2018年06月24日

マジックメイズ

マジックメイズ戦士・エルフ・ドワーフ・魔法使いの4人の勇者(ヒーロー)。彼らの装備品が全て奪われた!  このままでは次の冒険にでかけることができません。 困った4人は、ショッピングモールで装備品をゲットすることを思いつきました。 果たして彼らは上手に必要な装備品を盗み出し、ショッピングモールから脱出することができるのでしょうか!?





4人の勇者(ヒーロー)が、ショッピングモールで万引き(?)・・・なんという設定!?
 

会話・ジェスチャー禁止、全員同時プレイ、しかも時間制限アリの新感覚リアルタイム協力ゲーム。それがこの「マジックメイズ」です。
  
マジックメイズ


プレイヤーは、4人の勇者(ヒーロー)のコマを操作するのですが、全てのプレイヤーが全てのコマを動かすことができます。どれか1つのコマを担当するのではありません。

マジックメイズ


開始時のマップはスタートタイルの1枚のみ。
ゲームが進むにつれてタイルが追加され、徐々にショッピングモールの全貌が明らかになってきます。


砂時計を逆さまにしてゲームスタート



まずはショッピングモールから彼らが必要とする装備品を盗み出し<STEP1>、その後 ショッピングモールから脱出させるのです<STEP2>

マジックメイズプレイヤーは、東担当、南担当というように、スタート時に配られたタイルでコマを動かす方向が決まっています(東・西・南・北)。

移動できる方向が各プレイヤーで異なり、さらにショッピングモールも迷路のようです。

そのため

 「ワタシがドワーフを南に2コマ動かして・・・・」
  
 「そのあとボクが東に1コマ移動させる。」

 「さらに、アナタが北に・・・」


というように、必然的に他プレイヤーとの協力が必要となります。


マジックメイズ


また、移動以外にも、3種類アクションがあって、これを効率良く活用するのがゲームのポイント。

<エスカレーター> ショッピングモール内の「エスカレーター」を使用できる。

<ワープ> 他タイルのワープポイントまで一気にワープできる。長距離を移動するのに便利。

<探索> 新たなタイルを配置することができる。


これらの一連の流れを協力して進めますが、プレイ中はプレイヤー間で会話や相談はできません。 基本的に会話禁止なのです。(できるのは、相手をじーっと見つめるくらい

会話禁止に代わるコニュケーションの手段として、赤い大きな気づいて!トークンが用意されています。これをアクションして欲しいプレイヤーに渡して、意思表示をすることができるのです。


(ドワーフをエレベータに乗せたい。。お願い!気づいて!!)


マジックメイズ



気づいて!トークンを渡されたプレイヤーは「何かしなければ・・」と気づくのですが、その具体的な意図は推測するしかありません。

 「さて、動かすべきはどのコマ?」   (お願い!気づいて!!)

 「求められているアクションは何?」  (お願い!気づいて!!)


この意思疎通の探り合いが面白くて堪りません。


マジックメイズ


こうして、移動とアクションを繰り返し、各々のコマを対応する装備品マスまで移動させます。ここで一度相談タイムとなり、例外的に会話が許さます。一瞬だけ、どのように脱出するかを相談することができるのです。 相談が終わったら再び会話禁止。急いで脱出マスを目指しましょう! 

マジックメイズ


砂時計の砂が落ちきったら失敗。ただちにゲームオーバーです。ピンチの時はコマを砂時計マスまで動かせば、砂時計をひっくり返すことが出来ます。


4人全員が脱出できたら、大勝利!!




マジックメイズは、[時間の制限] [会話の制限] [行動の制限] のエッセンスが絶妙に効いてます。プレイヤー間で充実した時間を共有でき、本当に盛り上がります。

・砂時計による時間制限(3分)でのスリリングな体験 (ハラハラ!ドキドキ!)

・会話禁止の静寂のなかでの独特のプレイ感 (どうやって行動しよう〜!?)

気づいて!トークンだけの意思疎通のままならなさ (頼む!想いよとどけ〜!!)

それゆえ、全員が無事脱出できたときの、爽やかな達成感・満足感は格別。まさに協力ゲームの醍醐味を実感できます。

マジックメイズ


また、マジックメイズには17本ものシナリオが用意されており、シナリオが進むにつれて難易度は高くなっていきます。高難易度のシナリオにチャレンジすることで、プレイに慣れてきても飽きずに楽しむことができるでしょう。

思考:★★☆☆☆
運占:☆☆☆☆☆
手順:★★☆☆☆ 
人数:1〜8人
時間:3〜15分
デザイナー:キャスパー・ラップ
2017年ドイツ年間ゲーム大賞 最終ノミネート



tarouimo at 15:50│Comments(0) 協力系 | アクション系

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔