終わったので、のびても美味しいかは検証できませんでした。




line

そして翌日。

香川県で最も熱いスポットのひとつ「父母ヶ浜」に向かいます。今回の旅行のメインイベントです。

父母ヶ浜は、香川県西部の三豊市にある海水浴場。約1kmのロングビーチを誇る美しい海岸で、「日本の夕陽百選」にも選ばれています。

7DDD0B5C-8852-4302-9AC0-258913000BA3



ここは、まるで南米の「ウユニ塩湖」のような美しい水鏡が見られると、SNSを中心に話題を呼んでいる、インスタ映えスポットなのです。

2C19C03D-2571-45D1-8B58-7C1258997279


ちなみに絶景が見られるのは、干潮と日の入り時刻が重なる時。さらに絶景フォトを撮るには、幾つかの条件が揃っていることが必要です。

1.干潮と日の入り時刻が重なる時
2.風がなく水面が波立たない時
3.特にキレイなのは日没直前または日没後のマジックアワー

ところが!! 馴染みのお好み焼き屋さんの彼に聞いたところ、そのような状態になるのは1週間に1度くらいとのこと。

常にこんな状態だと勘違いしてた


天気予報もイマイチでしたが、期待と不安を胸に約1時間のドライブで到着。


残念ながら曇りのためマジックアワーならず。

何枚も撮影しましたが、これがベストショットかなあ。

プラトゥーン!!

IMG_0824



そしてコマネチ!!

IMG_0825



ちなみに、プラトゥーンもコマネチもセルフタイマーです。カメラをセットしてから、撮影場所までダッシュで移動します(みんなの見ている前で・・)


もう少し潮が満ちてたら海面を歩いてるみたいに映るのかな?おそらく、カメラの位置をもっと低くすればよかったのだと思います。次回は、低い三脚でリベンジですね。

6A4B2B15-2387-42F1-A95A-41CE75875430


こんな感じで水面に浮いてるように撮りたいなあ。天気のいい日にリベンジしたいなあ。



line

この日は、もうひとつの映えスポットの「高屋神社」にも行きました。

標高404メートルの稲積山の頂上に本宮があるため、「稲積神社」「稲積さん」ともよばれており、その本宮の鳥居越しに観音寺市街地と雄大な瀬戸内海が一望できます。

IMG_0829


本宮の鳥居は「天空の鳥居」として知られ、2018年には四国八十八景にも選出されました。

なお、ここまで1時間かけて歩いて登って来るコースと、車で頂上まで来るコースがありますが、楽して車で頂上まで来ちゃいましたw


line

この日のランチは、釜揚げうどんの「岡じま」です。釜あげ好きの大将が、独特のモチモチ感を味わってもらいたいと開いた店とのこと。

IMG_0931


コシがしっかりあって出汁も美味しい釜玉うどんと天ぷらが人気です。

IMG_0932


麺はコシがしっかりあって、またお店特製のダシが美味しくて進みます。ボリュームも充分です。

IMG_0933


いりこと昆布をブレンドした、奥深い味わいのだしと太麺の絡み合いが絶妙です、

IMG_0934




ディナーはうどん居酒屋。讃岐うどん「えん家」です。

IMG_0926



コシが有りながらも滑らかな麺を自称「女麺」と表現しています。

IMG_0927


奥行のある味わい。ツヤとのどごしが格別な麺と、香りが豊かなダシの相性は言うことなし。

IMG_0928


名物は「かしわ天」や「いか天」をつかった天ぷらうどんですが、

IMG_0929


今回は、シンプルに麺のもちっと食感を堪能しました。




line


さて、今回の旅の目的のひとつでもある、高松のボードゲーム事情も調査します。


まずは「さぬきボドゲ王国」。高松市の中心部、瓦町から徒歩5分にあり、300種類のボードゲームが置いてあるとのこと。

IMG_0832


王国とやらに ふらっと潜入・・・といきたいところでしたが。

IMG_0833


ひとりで来ているので、ボードゲームを遊べるわけでもなく・・・

IMG_0834


さすがにちょっと入りづらかった。やむ無く入り口だけチェックして退散しました。


続いて「高松 ボードゲーム」でネット検索したらCrocusというお店がヒットしたので、行ってみました。

IMG_0835


ネット検索結果からはお店の場所は、このビルの7階のはず・・・。

でも、おかしいな? 何の案内もありません。

IMG_0836


エレベーターの中も表示も7階は空欄です。

ドキドキしていたら、エベーターのドアが開いたらいきなりお店でした。

音楽がガンガンにかかっていて、店内は薄暗くてパープルの薄い照明。カウンターにバーテンダーが1人。

あ、これは「お店を間違えた」と思って、恐る恐るバーテンダーに聞いてみました。

「ボードゲームバーがこのへんにあると思って来たんですが…」 

そしたらバーテンダー「はい。ここがボードゲームバーです。」との応対。 「え!?」

IMG_0837

 
たしかによく見たらカウンターにボードゲームが置いてありました。20個くらいかな。

でも、人生ゲームとかなので、ちょっとイメージが違います。

こんなに暗くちゃよく見えないなぁ(老眼)。ローガン大統領にはプレイできないなあ。完全に若者向けです。

「残念ながら今日は1人なのでプレイできないので、今度友達を連れてきます。」

「すいませんが、とりあえずこのカウンターにあるボードゲームの写真を撮っていいですか?」

と言って退散してきました。高松のボードゲーム事情の調査は、若干消化不良です。あわわ。




line


そして最終日。この日は、直島のアート作品を堪能することにしました。瀬戸内海に浮かぶ島々は「現代アートの島」として脚光をあびていて、特に直島はベネッセアートサイトの活動拠点として、多くの作品を楽しめるよになっています。

IMG_0899


島の穏やかな風景と個性的なアート作品の魅力が詰まった島です。

IMG_0901


世界中からファンが訪れる現代アートの聖地。そんあアート気分を満喫しながら新聞を読みます。

IMG_0900


現代的なアートと古い町並みが融合し、ほかの場所では見ることができないような風景でした。



line

直島のアート巡りを堪能し、30分だけ時間が取れそうなので、栗林公園のボードゲームカフェ(Kita cafe)に行ってみました。


IMG_0850


栗林公園は四国を代表する名園です。6つの池と13の築山、1000本もの見事な手入れ松、四季折々の花木が「一歩一景」といわれる美しさをみせてくれます。ちなみに「くりばやしこうえん」じゃなくて「りつりんこうえん」ですね。

IMG_0851


目的の「Kita cafe」に到着。こちらは普通のcafeの雰囲気で入りやすかったです。

IMG_0852


お客さんは1組。ボードゲームに無関心と思われるおじさんとおばさんが、コーヒーを飲みながら会話していました。

店員さんに撮影の許可をもらいましたので店内のボードゲームを紹介します。

IMG_0853


プエルトリコ発見!

IMG_0854


カタン、ウボンゴ、乗車券、インサイダーゲーム、バトルライン、カルカソンヌ、はあって言うゲーム、モノポリー、スコットランドヤードを発見!

IMG_0855


プレイ時間が45分程度の中量級ゲームが多く、マニア向けの重量級ゲームはそこまで多くありませんでした。

IMG_0856


小箱のゲームも程よいゲームが並んでいて、自分の好みとあっている感じです。

IMG_0857


ここはイイ!!

IMG_0860


ボードゲームのラインアップに加えて、cafeメニューも良い感じ。

IMG_0861


今回は、コーヒーフロートとタマゴサンドを注文しました。

IMG_0862


どちらもすごく美味しかったです。

IMG_0858


cafeで食事をしていていたら男性が1人、そして帰り際に女性が1人来店しました。

IMG_0859


その2人は馴染みのようで「お久しぶりです。何のゲームをやりましょうか?」って話してました。

この日は後の予定があったので長居はできませんでしたが、居心地が良いので5時間位座りたくなります。

今度はゆっくり来ようっと。高松で素敵なボードゲームcafeに出会えて満足です。




line

ちなみに、このディナーはお好み焼き屋さんの多美也です。多美也のお好み焼は、素材にこだわり一品一品、魂こめて作りあげています。

IMG_0839


特に焼そば、焼うどんは、大好評!!で、遠方からもお客様が食べにきます。高松にきたら必ず訪問する名店です。

IMG_0840


やっぱり、ここの焼きうどんはサイコー!!


・・・からのうどん居酒屋でカレーうどん。

IMG_0841


手打ちうどんの五右衛門です。カレーうどんの名店として知られています。

IMG_0842


マツコの知らない世界でも取り上げられたようです。


IMG_0843


とろみのあるカレースープは和風と洋風の2種類から選ぶことができます。「日本一うまいカレーうどん」との評判もあり期待も高まります。

IMG_0844



さすが。玉ねぎの甘みもしっかり出ているし、じわじわと来るスパイスの感じも絶妙でした。


line

これにて、高松うどん尽くし&映えスポット〜ボードゲームを巡る旅〜も終了です。

うどん尽くしでしたが、どのお店も讃岐うどんの味わいをベースに工夫を凝らしていて美味しかったです。讃岐うどんはいくら食べても飽きませんね。

現代アートやインスタ映えスポットで良い写真も撮れました。高松のボードゲーム事情にも触れることができ、楽しい思い出を胸に帰京しました。


そういえば、香川県のウーバーイーツは、東京とは違う会社でした。

0C41BE8C-BD94-47C8-949C-CF3B619D1784


讃岐うどんだけに、ウードンイーツ⁉︎

BABE54C4-A835-4FDA-9A54-685FC58EAA6F


なんてね

tarouimo at 19:23|PermalinkComments(0)

2023年05月01日

【追悼企画】クラウス・トイバー氏を偲ぶ会

2023年4月。「カタンの開拓者たち」など、数々のボードゲームを生み出してきたクラウス・トイバー氏が逝去されたことが発表されました。享年70歳。

クラウストイバー


トイバー氏の訃報を受けて、アメリカ・カタンスタジオは、トイバー氏を「ボードゲーム業界の伝説的な人物」と呼ぶ声明を発表しました。また「彼の功績は、ドイツボードゲーム業界、そして今後何世代にもわたるゲーマーにインスピレーションを与え続けます。」とコメントしました。

また、ドイツ大使館も公式Twitterで追悼の意をあらわしています。

t



日本で暮らす我々は、2000年代初めにカタンの開拓者たちに出会って衝撃を受け、それからドイツを中心とする世界のボードゲームの素晴らしさを知りました。ルールブックを片手に、初めて「カタンの開拓者たち」を遊んだ日のことを、今でもはっきり覚えています。

数々のボードゲームを通じて多くの人々と繋がり、幸せな時間を過ごすことが出来ました。トイバー氏の作り出した作品で人生がより豊かなものになったのです。まさに我々の人生を変えたともいえる存在。

いつか、直接お会いして「素敵な作品をありがとう。たくさんのワクワクをありがとう。」と伝えたかった。その夢は叶わぬものとなってしまい、心にぽっかり穴が開いてしまったようです。

あらためて感謝と尊敬の念をもって、トイバー氏のご冥福をお祈りいたします。


line

そして2023年6月(予定)。そんなトイバー氏のこれまでの功績を称えるとともに、故人に想いを馳せて「クラウス・トイバー氏を偲ぶ会」の開催を検討中です。

これはトイバー氏が発表してきた数々の名作ボードゲームをとことん堪能するというものです。主なラインアップは以下の通りです。

トイバーを偲ぶ会




.丱襯丱蹈奪機1988年)
粘土細工を作ってあてっこするゲーム。1人2個ずつ好きなものを作り、順番にヒントを出してもらいながら正解をめざします。完成させる作品は、わかりやすくても、わかりにくくてもダメ。ちょうどゲーム中盤に当てられるような適度の難しさが要求されます。

バルバロッサ




➁貴族のつとめ(1990年)
「金はあるけど、暇でしょーがない」的なダメ貴族たちが自分たちの道楽と虚栄のため、アンティークな”お宝”を集めて自慢しまくります。その”お宝”たるや「ヘンなお面」とか「錫製のおまる」とか「ヘンな壺」とかわけが解らないものばかり。それらをお城で開催する展示会で見せびらかして、ポイントを稼ぎます。

貴族の務め



ドリュンター・ドリューバー(1991年)
一風変わった都市開発をモチーフにしたボードゲームです。街を観光都市にするため、それまであった建物をどんどん壊して道路や川そして城壁を町中に作ります。建物の破壊は無条件に行えるのですが、公衆便所だけは全員の住民投票で可決されないといけません。

Drunter & Drueber





い気泙茲┐襯ランダ人(1992年)
あちらこちらと海をさまよう幽霊船に襲われないようしながら、利益をあげていくゲーム。幽霊船をめぐる駆け引きと適度な交渉が駆け巡る。シンプルで遊びやすいけど悩ましい。

さまよえるオランダ人





ゥタンの開拓者たち(1995年)
時は大航海時代。未知の島を探し求め多くの冒険者・開拓者たち大海原に旅立っていきました。あるとき肥沃な土地と豊富な資源を有するカタン島が発見されます。無人島開拓をテーマにした、ボードゲームの金字塔的な作品です。

カタンの開拓者たち





Εタンの航海者たち(1997年)
「カタンの開拓者たち」の続編です。多くのシナリオが準備されてカタンの可能性を大きく広げた画期的なもの。新しい要素である船を作って、外界へ開拓地を作りに勢力を伸ばす事が出来ます。

pic361722_md




Д縫紂次Ε┘鵐肇妊奪ー(2001年)
時は大航海時代。果てしなく広がる未知の海を航行し、新たな島を発見していく海洋冒険ゲームです。前人未踏の海域が徐々に明らかになっていき、新世界が作られていくようなワクワク感があります。

ニューエントデッカー





┘譟璽戰鵐悒襯帖2003年)
偉大な君主として名を馳せたリチャード王も、戦いで重い傷を負い、今や死の床についてしまっている。このゲームは、そんな中世ヨーロッパを舞台に、国王の危機を尻目に後継者争いを始めた領主たちの領土争いをテーマとした陣取りゲームです。

レーベンヘルツ





紀元1503(2003年)
時は大航海時代。あまたの男たちが新しい大陸を目指し、志半ばに海に消えていく。その中でも成功を収めたものは、香辛料やタバコを自国に持ち帰り莫大な富と名声を得ていきます。

1503





トイバー親子の王国騒動(2015年)
あなたは王族の一員。自分の彫像を国中のあらゆる場所に建てて、その素晴らしさで王国における人気を不動のものしていきます。彫像を立てるには、いくつかの必需品が必要になります。他の王族たちより1つでも多くの彫像を建て、勝利者になることを目指します。

王国騒動




上記の他にも、カタンの歴史シナリオ、またアメリカの西部開拓や人類の発展をテーマにした数々のカタンシリーズも準備可能です。


おそらく、これらの作品をこれからも楽しみ続けることが、トイバー氏がもっとも望むことだったと思うのです。


以下はトイバー氏の残した言葉です。

ゲームを通じて人生をより豊かに、楽しいものにしてほしい。人々が集まり、一緒に遊ぶことで、新しい友情やコミュニティが生まれます。

そんなクラウス・トイバー氏の思いをしっかり胸に刻み、そして感謝の気持ちを込めて、これらの作品を遊び倒しましょう。乞うご期待。


tarouimo at 09:31|PermalinkComments(0)

2023年04月16日

とにかく・楽しい・ロンドン&スコットランド〜ボードゲームを巡る旅〜

2023年4月。私(ミドンナ)は、ロンドン在住の三姉妹、MYちゃん&LSちゃん&ANちゃんに会いにイギリスを訪問しました。彼女たちは学生時代からの友人で、日本に遊びに来てくれた時には80'sカラオケを楽しんでいます。


6adcd6cc-london


今回の旅の目的はMYちゃん&LSちゃん&ANちゃんと一緒に、ロンドン&スコットランドの観光を楽しむことと現地のボードゲーム事情の調査です。

ba


題して「とにかく・楽しい・ロンドン&スコットランド〜ボードゲームを巡る旅」 いざスタート!


さて、ロンドン行きのフライトですが、ウクライナ侵攻の影響でロシア上空を通れません。そのため北極経由となり14時間もかかりました。

IMG_0615

痺れる長さ!!! ロシアめ〜。

長距離移動で疲れましたが、MYちゃんのお宅を訪問してミートパイでのおもてなしを受けました。お手製ミートパイを頂き、「私、イギリスに来たんだ!」を実感。弾むトークに時間があっという間に過ぎていきました。


line

翌朝からロンドンの市内を散策しました。晴れ女のミドンナがロンドンも晴れさせてみせました♪

IMG_0613


昔に比べロンドンの歩道が全体的に広くなっていた!

どうやらCOVID中に、歩道に窪むように作られていたバス停を埋めて歩道にして、自転車専用レーンも作り、「国として徒歩または自転車を推奨する」と宣伝したようですね。

金融ガール・MYちゃんのかつての勤務地があるCityに。MYちゃんは「スーツ姿のイケメンを見せたくて」とのこと。でも、スーツ姿のイケメン男性は意外と少なくて。COVID中にスーツを着る文化は廃れたのかも知れません?

london


City金融街のイケメン金融マン達とPUBで昼からビールで乾杯。

その後もロンドン散策して、今のロンドンのクールさを象徴するレストラン(OXO)のあるOXOビルでLSちゃんと合流。

istockphoto-1067173672-612x612


ここのレストランはビーフやチキンのストックキューブで有名。モダンブリティッシュの料理に、テームズ川を見下ろすこともできて、お客さん達もオシャレな人達が多いです。


MYちゃんたちは以前にこの近くに住んでいたため、美味しいお店に詳しい。

その後、麻耶たちの御用達パブ「The Mason’s Arms」へ。子供も犬も一緒!

ロンドンのパブ

  
パブはホントに心が弾む空間です。

ロンドンのパブ


ここはペットの犬も同席できます。

ロンドンのパブ


大人も子どもも、そして犬も猫も 皆んなパブが大好き。


パブを楽しんだ後、ロンドン中心地の南西に位置するケンジントン&チェルシー地区などロンドン随一のおしゃれエリアを散歩しました。

VA01_R-500x333


サウスケンジントン駅には、世界を代表する有名な博物館、ビクトリア&アルバート博物館と自然史博物館が並んでいます。ここでは、美しい建物の中に、世界中から集められた圧倒的な数の芸術品やアートが展示されています。


line

夕方からは、ウェンブリースタジアムで女子サッカー「イングランド対ブラジル」を観戦しました。

女子サッカー


2022年7月上旬にイングランドで開幕したEURO2022。

地元ライオネシス(イングランド女子代表の愛称)が大躍進を見せ、ドイツ女子代表を延長戦の末に破って初優勝を飾りました。

そして、この日は女子フィナリッシマの日でした。

EURO2022とコパ・アメリカ2022の優勝チーム同士が対戦する、女子サッカーのスーパーカップです。

女子サッカー


それぞれの王者であるイングランド代表とブラジル代表が対戦。会場のウェンブリー・スタジアムは83,000人超の観客で熱気に溢れています。

女子サッカー


試合はイングランドリードで迎えたアディショナルタイムにブラジルが起死回生の同点弾。

決着はつかずPK戦に突入し、PKは4-2でライオネスことイングランド代表が勝利。すごい盛り上がり!




めっちゃ興奮しました。

女子サッカーは、無駄に転んで痛い痛いアピールすることなど無くて、男子サッカーよりもより紳士的かもーと思ったりしました。


line

この日は、バタシー発電所(Battersea Battery Station)を訪問。

Battersea_Power_Station_from_the_river


閉鎖から約40年、ロンドンの歴史ある建築物の一つであるバタシー発電所は、住居や宿泊施設、オフィス、ショッピングモールなどを備えた複合施設として再整備されました。

Battersea-Power-Station


とってもオシャレ!


その後、今回の旅の目的であるロンドンのボードゲーム事情もチェックします。

これまでの海外旅行の経験で本屋にボードゲームコーナーがあることを知ってます。

IMG_0505


そこで本屋を探してみます。見つけた本屋の入り口に人気ボードゲームであるコードネームが置いてありました。これは期待できます。ワクワクしながら店内に入ります。


IMG_0503


店内にはボードゲームがテーブルの上にたくさん置いてありました。

IMG_0502


どれも興味深い。あれこれ物色。。。

IMG_0513


スタートレックのゲーム? 招き猫(Lucky Cat)のゲーム?

IMG_0504


そして、コンセプトやカルカソンヌなど日本でも馴染み深いボードゲームの横には、これまた関心を引くものが並んでいます。

IMG_0512


シェイクスピアにシャーロックホームズにアガサクリスティのゲームがありました。

このあたりがロンドンっぽいなぁという印象です。日本だったら、近松門左衛門に明智小五郎に樋口一葉がボードゲームになるって感じですね。


line

ボードゲーム調査のあと、チャイナタウンで軽食をして、念願のミュージカル「Tina the Musical」を観にいきました。 

ティナ・ターナー


ティナ・ターナーの音楽を中心に、テネシー州ナットブッシュの質素な生活からロックンロール・スターに変遷する様子を描くジュークボックス・ミュージカルです。

ティナ・ターナー


「一緒に歌わないでね」「踊っちゃダメよ」の貼り紙がありましたが、皆さん、座席でアルコールを飲みまくってました。当然ノーマスク。

ティナ・ターナー


最後は総立ちで大合唱でした。

tina


ストーリーもさることながら、音楽のパワーに大興奮! オススメ!! 




そしてキーワードは南無妙法蓮華経だったー!!

ティナ・ターナー


そういえば、だいぶ前にロンドンのタクシーで日本人だと言うとブディストと思われて。運転手が私もそうだと言って「南無妙法蓮華経〜南無妙法蓮華経〜」と唱えてました。あまりにグイグイ来るので。「日本人の全てがブディストではない」と訂正することが出来ませんでした。


line

次の日はウェストミンスターからグリニッジまでクルージングに参加しました。

ここでは船長さんの説明がブリティッシュユーモア満載で最高でした。







Tower Bridgeに差し掛かった時。(注:Tower Bridgeは床の一部がガラス張りになっている)

船長「先日、あのガラス張りの部分でスコットランド人による結婚式があり、それは大変だった。丸見えなんだ!」

ミドンナ「???」

LSちゃん「スコットランドの男性は巻きスカート衣装が正装。結婚式も巻きスカート衣装で参加するもの。スカートの中はノーパンなの!だから、ガラス張りだと、下から男性の××が丸見え!

ミドンナ「!!!」

そのような背景・文化が分からないと、ブリティッシュ・ユーモアは楽しめないのか!奥深いっ。


楽しい船旅でグリニッジに到着。グリニッジ天文台は17世紀に開設された王立の天文台です。現在は観測をしていないのですが、貴重な史跡といった位置づけで観光名所になっています。

bba677bacfca5cedf118d00700daa5ad95d8aa0c


グリニッジ天文台は緯度0度。本初子午線を跨いで、片足を東半球に、片足を西半球にできます。

ちなみにグリニッジ天文台はロンドンマラソンのスタート地点でもあります。

line

大人になったら必ずやると子供の頃から決めていたことがあります。

ジャスクラブ


それは世界のジャスクラブを巡ること!

ジャスクラブ


子どもの頃からの夢だった「Ronnie Scott's Jazz Club」は、ソーホー地区で1959年に創業したロンドンを代表するジャズクラブです。

ジャスクラブ


創業初期からサラ・ヴォーンやカウント・ベイシー、マイルス・デイビスといった大物たちが出演してきました。

ジャスクラブ


現在も国内外の著名アーティストが出演する名店です。満席でした!

この日演奏したのは↓の方。ジャスといえば、アメリカですね。

jazz


久し振りにアメリカ英語を聞き、「わぁ。私的には分かりやすい!たが、しかし、随分と下品に聞こえるな、米語。クイーンズイングリッシュを学びたい!」と思いました。

ジャスクラブ


夢の「Ronnie Scott’s」でジャスに酔いしれる至福の時間。


line

美人三姉妹の末っ子のANちゃんとその息子くん2人(7歳・5歳)に会い行くため、電車に乗ったらGeorge Michaelそっくりな人がいて、ビビりました。

IMG_0617


どう見ても、George Michael! 思わずジロジロ見ちゃった。 しかも電車の席で蒸し海老を食べてました。斬新!



ウェスト・ブロンプトン駅近くで、ANちゃんファミリーと合流し、パブでランチの後に「BBC EXPERIENCE」へ。

about


没入型シアターでキッズ以上に楽しんでしまったミドンナ。

この日のランチは、悪名高き(でも、超面白い!)ジェレミー・クラークソン(Jeremy Clarkson)氏が運営する農場のビール。

f


実は、今回の旅では、悔しいかな、このビールが一番美味しかったです

彼はBBC「TOP GEAR」などに出てましたね。最後は喧嘩別れした気が…。色々なところでトラブル起こしてる人。石橋貴明的な?



ANちゃんファミリーと別れた後、カーダシアン家のお騒がせセレブライフ(Keeping up with the Kardashians)の番組に出て来そうなイケイケ女子たちがいっぱいのお店「THE PRINCE 」にうっかり入ってしまいました。

prince


お胸が半分出てるようなボディコンシャスなお洋服をお召しの20代-30代のお嬢さん達がゾロゾロと入って来ました。

prince2


人間ウォッチングは楽しかったですが、ちょっと居心地が悪く、ビールを飲み、早々に退散しました。


夕方はパブ「Hawkins Forge」で三姉妹の従妹弟会に飛び入り参加。

ha


Liverpool vs Manchesterをテレビ観戦しながら、ひたすら飲む飲む飲む飲む飲む!

PUBでは、たまに一番年下の従妹のALちゃんとギネスゲーム。

ギネスゲーム


ギネスゲームとはちょっぴり一気してGuinnessの文字とロゴの間にビールが入ったら勝ちというものです(通じます?)。半端ない量のビールを摂取

「ここに来る前に、カーダシアン家(Kardashians)に出てそうなイケイケ女子いっぱいのお店にうっかり入ってしまった…」とALちゃんに話したところ。

p


そしたら、ALちゃんに「あ!The Princeね!ナンパ天国よ!」と笑われました。ちなみにALちゃん、朝からずっと飲んでた模様で声がガラガラです。(この子は色々と悪いことやってそうだなー




line

次の日、オックスフォードへ1Dayトリップすることにしました。電車の旅、楽しい。





途中、羊がたくさんの牧歌的な風景を満喫しました。


オックスフォードは、13世紀にユニバーシティ・カレッジを開設したイギリス最古の学園都市です。ロンドンからは列車で約1時間の距離です。

IMG_0408


オックスフォードの街のシンボル的存在のラドクリフカメラです。


オックスフォード大学のボドリアン図書館。

IMG_0406


はるか昔の出来事から未来まで、文化や歴史、技術など人類の叡智がぎっしりと詰まっている図書館です。

IMG_0405


『ハリー・ポッター』で登場した魔法の国の図書館といった雰囲気です。


IMG_0412


回廊付きのウォール・システム(壁面収納式)の図書館としてはきわめて古い歴史があります。


クライスト・チャーチはオックスフォードで最も有名な観光スポットです。

IMG_0410


200年間で16人もの首相を輩出するなど名門のカレッジとして知られています。

IMG_0411


映画ハリーポッターのロケ地となった館内の大食堂は必見のスポット。観光客と映画ファンの列が絶えません。実際に生徒さん達はここでお食事してるんですって。生徒さんがお食事してるときは中には入れないので、観光したい場合は 休日に行くのが良いです。

IMG_0413


有名なオックスフォード大学の卒業生の中に不思議の国のアリスの著者であるルイス・キャロルもいます。

そのことから、食堂内の美しいステンドグラスのどこかにアリスがいるとかいないとか・・・!?

是非その目で確かめてください。

IMG_0414


オックスフォードは、その歴史の深さから品を感じさせられて、かっこいい街でした。 

IMG_0404


そういえば、ここで学んだ友人たちもかっこいい!いつか、私もこの街で学んでみたいです。


IMG_0409



美味しい食事も観光の目的のひとつです。

IMG_0420


オックスフォードの隠れ家的なPub「TURF TAVERN 」へゴー。

IMG_0416


ここは、オックスフォードに住んでいた友人もお気に入りの店です。

IMG_0423


店内のテーブルの他にも、屋外でも飲めるコーナーがあります。

IMG_0419


ここで美味しいbeerを注いでもらいました。

IMG_0418


そしてイギリス名物のfish & chips!を堪能。


ちなみに、オックスフォードのクライスト・チャーチの売店にてボードゲームを見つけました。

クライスト教会の売店


クライスト・チャーチのモノポリーです。

クライスト教会の売店


ご当地モノポリーは世界各地の観光名所の定番ですね。

クライスト教会の売店


他にもオックスフォードらしい、知性を感じさせるゲームが売ってました。イギリス人はビンゴが好きなのかな?

クライスト教会の売店


映画の舞台になったこともあって、ハリーポッターのコーナーもありました。


オックスフォードから帰る列車の中の様子です。

クライスト教会からの帰りの電車


もう、誰もマスクしていなーい。日本国内はまだ絶賛マスク中ですけどね。


これにてロンドン観光は一区切りです。次の目的地はスコットランドです。


line

ウィスキーの聖地を訪れるべく、朝7時のフライトでスコットランドの首都のエディンバラへ。エディンバラ空港からトラムでエディンバラ中心地へ。途中、Murrayfield Stadium横を通りました。

エジンバラは中世の面影を残すエレガントな古都です。

IMG_0429


丘の上に建つ城や街のあちこちに建つモニュメントの美しさから「北のアテネ」とも呼ばれています。

IMG_0430


中世の雰囲気漂うオールド・タウンの目抜き通りには歴史的な建造物のほか、ショップやパブが立ち並びます。

IMG_0431


古城や石造りの建物、迷路のような石畳の小道が街に映えます。


セント・ジャイルズ大聖堂は王冠の形をした屋根が印象的なゴシック様式の教会。

IMG_0434


内部の装飾は宗教改革の最中に多くが破壊されたとのことですが、それでもネオ・ゴシック様式のシスル聖堂は一見の価値があります。

IMG_0433


四方の壁を埋め尽くすステンドグラスが素晴らしい。


街を散策中、あらゆるところでバグパイプの音が聞こえました!

IMG_0435


キルト姿でバグパイプを演奏するパフォーマー。そっか、あの巻きスカートの下はノーパン…。スゥスゥ寒くないのかな…。スコットランドは樺太と同じくらいの緯度だよね。


IMG_0438


夜景もファンタスティック。

IMG_0436


身も心も中世の世界にタイムスリップした気持ちになりました。



line

エディンバラのレストランBrewhemiaでハギス (haggis)に挑戦! ハギス (haggis) は、羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でたスコットランドの伝統料理です。

スコットランド


羊の内臓モリモリ。臭い・不味いと悪名高きハギス(Haggis)ですが、こちらはハーブとスパイスが絶妙だったこともあり、ミドンナは特に抵抗なく美味しくいただきました。しかし、向かいに座っていた梨沙は眉間に皺を寄せ「え。これを食べるのとか信じられない…」といった感じでずっと見てました。

日本人はモツを食べるから意外と大丈夫なのかしら?

hagisu


パンの下にあるミンチ状のもの、見えますか?

いつかスコットランド流にハギズにシングルモルトウィスキーをかけていただいてみよう〜。

その後、「Scotch Whisky Experience」でスコッチウィスキーの勉強してから、Speyside・Highland・Lowland・Islay・CampbeltownにBlendのWhisky5種を試飲しました〜。

Scotch-Whisky-Heritage-Centre



アメリカ男性とドイツ男性と楽しくお喋りしながら。日本女性のイメージを刷新できたかな?!

夜は、胃腸が少し疲れたので、タイ料理「DUSIT」へ。

t


実に美味!別の国の料理を食べたい場合、その国の従業員がいるか否かがポイントかも。「DUSIT」はタイ人従業員だらけでした。ナイス!


line

翌日は開店と同時に「LAILA」でピンク尽くしの罪深い朝食。

IMG_0440


店内はすべてピンクで統一されてます。

IMG_0444


なんか罪深い気分になる朝食です。

IMG_0443


罪悪感は感じつつも、ビールと一緒にペロリとたいらげました。えへ。


エディンバラから電車でグラスゴーへ移動しました。

gr2


グラスゴーの滞在時間は数時間しかなかったので、大聖堂とその横の共同墓地(Necropolis)にのみ行きました。

gr


実は、LSちゃんはお墓が大好き! お墓があると、必ずチェックするそうな。

そういえば、ミドンナも日本のお墓の古い墓石の横の年数を見るのが好き。「寛永〇年」「享保〇年」「文久〇年」とか見ると、ワクワクする…などと梨沙と話をしていたら、あっという間に時間が過ぎました。



Bank of Scotlandの支店を居抜きで買ってパブに変えたお店「Drum & Monkey」でおいしいチキンミートパイを食べて(1 pint のビールと共に)、グラスゴー空港へ。

アイラ島


プロペラ機でアイラ島へ向かいました。

アイラ島はヘブリディース諸島のなかでも最も南に位置し「ヘブリディース諸島の女王」の別名を持つ島です。漁業や観光、スコッチウイスキーが島の主産業です。現在でも8つの蒸留所が操業を続けています。

グレンモア


スコットランドのウイスキー醸造をテーマにしたボードゲーム「グレンモア」が大好きで、ぜひ訪れてみたいと思っていたのです。

アイラ島ではスコッチウイスキーの蒸留所巡りを堪能します。ここでは蒸留の過程のみではなく300年以上にわたるスコッチウイスキーの歴史など、さまざまな角度からスコッチウイスキーの魅力に迫っていきたいと意気込み充分です。

翌日のウィスキーツアーに備えて、この日は近くのお店でピザをテイクアウトして(どのお店も予約でいっぱいで入れなかったー)、サクッと食べて、早めに寝ました。


line

翌朝、まず島の南部に位置するラフロイグ蒸留所(Laphroaig)を訪問しました。

IMG_0448


「ラフロイグ」とは“広い入り江の美しい窪地”を言うゲール語とのこと。その風光明媚さはスコットランドの蒸溜所の中でも1、2を争います。

IMG_0449


創業は1815年。19世紀後半からブレンデッドウイスキーに多大な貢献してきました。

皇太子時代にチャールズ国王から品質の高さと香味の豊かさが認められ、シングルモルトウイスキーとして初の王室御用達となりました。

IMG_0451


力強い酒質は伸びがよく、フレーバーの特色を生むために、あるいは隠し味として、スコッチのブレンダーたちにとって重要なモルトウイスキーでありつづけています。



続いて、ラガヴーリン蒸留所(Lagavulin)のツアーにも参加。きゃー!!幸せー!!

IMG_0452


ラガヴーリンとは、ゲール語の「小さな谷間の水車小屋を囲む村落」に由来しています。村には、名前の由来となった2つの水車小屋の碾き臼の石が現存しています。

IMG_0458


この蒸留所内には工場内に鳥達が迷い込んでこないようにフクロウが見張っていました。

IMG_0460


ここでしっかりとウイスキー蒸留の過程を学びました。

IMG_0457


そのあとのお楽しみは、やっぱりスコッチウイスキーの試飲です。

IMG_0463


ここでは3種類のスコッチウイスキーを試してみました。私はシェリー種の樽で作られたものが口に合いました。とても美味しい。

IMG_0462


この日は、ドイツ人グループと同じツアーで一緒になりました。またしても、すべて飲み干した女性は私だけでした。ドイツ人に勝利。えへ。


さらに、アードベッグ蒸留所(Ardbeg)を訪問しました。

IMG_0464


この蒸留所はルイ・ヴィトンが所有しています。

IMG_0467


ここではピート香の強いアイラ・ウイスキーを生産しています。

IMG_0466


蒸留所ではポート・エレンの麦芽製造所から供給される大麦麦芽を使用しているとのこと。

IMG_0468


芳醇な香り漂うスコッチウイスキーを試飲しました。しっかりと飲みほしました。

IMG_0472


併設されている「The Old Kiln Cafe at Ardbeg」のお食事もオススメです。

FullSizeRender


地元民と思われる方もたくさん食事を楽しんでました。アイラ島のウィスキーをバンバン飲んで、チェイサーはビールですね。今回、たくさんの地ビールもいただきました。

さすがにこの島がスコッチウイスキーの聖地といわれるのも納得です。個性豊かなモルトウイスキー。特にスモーキーで消毒薬のような独特の香味は一度飲んだら忘れることはできません。だんだんクセになりはまってしまうウイスキーでした。


line

ここでアイラ島のタクシー事情について少々。

飛行場でタクシー手配を忘れて途方に暮れていたカナダ人の女性バックパッカーをタクシーに乗せてあげました(目的地がホテルが近くだったので)

taxi


ここでは、流しのタクシー等ないので、すべて予約が必要なのです。カナダ人の女性バックパッカーはそのことを知らなったのですね。困った時はお互いさま。

ところが支払いのとき「現金で!」でお願いされました。なんと、今度は私たちのキャッシュが足りません。そしたら彼女が払ってくれました。ありがたやー! これも助け合い!?

taxi1


ちなみに、お釣りに「スコットランドの紙幣」を渡され「え?偽札?!」と思いました。スコットランド銀行が独自の紙幣を発行しているのですね。スコットランド独特〜!


line


アイラ島での宿は「No. 1 シャーロット ストリート」です。海辺にロケーションされているB&Bです。

IMG_0500



このお宿はネットで予約できましたが、他のお宿は電話やメールで予約を取るところも多かったです。どおりでネット検索しても出てこない訳だ。

地方は技術革新が緩やかなのは日本と一緒だなぁと思いました。

IMG_0499


お宿はとても可愛くて気に入りました。部屋から海が眺めて景色が良く、朝食も美味しかったです。

お宿から、再建を目指して建設中の(1980年代に一度閉鎖された)ポートエレン蒸溜所が見えました。

IMG_0498


ネットには2023年春オープン等と記載されていたのですが、タクシー運転手によれば2023年11月オープンとか。このような時は、地元民の話が確実ですね!

そして、このホテルのResident’s Loungeにあるボードゲームをチェック。あら興味深い。

IMG_0296


ボードゲームは無造作に積んであって「ご自由にお遊びください・・」的な?

スコットランドのホテル


早速、手にとって並べてみました。知らないゲームですがスコットランドでは人気のゲームなのでしょうか。

スコットランドのホテル


ご当地モノポリーはよく目にしますが、パックマンのモノポリーは初めて見たなー。

スコットランドのホテル


その存在を知りませんでした。


line


これにて楽しかった、ロンドン&スコットランド旅行も終了です。

ロンドンでは女子サッカーやミュージカルに興奮し、パブでMYちゃん&LSちゃん&ANちゃんや従姉妹たちと楽しい時間を過ごしました。

スコットランドでは、エディンバラの古都の魅力。そしてアイラ島では、スコッチウイスキーを思い切り堪能。食事もアルコールも存分にいただきました。

IMG_0453


それぞれの街でボードゲームにも触れる機会もありました。それにしても、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。



スコットランドからロンドンに戻りホテルで東京へ帰る準備をしている時。

fsfigtnyasumbrtsh01


テレビでお笑いピン芸人の「とにかく・明るい・安村」がブリテンズ・ゴット・タレントに出演して大喝采をあびていました。

fsfigtnyasumbrtsh02


まさかロンドンで「安心してください。はいてますよ!」を見るとは。なにか感慨深いものがありました。

「とにかく・楽しい・ロンドン&スコットランド」


旅行が終わってしまい、ちょっと残念ですが・・・

「安心して下さい。また来ます!!」






ちなみに、帰りもロシア上空を通れず、イスタンブールやテレランの上を通る11時間超のルート。時間はかかるし、無駄に燃油を使い環境破壊するし。

IMG_0616

ロシアめ〜。

tarouimo at 11:57|PermalinkComments(0)

2023年03月12日

【第1回】あきる野ボードゲームクラブ

あきる野を中心に活動している総合型スポーツクラブのASport。

asport


そのASportによる「あきる野ボードゲームクラブ」は、年に数回の開催を目指して活動しています。

前回(2022年8月)のモニタリング企画を経て、正式に開催することになりました。2023年3月は記念すべき第1回目となります。そこでASportのホームページより、参加者を募りました。

【ホームページより抜粋】
戦略性や推理性にあふれ大人もはまるボードゲームですが、コロナ禍の巣ごもりでさらに人気が高まり日本でちょっとしたブームになっています。卓上でわちゃわちゃ大騒ぎしながら、あるいはじっくりと頭の体操をしながら、集まった人同士がスムーズにコミュニケーションを楽しめます。

日本ではオセロや人生ゲームが有名ですが、お子様向けから重めの戦略ゲームまで世界各国のボードゲームを用意して、みなさまのご参加をお待ちしています!おひとり様もご家族連れも大歓迎です。


(参考)モニタリング企画⇒クリック

すると、20名 近い方にお申し込みがありました。ありがたい。ありがたい。

最初は、参加者が集まるか不安もありましたが、無事に開催できることとなりました。

そして、じゅん・ぴぇ〜る・ケロピョンチョもボードゲームインストラクターとしてお手伝いしようと、馳せ参じることとなりました。


line

そして「あきる野ボードゲームクラブ」の開催の日がきました。

東秋留駅


自宅からボードゲームを運んで、スタッフと一緒に会場入り。ワクワクします。

ホンダのレブル


シンプルを突き詰めたタフ&COOLなデザインのHONDAのRebelで登場。

A7270956-B05A-49B4-8F31-E4FAE231A942

こころ強いスタッフたちです。



そして会場では、お昼ごはんのお弁当をいただきました。(ご準備ありがとうございます!)

あきる野ボードゲームクラブ


さらに、なんとパン職人のメグたんお手製の焼きたてパンを堪能

あきる野ボードゲームクラブ


お手製パンは、今すぐにでもパン屋を開業できるくらいの完成度。モチモチしていて、とっても美味しい。(メグたん、ありがとう!)

そんな感じで、お腹も満たされたところで、開催の時間が近づいてきました。

あきる野ボードゲームクラブ


会場となる工作室の窓際の棚に、ボードゲームを並べます。今回もファミリーゲームを中心に選んでみました。


そして、当ボードクラブの期待の星でもある とーこちゃん が登場しました。

とーこちゃんコレクション


彼女は去年からボードゲームにハマり、少しずつ買い集めているとのこと。ゲーム棚には、彼女のコレクションも並びます。

あきる野ボードゲームクラブ



そして定刻になり、次々に参加メンバーが集まり始めました。

皆さんが自由に棚にならんだゲームを選んで、それぞれ遊びはじめます。

あきる野ボードゲームクラブ


ルールが分からない時は、ボードゲームインストラクターが説明します。

ワイワイ・ガヤガヤと「あきる野ボードゲームクラブ」がスタートです。


line

さて、この日遊ばれたボードゲームをいくつか、簡単に紹介します。


【狩歌】
「君」「好き」「瞳」など、J-POPの歌詞に頻出するキーワードを使って遊ぶ早取りカルタゲームです。
狩歌

カードをテーブルに広げ、あいみょん のマリーゴールドなど、実際にJ-POP流して遊びました。


【空手トマト】
ヘンテコ野菜の空手家をテーマにしたカードゲーム。空手カードに数値が描かれており、これを使いトロフィーを奪い合います。5色の空手カードを1枚ずつ競りのように出していき、トロフィーカードの枚数分だけの人数が残るまで勝負を続けます。
空手トマト

さくさんトロフィーを獲得した空手家が勝利しますが、最後にモノをいうのは拳ではなくナイフ!! 




【エセ芸術家ニューヨークへ行く】
お絵かき正体隠匿ゲームです。芸術家達がテーマに沿った1つのお題の絵を描く中、1人だけお題の知らないエセ芸術家が紛れています。
エセ芸術家ニューヨークへ行く

お題を当てるともに、エセ芸術家が誰かを推理します。






【トマトマト】
「トマト」「マ」「マト」「ト」「ポテト」これらのカードを、山札から並べていき早口言葉のように読み上げていきます。
トマトマト

間違えないよう、上手に読み上げていきましょう。焦りは禁物です。







【穴掘りモグラ】
自分のモグラをより深いところに潜れる穴に移動させることを目指すゲームです。
穴掘りモグラ

小さいお子さんにも大人が"さりげない助言"をすることができるため、ファミリーで遊ぶのにおすすめです。




【ハイソサエティ】
ライバルとの駆け引きを楽しみながら、より豪華な財を競り落としていくオークションゲームです。
ハイソサエティ

たくさん競り落とすことを目指しますが、散財しすぎてもダメ。ゲーム終了時に手持ちのお金が最も少ないと脱落(負け)です。このちょっとしたルールで、引き締まったゲームになっています。




【インサイダーゲーム】
正体隠匿系のコミュニケーションゲームです。出題者がクイズをだし、庶民が正解を導いていきます。
インサイダーゲーム

しかし、その庶民の中に1人だけ答えを知っているインサイダー(内通者)が紛れています。
インサイダーゲーム

みんなで話し合って、1人だけいるインサイダー(内通者)を見つけ出そう! 




【なにが?どうした?ゲーム】
言葉を使った簡単な正体隠匿系のゲームです。「マジメンバー」「遅刻メンバー」の役割があり、こっそりと今回の「なにが」カードと「どうした」カードを確認しますが、「遅刻メンバー」はその内の片方しか見ることができません。
なにが?どうした?ゲーム

その後、全員で「なにが」「どうした」をアドリブで伝えていきます。とても楽しいパーティゲームです。




【メイクンブレイク】
10色の積み木を使って遊びます。制限時間内にカードに描かれたとおりに作り上げていきます。
メイクンブレイク

タイマーの音がとてもスリリングで子供から大人まで楽しめます。



【レースギャロッポ】
手札のカードを使って、沼地や障害物を避けながらゴールを目指すレースゲームです。時にはライバルの馬を押しのけたりします。
レースギャロッポ

子どもだけで遊ぶと和気藹々と、大人が遊ぶと読みあいが激しくなるゲームです。



【ねことねずみの大レース】
かわいらしい ネコとねずみのコマが印象的な子ども向けゲームです。プレイヤーはネコに捕まらないようにねずみを動かします。ネコに追い付かれると捕まってしまいます。捕まる前に近くの部屋に飛び込みましょう。
ねことねずみの大レース

ネコに追いかけられるスリルが楽しいゲームです。



【ブロックス】
4色の様々な形をしたブロックを使って陣地を取り合うゲーム。自分の色のブロックを正方形のマスに埋めていき、たくさん置く事ができた人が勝利します。
ブロックス

とても人気のゲームで この日も何回も遊ばれてました。



【かえるの飛び込み大会】
池に見立てたマスの中に、ワンバウンドでボールを入れていくゲームです。3個が一列にそろったら得点ゲット。ボールを跳ねさせるだけなので、小さい子どもでも遊ぶことができます。
かえるの飛び込み大会

大人と子どもが同条件で楽しく遊べます。







【ラビリンス】
通路が動く迷宮のなかでの宝探し。自分が欲しい宝物を確認して、その宝物をゲットできるよう迷路を動かします。時には他の人の邪魔をしたりもします。
ラビリンス

パズル的な思考が楽しめるゲームです。



【にわとりのしっぽ】
神経衰弱のように場に伏せられたタイルをめくり、正解のたびにニワトリを動かしていきます。他のニワトリを追い抜いて、ニワトリのシッポをすべて奪ったら勝利します。
にわとりのしっぽ

子どもたちが夢中になるのはモチロンのこと、大人も一緒になって楽しめます。



【水晶をとりもどせ!】
コンポーネントがとても可愛い子ども向けゲームです。スゴロクの要領でサイコロの出目でコマを移動していきます。こうしてクリスタルの欠片を3つをお城に持ち帰ったプレイヤーが勝利します。
水晶を取り戻せ

途中でボード中央の魔女ルーレットを回すイベントがあり、この時、魔女に指さされた駒はカエルになってしまう。そんなハプニングに一喜一憂します。




【音速飯店】
手札の「ラー」「メン」「チャー」「ハン」と言ったカードを誰より早く場に出し、中華料理をオーダーをしていくカードゲームです。
音速飯店

どんな人と遊んでも、ワイワイと盛り上がります。








【コネクトフォー】
ディスクを穴に落とし、先に4枚のディスクを連続して並べられたプレイヤーの勝利です。
コネクトフォー

世界中で長年プレイされているシンプルな遊び方のボードゲームです。



【ドブル:どらえもん】
8種類のイラストが描かれた2枚のカードから共通のイラストを探し出します。観察力と反射神経を使うカードゲームです。
ドブル

「カードを沢山集めた人が勝ち」「カードを早く減らした人の勝ち」などの5種類の遊び方があり、飽きさせません。


【スピードカップス】
手元のカップをお題通りに素早く並べることを目指します。お題カードの山札が無くなったら、ゲーム終了です。ゲーム終了時に、獲得したお題カードの枚数が一番多い人の勝利です。
スピードカップ

閃きと反射神経が大切です。







【デジャブ】
カードと同じ絵柄の書かれたチップを並べ、山札からカードをめくり、カードに描かれた絵柄とチップの絵柄が2回出てきたら、チップを素早く取っていきます。
デジャブ

記憶力が求められるタイプのゲームです。



【ラミーキューブ】
手持ちのタイルをいかに早く無くすかを競う頭脳ゲーム。赤、青、黒、オレンジの4色の数字が描かれたタイルを使って遊びます。
ラミーキューブ

手番では、場に出ているタイルと手持ちのタイルを組み合わせて3枚以上の組み合わせの役を作るように場にプレイしていきます。こうして、手持ちのタイルすべてプレイできたら勝利です。良い組み合わせが閃いたら、めっちゃテンションがあがります。




上記の他にも たくさんのゲームが楽しまれていました。

ボールコロコロ


それにしても、楽しい時間はあっという間ですね。 

とうとう、あきるのボードゲームクラブの終了の時間がきてしまいました。


line

今回は、不定期開催の第1回でしたが、大人も子どももいろんなゲームを楽しみました。

あきる野ボードゲームクラブ



ファミリーでのお申し込みが多かったのですが、途中から大人と子どもで部屋を分かれてみました。

あきる野ボードゲームクラブ


子ども達は子ども達どうしでお互いにルールを説明し合ったり、「初めまして」 でも自然と混ざり合ったり。とても良い雰囲気でした。

あきる野ボードゲームクラブ


大人は大人どうしで、(子ども相手じゃないから)手を抜くことなく真剣勝負で大いに盛り上がりました。

どちらかと言うと大人の歓声(笑い声?悲鳴?)の方が大きかった気がします


そして、今回のMVPは・・

ラミーキューブ


今回のMVPは、3人の大人を相手にラミーキューブで1位を勝ち取った小学3年生です  

お見事
 




さて、次回は8月ごろに開催予定です。ご興味ある方、是非 遊びに来てくださいね

tarouimo at 21:57|PermalinkComments(0)