2019年09月14日

木曽御嶽山 〜名物ちからもちとザ・マインド〜

日本100名山のひとつでもある御嶽山は、古くからの信仰の山。神と霊界とが繋がる霊山として有名です。

御嶽山


登山コースとしても人気の山でしたが、2014年9月に噴火してから、火口付近は立ち入り禁止に指定されていました。そして この夏に期間限定で立ち入り禁止が解除されたことから、我ら山岳部メンバーは 名峰 御嶽山に登ってみることにしました。

特急しなの


御嶽山は長野県と岐阜県の県境にあります。「特急あずさ」と「特急しなの」を乗り継いで木曽福島駅に到着。

木曽福島駅


木曽福島駅から登山口までバスで移動します。

歩き始めて10分で行場山荘に到着。

行場山荘


入り口の看板に書いてある、名物:ちからもちが気になります。「帰りに食べようかな・・・」とぼんやり考えながら、さらに歩みを進めます。

女人堂


樹林の道を進み、八合目の女人堂に到着です。この時点ではガスっていて展望はありません。

女人堂


女人堂の付近には多くの霊神碑が並び、御嶽教の歴史の深さを感じさせます。

ガスが晴れてきた


次第にガスが晴れてきました。気分も上々になってきます♪

御嶽山


キツイの登りが続きます。足にも力が入ります。


石室山荘


登りきって、この日の宿泊地の石室山荘に到着です。汗びっしょり


石室山荘


お茶を頂き、すこし休憩タイムとしました。

御嶽山


休憩して元気がまた戻ってきたので、頂上の剣ヶ峰に向けて出発です! ここからはヘルメット装着します。

鐘


途中の鐘もしっかり鳴らしました。 

御嶽山


目の前に頂上の剣ヶ峰が見えてきました。もうひと踏ん張り。

シェルター


途中に噴火時に逃げ込むシェルターが設置されていました。


噴火の傷跡


噴火の傷跡があちらこちらに残ってます。

噴火の傷跡


5年前の噴火の惨事を思い出し 心が痛くなります。 

御嶽山


そして最後の階段です!! 

御嶽山


御嶽山の頂上、標高3067メートル 剣ヶ峰 ゴーーール!

御嶽山


360°のパノラマが素晴らしい。まさに絶景とはこのこと

御嶽山


中央アルプス、南アルプスの先に富士山も見えました! 感動


石室山荘


雄大な景色を満喫してから、石室山荘に戻りました。部屋は個室でした。

晩御飯


山荘でヘルシーな晩御飯を頂いて、満腹・満足。。

ストーブ


ストーブでほっこり。

月


窓の外から月もみえました。この日は満月だったようです。

ザ・マインド


今回の持ち込みゲームはザ・マインドです。スピリチュアルな場所に相応しいゲームではないかと思います。 

考えるな!感じろ!!



line

2日目の朝。夜明け前に起床しました。

夜明け前


雲海の先から光が差してきます。

御来光


御来光です。

御来光


あまりに素晴らしく、息が詰まる思いです。


朝焼け


山々が朝焼けに反射して赤く光ります。

朝焼け


神聖な気持ちになりますね。


朝食


朝食もヘルシーメニューです。

一の池


この日は御嶽山エリアの池を巡って歩きました。山頂から一番近い 一の池は火山灰で埋もれてしまってました。池に水はありません。

二の池


二の池に降りてみましたが、やはり火山灰がたくさんです。

二の池


御嶽山は信仰の山だけあって、至るところに宗教的なモニュメントがあります。

賽の河原


賽の河原を経由して三の池方面に向かいます。

賽の河原


ザレた道を注意深く歩きます。

三の池


三の池が見えてきました。とても美しい眺め

三の池


さらに、四の池、五の池方面に歩いていきます。

五の池小屋


五の池小屋に到着しました。ここの山小屋はとても人気で、この小屋 目当てにくる登山家も多いとのこと。

五の池小屋


眺めの良いテラスにカフェがありました。 あったかいコーヒーと美味しいケーキを満喫しました。


五の池小屋


そして五の池も水がありませんでした。きっと春の季節なら、雪解け水があるのでしょうね。

御嶽山


摩利支天乗越から眺める雄大な御嶽山です。


色付く葉


紅葉の季節はまだ先ですが、ところ色づく葉。

御嶽山の自然に心を奪われました。名残惜しかったのですが、帰りの電車の時間もありそろそろ下山することにしました。

行場山荘


下山途中に初日に気になっていた行場山荘に寄り道です。

ちからもち


名物:ちからもち(きなこ)を頂きまーーっす。


これにて木曽御嶽山の山行も終了。晴天に恵まれ、気持ち良い山歩きと雄大な眺め、御来光に池巡りも楽しんで最高の休日になりました。 また行きたいな

tarouimo at 21:31│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔